プロキシサーバーのキャッシュ容量とは

プロキシサーバーにとって大切な容量とは?

プロキシサーバーはIPアドレスの代理サーバーといわれることが多いですが、プロキシサーバーの真価は容量にあるという人もいます。

プロキシサーバーの容量とは何でしょうか?いろいろな回答があると思いますが、一番大切な容量はキャッシュの容量ではないかと思います。

キャッシュとは一度閲覧したデータを保存する機能ですが、キャッシュの容量が大きければ多くのデータを詰め込むことができます。

本記事ではプロキシサーバーのキャッシュの容量に焦点をあてて解説をしますが、大容量のキャッシュ機能を使ったビジネス例も紹介したいと思います。

プロキシサーバーのキャッシュ機能の流れ

プロキシサーバーのキャッシュ容量について解説する前に、プロキシサーバーのキャッシュ機能の流れについて触れたいと思います。

通常プロキシサーバーはインターネットユーザーがアクセスしますが、webサーバーから返ってきたデータは、プロキシサーバー内のキャッシュ領域に保存されます。

同じデータであれば、二回目以降はプロキシサーバー内からデータを取り出す仕組みです。webサーバーにアクセスする必要がなくなるので、レスポンスは当然よくなります。

ブラウザにもキャッシュ機能はある
インターネットをするときに使うブラウザーにも、キャッシュ機能はあります

スポンサーリンク

プロキシサーバーのキャッシュ容量関係

これからは、プロキシサーバーのキャッシュ容量を深掘りしていきます。雑学的な内容もありますが、プロキシサーバーのキャッシュ容量を理解する一助になれば幸いです。

プロキシサーバーのキャッシュの設定

自力でプロキシサーバーを構築する人はキャッシュ領域の容量を決めることができますが、決めるときはハードディスクの容量を考慮しましょう。

プロキシサーバーのキャッシュ機能にはさまざまな設定項目があり、設定するときは使用頻度、使用時間を参考にしたらいいでしょう。設定できる主な項目は以下です。なお以下の項目は、「Sun Java System Web Proxy Server」のドキュメントを参考にさせてもらいました。

  • キャッシュの有効化・無効化
  • キャッシュの作業ディレクトリー
  • キャッシュのサイズ
  • キャッシュの容量

Linuxマシーンでプロキシサーバーを構築するときは、Linuxのコマンドを習得する必要があります。Linuxのコマンドは超難解ではありませんが、初めて使う人はある程度の勉強が必要です。

設定可能項目
プロキシサーバー構築ソフトによって、設定項目が異なる可能性はある

プロキシサーバーのキャッシュ領域が大きい理由

プロキシサーバーのキャッシュ領域はブラウザーのキャッシュ領域よりも遙かに大きいですが、大きい理由はキャッシュ領域の仕組みにあります。通常ブラウザーのキャッシュ領域はブラウザーに組み込まれていますが、プロキシサーバーのキャッシュ領域は、コンピューターのハードディスクの一部を使います。

プロキシサーバーの使用目的はIPアドレスの代理が一番多いと思いますが、二番目に多いのはキャッシュ機能の活用だと思います。そのためキャッシュ領域を、大きくできる仕組みにしたのでしょう。

一般的にプロキシサーバーには多くのクライアントがアクセスしますが、多くのクライアントがアクセスしたら、キャッシュしなければいけないデータは膨大になります。膨大なデータをキャッシュ領域に詰め込む為には、キャッシュ領域を大きくするしかありません。

スポンサーリンク

キャッシュ容量が大きければレスポンスは絶対的によくなるのか

キャッシュシステムは閲覧の速度を上げる仕組みですが、キャッシュ容量の大きさとレスポンスの速さが比例するとは言えません。その理由は、プロキシサーバーのマシーン能力が関係してくるからです。

レスポンスに影響を与えるものとしては、ハードディスクの読み書き速度やネットワーク帯域などがあります。そのためプロキシサーバーを選ぶときは、マシーンの処理能力にも注目することをおすすめします。

マシーンのスペックを公表していない業者もありますが、気になる方はお問い合わせフォームから聞いてください。

SSD
レンタルwebサーバーは、ディスクをSSDにするところが増えている

大容量のキャッシュが必要なシーンは今後は増える

大容量のキャッシュ領域を持つプロキシサーバーが活躍するシーンは、今後は増えると予想されます。その理由は、データ活用ビジネスが増えているからです。しかしキャッシュ容量が少ないプロキシサーバーは、ビジネスでは使えません。

データの蓄積量が限界に達したらキャッシュシステムは正常に作動せず、結果的にユーザーに迷惑をかけます。このことはビジネスでは致命的なことで、頻繁に遅延が発生したら利用者の信頼をなくします。

キャッシュ目的で利用するのであれば、有料のプロキシサーバーに限ります。無料のプロキシサーバーはスペック以上のユーザーを詰め込んでいることが多く、快適なレスポンスは期待できません。

有料のプロキシサーバーはいろいろありますが、世界的に評価が高いのはBrightdataです。Brightdataのマシンスペックは高く、多くのユーザーが快適に利用しています。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataのキャッシュ領域を活用し便利なシステムを作ろう

これからは、大容量のキャッシュ領域を活用するビジネスシーンを紹介します。紹介するビジネスシーンは実用的で、検討に値します。関心のある方は一度チャレンジしてください。

デジタル資料館

Brightdataを活用し、デジタル資料館を構築するのは意味のあることです。業種によっては同じデータを何回も閲覧することがありますが、キャッシュ機能を利用したら快適です。

デジタル資料館のメリットは、遠方にいてもアクセスできることです。全世界に支社がある企業はありますが、デジタル資料館を構築したら全世界の社員が同じデータを閲覧できます。

デジタル資料館はスマートフォンでも利用可能で、外出先からでも気軽に閲覧できます。キャッシュデータはプロキシサーバー内にあるので、スマートフォンで閲覧しても快適なレスポンスが期待できます。

絵の発表会

絵の発表会はwebサーバーだけでも実現できますが、Brightdataを活用した方が便利です。絵の発表会では多くの同人が同じ絵を見ますが、キャッシュに絵が保存されていたら表示速度は速いです。

Brightdataのマシーンスペックは高く、画像ファイルであっても十分なレスポンスが期待できます。ブラウザーのキャッシュシステムは画像の表示速度の向上のために開発されましたが、プロキシサーバーでもそれを活かさない手はありません。

Brightdataをキャッシュ目的で選ぶときはどのプランがいい?

Brightdataをキャッシュ目的で選ぶときは当然キャッシュの容量に注目すべきですが、最安値のプランでも40GBあります。40GBすべてをキャッシュ領域として使うわけにはいきませんが、少人数のお絵かき発表会ぐらいであれば十分な容量だと思います。

デジタル資料館を構築するときは利用する社員の数も考慮すべきですが、一般的には400GBあれば十分だと思います。飛躍的に使用人数が増えた場合は、上位の1000GBに乗り換えたらいいでしょう。

Brightdataは一カ月単位で契約できるので、乗り換えは簡単です。継続的に使うプランがあれば長期契約しましょう。長期契約することで割引が適用されます。

プラン選びのポイント
プランを選ぶ時は、使用データ量をきちんと計算しよう

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataのメリットを紹介

Brightdataをキャッシュ機能目的で使ってもいいですが、Brightdataには他のメリットもあります。これからは、キャッシュ機能以外のメリットを紹介します。

IPアドレスの柔軟性

BrightdataのIPアドレスは便利で、国、都市、ASNが指定できます。これらを指定したら、ビジネスを有利に進めることができます。海外商品の輸入会社であれば、IPアドレスも海外であった方がカッコイイでしょう。

また海外のIPアドレスを利用すれば、ライバル会社のホームページを気楽に閲覧できます。ライバル会社のweb管理者はアクセス者のIPアドレスを入手できますが、競合会社のIPアドレスとわかったら警戒する可能性があります。

警戒するだけであればいいですが、神経質なweb管理者は該当のIPアドレスをブロックする可能性があります。しかし所在地以外のIPアドレスを使えば、競合会社だと気付かれることはないでしょう。

怪しいユーザーを入れない

Brightdataは新規のユーザーに対して審査を実施しているので、危ないユーザーが入り込む危険性は低いです。たかが一人の危険なユーザーと思うかもしれませんが、一人のユーザーの軽率な行動が原因で、webサーバーの一部の情報が漏洩した例はあります。

プロキシサーバーでも、同じような被害が発生する可能性はあります。情報の漏洩だけではなく、プロキシサーバーが重くなる可能性もあります。

決済方法が便利

Brightdataの決済は、クレジットカードとPayPalが使えます。クレジットカードは有名なので説明は省きますが、PayPalはオンライン決済サービスで、日本国内の会社はもちろんのこと、海外の会社との決済にも使えます。

PayPalの審査は特に厳しいことはないので、大部分の人は利用できると思います。申し込みはオンラインから可能で、早ければ一週間程度で利用できるようになります。

まとめ

プロキシサーバーのキャッシュ容量について解説をしましたが、プロキシサーバーのキャッシュ機能は、使い方によっては本当に便利です。今後の世界はますますデータ活用社会になっていくと予想されますが、データ活用の大きな武器になるのがプロキシサーバーです。

プロキシサーバーの歴史はそこそこ古いですが、最近は急激に注目され始めました。注目されだしたのは、実用性が評価されたからでしょう。データ活用ビジネスを考えている人は、Brightdataを活用しビジネスを有利に進めてください。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)