プロキシ経由のスマホで海外のサイトにアクセスしよう

海外のサイトをスマホで閲覧するときはプロキシが役に立つ

海外在住の日本人は海外からでも、スマホで日本のサイトにアクセスしたいものですが、サイトによっては閲覧できないことがあります。閲覧できない理由はさまざまあると思われますが、理由は公開されていません。

アクセスできないときはプロキシサーバーの利用が便利で、スマホでも接続できます。プロキシ経由のスマホで、海外のサイトにアクセスすることにはさまざまなメリットがありますが、多くの人はメリットに気付いていません。

本記事ではプロキシ経由のスマホで海外のサイトを閲覧する方法や、便利なアプリを紹介したいと思います。関心のある方は、本記事を参考に試してください。

海外のサイトがスマホで閲覧できないのはIPアドレスの規制

海外のサイトがスマホで閲覧できないのはIPアドレスが規制されているからですが、webサイトの運営者は簡単にIPアドレスがわかります。簡単にIPアドレスがわかるのは、アクセス解析ツールがあるからです。

スマホにもIPアドレスはあり、IPアドレスを辿れば国名やキャリアがわかります。仮にwebサイトの運営者が国単位でIPアドレスの規制をすれば、例外なく該当の国の人はそのサイトにアクセスできないようになります。

IPアドレスの規制をかいくぐるには、プロキシサーバーを利用するのが効果的です。プロキシサーバーを利用すれば、海外のIPアドレスが使えます。海外のIPアドレスを使えば、海外からアクセスしているように思わせることができます。

IPアドレスとは
IPアドレスとは通信時に必要なアドレス

プロキシ経由のスマホで海外のサイトを閲覧するには?

これからはプロキシ経由のスマホで、海外のサイトを閲覧する方法を紹介します。簡単なので関心のある方は、試してくださいね。

まずはプロキシサーバーと契約する

海外のプロキシサーバーを使うには、プロキシサーバーと契約する必要があります。プロキシサーバーと契約するときは、プロキシサーバーの所在地もチェックしましょう。基本的に所在地のIPアドレスを使っているので、チェックすることは大切です。

アメリカのIPアドレスを使いたいのに、イギリスにあるプロキシサーバーと契約するのは間違っています。アメリカのIPアドレスを使えば、アメリカのサイトはほぼ閲覧できるでしょう。

スマホの設定をする

プロキシ経由のスマホで海外のサイトを閲覧するには、スマホの設定も必要です。Androidスマートフォンの場合、設定アプリから編集できます。以下の流れはAndroidの公式ページを参考にしましたが、初めての人でもわかるように補足しています。

  • 設定アプリを開く(設定アプリはトップ画面をスライドしたら見えることが多い)
  • [ネットワークとインターネット] 次に [Wi-Fi] をタップする(バージョンや機種によっては見つからない可能性があるが、不明点はメーカーに聞いてください)
  • ネットワークをタップする
  • 画面上部にある編集アイコンから詳細設定を探しタップする
  • [プロキシ] の下にある下矢印をタップし、構成タイプを選択する
  • プロキシ設定を入力する(設定に必要なアドレスとポートは、プロキシサーバー業者が教えてくれます)
  • 保存する

iPhoneスマートフォンの場合も設定アプリから編集しますが、主な流れを紹介します。

  • Wi-Fiを選択する
  • 利用できるWI-FIのアドレスを選択する
  • 詳細にある「プロキシを構成」をタップする
  • 手動を選択する
  • 必要な項目を入力する
  • 保存する

主な流れを紹介しましたが、iPhoneのバージョンによっては設定の流れが異なる可能性があります。不明点は、apple社の公式サポートで聞いてください。

apple社の公式ページ

スマホの設定
スマホの設定は、パソコンのコントロールパネルのようなもの

プロキシアプリを利用し海外のサイトを閲覧する

スマートフォンの設定アプリを編集することでプロキシサーバーは利用できますが、設定が面倒くさい人はプロキシアプリが便利です。以下では、スマホで海外のサイトが閲覧できるプロキシアプリを紹介します。

ProxyDroidはボタン一つでonとoffの切り替えができる

ProxyDroidは無料のアプリですが、インターフェースがわかりやすいのでおすすめです。ProxyDroidが一番便利だと思う点は、プロキシ機能の切り替えがボタン一つでできることです。

利用者はすべてのサイトを、プロキシ経由で閲覧したいとは思っていないでしょう。しかしイチイチ設定アプリを編集するのは、面倒くさいです。ボタン一つでonとoffの切り替えができたら、気楽に操作できますね。

ProxyDroid

Hotspot Shieldはログが記録されない

こちらのアプリはVPNの性格が強いですが、ブロックされている海外のサイトを閲覧するときに便利です。基本的にトラフィックは暗号化されるので、アクセス者の地域はわかりません。

プロキシアプリの中には利用者のログを記録するものがありますが、Hotspot Shieldはログを記録しません。利用者の中には、海外のアダルトサイトにアクセスする人がいるでしょう。アドルトサイトにアクセスしたログが見られたら嫌なものですが、Hotspot Shieldであれば安心です。

海外のサイトをプロキシ経由のスマホで閲覧するときの注意点と対策

プロキシサーバーを経由すればスマホで海外のサイトはほぼ閲覧できますが、閲覧時の注意点はあります。海外のサイトの中にも、ウイルスやスパイウェアは多く潜んでいます。

そんなサイトにプロキシサーバー経由でアクセスしたら、最初に被害を受けるのはプロキシサーバーですが、ケースによっては利用者のスマホも被害を受けるかもしれません。

危険を避けるためには怪しいサイトには近づかないのが一番ですが、突然現れる怪しいサイトのリンクは思わずクリックしそうになります。

これらの問題点を解決するには、信頼の置けるプロキシサーバーと契約することが大切です。また念のために、スマホ用のセキュリティ対策ソフトをインストールしましょう。

プロキシ経由のスマホで海外のサイトにアクセスするメリット

これからはプロキシ経由のスマホで、海外のサイトにアクセスするメリットをみていきます。

定額制のWI-FIの電波が使える

スマホをプロキシサーバーに接続するときはWI-FIの電波を利用しますが、定額制の料金プランであれば使い放題です。WI-FIの電波を利用するにはWI-FIのルーターが必要ですが、2.4GHz帯、5GHz帯の両方利用できるモデルが便利です。

ポケットWI-FIもありますが、安定を期待するのであれば有線を利用したWI-FI接続がいいと思います。WI-FIルーターはスマホのアップデートのときも活用できるので、購入しても無駄にはならないと思います。

外出先からでも利用できる

WI-FIで接続できたら、外からでも海外のサイトにアクセスできます。Wi-Fiスポットの場所は年々増えていますが、駅、公共施設、喫茶店に多いです。

駅や公共施設のWI-FIスポットはパスワードが不要なケースが多いですが、喫茶店のWI-FIはパスワードが必要なケースが多いです。

もっとも安全な方法は良質なプロキシサーバーを選ぶこと

プロキシ経由のスマホで海外のサイトにアクセスするのは可能ですが、セキュリティの甘いプロキシサーバーの場合、スマホに危害が及ぶ可能性があります。基本的にウイルスやスパイウェアはプロキシサーバー上で対処できますが、スマホへの危害がゼロとは言えません。

良質なプロキシサーバーはハッカーやマルウェアを排除するノウハウがあるので、スマホまで危害が及ぶ可能性は極めて低いです。良質なプロキシサーバーを選ぶポイントは技術力と運営姿勢ですが、現時点ではBrightdataが一歩リードしています。

Brightdataは世界的に有名なプロキシサーバーですが、パソコンだけではなくスマホでも問題なく利用できます。Brightdata経由のスマホで海外のサイトにアクセスしたら、安心して情報収集作業に打ち込めます。

Blightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataの特徴

これからはBrightdataの特徴を紹介します。紹介する特徴はいずれも実用的なので、誰もが腑に落ちるでしょう。

キャリアの指定ができる

BrightdataのIPアドレスは非常に便利で、モバイルの場合はキャリアの指定もできます。世界にはさまざまなサイトがありますが、特定の国の特定のキャリアをブロックする可能性はあります。ブロックされたら、該当のスマホからはアクセスできません。

そのようなケースではBrightdataが便利です。Brightdataは国名だけではなく、キャリアの指定もできます。キャリアの指定はツールからできるので、IT知識が乏しい人でも大丈夫だと思います。

通信が安定しているので途切れにくい

Brightdataのネットワーク稼働率は、99.99%と非常に高いです。一般的にプロキシサーバーは多くの人が同時に利用しますが、多くの人が同時に利用すれば通信は混雑します。しかしBrightdataは高度な技術で、脅威のネットワーク稼働率を実現しています。

技術力の高さを示すものには特許の取得がありますが、Brightdataはプロキシに関する複数の特許を取得しています。世界にはさまざまなプロキシサーバーがありますが、特許を取得しているプロキシサーバーはさほど多くはありません。

日本人スタッフがいる

プロキシ経由のスマホで海外のサイトにアクセスしたら、さまざまな問題に遭遇する可能性があります。問題に遭遇したときは解決するしかありませんが、プロキシサーバーの多くは海外発で文献は英語で書かれています。

相談したいと思っても英語しか通じなければ、英語が苦手な人は途方にくれます。Brightdataも基本的には英語の文献ですが、こちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。

日本人スタッフは親切で、言語面や技術面で躓いたときは親身になって助けてくれるでしょう。場合によっては資料の一部を翻訳し、プリントアウトしてくれるでしょう。

まとめ

プロキシ経由のスマホで海外のサイトにアクセスする方法を紹介しましたが、プロキシサーバーには大きなメリットがあります。ただノウハウがあまり公開されていなかったので、実際に実行する人はあまりいませんでした。

プロキシ経由のスマホで海外のサイトにアクセスしたい人は、是非ともBrightdataを選んでください。Brightdataは一カ月から契約できるし、決済もクレジットカードとPayPalが使えるので非常に便利です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)