プロキシのipアドレス変換について

IPアドレス
IPアドレスは通信時に必要

プロキシサーバーはipアドレスを変換する

通常webサーバーにはプロバイダーのipアドレスが通知されますが、プロキシサーバーを間に挟んだ場合は違います。プロキシサーバーが間にある場合は、webサーバーにはプロキシサーバーのipアドレスが通知されます。

なぜプロキシサーバーのipアドレスが通知されるのでしょうか?本記事では、プロキシサーバーのipアドレスの変換について深掘りします。プロキシサーバーの機能はあまり知られていませんが、ipアドレスの変換はプロキシサーバーの真骨頂です。

一般の人はipアドレスについて知見がないと思いますが、本記事ではipアドレスのイロハから解説したいと思います。

ipアドレスの基本

これからはipアドレスの基本を紹介します。ipアドレスの基本を知れば、ipアドレスを変換する必要性が理解できると思います。

ipアドレスはプロバイダーが利用者に与えている識別番号ですが、ipアドレスがなければインターネットはできません。YahooやGoogleにもipアドレスはあります。しかしDNSシステムでドメインに変換しているので、利用者はipアドレスの存在に気付きません。

ipアドレスにはグローバルipアドレスとローカルipアドレスがありますが、インターネットをするときはグローバルipアドレスを使います。このグローバルipアドレスですが、送信先の管理者は知ろうと思えば知ることができます。

最近はアクセス解析ツールが当たり前のようにwebサーバーに搭載されていますが、アクセス解析ツールは、送信元のグローバルipアドレスを記録します。アクセス解析ツールが記録するのはグローバルipアドレスだけではなく、利用者のブラウザ情報なども記録します。

監視カメラ
ipアドレスはネットワーク監視カメラでも使われている

スポンサーリンク

プロキシサーバーとipアドレスの変換について

これからはプロキシサーバーと、ipアドレスの変換について解説をします。

プロキシサーバーは利用者のパケットを受け取り変換する

利用者の送信内容は先ずプロキシサーバーが受け取りますが、送信内容は最終的にwebサーバーに届けられます。プロキシサーバーが受け取るipアドレスの情報はヘッダーに記載されていますが、webサーバーが受け取るipアドレスの情報もヘッダーに記載されています。

しかしプロキシサーバーがwebサーバーに送信するのは利用者のipアドレスではなく、プロキシサーバーのipアドレスです。ところでプロキシサーバーはどのような方法で、ipアドレスを変換しているのでしょうか?

この答えはプロキシサーバーの運営者しかわかりませんが、ipアドレスの変換にはNAT(Network Address Translation)やNAPT(Network Address and Port Translation)が使われることが多いです。

ヘッダー
ヘッダーとはデータの先頭に記述される補足データのこと

NATとは

NAT機能はルーターに搭載されていることが多いですが、ルーターが保持するグローバルIPアドレスに変換します。

お手軽なNAT機能ですが、ローカルipアドレスとグローバルipアドレスの変換が1対1で行われるため、同時に複数のコンピューターで利用することはできないです。

NAPTとは

NAPTはポート番号も変換するので、複数の端末を同時に接続することができます。NAPTはipマスカレードといわれることが多いですが、名前の由来は仮面舞踏会らしいです。おそらく最初に使った人は、NAPTから仮面舞踏会を連想したのでしょう。

この話の信憑性はわかりませんが、ipマスカレードで検索しても多くの記事がヒットします。関心のある人は一度試してください。

なぜipアドレスを変換する必要があるのか?

プロキシサーバーを利用するとipアドレスは変換されますが、ipアドレスを変換するメリットは何でしょうか?

ipアドレスを変換するメリットは利用者側にあります。

利用者がインターネットをする目的はさまざまですが、仕事で使う場合、プロバイダーのipアドレスをwebサーバーに通知したくないことはあります。ライバル会社であれば尚更です。そんな利用者のニーズを察知したのか、プロキシサーバーは登場しました。

掲示板

プロキシサーバーは2チャンネルで有名になりましたが、書き込む側はipアドレスが変換されているので安心です。しかしこれは当時の話で、今は警察もインターネットの仕組みがわかってきたので、簡単に警察を欺くことはできません。

利用者のipアドレスはwebサーバーには通知されませんが、プロキシサーバーには記録されます。裁判所の開示要求があれば、プロキシサーバーは該当のipアドレスを開示しなくてはいけません。

好みの国のipアドレスに変換するには

プロキシサーバーを使えば、好みの国のipアドレスに変換できます。ipアドレスは数字の羅列ですが、ipアドレスを分析すれば国がわかります。好みの国のipアドレスを使いたい人は、多くのipアドレスを用意しているプロキシサーバー業者を選べばいいでしょう。

プロキシサーバー業者によっては世界各国のipアドレスを保有していますが、そのようなプロキシサーバーを利用すれば、好みの国のipアドレスに変換するのは難しくありません。

ipアドレスの変換にはさまざまな意義がある

プロキシサーバーを活用すればipアドレスが変換できるのはわかりましたが、ipアドレスの変換にはさまざまな意義があります。以下では詳しくみていきます。

ipアドレスを変換することで身元を隠すことができる

ipアドレスを変換すればwebサーバーには、プロキシサーバーのipアドレスが通知されます。ハッカーはipアドレスを頼りにサイバー攻撃を仕掛けてくることが多いと思いますが、プロキシサーバーを活用すれば利用者のipアドレスは通知されないので、利用者のコンピューターに危害が及ぶ可能性は低いです。

昨今は大企業を標的にしたサイバー攻撃が多いですが、プロキシサーバーでipアドレスを変換すれば、ハッカーはかなり手こずるのではないかと思います。

ハッカーは間違ってプロキシサーバーを攻撃してくる可能性はありますが、セキュリティ対策をしっかりしているプロキシサーバーは、ハッカーのサイバー攻撃を強力に遮断します。

ipアドレスを変換すれば書き込みがしやすくなる

匿名掲示板ではipアドレスの一部を表示することがありますが、書き込む側にとっては気持ちが悪いものです。しかしプロキシサーバーでipアドレスを変換すれば、本当のipアドレスは表示されません。

ただ犯罪の臭いがする書き込みは警察のサイバー犯罪対策課が動く可能性があるので、書き込む側は内容に十分に注意しなければいけません。警察が裁判所に本当のipアドレスを知りたいと伝えたら、裁判所はプロキシサーバー業者に対して開示要求を出す可能性が高いです。

最近は開示要求の手続きが簡単になったので、裁判所に直接開示要求をするケースが増えてくると予想されます。そのため企業に対しての批判的な書き込みは、注意した方がいいです。企業は信用が命なので、信用を守るためにipアドレスの開示を裁判所に要求するでしょう。

スポンサーリンク

多くのipアドレスを変換したい人は有料のサービス

一般的に無料のプロキシサーバーは、使えるipアドレスが少ないです。そのため多くのipアドレスを変換したい人には、有料のプロキシサーバーをおすすめします。有料のプロキシサーバーは多くのipアドレスを保有しているので、多くのスタッフを抱える企業は助かります。

プロキシサーバーを選ぶときはipアドレスの多さだけではなく、便利さにも注目しましょう。ipアドレスに国、都市、ASNが指定できたら便利です。それらを指定すれば、ビジネスを有利に進めることができます。

情報収集を生業としている企業は世界中の情報を得たいものですが、世界のサイトの中には他国のipアドレスをブロックしているところがあります。ブロックされている国が日本であれば、国内の日本人はそのサイトにアクセスすることができません。

しかし海外のipアドレスを使えば海外のユーザーだと認識されるので、問題なく規制されているサイトは閲覧できます。ipアドレスの便利さにも注目した方がいいと言いましたが、現時点で一番便利なのはBrightdataだと思います。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataをイチオシする理由

これからはBrightdataをイチオシする理由をみていきますが、Brightdataは世界的なプロキシサーバーで、世界の有名企業も使っています。

脅威のネットワーク稼働率

Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%で、ほぼ完全無欠です。脅威のネットワーク稼働率を支えているのは高度な技術力ですが、Brightdataはプロキシに関する複数の特許を取得しています。

プロキシサーバーには多くの人が同時にアクセスをしますが、トラフィックが極端に増えるとネットワークに遅延が生じやすいです。しかしBrightdataは高度な技術力と経験で、ネットワークのトラフィック問題を解決しています。

Brightdataに「Proxy Manager」というツールを組み込むことは可能ですが、ツールを使えばユーザーもトラフィックの管理ができます。多くのスタッフを抱える会社はトラフィックの制御に悩むことがあると思いますが、ツールで簡単に制御できたら大変助かります。

同時接続数に制限がない

いくら変換済みのipアドレスが使えても、同時接続数に制限があれば宝の持ち腐れです。Brightdataは同時接続数に制限がないので、多くのスタッフを抱えるマンモス企業は助かると思います。

またBrightdataは使用デバイス数の制限もないので、多くのパソコンやタブレットからアクセスしても問題はありません。これだけ自由度の高いプロキシサーバーは、Brightdataだけでしょう。

まとめ

プロキシサーバーのipアドレスの変換について解説をしましたが、プロキシサーバーを使えばipアドレスは自動的に変換されます。一昔ぐらい前はipアドレスの変換にはネガティブなイメージがありましたが、最近はipアドレスの変換の意義を理解する人が増えてきました。

ipアドレスの変換が必要な人は、是非ともBrightdataを使ってほしいと思います。Brightdataは一ヶ月からの契約が可能で、決済にはクレジットカードとPayPalが使えます。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)