プロキシサーバーの使い方を幅広く紹介

プロキシサーバーの使い方を覚え業務に活用しよう

プロキシサーバーをデータ収集に活用する人は多いですが、プロキシサーバーはビジネスの場で大活躍します。プロキシサーバーはIPアドレスの代理をしてくれますが、代理をしてもらうことで身元がばれにくくなります。

身元を隠すという言葉の響きは悪いかもしれませんが、インターネットの世界では意味のあることです。Webサーバーの管理者はアクセス者のIPアドレスを知ることができますが、何回もアクセスしてくるIPアドレスを、ライバル会社と思い警戒する可能性があります。

警戒するだけであればいいですが神経質なWeb管理者の場合、そのIPアドレスをブロックする可能性があります。ブロックされたら、そのサイトには基本的にアクセスできません。しかしプロキシサーバーを活用すれば、違うIPアドレスに乗り換えることができるので安心です。

プロキシサーバーの魅力は他にもありますが、本記事ではプロキシサーバーの使い方と用途を幅広く紹介したいと思います。

プロキシサーバーのメリットを知ろう

プロキシサーバーを使う前に、プロキシサーバーのメリットを知りましょう。プロキシサーバーには確かなメリットがあり、利用者はメリットに惹かれて使い続けています。以下では具体的なメリットを解説します。

プロキシサーバーは実用的
プロキシサーバーのメリットはシンプルだけど実用的

プロバイダー以外のIPアドレスが使える

プロキシサーバーを使う目的の大半は、プロバイダーとは別のIPアドレスを使うことでしょう。IPアドレスはインターネット回線を開通したら、自動的に付与されます。基本的に1ユーザーに対して1つのIPアドレスが付与されますが、モデムを再起動したらIPアドレスが変更になることもあります。

プロバイダーのIPアドレスを使うことは正当な行為ですが、別のIPアドレスを使うことにも意味はあります。

現代のビジネスはデータを活用することが当たり前になっていますが、データを入手するときはインターネットが便利です。データを入手しようとする人は頻繁に目的のサイトにアクセスしますが、アクセスした記録はWebサーバーに残ります。

記録が残るだけではなく、どこからアクセスしてきたのかも容易にわかります。IPアドレスがライバル会社の可能性が高い場合、Web管理者はどのような行動をとるでしょうか?

神経質なWeb管理者であれば、該当のIPアドレスをブロックするでしょう。そうなればプロバイダーを変更しない限り、二度と同じサイトにアクセスすることはできません。

スポンサーリンク

Webページなどの情報を一時的に保存

プロキシサーバーの中には、アクセスしたWebページなどの情報を一定の期間保存する機能を有しているものがあります。ブラウザーのキャッシュ機能のようなものですが、プロキシサーバーの方がキャパシティは大きいです。

情報が内部に保存されたら、Webサーバからデータを取得する必要がなくなります。そのため二回目以降は、情報取得のスピードが速くなります。

フィルタリング機能を有している

プロキシサーバーはフィルタリング機能を有していますが、フィルタリング機能を活用すればアクセスできるWebサーバを規制することができます。この機能は、従業員の私用でのインターネットを制限するときに便利です。

セキュリティ性が高い

プロキシサーバーを間に挟めば、不審者の侵入を防ぐことができます。不審者が会社のパソコンに侵入しようとしても、プロキシサーバーが間にあるのでパソコンに到達しにくいです。

最近はハッカーの攻撃が話題になっていますが、間にプロキシサーバーを挟めばハッカーも攻撃しにくいです。

プロキシサーバーは防波堤
間にプロキシサーバーが存在するので、ハッカーは狙いにくい

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

プロキシサーバーを使うにはどうすればいいの?

これからはプロキシサーバーの具体的な使い方を紹介します。プロキシサーバーという言葉から敷居の高さを感じる人がいるかもしれませんが、プロキシサーバーの使い方は難しくありません。以下では詳しく解説します。

まずはプロキシサーバーと契約しよう

テストであれば自前のプロキシサーバーでも構いませんが、24時間自由に使いたい人はプロキシサーバーをレンタルした方が便利です。無料のプロキシサーバーもありますが、長い目で見たら有料のプロキシサーバーの方がメリットは大きいです。

無料のプロキシサーバーにはウイルスやスパイウェアが仕組まれている可能性があるので、安心して使いたい人は、迷うことなく有料のプロキシサーバーと契約してください。

自分のパソコンの設定をしよう

プロキシサーバーと契約した後は、自分のパソコンを設定する必要があります。設定方法はパソコンの種類やOSによって若干異なりますが、今回はWindows10での設定方法を紹介します。

  • スタートボタンから設定を探す
  • ネットワークとインターネットを探し開く
  • プロキシを開く
  • 手動プロキシセットアップを編集する

主な流れを紹介しましたが、手動プロキシセットアップを編集するときはONにしてください。ONにすれば編集できます。アドレス欄には、契約したプロキシサーバーのアドレスを入力します。

ポートは契約したプロキシサーバーによって異なりますが、「8080」が多いです。基本的にはこれだけですが、他のプロキシサーバーを使いたい場合は、下の空白欄に入力します。複数ある場合はセミコロン「;」で区切ってください。

「ローカル(イントラネット)のアドレスにはプロキシサーバーを使わない」に、チェックを入れてください。以上で設定は終わりです。プロキシサーバーの使い方は簡単で、一般の人でも十分に使いこなせます。

ブラウザー経由でもできるよ
この設定はブラウザー経由でも可能

スポンサーリンク

プロキシサーバーをビジネスに活用しよう

プロキシサーバーの使い方を覚えたら、プロキシサーバーをビジネスに活用しましょう。ビジネスで活用するときは、Brightdataをおすすめします。以下では、Brightdataをおすすめする理由を紹介します。

BrightdataはIPアドレスの数が多い

BrightdataはIPアドレスの数が多く、IPアドレスの数でBrightdataを選ぶ人は多いです。Brightdataは4種類のネットワークで、3,500万個のIPアドレスを用意しています。BrightdataのIPアドレスは国、都市、ASNが指定でき、モバイルの場合はキャリア指定もできます。

利用できるIPアドレスが多ければ、IPアドレスを途中で乗り換えるのも容易です。同じIPアドレスが連日連夜アクセスしてきたら、警戒するWeb管理者はいるでしょう。しかし定期的にIPアドレスが変更できたら安心です。

Brightdataは審査制なので安心

プロキシサーバーの利用者の中には、マナーにかける人がいるかもしれません。マニュアル以外の使い方をし、プロキシサーバーに重い負荷をかける人もいるでしょう。プロキシサーバーに重い負荷がかかれば、プロキシサーバーは重くなり役に立たなくなります。

Brightdataは新規のIP利用者に対して審査を実施し、危険なユーザーを事前に排除しています。危険なユーザーを事前に排除することで、恒久的にプロキシサーバーを安定稼働させることができます。

Brightdataは日本人スタッフ付き

Brightdataは海外のサービスでマニュアルは基本的に英語で書かれていますが、こちらのページから申し込んでもらえたら、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。日本人スタッフは親切で、言語面の問題点や、技術面の問題点を親切に教えてくれます。

プロキシサーバーをビジネスで活用すれば、思いの外迷うことが多いものです。迷ったときは日本人スタッフに気楽に聞いてください。自分で考えたら3日かかることでも、日本人スタッフに聞けば瞬時に解決することがあります。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataが活躍できそうなビジネスフィールド

Brightdataが活躍できそうなビジネスフィールドには、旅行業界、ネット販売、不動産業界、人材派遣業、SEO対策業界などがありますが、今回は不動産業界での使い方を深掘りしたいと思います。

不動産業界は良い物件を見つけるのが命ですが、良い物件をインターネットで見つけるときもプロキシサーバーは効果的です。プロキシサーバーを活用すれば社内の複数人が、別のIPアドレスで一つのサイトに同時アクセスすることができます。

このことは、膨大な情報を公開している物件サイトでは効果的です。同じIPアドレスであれば不審者扱いされる可能性がありますが、異なるIPアドレスでアクセスしたら、サイトのWeb管理者は同じ会社の人だと気付かないでしょう。

現代のビジネスはデータを活用するのが当たり前になっていますが、データ収集の大きな武器になるのがプロキシサーバーです。プロキシサーバーは今までは地味な存在でしたが、今後は注目する人が加速度的に増えると予想されます。

プロキシサーバーはデータビジネスの武器
プロキシサーバーはデータ収集に便利

まとめ

プロキシサーバーの使い方を幅広く紹介しましたが、プロキシサーバーの使い方は誰でも習得できます。敷居が低いプロキシサーバーですが、使い方によってはビジネスの大きな味方になります。

プロキシサーバーの需要に伴いプロキシサーバーの種類も増えてきましたが、本格的に使う人はBrightdataに限ります。Brightdataは一ヶ月から契約できるので、まずはお試し気分で申し込んでみましょう。

わからないことは、専用の日本人スタッフに聞いてください。日本人スタッフはきっと親身に答えてくれるでしょう。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)