プロキシサーバーの英語を日本語にするポイント

日本語で書かれているプロキシサーバーの解説は少ない

プロキシサーバーは海外の業者が提供していることが多いため、基本的に文献は英語で書かれています。英語の読解力があれば読めると思いますが、多くの日本人は原文のまま理解する力がありません。

英語の読解力がなければ英語を勉強すれいいのかもしれませんが、プロキシサーバーの利用だけのために、英語を勉強する人はいないでしょう。ましてや英語の習得には膨大な時間が必要です。最低でも、3年は勉強する必要があるでしょう。

そうであれば何らかの方法で、プロキシサーバーの文献を日本語にする必要があります。本記事ではプロキシサーバーの英語の文献を、日本語に翻訳するポイントを紹介します。

翻訳ツールでプロキシサーバーの英語を日本語にするときの問題点

最近は翻訳ツールがあるので、外国語を日本語にするのは簡単になりました。しかし翻訳ツールの内容を100%信じるのは危険です。翻訳ツールはAIを活用し翻訳していると思いますが、現時点でのAIはすべての文脈を理解していません。

言語は文脈によって微妙に意味が変わりますが、現時点のAIの能力では判別できません。判別できない文脈は直訳調に訳すので、利用者は違和感を感じます。

プロキシサーバーの文献の英語は技術英語が多いですが、AIの日本語は少し変です。単語によっては、まったく違う意味になっていることがあります。

技術英語というのはやっかいで、新語の登場が早いです。しかしAIの基礎になっているデータベースへの追加は、少し遅れているのが実情です。そのためAIは、新語を適切に日本語にすることができません。

技術英語は翻訳者泣かせ
独特のニュアンスを持つ技術英語は翻訳者泣かせ

プロキシサーバーの英語を自然な日本語にするポイント

これからはプロキシサーバーの英語を、自然な日本語にするポイントを紹介します。紹介する方法は実用的なので、是非試してください。

技術英単語の意味を知る

プロキシサーバーの英語の文献を正確に理解したい人は、技術英単語の意味を調べましょう。技術英単語の意味が理解できたら、翻訳ツールが変な翻訳をしても正しい日本語に置き換えることができるでしょう。

技術英単語を勉強するときは、IT用語辞典が便利です。日本語による説明ですが、技術英語の英単語の意味を知るには最適なサイトです。

実際の流れをみていきます。プロキシサーバーの世界では、「session」と言う言葉がよく登場します。「session」という英語をグーグル翻訳で訳せば、「セッション」になりました。しかしこれでは何のことかわかりませんね。

コンピューターの世界での「session」は、通信の開始から終了までを意味しています。「session」の意味を正しく理解していれば、翻訳ツールが「セッション」と訳しても、瞬時に通信をイメージすることができるでしょう。

技術英単語はキーワード
技術英単語は文章のキーワードで、技術英単語を追うだけでも文章の大意は掴める

技術英語に強い翻訳ツールを使用する

プロキシサーバーの英語を日本語にするときは、技術英語に強い翻訳ツールをおすすめします。ただ有料の翻訳ソフトは高いので、文章量が少ない人は、無料のツールを選んだ方がいいかもしれません。

無料の翻訳ツールの中では、エキサイト翻訳が比較的技術英語に強いと思います。最近話題になっているDeepL翻訳も見逃せません。DeepL翻訳は技術英語に特化したツールではありませんが、文脈を読む能力は高いです。

Chromeブラウザには翻訳機能がありますが、正確性という点では問題があります。しかし単語単位で訳すときは、活用してもいいでしょう。

DeepL翻訳
DeepL翻訳には無料版と有料版がある

英語が得意な日本人にチェックしてもらう

翻訳ツールが訳した日本語を、英語が得意な日本人にチェックしてもらうのは良い方法です。チェックしてもらうときは、必ず原文も一緒に提出しましょう。

ただ英語が得意な日本人でもプロキシサーバーのことを理解していない人はいるので、ある程度IT知識がある日本人に依頼した方がいいです。

近くに英語が得意な人がいない場合は、ココナラで見つけるのがいいかもしれません。ココナラは有料サービスですが、比較的安い値段で依頼できます。

日本のプロキシサーバーを選べば一番?

日本のプロキシサーバーを選べば翻訳ツールを利用する必要もないし、技術英単語を調べる必要もありません。しかし現時点では日本のプロキシサーバーは少ないので、選択の幅が狭いです。またプロキシサーバーの運営経験に関しては、海外のプロキシサーバー業者の方が豊富です。

日本のプロキシサーバーの中には、日本のIPアドレスを使用しているところがあると推察しますが、日本のIPアドレスを使ったら海外のサイトにアクセスするときに不利です。

海外のサイトの中には国単位でIPアドレスを規制をしているところがありますが、日本が対象になっていたら、日本からサイトにアクセスすることはできません。

このようなことを考えると、日本語でサポートしてくれる海外のプロキシサーバーがベストではないでしょうか。日本語でサポートしてくれる海外のプロキシサーバーは多くはありませんが、今後は増えると予想されます。

Brightdataは日本語が通じる

Brightdataは海外発のプロキシサーバーですが、日本語が通じます。日本語が通じるのは日本人スタッフが付くからです。通常Brightdataに申し込んでも日本人スタッフは付きませんが、こちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。

Brightdataのホームページは基本的に英語ですが、少しずつ日本語が増えています。将来的には、日本語だけのホームページになるでしょう。

Brightdataのホームページは日本語だけではなく、他の外国語にも翻訳されています。複数の外国語に翻訳されているのは、Brightdataが世界的なプロキシサーバーだからです。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataの素晴らしさを紹介

これからはBrightdataの素晴らしさを紹介したいと思います。日本人スタッフがいるだけでも素晴らしいですが、Brightdataには他にも魅力が一杯あります。

BrightdataのIPアドレスは非常に便利

BrightdataのIPアドレスは非常に便利で、国、都市、ASNが指定できます。これらを指定することにより、閲覧できる海外のサイトは飛躍的に増えます。

インターネット網は世界に広がっているので、世界中のサイトが閲覧できると思っている人はいるでしょう。あながち間違いではありませんが、海外の一部のサイトは国単位でIPアドレスをブロックしています。

ブロックされているサイトに、知りたい情報があった場合は困りますね。これは職種によっては、大きな痛手になります。しかし規制されていないIPアドレスを使えば、無事に閲覧できます。

ネットワーク稼働率が高い

Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%と非常に高いです。脅威のネットワーク稼働率を支えているのは、Brightdataの技術力の高さと管理体制の素晴らしさです。Brightdataはプロキシに関する複数の特許を取得していますが、生半可な技術力では特許は取得できません。

Brightdataは新規ユーザーに対して審査を実施していますが、審査を実施することで好ましくないユーザーを排除しています。webサーバーでも一人の乱暴なユーザーが原因で、サーバーが不安定になることはありますが、プロキシサーバーでも同じです。

同時接続数の規制がない

Brightdataは同時接続数の規制がありません。Brightdataを複数のユーザーが同時に使うことはありますが、同時接続数に規制があれば、何人かのユーザーは目的のサイトにアクセスすることができません。

同時接続数に規制がないのは非常に有益なことで、情報収集産業の人は助かるでしょう。言うまでもありませんが、Brightdataはさまざまなデバイスで接続できます。スマートフォンからも接続できますが、スマートフォンで接続できたら外出先からでも情報収集作業ができます。

Proxy Managerが無料で使える

日本人スタッフが付いていても、操作性が悪ければストレスが溜まります。Brightdataには「Proxy Manager」というツールがありますが、ツールを使えば操作性は格段によくなります。

ツールでできることは多いですが、特に便利だと思うのがトラフィックの管理です。トラフィック量は通信の混雑具合を示す指標ですが、トラフィック量が増えれば増えるほど通信は遅くなります。

通信が遅くなればストレスは溜まるし、最悪の場合は通信そのものができないようになります。しかし「Proxy Manager」でトラフィックを最適化すれば、混雑具合はかなり緩和されるでしょう。

まとめ

プロキシサーバーと日本語について解説をしましたが、文献が日本語のプロキシサーバーが増えれば増えるほど、プロキシサーバーの利用者も増えると思います。プロキシサーバーには、国境を越えたメリットがあります。

プロキシサーバー選ぶときは、機能面と日本語の通用度をチェックしましょう。現時点で2つとも問題がないのは、Brightdataだけでしょう。Brightdataのホームページがすべて日本語になれば、Brightdataの利用者は更に増えると予想されます。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)