おすすめできるプロキシサーバーの条件

おすすめのプロキシサーバーはどれ?

最近はプロキシサーバーの種類が増えていますが、増えれば増えるほど選ぶときに悩みますね。これは当然のことですが、ポイントをしっかり押さえたら選びやすくなりますよ。

本記事では、プロキシサーバーの選び方のポイントを紹介します。紹介するポイントはいずれも大切で、一つでも欠けていたら後悔する可能性があります。

おすすめのプロキシサーバーを紹介する前に、プロキシサーバーの概略を紹介したいと思います。プロキシサーバーの概略を知れば、選ぶポイントがより明確になるでしょう。

プロキシサーバーの概略

プロキシサーバーの概略を紹介します。プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間に位置し、クライアントがwebサーバーに送信したリクエストを中継します。

逆も同じでwebサーバーがクライアントに送信した情報も、プロキシサーバーが中継します。間にプロキシサーバーを挟めば、物理的に通信速度は低下します。それにも関わらず、プロキシサーバーの利用者は年々増えています。

利用者が年々増えているのはプロキシサーバーのメリットが、デメリットを遙かに上回っているからです。プロキシサーバーの具体的なメリットは以下です。

  • プロバイダのIPアドレスを隠すことができる
  • ウイルスやスパイウェアは、プロキシサーバー上で退治できる
  • キャッシュ機能を利用すれば表示速度が速くなる
  • 負荷分散ができる

プロキシサーバーの主なメリットを紹介しましたが、プロキシサーバーはビジネスの強い味方になるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめのプロキシサーバーの条件

これからは、おすすめのプロキシサーバーの条件を紹介します。基本的にビジネスでの使用を対象にしています。

安定性がある

プロキシサーバーに限らず、サーバーは多くの人が利用します。複数の人が利用すれば負荷がかかり、サーバーは不安定になります。プロキシサーバーが不安定になれば通信に不具合が生じ、プロキシサーバー本来の役割を果たすことができません。

プロキシサーバーをビジネスで使う人は多いですが、プロキシサーバーが不安定だったらビジネスに支障を来します。当たり前と思うかもしれませんが、プロキシサーバーの安定は何よりも優先すべき項目です。

セキュリティ対策がしっかりしている

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバー間の通信を中継しますが、中継中にウイルスやスパイウェアが浸入する可能性はあります。プロキシサーバー用のセキュリティ対策ソフトはありますが、プロキシサーバーに多くのセキュリティホールがあれば、セキュリティ対策ソフトだけでは防げません。

危険なウイルスやスパイウェアを退治するには有人監視が効果的ですが、有人監視をしていないプロキシサーバーはあります。特に無料のプロキシサーバーに多いですが、無料のプロキシサーバーは有人監視をする余裕がないのが実情です。

安全を守るため
有人監視は人件費がかかるけど、安全を守るためには絶対に必要

広告が表示されない

有料のプロキシサーバーにはないと思いますが、無料のプロキシサーバーは広告が表示されることが多いです。広告が表示されるのは広告収入を目的にしているからですが、仕事中に広告が表示されたら鬱陶しいです。

広告はアフィリエイト商材だけではなく、自社製品もあります。クリックしなければ済むことですが、web広告は思わずクリックしてしまいそうな場所に表示されます。仕事中にそんな広告を見たら、本当にイライラします。

コストパフォーマンスがよい

いくら優れたプロキシサーバーでも、コストパフォーマンスが悪ければおすすめできません。コストパフォーマンスの判断基準は、類似サービスとの比較だと思います。他社と同じような機能があるのに、導入コストが安ければコストパフォーマンスはよいと言えます。

ここで気をつけなければいけないことは、機能面だけではなく利便性にも目を向けることです。利便性も機能の一種で、利便性の高いサービスは使い心地がよいです。

価格だけに目を向けない
本当に価値のあるサービスとは、コストパフォーマンスのよいサービス

日本人も使いやすい

いくら優れたプロキシサーバーでも、日本人が使いにくければ意味がありません。プロキシサーバーの多くは海外の会社が運営していますが、一般的にマニュアルは英語で書かれています。

英語が得意な日本人であれば問題はないですが、多くの日本人は英語に慣れていません。そのためプロキシサーバーを選ぶときは、言語面のサポートにも注目した方がよいです。日本人スタッフ付きのプロキシサーバーが一番です。

実績が優れている

実績が優れていることも見逃せません。実績は日々の積み重ねですが、継続するのは難しいものです。しかし一流のプロキシサーバー業者は、コツコツと実績を積み重ねています。

実績はプロキシサーバー業者のホームページを読めばわかりますが、誇張表現が多い業者は警戒した方がいいです。本当に優れたプロキシサーバー業者は、必要以上に自社を大きく見せません。誇張表現の多さは、自信のなさを表しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Brightdataはおすすめのプロキシサーバーの条件をすべて満たしている

Brightdataは海外発のプロキシサーバーですが、おすすめのプロキシサーバーの条件をすべて満たしています。以下では具体的にみていきます。

Brightdataの安定性は抜群

Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%と高いです。プロキシサーバーは、多くの人がアクセスするので不安定になりがちです。Brightdataのネットワーク稼働率を支えているのは高度な技術力ですが、Brightdataはプロキシに関する複数の特許を取得しています。

万が一Brightdataのプロキシサーバーが不安定になった場合、スタッフはすぐに対応します。すぐに対応できるのは、有人監視しているからです。

いくら優れたプロキシサーバー管理ソフトがあっても、イレギュラーな事態のときは役に立たないことが多いです。イレギュラーな事態に対応するには、有人監視スタッフが必要です。

Brightdataはセキュリティ対策も万全

有人監視スタッフがいるからですが、Brightdataのセキュリティ対策は万全です。有料だからセキュリティ対策は当然だと思うかもしれませんが、技術力の低いサービス会社のセキュリティ対策は抜け穴だらけです。

Brightdataのセキュリティ対策を支えているもう一つの要因は、新規ユーザーに対する審査です。Brightdataは審査を実施することで、危険の芽を事前に摘んでいるのです。

一人の悪意あるユーザーがwebサーバーに悪影響を与えた事例はありますが、プロキシサーバーでも同じことは十分に起こるでしょう。危険の芽は事前に摘むに限ります。大きなアクシデントが起こってから、後悔しても遅いです。

Brightdataは広告が表示されないだけではなくレスポンスも抜群

Brightdataは有料だから広告が表示されないのは当たり前ですが、広告が表示されないだけではなく、レスポンスもよいです。Brightdataが快適なレスポンスを実現できるのは、高スペックのマシーンも関係していますが、一番の要因はトラフィック管理の質だと思います。

トラフィック管理は非常に大切で、トラフィック管理に抜かりがなければ常に快適なレスポンスが期待できます。有料のプロキシサーバーでも、トラフィック管理が甘いところはあります。

Brightdataのコストパフォーマンスは抜群

Brightdataは激安ではありませんが、コストパフォーマンスはよいです。Brightdataは4種類のネットワークで3,500万個のIPアドレスを保有していますが、取得したIPアドレスに国、都市、ASNが指定できます。

IPアドレスに国、都市、ASNが指定できるのは大変便利なことで、業種によっては企業のイメージアップにもなるでしょう。

Brightdataに「Proxy Manager」を組み込むことは可能ですが、「Proxy Manager」はデータ収集を効率化します。「Proxy Manager」を活用すれば、匿名のクローラーで、SNSにアクセスすることができます。

Brightdataの質と価格を天秤にかけると、コストパフォーマンスの良さが実感できるでしょう。

Brightdataには日本人スタッフがいる

こちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。Brightdataは海外発のプロキシサーバーで、文献は英語で書かれています。書かれている英語は翻訳ツールで訳せるものもありますが、正確に訳すのが難しいものもあります。

そのような英語は英語に詳しい人に聞くのがいいですが、Brightdataは最初から日本人スタッフがいるので探す手間が省けます。日本人スタッフは親切で、言語面だけではなく技術面の相談にも乗ってくれるでしょう。

Brightdataは実績も抜群

Brightdataは実績も抜群で、Fortune500掲載企業を含む10,000社以上が利用しています。プロキシサーバーの利用者数が10,000社を超えるのは凄いことです。10,000社を超えたのはプロキシサーバーの質も関係していますが、Brightdataの企業理念の明確さも見逃せません。

Brightdataの企業理念の根底にあるのは、便利さの追求だと思います。Brightdataはプロキシサーバーの限界に挑み、便利さを次々と具現化しています。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

おすすめのプロキシサーバーの条件について紹介しましたが、すべての条件を満たしているプロキシサーバーは少ないです。現時点では、Brightdata以上のプロキシサーバーはないでしょう。

Brightdataの申し込みはホームページからですが、決済はクレジットカードとPayPalが使えます。また一ヶ月から契約できるので、大変申し込みやすいです。

Brightdataが気に入った人は長期契約に切り替えましょう。長期契約には割引が適用されるので、一年というスパンでみたら大変お得です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)