プロキシサーバーのクライアント証明書を解説

クライアント証明書とは

クライアント証明書がなくてもインターネットはできますが、クライアント証明書を発行することで、よりセキュアなインターネット通信が実現します。クライアント証明書は個人や団体を証明する電子証明書で、ビジネスの場では加速度的に普及すると予想されます。

基本的にインターネットは複数の人が利用しますが、複数の人が利用したら悪意ある人が混じる可能性があります。しかしクライアント証明書を発行すれば、安心して通信できます。

本記事ではプロキシサーバーのクライアント証明書を掘り下げて解説しますが、初心者を対象にしています。そのため、クライアント証明書のイロハから解説したいと思います。

クライアント証明書のメリット

これからはクライアント証明書のメリットについて解説します。紹介するメリットは、いずれもビジネスでは大切です。

なりすましの防止

なりすましとは他人なのに当事者を装う行為ですが、インターネットの世界ではよくあることです。なりすましをする人は個人情報を盗みますが、クレジットカード情報などが盗まれたら大変です。

在宅勤務での不正防止

これはプロキシサーバーの管理体制の問題もありますが、在宅のワーカーが不正を働く可能性はあります。今はコロナで在宅ワーカーが増えていますが、在宅ワーカーの問題点は一部の人が指摘しています。

問題点には在宅ワーカーが好きなようにサボれることもありますが、悪意ある第三者が会社のデータにアクセスしてくる可能性も否定できません。会社のデータが盗まれたら会社の信用を落とすだけではなく、賠償金問題に発展する可能性があります。

在宅ワーカーの顔は見えない
クライアント証明書を発行すれば、他のパソコンからはアクセスできない

メールの不正防止

知識ある人はメールの送信名などを自由に変更しますが、現場のワーカーになりすます人がいたら大変なことになります。メールでは大切な情報を送受信することが多いですが、目の前に相手がいないのでコロッと騙される人はいるでしょう。

振り込み詐欺犯もメールを利用しますが、メールを使ったら相手を騙しやすいからでしょう。公共機関等が注意を呼びかけていますが、今でも騙される人は一定数います。

スポンサーリンク

クライアント証明書の仕組み

これからはクライアント証明書の仕組みを解説しますが、クライアント証明書はプロキシサーバーを使わないインターネットでも利用されています。これから紹介する仕組みはプロキシサーバーを使わないことを前提にしていますが、プロキシサーバーを使う場合もほぼ同じことをします。

クライアント証明書は許可されたユーザーに対して発行され、証明書はユーザーのデバイスにインストールされます。ユーザーからデータを受け取る側は証明書を確認してから通信をするので、極めて安心です。

一般的に同じ会社の人だけが使えるwebシステムはIDとパスワードで認証しますが、IDとパスワードの認証には大きな問題点があります。言うまでもありませんが、IDとパスワードを悪意ある第三者に知られたら、悪意ある第三者は自由に会社のシステムに侵入できます。

この問題は昔から指摘されていましたが、クライアント証明書システムを利用しない場合、パスワードを定期的に変更するしか対抗策がないのが現状です。、

クライアント証明書は強固
クライアント証明書は、IDとパスワードによる認証よりも強固

プロキシサーバーのクライアント証明書システムを解説

これからはプロキシサーバーのクライアント証明書を詳しくみていきますが、内容は「Sun Java System Web Proxy Server」のガイドを参考にしています。

まずはクライアント認証を有効にする

クライアント認証システムを使う際は、クライアント認証システムを有効にするだけです。この仕様は非常に便利で、専門的な知識がない人でも運用可能です。クライアント証明書も一般のクライアント証明書システムと同じで、ユーザーに渡されます。

プロキシサーバーはユーザーからクライアント証明書を受け取りますが、受け取ったクライアント証明書はwebサーバーに渡します。そこで初めてwebサーバーはクライアントに、リクエストされたデータを送信します。

クライアント証明書の有効期限が切れていた場合

クライアント証明書にも有効期限があり、有効期限を定めることで悪用されるリスクを低くしています。クライアント証明書の有効期限が切れていた場合は、クライアントにメッセージが送信されます。

期限切れのクライアント証明書も表示することができるので、必要に応じて使ってください。ユーザーも管理側もクライアント証明書の有効期限を忘れがちですが、管理者はデータベース等を利用して管理することが大切です。

有効期間
有効期間は1年から3年が多い

クライアント証明書を作成するには?

クライアント証明書は利用者が勝手に作成するものではなく、専門の会社があります。Googleの検索窓に「クライアント証明書」と入力し検索すれば、複数のクライアント作成業者がヒットします。

一般的にユーザー数と有効期限で価格は決まります。内容は会社によって若干異なりますが、以下では大手のGMOグローバルサインの、S/MIME用証明書プロファイルサンプルを紹介します。

  • メールアドレス
  • コモンネーム
  • 組織名
  • 部署名
  • 市区町村
  • 都道府県
  • 国/地域名

これだけの内容が完全一致していなければ認証されないので、非常にセキュアな仕組みであると言えます。

スポンサーリンク

プロキシサーバーの信頼性も見逃せない

クライアント証明書はセキュアなシステムを構築するのに効果的ですが、プロキシサーバー自体の信頼性も見逃せません。一般の人はプロキシサーバーの信頼性を見分けるのが難しいですが、世界的に評価の高いBrightdataであれば間違いはありません。

Brightdataは海外のプロキシサーバーで、世界の有名企業も利用しています。利用目的はさまざまですが、Brightdataは多くのユーザーの期待に応えています。

Brightdataの信頼性を高めているのが新規ユーザーに対しての審査で、審査を実施することで悪意あるユーザーを排除しています。利用者が多くなれば審査をするのが大変ですが、Brightdataは信頼性を守るため日夜審査を実施しています。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataはなぜ信頼性が高いのか

クライアント証明書はインターネット通信の信頼性を高めますが、Brightdataの信頼性の柱はもっと強固です。以下ではBrightdataの信頼性の柱をみていきます。

ネットワーク稼働率

レンタルwebサーバーはネットワーク稼働率をウリにすることが多いですが、ネットワーク稼働率が高いということは、トラブルが少ないことと同じです。Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%で、全くもって信頼に値します。

Brightdataが高いネットワーク稼働率を実現できたのは高度な技術力があるからですが、Brightdataはプロキシ技術に関する複数の特許を取得しています。

99.99%は驚異的な数値
多くの人が利用するプロキシサーバーで、99.99%のネットワーク稼働率を達成するのは並大抵のことではない

同時接続数に制限がない

Brightdataは同時接続数に制限を設けていないため、大会社も導入しやすいです。一部のプロキシサーバーは同時接続数に制限を設けていますが、目的は安定稼働のためです。

しかし同時接続数に制限を課せられたら、同時に使えるユーザーの数が決まってしまいます。これは大会社では致命的なことです。

多くのIPアドレスが使える

Brightdataが保有しているIPアドレスは多く、利用できるIPアドレスが枯渇することはまずありません。Brightdataは4種類のネットワークで3,500万個のIPアドレスを保有していますが、利用している会社は全世界で10,000社以上です。

驚くほど利用している会社は多いですが、3,500万個のIPアドレスがあれば余裕で運用できます。BrightdataのIPアドレスは便利で、国、都市、ASNが指定できます。モバイルの場合は、キャリア指定もできます。

実用的なツールがある

Brightdataに「Proxy Manager」を組み込むことは可能ですが、組み込んだらデータ収集がスムーズになります。プロキシサーバーを単なる中継サーバーとして使うのも悪くはないですが、データ収集ツールがあれば仕事は格段に効率化します。

Brightdataに組み込める便利なツールは今後も増えると予想されますが、便利なツールが増えれば増えるほど、Brightdataのファンは増えるでしょう。Brightdataには大きな可能性があります。

Brightdata導入に迷っている人は短期契約から始めよう

Brightdataの素晴らしさはわかったけど、初めて契約する人は不安でしょう。そのような人は、短期契約から始めることをおすすめします。Brightdataは一カ月から契約できるので、気楽に申し込めます。

決済方法も便利で、クレジットカードとPayPalが使えます。PayPalを知らない人はいると思いますが、PayPalはオンライン決済サービスです。利用した額は銀行口座から自動的に引かれますが、銀行送金と比較すれば手数料は安いと思います。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーのクライアント証明書について解説をしましたが、クライアント証明書は今後ビジネスの現場ではスタンダードになると思います。昨今は企業を狙うハッカーがニュースになることが多いですが、クライアント証明書があれば安全性は確実に高くなります。

クライアント証明書をプロキシサーバーで使うときは、プロキシサーバーの安全性もしっかり確認してください。クライアント証明書+信頼性の高いプロキシサーバーは、最強の組み合わせです。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)