プロキシサーバーの値段はいくら

プロキシサーバーの値段があまり知られていないのは何故?

プロキシサーバーを試したいけど、プロキシサーバーの値段はいくらだろう?このようなことを考える人はいるでしょう。webサーバーの値段は広く知られていますが、プロキシサーバーの値段を知っている人は少ないです。

プロキシサーバーの値段があまり知られていないのは、海外の業者が多いからではないでしょうか。海外のプロキシサーバー業者は英語で情報公開しているので、英語が苦手な人は読むのが難しいです。

本記事ではプロキシサーバーの値段を紹介するだけではなく、値段に含まれる機能についても紹介します。機能を知ることで、適切な値段かどうかの判断になるでしょう。

プロキシサーバーの値段は販売形態によっても異なる

今話題になっているプロキシサーバーですが、プロキシサーバーの販売形態は一つではありません。買取パック式のサービス会社もあるし、レンタル制を採用しているサービス会社もあります。

買取パック式のサービス会社は年間保守契約を提示することが多いですが、年間保守契約をした方が安心です。対してレンタル制を採用しているところは保守契約はありませんが、トラブルがあった場合は対応してくれます。

どちらが得かは使い方によって異なりますが、独自のプロキシサーバーを構築したい人は、パックになっている製品を購入した方がいいでしょう。情報収集だけが目的の人は、レンタル制を採用しているサービス会社の方がいいと思います。

買取パック式のサービス
買取パック式のサービスは、付ける機能によって値段が大きく変わる

レンタル制プロキシサーバーの値段と特徴

これからはプロキシサーバーの値段を紹介しますが、対象は値段が明確になっているレンタル制のサービスです。値段だけではなく、サービス内容についても紹介します。

気軽に試したい人はBestProxyAndVPN

気軽にプロキシサーバーを試したい人には、BestProxyAndVPNをおすすめします。おすすめする理由は、短期プランがあるからです。

weeklyプランは週単位でレンタルできるサービスで、値段は3.49USDです。こちらのサービスには48proxiesプランもありますが、値段は171.99USDです。48proxiesプランは、多くの人が使うときに便利です。

いずれのプランも「static IP」ですが、「static IP」とは固定のIPアドレスのことです。こちらのサービスは条件付きでリスクなく解約できますが、文献は英語なのである程度の英語力が必要です。

BestProxyAndVPN

PROXY6.NETは価格がわかりやすい

「PROXY6.NET」は価格がわかりやすいです。トップページに自動計算機が設置されているので、さまざまなプランの値段がすぐにわかります。選択できる項目は以下です。

  • 国名(日本も選べる)
  • 使用プロキシ数
  • 使用期間

TYPEの項目もありますが、項目の内容はHTTPs / SOCKS5だけです。こちらのサービスには、IPv4プロキシプラン、IPv6プロキシプラン、IPv4 Sharedプロキシプランがあります。

一番安いのはIPv4 Sharedプロキシプランです。ちなみにIPv4はインターネットの規格で、アドレス総数は2の32乗個です。IPv6も同じくインターネットの規格で、アドレス総数は3.4×10の38乗個です。

PROXY6.NET

格安値段であればLimeProxies

とにかく安いプロキシサーバーが利用したい・・・そのような人にピッタリなのがLimeProxiesです。最安プランは一ヶ月19.98USDですが、主な仕様を紹介します。

  • Recycled IPs
  • 250 GB Bandwidth
  • 3 Locations
  • 1 Gbps Shared Speed
  • 50+ Concurrent Threads
  • 10 Subnets
  • 24/7 Support

「Recycled IPs」の意味はIPアドレスの使い回しだと思います。「250 GB Bandwidth」は通信の帯域で、「3 Locations」は選べる場所、「1 Gbps Shared Speed」は通信速度、「Concurrent Threads」は私も内容がわかりませんが、英語から考えたら同時接続数ではないかと思います。

「10 Subnets」はサブネットマスクのことで、ネットワークの範囲を意味します。最後の「24/7 Support」は、毎日24時間サポートしていることを意味しています。

激安のプロキシサーバーですが、サポートが悪いという評判をネットで見つけました。格安プロキシサーバーはギリギリのコストで運営しているので、サポートに手が回らないのが実情かもしれません。

そのためLimeProxiesを利用する人は、ある程度の自己解決力が必要だと思います。webサーバーでもサポートが充実していないところは自己解決力が必要ですが、プロキシサーバーでも同じです。

LimeProxies

分散プロキシに特化しているSCRS

SCRSは分散プロキシサーバーを提供していますが、サーバー数が60のプランは月額36,000円、サーバー数が120のプランは月額72,000円になっています。両プラン共50,000円の初期費用が必要です。

決して安いとは言えないプロキシサーバーですが、分散機能が必要な人であれば検討する価値はあります。詳しいサービス内容は、公式ホームページで確かめてください。

SCRS

良質なプロキシサーバーを選ぶ3つの条件

プロキシサーバーは値段だけで選ぶのではなく、値段とサービス内容を天秤にかけて選ぶべきだと思います。以下では大切なチェック項目を紹介します。

セキュリティ対策の質

セキュリティ対策の質を確認することは大切です。最近はプロキシサーバーを標的にするハッカーが増えていますが、ハッカーの攻撃に対抗するには高度な技術力が必要です。

どこのプロキシサーバーもセキュリティ対策をしていると思いますが、せっかくのセキュリティ対策も技術力が低ければハッカーの餌食になります。

一般の人はプロキシサーバーの技術力を見分けるのは難しいですが、複数の特許を取得しているサービス会社であれば大丈夫だと思います。

使いやすいサービスか

プロキシサーバーを選ぶときは、使いやすさもチェックすることが大切です。使いやすさのポイントは便利さで、便利なツールがないプロキシサーバーは使うのが億劫になります。

レンタルwebサーバでも使いやすいツールがあれば使用時にストレスを感じることはありませんが、プロキシサーバーでもこのことは同じです。プロキシサーバーの内部はわかりにくいですが、便利なツールがあれば一般の人でも十分に操作できます。

日本人でも使いやすいか

国産のプロキシサーバーもありますが、多くは海外のプロキシサーバーです。海外の会社が提供するプロキシサーバーは英語の文献が多いため、使いこなすにはある程度の英語力が必要です。しかし英語の習得は、一朝一夕では無理です。

文献の英語は翻訳ツールで訳せるものもありますが、一部の英語は翻訳ツールでは正確に訳すことができません。正確に訳すことができない英語は英語が得意な人に聞くしかありませんが、技術英語が得意な人はさほど多くはありません。

そうなれば技術英語を専門にしている業者に頼むしかありませんが、文字数が多くなればなるほど翻訳コストは高くなります。

3つの条件を満たしているのはBrightdataだけ

良質なプロキシサーバーの条件を、すべて満たしているのはBrightdataだけです。以下では、Brightdataのサービス内容を詳しくみていきます。

Brightdataのセキュリティ対策は万全

Brightdataは高度な技術力でハッカーの攻撃を遮断します。Brightdataはプロキシに関する複数の特許を取得していますが、高度な技術力がなければ特許を取得するのは難しいです。

Brightdataは新規ユーザーに対して審査を実施していますが、審査を実施することで危険の目を事前に摘んでいます。Brightdataには膨大な数の利用者がいますが、Brightdataは信頼性のために日夜新規ユーザーに対して審査を実施しています。

Brightdataの使いやすさは抜群

Brightdataに「Proxy Manager」というツールを組み込むことは可能ですが、ツールを使うことで操作性は格段によくなります。「Proxy Manager」はBrightdata専用のツールで、利用者は無料で利用できます。

情報収集のためにプロキシサーバーを使う人が大半だと思いますが、ツールを使えば匿名のクローラーでSNSにアクセスすることができます。匿名のクローラーにアクセスさせたら、時間の節約になるのは言うまでもありません。

ツールでトラフィックを最適化することもできます。多くのスタッフが同時にBrightdataを使えば通信は混雑しますが、トラフィックを最適化すれば通信の混雑は緩和されるでしょう。

BrightdataのIPアドレスの便利さも特筆モノです。BrightdataのIPアドレスは国、都市、ASNが指定できるので、IPアドレスの隠蔽が非常にやりやすいです。国、都市、ASNの指定も、ツールでできます。

Brightdataは日本人も使いやすい

こちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。Brightdataは海外のプロキシサーバーで文献は英語で書かれていますが、英語が苦手な人は困りますね。しかし日本人スタッフがいれば安心です。

日本人スタッフは親切で言語面や技術面で躓いたときは、親身に相談に乗ってくれます。場合によっては、資料の一部をプリントアウトしてくれるでしょう。

日本人スタッフがいれば言語面や技術面に頭を悩ます心配がなくなるので、情報収集業務に専念できます。情報収集業務に専念できたら、残業時間は大幅に減るでしょう。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーの値段について紹介しましたが、プロキシサーバーを値段だけで選ぶのは間違っています。趣味で使うのであれば値段を第一ポイントにすればいいですが、ビジネスで使うときはサービスの質もしっかり確認しましょう。

Brightdataのサービスの質は抜群ですが、維持費はさほど高くはないです。また一ヶ月から契約できるので、非常に契約の敷居は低いです。Brightdataの決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、支払は非常に簡単です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)