Androidのプロキシ設定アプリの紹介 

Androidのプロキシ設定アプリとは

プロキシサーバーはパソコンで利用することが多いですが、Androidスマートフォンでも利用できます。Androidスマートフォンの利用者は多いですが、プロキシサーバーを利用している人は少ないでしょう。

Androidスマートフォンでプロキシサーバーを利用する人が少ないのは、必要性を感じないこともありますが、設定が面倒くさいことも関係しているのではないでしょうか?

プロキシ設定はAndroidスマートフォンの設定アプリからも可能ですが、プロキシ用のアプリからも可能です。本記事ではAndroidのプロキシ設定アプリを幅広く紹介します。

Androidスマートフォンのプロキシ設定を設定アプリからする

設定アプリからプロキシサーバーを指定する方法は、Androidの公式ホームページで公開されています。ここでは公開内容を噛み砕いて紹介したいと思います。

  • 設定アプリを開く(設定アプリの場所は機種によって異なるが、トップ画面をスライドさせたら見えることが多い)
  • [ネットワークとインターネット] 次に [WI-FI] をタップする
  • ネットワークをタップする
  • 画面上部の編集アイコンから「詳細設定」をタップする
  • プロキシの下にある下矢印をタップする
  • 構成タイプを選択する
  • 必要に応じてプロキシ情報を入力する
  • 保存をタップする

スポンサーリンク

Androidスマートフォンのプロキシ設定を楽にするアプリを紹介

Androidスマートフォンで使えるプロキシ設定アプリは、「Google play」の公式ホームページで見つけることができます。パソコンでも閲覧できますが、インストール環境はAndroidスマートフォンです。以下では、Androidスマートフォンで使えるプロキシ設定アプリを幅広く紹介します。

Proxy Masterは無制限の帯域幅が特徴

「Proxy Master」は無制限の帯域幅が特徴で、快適な通信が期待できます。プロキシサーバーを経由すれば物理的に通信速度は遅くなりますが、通信の遅さに拍車をかけるのがプロキシサーバーの帯域幅の制限です。

帯域幅が制限されたら通信は遅れがちになり、最悪の場合は使い物になりません。「Proxy Master」はワンクリックで接続できるのが特徴で、いち早くプロキシ機能を利用したい人は助かります。

Every Proxyはデバイス上で独自のプロキシサーバーを構築

一般的にプロキシサーバーを利用するときは離れた場所にあるプロキシサーバーに接続しますが、「Every Proxy」はAndroidデバイス上で、独自のプロキシサーバーを構築します。

基本的にAndroidデバイスに割り当てられたIPアドレスを使用しますが、別のIPアドレスを使用することもできます。別のIPアドレスを使用するときは、検索エンジンで「android change ip address」を見つけ設定する仕様になっています。

VPN365は世界各地にプロキシサーバー基地がある

VPN365は世界各地にプロキシサーバー基地がありますが、ホームページではインド、オランダ、米国、日本、シンガポール、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスを紹介しています。

世界各地にプロキシサーバー基地を置くメリットは、混雑の緩和だと思います。一台のプロキシサーバーに多くの利用者がアクセスすれば混雑しやすくなりますが、世界中に多くのプロキシサーバーがあれば混雑しにくいです。

こちらのアプリはプロキシ設定アプリというよりも、VPN接続アプリと言った方がいいかもしれません。商品ページには「VPNに接続すると、インターネットサーフィン時にIPアドレスが非表示になる」と記載されています。

VPNとは
VPNを利用すると通信のすべてを暗号化することができる

VPN Proxy Masterは強力な暗号化が特徴

「VPN Proxy Master」はAES 128-ビット暗号化で、大切な情報を保護します。アプリ使用時に大切な情報が盗まれる可能性はありますが、強力に暗号化してくれたら安心です。「VPN Proxy Master」は、「いつでもどこでも無料プロキシサーバーに接続」できるのが売りですが、ワンタップで設定できます。

こちらのアプリはトライアル版とプレミアム版がありますが、機能のすべてを使いたい人はプレミアム版がいいでしょう。サービス会社はフィードバックを歓迎しており、フィードバックを反映させることでサービスの質を高めています。

VPN Proxy Unlimitedはシンプルな操作性が特徴

「VPN Proxy Unlimited」はシンプルな操作性が特徴で、レビューでも操作性を評価する声は多いです。こちらのプロキシ設定アプリはVPNの性格が強いですが、本来のIPアドレスを隠す機能はあります。

「VPN Proxy Unlimited」のサーバーは、スウェーデン、イギリス、デンマーク、フランス、米国、オランダ、カナダにあります。基本的に好きな国のプロキシサーバーを選んだらいいですが、選ぶときもワンタッチなので非常に楽です。

Androidスマートフォンでプロキシ設定アプリを使うときの注意点

Androidのプロキシ設定アプリを使うときは、目的を明確にすることをおすすめします。ビジネス目的なのに、帯域の狭いプロキシ設定アプリを使うのはおすすめできません。また広告が表示されるプロキシ設定アプリも、ビジネスでの使用には向いていません。

ビジネスで使うときは、セキュリティ対策にも気を配らなければいけません。「Google play」の公式ホームページで紹介されているアプリにも、脆弱性のあるものはあります。

一般の人はセキュリティ対策の質を見分けるのが難しいですが、基本は暗号化に対応しているアプリを選ぶことです。

暗号化は大切
暗号化しなければ通信内容は筒抜け

情報収集が目的の人は直接プロキシサーバーに接続しよう

情報収集を目的にプロキシサーバーを使う人は、Androidの設定アプリより、直接プロキシサーバーに接続した方がいいと思います。直接プロキシサーバーに接続することで、プロキシサーバーの資産を最大限活用することができます。

Chromeでプロキシサーバーを使うには?使い方を徹底解説

プロキシサーバーの資産はIPアドレスの代理だけではなく、キャッシュ機能や負荷分散機能などがあります。ただプロキシサーバーを選ぶときは、信頼できるサービス業者を選ぶことが大切です。

信頼できるプロキシサーバー業者の定義は人によって異なると思いますが、最低限ネットワーク稼働率だけはチェックした方がいいでしょう。ネットワーク稼働率が低ければ、ビジネスでは使えません。

Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%なので、安心して情報収集業務に打ち込むことができます。

スポンサーリンク

BrightdataをAndroidスマートフォンで使うメリット

BrightdataはAndroidの設定アプリから接続できますが、接続方法は本記事でも解説しています。設定アプリから接続した場合はスマートフォンでの利用になりますが、スマートフォン経由でプロキシサーバーに接続するのは意味のあることです。

以下ではAndroidの設定アプリから、Brightdataに接続するメリットを紹介します。

場所を問わず使える

Androidの設定アプリからBrightdataに接続するときはWI-FI環境が必要ですが、フリーWI-FIスポットは案外多いので場所に困ることはないでしょう。

主なWI-FIスポットにはフリーWI-FIを設置している飲食店、駅構内、観光地等があります。またポケットWI-FIがあれば、辺鄙な場所以外はほぼ使えると思います。ポケットWI-FIの電波状況は、運営会社のホームページで調べることができます。

使っているキャリアがバレない

アクセス先のwebサーバーには、アクセス者のスマートフォンのIPアドレスやキャリアが通知されます。通知が気にならない人であればいいですが、何らかの理由で通知されたら困る人はいます。

そのような人は、Androidの設定アプリからBrightdataに接続すればいいです。BrightdataのIPアドレスは便利で、モバイルの場合はキャリアの指定もできます。

Brightdataの魅力とは

Brightdataの魅力には、キャリアの指定ができることがありますが、Brightdataの魅力はそれだけではありません。以下ではBrightdataの他の魅力を紹介します。

便利なBrightdata Proxy Managerが使える

「Proxy Manager」はBrightdata用のソフトウェアですが、大変便利なソフトです。特に便利なのが匿名のクローラーでSNSにアクセスできる機能で、活用すれば身元を明かさず情報収集が自動化できます。

他にはプロキシマネージャーで、トラフィックの最適化ができるのも便利です。多くの人が同時にBrightdataにアクセスすれば通信は混雑しますが、トラフィックを最適化すればスムーズな通信が期待できます。

日本人スタッフがいる

多くのプロキシサーバーは海外発で、マニュアルは英語で書かれていることが多いです。英語が得意な人でも、技術英語は理解しにくいものです。理解できない技術英語に遭遇したときは技術英語が得意に人に聞くしかありませんが、Brightdataであれば直接スタッフに聞くことができます。

こちらから申し込んでくれた人だけですが、日本人スタッフ付きのプランをご案内します。日本人スタッフの存在は大きく、言語面や技術面で躓いたときは親身になって助けてくれるでしょう。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

Androidのプロキシ設定アプリについて解説をしましたが、今後はアプリがますます増えると予想されます。予想の根拠は、プロキシサーバーの必要性が認知されてきたからです。それでも設定に自信のない人は、導入の決断ができません。

そのような人は「Google play」から設定アプリを探せばいいですが、プロキシサーバーの資産を最大限に活用したい人は、直接プロキシサーバーと契約しましょう。プロキシサーバーの資産価値は大きく、必ずやビジネスを効率化します。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)