プロキシサーバー経由アクセスのメリットとデメリット

プロキシサーバー経由のアクセスとは

プロキシサーバー経由のアクセスとは、文字通りプロキシサーバーを経由してアクセスする通信の一形態です。通常クライアントはwebサーバーに直接リクエストを送りますが、プロキシサーバーを経由した場合は、プロキシサーバーがwebサーバーにリクエストを届けます。

逆も同じでwebサーバーがクライアントに返す情報も、プロキシサーバーが経由します。プロキシサーバーを経由する通信の流れを解説しましたが、本文ではより踏み込んで解説します。

プロキシサーバーはホットなサーバーですが、メリットとデメリットをよく吟味して契約してほしいと思います。

プロキシサーバー経由のアクセスを実現する方法

これからはプロキシサーバー経由の、アクセスを実現する方法を紹介します。記事ではWindowsパソコンでの方法を解説しますが、Macパソコンでもスマートフォンでも、プロキシサーバー経由のアクセスは可能です。

まずはプロキシサーバーと契約しよう

プロキシサーバー経由のアクセスを実現するには、プロキシサーバーと契約する必要があります。試すだけであれば無料のプロキシサーバーでも構いませんが、ビジネスで使うときは有料のプロキシサーバーをおすすめします。

無料のプロキシサーバーは個人情報の管理体制や、セキュリティ面に不安があるので、ビジネスには向いていません。プロキシサーバーは、インターネットで探すことができます。大部分のプロキシサーバーは英語でホームページを作成していますが、翻訳ツールを利用すれば何とかわかると思います。

プロキシサーバー情報をデバイスに記述する

プロキシサーバー経由のアクセスを実現するには、デバイスに利用するプロキシサーバーの情報を記述しなければいけません。基本的にアドレスとポートを指定するだけですが、詳細設定を希望する人は他の項目も埋める必要があります。

  • Windowsの設定アプリを開く
  • ネットワークとインターネットを開く
  • 画面左側下部にあるプロキシを開く
  • 手動プロキシセットアップをonにする
  • アドレスとポートを記入する
  • 必要な人は例外設定を記入する
  • 保存ボタンを押す

アドレスとポートは、契約したプロキシサーバー業者が教えてくれます。例外設定には、プロキシサーバー経由でアクセスしないサイト情報を記述します。Yahooを例外設定に加えたいのであれば、Yahooのアドレスを指定すればいいです。

例外設定は複数指定できますが、複数指定するときは「セミコロン;」で区切る必要があります。一番下に「ローカル(イントラネット)のアドレスにはプロキシサーバーを使わない」という項目がありますが、特に理由がなければチェックを入れて下さい。

スポンサーリンク

プロキシサーバー経由でアクセスするメリットとデメリット

プロキシサーバー経由でアクセスするメリットと、デメリットを紹介します。

プロキシサーバー経由でアクセスするメリット

プロキシサーバー経由で、アクセスするメリットを紹介します。

IPアドレスを隠すことができる

プロキシサーバー経由のアクセスは、プロバイダのIPアドレスを隠します。プロキシサーバーが中継しwebサーバーにリクエストを届けるので、webサーバーにはプロキシサーバーのIPアドレスが通知されます。

ただプロキシサーバーにはプロバイダのIPアドレスが通知されるので、完全に隠すことはできません。それでもwebサーバーに、プロバイダのIPアドレスが通知されないメリットは大きいです。

収集活動は匿名で実行するのが基本ですが、プロキシサーバー経由のアクセスは匿名性を実現するもっとも簡単な方法です。

IPアドレス
IPアドレスはアクセス解析ツールなので、簡単にわかる

キャッシュ機能が利用できる

プロキシサーバーにはキャッシュ機能がありますが、一度閲覧したデータはキャッシュ領域に保存されます。そのため二回姪以降はwebサーバーにアクセスしなくても、データは取得できます。

このことはテキストデータであれば、あまり意味はないかもしれません。しかし画像データの場合は、数字上の速度も体感速度も間違えなく速くなっているはずです。画像を頻繁に見る人は、プロキシサーバーを使った方が効率的です。

ブラウザにもキャッシュ機能はありますが、プロキシサーバーのキャッシュ領域はブラウザよりも遙かに大きいので、大人数で使用してもすぐには一杯にならないと思います。

負荷分散に役立つ

自前のwebサーバーがある会社は負荷分散に悩むことがあるかもしれませんが、リバース機能があるプロキシサーバーを使えば、ユーザーを条件で振り分けることができます。負荷の分散はwebサーバー管理者にとっては命題ですが、一般的に負荷の分散の実現はコストがかかります。

しかしプロキシサーバーを活用すれば、比較的少ないコストで負荷の分散ができます。リバースプロキシサーバーを、提供している業者は多いです。負荷分散に悩んでいる人は、一度検討してください。

プロキシサーバー上でセキュリティ対策ができる

最近はプロキシサーバー用のセキュリティソフトも登場していますが、プロキシサーバーを使えばプロキシサーバー上でセキュリティ対策ができます。クライアントのパソコンでセキュリティ対策するのは当然ですが、プロキシサーバー上でもセキュリティ対策をすれば万全です。

プロキシサーバー上でセキュリティ対策をすれば、クライアントのパソコンに実害が及ぶ可能性は極めて低いです。万が一ウイルスをダウンロードした場合は、プロキシサーバー上で退治しましょう。

プロキシサーバー経由でアクセスするデメリット

これからはプロキシサーバー経由で、アクセスするデメリットを考えます。

通信速度が遅くなる

プロキシサーバー経由のアクセスは、プロキシサーバーを経由する分だけ通信速度が遅くなります。プロキシサーバーマシーンのスペックが高く、インターネット回線の帯域が広ければ仕事に支障は来さないと思いますが、時代遅れのマシーンの場合、仕事に支障を来す可能性が高いです。

インターネット回線に関しては明確な答えはありませんが、ビジネス用のインターネット回線でなければ、イライラするような遅さになると思います。

接続履歴が残る

プロキシサーバー経由のアクセスは、プロキシサーバーに接続履歴が残ります。このこと自体は仕様なので仕方がないことですが、悪いプロキシサーバー業者に当たれば情報が売られる可能性があります。

接続履歴を見ることで、どのようなことに関心があるのかがわかります。個人の接続履歴を見ても何の得にもなりませんが、企業の接続履歴はマーケティングの材料にされてしまいます。

プロキシサーバーの多くは海外発で、資料は英語で書かれています。英語の読解力がある人はプロキシサーバー業者の信頼性を見極めることができますが、読解力がない人は信頼性を見極めるのは難しいです。

スポンサーリンク

ビジネスで使うときは有料のプロキシサーバー

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、有料のサービスに限ります。有料のプロキシサーバーは会社の信用を背負っているので、個人情報の管理が厳格です。またセキュリティ対策もしっかりしているので、安心して使えます。

有料のプロキシサーバーは顧客の利便性を常に考えているので、操作性がよいです。プロキシサーバーをビジネスで使うときはさまざまな設定をする必要がありますが、操作性がよければ特別なスキルがなくても操作できます。

有料のプロキシサーバーはいろいろありますが、総合力ではBright Dataがダントツです。Bright Dataは世界の有名企業も使っていますが、有名企業に支持されるのは総合力が優れているからです。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataがビジネスに最適な理由

これからはBright Dataが、ビジネスに最適な理由を紹介します。紹介する特徴はいずれも実用的で、情報収集業務の強い味方になるでしょう。

世界のIPアドレスが使える

Bright Dataは770,000個のIPアドレスを保有していますが、一ヶ国だけのIPアドレスではありません。Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置き、10ヶ国のIPアドレスを保有しています。

  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • イタリア
  • フランス
  • カナダ
  • スペイン
  • ロシア
  • 日本
  • 韓国

世界のサイトの中には国単位でアクセスの規制をしているところがありますが、規制された国の人は情報収集活動で不利を強いられます。しかし許可された国のIPアドレスに乗り換えたら、問題なく閲覧できるはずです。

Bright DataのIPアドレスの指定はプロキシマネージャーでできるので、非常に便利です。プロキシマネージャーはBright Data上で作動するツールで、IPアドレスの指定以外のこともできます。

匿名でクローラーを走らせ情報収集できる

プロキシマネージャーを使えば、匿名でクローラーを走らせることができます。クローラーはGoogleで有名ですが、Bright Dataのクローラも便利で、本音が飛び交うSNSにアクセスすることも可能です。

情報の中には分析が不要なものがありますが、そのような情報はクローラーに任せた方が効率的です。クローラーが分析不要の情報を収集してくれたら、人間はその間分析が必要な情報を収集することができます。

情報の収集には膨大な時間が必要ですが、クローラーを利用すれば格段に時間を節約することができます。匿名のクローラーによる情報収集は、今後はスタンダードになると予想されます。

ネットワーク稼働率が高い

Bright Dataのネットワーク稼働率は高く、直近のデータでは100%でした。あまり知られていないことですが、プロキシサーバーには多くのユーザーがアクセスするので、サーバーマシーンやインターネット回線に負荷がかかりやすいです。

サーバーマシーンやインターネット回線に負荷がかかればレスポンスが悪くなりますが、Bright Dataは良好なレスポンスを維持しています。ネットワーク稼働率を100%にするのは難しいことですが、Bright Dataは充実のインフラと高度な技術力で実現しました。

まとめ

プロキシサーバー経由のアクセスのメリットとデメリットについて解説をしましたが、メリットの方が多いです。昔のプロキシサーバーは低速のインターネット回線を使用していたし、サーバーマシーンのスペックも今ほどよくはありませんでした。

今は高速回線が当たり前になり、サーバーマシーンのスペックも格段によくなりました。そんな時代に使うプロキシサーバーは、メリットの方が多いです。

プロキシサーバーをビジネスで使うときは、是非ともBright Dataを使ってください。Bright Dataの総合力は抜群なので、きっとユーザーの期待に応えると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)