プロキシサーバー関連のフリーソフト

フリーソフトを活用し便利にプロキシサーバーを使おう

インターネット上にはプロキシサーバー関連のフリーソフトがありますが、プロキシサーバー初心者は何がいいのかがわかりません。

本記事ではプロキシサーバー関連のフリーソフトを紹介しますが、特徴も掘り下げたいと思います。特徴を知ることで、自分にあったフリーソフトが見つかりやすくなるでしょう。

紹介するフリーソフトは多岐にわたりますが、選択に迷った時はまず試してみることをおすすめします。実際に試すことで、特徴を肌で感じることができます。

プロキシサーバーでフリーソフトを使うメリット

プロキシサーバーでフリーソフトを使うメリットは何と言っても便利さで、フリーソフトを使うことで運営はかなり効率化します。手作業ですれば1日かかることでも、フリーソフトを活用すれば数分で済むことがあります。

基本的にフリーソフトは無料ですが、ソフトによっては使用条件に縛りがあります。使う前によく確かめてください。

Vectorや窓の杜が便利
プロキシサーバーのフリーソフトを探すときは、Vectorと窓の杜が便利

スポンサーリンク

プロキシサーバー関連のフリーソフトを徹底紹介

これからはプロキシサーバー関連のフリーソフトを紹介したいと思いますが、特徴も掘り下げたいと思います。初めてプロキシサーバー関連のフリーソフトを使う人は、参考にしてください。

Squidログフィルタ

Squidはプロキシサーバー構築ソフトとして有名です。Squidにはログを残す機能がありますが、利用者によっては不要な項目があります。Squidログフィルタはログにフィルターをかけるソフトで、フィルターをかけることでログを絞り込むことができます。

フィルタリングできる項目には以下があります。

  • パソコンのIPアドレス
  • 閲覧先のURL
  • バイト数
  • 時間指定
  • 日付

フィルタリングできる項目は少ないですが、社内ネットワークとして活用するのであれば十分です。

バイト数
バイト数は文字数のことですが、通常全角は2バイト、半角は1バイトで計算される

yappa

yappaは簡単にプロキシサーバーが構築できるフリーソフトですが、特徴は以下です。

  • ページの保存
  • 広告カット
  • ActiveXの無効化

非常にシンプルなプロキシサーバー構築ソフトですが、広告の多いサイトを見るときは便利だと思います。

ProxySetter2012

こちらのフリーソフトはシンプルな仕様が特徴ですが、プロキシサーバーのON/OFFの切替えが1クリックでできます。短時間だけプロキシサーバーを使いたい人はいると思いますが、1クリックで切り替えできたら助かります。

SMTP SAVER PROXY

こちらのフリーソフトはサンプル版ですが、メールサーバーの管理に便利です。メールサーバーのSMTPへ送られるバケットを監視し、不正なメールは受信拒否できます。

迷惑メールに悩んでいる人は多いと思いますが、こちらのフリーソフトを使えば、不正なメールを受信しなくてすみます。プロバイダーにも迷惑メール防止システムはありますが、有料で提供していることが多いです。

迷惑メール
迷惑メールは本当に鬱陶しいですが、こちらのフリーソフトを活用すれば排除しやすい

MetaGate Mini for HTTP

こちらは個人用のプロキシサーバー構築ソフトで、機能はシンプルです。しかしWindowsで簡単に利用できるのは魅力的で、Windowsユーザーは選択肢の一つにしてもいいと思います。

アクセスしたデータをマシンのハードディスクにキャッシュする機能しかないですが、同じ内容を何回も閲覧する人は便利だと思います。インストール方法は非常に簡単で、実行ファイルを展開するだけです。

Z-PROXY Server V2 Full Set

こちらのフリーソフトには、以下の特徴があります。

  • 特定のサイトだけを許可
  • パスワード付暗号ファイルに変換(添付ファイル付メール送信時)

一番目は、子供や社員にインターネットをさせる時に便利です。特定のサイトだけを許可すれば、危険なサイトに近づく心配はなくなります。

二番目は情報の漏洩を防ぎたい人に便利です。添付ファイルの中には第三者に知られてくないものがありますが、万が一パケットの内容が傍受されたら大変です。しかしパスワードをかけることで、傍受される可能性はかなり低くなります。

ppsd

こちらのフリーソフトの最大の特徴は、指定したURLを一括してダウンロードする自動巡回機能です。この機能は非常に便利で、業種によってはビジネスでも活躍するでしょう。

自動的に巡回し内容をダウンロードしてくれるので、同時進行で他の仕事をすることができます。忙しいサラリーマンは、情報収集の時間も節約したいものです。自動巡回機能を活用すれば、昼休みの間に、情報を収集することも可能です。

フリーソフトの問題点

フリーソフトは無料で利用できるのが魅力ですが、ビジネスで使う人にはおすすめできません。フリーソフトは個人が開発したものが多く、テストが省かれることが多いです。

企業はテスターという人を雇いソフトの不具合を徹底的に見つけ出しますが、個人の場合はテストに膨大な時間を割くわけにはいきません。そのためビジネスでプロキシサーバー関連のソフトを使う時は、企業が開発した有料版を選ぶことをおすすめします。

セキュリティ面に不具合があれば、自分のパソコンに危害が及ぶ可能性があります。フリーソフト経由で、ウイルスやスパイウェアが浸入することは珍しくありません。

必ずウイルス対策ソフトを使おう
フリーソフトを使うときは、必ずウイルス対策ソフトを使ってください

スポンサーリンク

ビジネスでプロキシサーバーを使う時は有料契約しよう

ビジネスでプロキシサーバーを使う時は、有料契約することをおすすめします。無料のプロキシサーバーの問題点は昔から指摘されていますが、一番大きな問題点はセキュリティ面でしょう。

無料のプロキシサーバーの運営者はアフィリエイト目的が多いですが、アフィリエイト商材の中には危険なものがあります。特に危険なのはアダルト関係で、クリックした瞬間架空請求されることがあります。

また一部の無料のプロキシサーバーの運営者は個人情報の収集を目的としており、利用者の個人情報を入手し、名簿業者に販売しています。

このような危険性を考えたら、無料のプロキシサーバーをビジネスで使うのは怖いでしょう。有料のプロキシサーバーはいろいろありますが、技術力の高さとコストパフォーマンスの良さを考えたらBrightdataが一番です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataでできること

フリーソフトにも便利な機能はありますが、Brightdataの方が圧倒的に充実しています。以下ではBrightdataで実現できることを紹介します。

海外の会社のように見せることができる

BrightdataのIPアドレスは便利で、国、都市、ASNが指定できます。外国のIPアドレスを指定すると、外国に存在している会社だと思わせることができます。この機能は、会社のイメージアップに役立つでしょう。

またライバル会社のホームページに頻繁にアクセスをすると、ライバル会社のweb管理者は警戒心を抱きますが、外国のIPアドレスであれば杞憂だったと思うでしょう。

webサーバーに仕組まれたウイルスをプロキシサーバー上で処理できる

webサーバーにウイルスが仕組まれていたら感染する可能性がありますが、プロキシサーバーを間に置けば、プロキシサーバー上で処理することができます。

Brightdataの管理体制は優秀で、webサーバーからダウンロードしたウイルスを、強力に遮断してくれます。当然会社のパソコンに被害が及ぶことはありません。

大人数で使用できる

Brightdataが保有しているIPアドレスは多く、4種類のネットワークで3,500万個のIPアドレスを保有しています。このことは大人数で使用するときに便利で、それぞれが異なるIPアドレスでwebサーバーにアクセスできます。

マンモスサイトの情報を全社員で閲覧したいことはありますが、複数のIPアドレスを使えばマンモスサイトのweb管理者は、異なる会社がたまたま同時にアクセスしていると思うでしょう。

魅力的なBrightdataを使おう

フリーソフトは無料で使えるのが魅力ですが、Brightdataにはフリーソフトにはない魅力が一杯あります。フリーソフトは機能が限られていますが、Brightdataの機能性は工夫次第で格段に広がります。

不安な人は一カ月契約から始めよう

プロキシサーバー初心者でBrightdataのことがよくわからない人は、一カ月契約から始めたらいいと思います。Brightdataが気に入らなかった場合は、一カ月で契約を打ち切っても構いません。ただ解約のタイミングだけは気をつけてください。

決済はクレジットカードとPayPalが使える

Brightdataの決済はクレジットカードとPayPalが使えますが、PayPalはオンラインから申し込みできます。特に厳しい審査はないので、クレジットカードがない人はPayPalを利用したらいいと思います。

PayPalはメールアドレスがIDになっていますが、メールアドレスと銀行口座は紐付けられているので、利用後は自動的に使った額が引き落とされます。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバー関連のフリーソフトについて紹介しましたが、インターネット上には便利なフリーソフトがいろいろあります。海外に目を向けたら更に多いでしょう。プロキシサーバーを経験したい人は、フリーソフトを使ってください。

もしビジネスでもプロキシサーバーを使いたくなったときは、迷うことなく有料のプロキシサーバーと契約してください。有料のプロキシサーバーであれば、Brightdataをおすすめします。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)