プロキシサーバー絡みのエラーの原因を解説

プロキシサーバー絡みのエラーの原因を知り対策を立てよう

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間に位置していますが、プロキシサーバーが原因のエラーはあります。エラーが表示されたときは何とかしたいものですが、エラーの原因がわからないければ対策を立てることができません。

本記事ではプロキシサーバーが原因のエラーを解説しますが、事例はインターネットから集めました。プロキシサーバーは使い方によっては便利ですが、エラーが表示されたときは正常に作動しません。

プロキシサーバー絡みのエラーメッセージが表示されたときは、本記事を参考にしてください。エラーの内容によっては瞬時に解決するでしょう。

プロキシサーバーの仕組み

プロキシサーバーのエラーの原因について解説する前に、プロキシサーバーの仕組みを解説します。プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間に存在し、クライアントが出したリクエストを中継します。

webサーバーがクライアントにデータを返すときも、プロキシサーバー経由になります。なぜ途中に、中継地点が必要なのかと思う人はいるでしょう。

利用者がプロキシサーバーを使う主な理由は、プロバイダーとは別のIPアドレスを使いたいからです。別のIPアドレスを使うことで、会社や個人の所在地が特定されないようになります。何らかの理由で、IPアドレスの所在地を隠したいことはあります。

プロキシサーバーの歴史
正確な歴史は不明ですが、1997年頃には構築用のサービスがリリースされている

スポンサーリンク

プロキシサーバー絡みのエラー事例と解決策

これからはプロキシサーバーが原因の、エラーについて紹介したいと思います。プロキシサーバー初心者はエラーメッセージが表示されたら右往左往してしまいますが、本記事の事例を参考にし冷静に対応してください。

指定のアドレスが間違っている

ブラウザーはクライアントが指定したプロキシサーバーのアドレスにアクセスをしますが、アドレスが間違っていたら、目的のwebサーバーに到達できません。その場合、ブラウザーは「インターネットに接続されていません」等のエラーメッセージを出します。

このエラー内容は一番多いと思いますが、落ち着いてプロキシサーバーのアドレスとポートを再確認してください。プロキシサーバーのアドレスとポートの指定は設定アプリからもできるし、ブラウザーからもできます。

入力間違いを防ぐには
入力間違いを防ぐには、コピー&ペーストが一番

プロキシサーバーを経由するソフトを使っている

プロキシサーバーを経由するソフトが原因で、インターネットに接続できない可能性はあります。この場合は一つ一つ設定項目を確認すればいいですが、手っ取り早いのは一時的にソフトの機能をoffにすることです。

offにして改善された場合はソフトが原因なので、ソフトの設定項目を注意深く確認しましょう。無料ソフトは設定のマニュアルが整備されていないことが多いので、試行錯誤が必要かもしれません。

自力で正しい設定が判断できない場合は、インターネットのQ&Aサイトで質問したらいいと思います。質問する時は、実行環境とパソコンのOSを記載しましょう。

プロキシサーバー自体がダウンした

プロキシサーバー自体がダウンして、インターネットに接続できないケースはあると思います。この場合はプロキシサーバーの復旧を待つしかありませんが、ダウンのアナウンスがない場合は判断に困りますね。

プロキシサーバーのダウンが疑われる場合は、プロキシサーバーの管理者に聞くのが一番ですが、無料のプロキシサーバーの場合、教えてくれないことがあります。その場合は一旦プロキシサーバーの設定を解除し、翌日再度設定し直しインターネットをすることをおすすめします。

プロキシサーバーもパソコン上に構築されているので、パソコンがダウンしたら正常に作動しません。またプロキシサーバーのインターネット回線の不調も考えられます。

プロキシサーバーがダウンする原因
ダウンする原因はいろいろあるが、負荷のかかりすぎが一番多いと思います

不正なプロキシサーバーの一覧に追加された

利用しているプロキシサーバーのアドレスが、ブラウザーの誤解釈で拒否されることはあります。拒否された場合は無効なプロキシサーバーの一覧に追加されますが、Internet Explorerの場合は30分でクリアされます。

30分も待てない人は、ブラウザーを再起動してください。ブラウザーを再起動することで、無効なプロキシサーバーのリストから外れます。

ウイルス対策ソフトが原因

ウイルス対策ソフトが原因で、インターネットに接続できないことはあります。この場合は利用しているウイルス対策ソフトのサポートに相談するのがいいですが、相談する前にホームページのサポートコーナーを閲覧しましょう。

ウイルス対策ソフトのサポートコーナーは、日々更新されていることが多いため、最新の情報を確認することが大切です。

ウイルス対策ソフトが原因でインターネットに接続できないときは、プロキシサーバーのアドレスが危険なサイトに追加されている可能性が高いです。手っ取り早い確認方法は、一瞬だけ危険なサイト機能をoffにすることです。

offにして改善が見られた場合は再度機能をonにし、該当のアドレスだけを解除するようにしましょう。

急に閲覧できなくなるサイトもある
ウイルス対策ソフトの危険なサイトの定義は日々更新されるので、昨日までは閲覧できたサイトでも急に閲覧できなくなる可能性はある

スポンサーリンク

原因不明のエラーの場合はどうすればいい?

上記では考えられる原因をすべて紹介しましたが、それでも解決しない場合は使用しているパソコンやルーターを疑ってください。パソコンが原因の場合は一時的にOSが不安定になっている可能性がありますが、再起動したらあっさり直ることがあります。

またLANケーブルが、きちんと接続されているのかもチェックしましょう。きちんと接続されているのに差し込み口が光っていない場合は、接触不良を疑いましょう。その場合は何回か抜き差ししたら、改善することが多いです。

ルーターやモデムが原因の場合は一度リセットするのがいいですが、ルーターやモデムをリセットしたら再設定する必要があるので、詳しくない人はベテランに教えてもらいましょう。

安定したプロキシサーバーを選ぶのであれば有料のサービス

プロキシサーバーの不調が原因でインターネットができないことはありますが、有料のプロキシサーバーであれば安心です。有料のプロキシサーバーでもダウンする可能性はありますが、ダウンをアナウンスしてくれるので対策が立てやすいです。

また有料のプロキシサーバーは有人監視をしているので、プロキシサーバーの不調を素早く解決してくれます。有料のプロキシサーバーはいろいろありますが、世界的に評価の高いBrightdataをおすすめします。

Brightdataは海外のサービスで文献は英語で書かれていますが、こちらから申し込んでくれた人には日本人スタッフ付きのプランをご案内します。日本人スタッフがいれば言語面の不安はないし、技術面で躓いたときも安心です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataを強力におすすめする理由

これからは強力に、Brightdataをおすすめする理由を紹介します。Brightdataには魅力が一杯で、利用者はBrightdataの特徴を存分に活用しています。

便利なIPアドレス

プロキシサーバーはIPアドレスの代理サーバーと言われていますが、BrightdataのIPアドレスは一味違います。BrightdataのIPアドレスは国、都市、ASNが指定できます。このことのメリットは実感しにくいですが、具体例で紹介します。

A社は情報収集企業で、大切な情報をたくさんパソコンに保存しています。しかしそんな大切な情報を狙うハッカーを発見しました。ハッカーはA社のIPアドレスを入手し、A社のパソコンに侵入しようとしています。

こんなハッカーの行動を阻止するにはネットワーク管理者を置くのが効果的ですが、小企業のA社には優秀なネットワーク管理者がなかなか集まりません。

そんなA社ができる一番簡単な方法はプロバイダーのIPアドレスを隠すことですが、ハッカーを欺くために海外のIPアドレスを使いたい。このような要望は、Brightdataと契約すれば簡単に実現します。

利用者はBrightdataから海外のIPアドレスを取得し、会社のパソコンに設定するだけです。Windowsであれば、ブラウザーからも設定できるし、コントロールパネルからも設定できます。設定方法は簡単で、所定の項目にアドレスとポートを入力するだけです。

独自の技術を有している

プロキシサーバーの利用者が気をつけていても防ぎようがないのが、プロキシサーバーへの攻撃です。技術力の高いハッカーはプロキシサーバーも標的にしますが、万が一プロキシサーバーがダウンしたら大変なことになります。

Brightdataには独自の技術があり、複数の特許を取得しています。そんなBrightdataはハッカーの攻撃を遮断します。またBrightdataは有人監視体制を取っており、危険の芽を早い段階で摘みます。

Brightdataは新規のユーザーに対して審査を実施していますが、審査段階で危険なユーザーを排除します。一人の危険なユーザーがwebサーバーを不安定にした事例はありますが、プロキシサーバーでも同じような危険性はあります。

しかし新規ユーザーをきちんと審査すれば、プロキシサーバーに危害が及ぶ可能性は低くなるでしょう。

一カ月から利用できる

プロキシサーバーを利用したいけど、想像とは違っていたらどうしよう。こんな思いを抱いている人はいると思いますが、Brightdataは一カ月から契約できるので安心です。気に入らない場合、一カ月で契約を打ち切ればいいのです。

一カ月分の維持費は必要ですが、無駄な出費は最小限に抑えることができます。気に入った場合は、途中から長期契約に切り替えることもできます。長期契約の場合は割引が適用されるので、長い目でみたら凄くお得です。

日本人スタッフがいる

こちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介しますが、日本人スタッフがいれば心強いです。Brightdataは海外のサービスで資料は英語で書かれていますが、理解できない英語は日本人スタッフに聞いてください。

また技術面で躓いたときも、日本人スタッフがいれば安心です。技術的な問題は英語では伝えにくいものですが、日本人スタッフがいれば問題はありません。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバー絡みのエラーの原因について解説をしましたが、紹介したエラーは誰もが遭遇する可能性があります。万が一遭遇したときは、本記事を参考にしてください。単純な原因であれば、瞬時に解決するでしょう。

プロキシサーバーをビジネスで使う人には有料のサービスをおすすめしますが、コストパフォーマンスを考えたらBrightdataが最高です。Brightdataの決済方法はクレジットカードとPayPalが使えるので、決済手続きは非常に簡単です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)