プロキシサーバー関連ソフトを徹底紹介

プロキシサーバーのソフトを知ろう

webサーバーやメールサーバーにはソフトがありますが、プロキシサーバーにもソフトはあります。ソフトのメリットは便利さの実現ですが、プロキシサーバーのソフトも便利です。

プロキシサーバーのソフトはあまり知られていませんが、ビジネスで活用すればビジネスは効率化するでしょう。プロキシサーバーの実用性が認められたのか、プロキシサーバーのソフトは多くなってきました。

本記事ではプロキシサーバーのソフトについて解説をしますが、理解しやすいようにプロキシサーバーの基本的な仕組みから解説したいと思います。

プロキシサーバーの基本的な仕組み

インターネットをするとき、クライアントはwebサーバーにリクエストを送りますが、プロキシサーバーを間に置けばプロキシサーバーがリクエストを中継します。この逆も同じでwebサーバーがクライアントに送った情報も、プロキシサーバーが中継します。

プロキシサーバーを間に置く目的はいろいろありますが、一番の目的はIPアドレスを隠すためでしょう。プロキシサーバー経由の場合、webサーバーに通知されるIPアドレスはプロキシサーバーのIPアドレスです。

プロキシサーバーの機能
プロキシサーバーには、表示速度を速くするキャッシュ機能もある

スポンサーリンク

プロキシサーバー関連のソフト

これからはプロキシサーバー関連のソフトを紹介したいと思います。プロキシサーバーをより便利に使いたい人は、参考にしてください。

HAProxyは負荷分散に効果的

HAProxyは多機能なプロキシサーバーソフトですが、負荷分散機能が充実しています。プロキシサーバーには多くの人がアクセスしますが、同時アクセスが増えると負荷は増加します。

HAProxyはこのようなプロキシサーバーの問題点に着目し、負荷を分散させる機能を充実させました。特筆すべき機能の一つにleastconnがありますが、leastconnは各サーバーに振り分けられる接続数が最小になるように設計されています。

負荷分散はサーバーの命題
多くの人が利用するwebサーバーやプロキシサーバーは負荷分散が命題

xinetdは簡単にプロキシサーバーを構築したい人におすすめ

xinetdは簡単にプロキシサーバーを構築したい人におすすめします。アクセス制御機能、ログ機能、同時接続数の制限機能などがあります。xinetdは多くのLinuxディストリビューションで、パッケージ化されています。

一般的にLinuxにソフトを組み込むことはWindowsのように簡単ではありませんが、パッケージ化されていたらさほど苦労はしないでしょう。

Apacheはwebサーバーの王道

webの世界で働いたことがある人であれば知っていると思いますが、Apacheはwebサーバーの王道です。最近でこそLiteSpeedのようなwebサーバーが注目されるようになりましたが、以前はApacheの一人勝ちでした。

そんなApacheですが、実はプロキシ機能も搭載しています。Apacheでプロキシサーバー機能を使うには、mod_proxyというモジュールが必要です。mod_proxyにはフォワードプロキシ、リバースプロキシ、Webキャッシュ、ロードバランシング、TLS/SSLオフロード、アクセス制御などの機能があります。

Nginxは用途が広い

Nginxはwebサーバーとして有名ですが、実はプロキシ機能も充実しています。Nginxのプロキシ機能の活用範囲は広く、SMTP、POP3、IMAP、FTPをサポートしています。Nginxは軽量なので、ハイスペックなパソコンでなくても比較的快適に動くと思います。

Nginxはリバースプロキシ・ロードバランサとしても動作するので、webサーバーの負荷を軽減します。webサーバーの負荷を軽減するのは技術者の命題ですが、Nginxを使えば比較的簡単に実現するでしょう。

Squidはプロキシサーバー構築の定番ソフト

Squidは有名なプロキシサーバー構築ソフトで、インターネット上には情報が多いです。情報が多いのは大切なことで、躓いたときは情報を頼りに解決の努力をすることができます。またSquidは多くのLinuxディストリビューションに採用されているので、インストールするときに楽です。

Squidが有している機能は真新しいものではありませんが、プロキシサーバーに不可欠な機能はほぼ搭載しています。情報量の多いSquidは、初めてプロキシサーバーを構築する人におすすめします。

プロキシサーバー関連ソフトを選ぶポイント

プロキシサーバー関連のソフトはかなり増えてきて、選ぶときに迷います。選ぶときはポイントを押さえることが大切です。仕事目的と趣味目的では、明らかに選ぶソフトは異なります。プロキシサーバー関連ソフトを選ぶときは、ニーズを明確にすることから始めましょう。

負荷分散が目的であれば、簡単に負荷分散できるソフトを選びましょう。またメールにプロキシを使うのであれば、メールをサポートしているプロキシのソフトを選ぶべきです。

人はついつい高機能なソフトに注目してしまいますが、使わない機能を搭載しているソフトを選んでも仕方がありません。ニーズを満たし且つ簡単に使えるソフトが一番です。

スポンサーリンク

有名なBrightdataにも便利なソフトはある

世界的に有名なBrightdataにも便利なソフトはあります。このソフトはプロキシサーバー構築ソフトではなく、Brightdataを効率的に使うためのソフトです。ソフトの名称は「Proxy Manager」といいますが、無料でBrightdataに組み込めます。

「Proxy Manager」の使い方は、以下の動画が詳しいです。

以下では「Proxy Manager」の便利な機能を紹介します。

匿名でSNSにアクセス

「Proxy Manager」を活用すると、匿名のクローラーでSNSにアクセスすることができます。通常このような機能を構築するにはプログラミングの知識が必要ですが、「Proxy Manager」を使えばプログラミング知識は不要です。

今のビジネスはSNSを活用することが常識になっており、活用することでマーケティングは効率化します。

トラフィックの最適化

「Proxy Manager」を活用することで、トラフィックを最適化することができます。トラフィックはプロキシサーバーの安定性に影響を与えるので、常に最適化することが大切です。しかしソフトがなければ、技術者の経験と知識に頼るしかありません。

そんな難しいトラフィックの最適化ですが、「Proxy Manager」を活用すれば機械的にできます。常に社内に技術者がいればトラフィックの制御は可能かもしれませんが、中小企業が技術者を多く抱えるのは難しいでしょう。

国と都市が指定できる

「Proxy Manager」を活用すれば、国と都市が指定できます。ライバル会社のホームページやブログに何回もアクセスすることはあると思いますが、何回もアクセスすればライバル会社のweb管理者は警戒心を抱きます。

web管理者の警戒心を解くには、IPアドレスの所在地を変更するのが効果的です。所在地が外国であれば、ライバル会社のweb管理者の警戒心は和らぐでしょう。

使いたいネットワークが簡単に選択できる

「Proxy Manager」を活用すれば、使いたいネットワークが簡単に選択できます。Brightdataは海外のプロキシサーバーで文献は英語で書かれていますが、英語が苦手な人はネットワークを選ぶときも気が重たいものです。

しかし「Proxy Manager」を活用すれば簡単にネットワークの指定できるので、英語が苦手な人でもさほど苦労はしないと思います。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataには他のメリットもある

Brightdata用のソフトを紹介しましたが、Brightdata自体も素晴らしいです。以下ではBrightdata自体の素晴らしさを紹介します。

驚異のネットワーク稼働率

いくら「Proxy Manager」でトラフィックを制御しても、Brightdata自体に問題があれば快適には使えません。Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%で、非の打ち所がありません。驚異のネットワーク稼働率を支えているのは高度な技術力ですが、Brightdataはプロキシに関連する複数の特許を取得しています。

また新規ユーザーに対する審査も見逃すことはできません。一部のプロキシサーバーは機械的にユーザーを追加していますが、Brightdataは利用者の質をきちんと選別しています。

軽率な一人のユーザーが原因でプロキシサーバーが不安定になることはありますが、審査をきちんと実施しているBrightdataであれば心配はいりません。

日本人スタッフがいる

こちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。Brightdataは海外のプロキシサーバーで、文献は英語で書かれています。書かれている英語は翻訳ツールを利用すれば理解できるものが大半ですが、中には翻訳ツールが正確に訳せない文章もあります。

そんなときに心強いのは日本人スタッフで、理解できない英語は親切に教えてくれます。ケースによっては文章の一部を翻訳し、プリントアウトしてくれるでしょう。

まとめ

プロキシサーバー関連ソフトについて紹介をしましたが、意外にプロキシサーバー関連ソフトは多いです。プロキシサーバー関連ソフトが増えたのは、プロキシサーバーのメリットが広く認識されたからでしょう。

今後のビジネスはデータ活用が主流になると予想されますが、データ収集の大きな味方になるのがプロキシサーバーです。そしてプロキシサーバーの中でも、特に優れているのがBrightdataです。Brightdataを使うときは、「Brightdata Proxy Manager」もインストールしてください。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)