プロキシサーバーと翻訳

プロキシサーバーと翻訳について

プロキシサーバーの使用目的はIPアドレスの隠蔽が一番多いと思いますが、最近はプロキシサーバーを他の目的で使っている人もいます。プロキシサーバーの使い道は広いですが、最近注目されているのは翻訳プロキシというサービスです。

翻訳プロキシは歴史が浅いため、初めて翻訳プロキシの名前を聞く人もいるかもしれません。翻訳プロキシは、プロキシを介して翻訳するサービスです。

本記事では翻訳プロキシの解説をしたいと思います。翻訳プロキシの技術は企業秘密なのですべてを解説することはできませんが、最低限概略には迫りたいと思います。

プロキシサーバーが置かれている場所

翻訳プロキシの解説をする前に、プロキシサーバーが置かれている場所をみます。プロキシサーバーが置かれている場所を知れば、翻訳プロキシの仕組みが理解しやすくなります。

通常のインターネットの仕組み

まずは通常のインターネットの仕組みをみます。通常のインターネットは、ユーザーがwebサーバーに直接リクエストを送ります。リンクをクリックしたり、アドレスバーにURLを打ち込むのもリクエストの一種です。

リクエストを受け取ったwebサーバーは、クライアントに結果を返します。正確にはwebサーバーに置かれているデータを、クライアントのブラウザに表示します。webサーバーに置かれているデータにはテキストデータ、画像データ、音楽データ、映像データなどがあります。

プロキシサーバー経由のインターネットの仕組み

プロキシサーバー経由のインターネットもwebサーバーにリクエストを送りますが、リクエストが最初に届く場所はプロキシサーバーです。ユーザーのリクエストを受け取ったプロキシサーバーは、webサーバーにリクエストを届けます。

一見無駄な構成のように見えますが、プロキシサーバーを置くことでさまざまなメリットがあります。そんなプロキシサーバーは、ユーザーのパソコンとwebサーバーの間に位置しています。

ユーザーのパソコンとプロキシサーバーはインターネット回線で繋がっているので、プロキシサーバーが海外にあっても問題はありません。

スポンサーリンク

翻訳プロキシの詳細

翻訳プロキシの仕組みはサービスによって異なりますが、今回は基本的な仕組み、翻訳プロキシのメリット、デメリットについて解説をします。

翻訳プロキシの仕組み

まずユーザーがwebサーバーにリクエストを送ります。しかし翻訳プロキシを設置しているので、最初にリクエストを受け取るのは翻訳プロキシです。

翻訳プロキシはwebサーバーにリクエストを届け、webサーバーは翻訳プロキシにデータを返します。返されたデータが外国語の場合は、翻訳プロキシがユーザーが使用している言語に翻訳します。そしてユーザーのブラウザに結果を返します。

翻訳プロキシの概略を解説しましたが、翻訳プロキシによっては若干プロセスが異なることがあるかもしれません。しかし翻訳プロキシが翻訳しているのは共通しています。

翻訳プロキシのメリット

翻訳システムは、プロキシサーバーを活用しなくても実現できると思います。しかしプロキシサーバーを活用すれば、柔軟な処理が可能になります。多言語対応も翻訳プロキシを活用した方が、柔軟に処理できます。

プロキシサーバーのキャッシュ機能を利用すれば、データを素早く表示させることも可能でしょう。またセキュリティ面でも、プロキシサーバーを介した方が安心です。

翻訳プロキシのデメリット

翻訳プロキシのデメリットは通信のプロセスが増えるので、ワンテンポ表示が遅れることです。ユーザーのパソコンに直接翻訳ソフトをインストールすることは可能ですが、直接インストールしたら通信そのものが必要ないので表示速度は速いです。

また翻訳プロキシはテキストデータ以外は翻訳できないので、外国語で制作された画像や、動画は翻訳できません。

多言語対応サイトは翻訳プロキシが便利

多言語化が必要なサイトを紹介します。

ホテルや旅館

今はコロナで激減していますが、海外旅行客が日本に落とすお金を大きいです。海外旅行者は日本に滞在中は日本のホテルや旅館に泊まりますが、ホテルや旅館のサイトが日本語だけだったら困ります。

日本語を勉強している外国人は多いですが、日本語で書かれたサイトをすべて理解できる人は少ないです。現在でも多言語対応しているサイトはありますが、多くのサイトはGoogle翻訳を利用しているのではないかと思っています。

Google翻訳の質は上がっているので、Google翻訳を利用することは悪くはありませんが、翻訳プロキシの方が柔軟な処理ができると思います。

旅行会社

旅行会社のサイトも、多言語対応したら良いと思います。基本的に海外から来る観光客は、自国の旅行会社のプランを利用しています。しかし日本の旅行会社がサイトを多言語化したら、日本の会社の旅行プランに申し込む人が増えると思います。

私はいくつかの旅行会社のホームページを見ましたが、一部の旅行会社はサイトを多言語化しています。旅行会社は国内の顧客ばかりに目を向けていたら、行き詰まる可能性が高いです。今後は、外国人客を直接取り込む戦略が必要になると思います。

スポンサーリンク

プロキシサーバーを多目的に使う人は通常のプロキシサーバーが便利

プロキシサーバーを多目的に使う人は、翻訳プロキシよりも通常のプロキシサーバーの方が便利だと思います。通常のプロキシサーバーの主な機能を紹介します。

  • IPアドレスの隠蔽機能
  • 負荷分散機能
  • キャッシュ機能
  • 自動情報収集機能

プロキシサーバーによってはすべての機能を備えていないことがありますが、Bright Dataはすべての機能を備えています。Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、世界の有名企業も利用しています。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataは情報収集ビジネスに便利

Bright Dataは情報収集ビジネスに便利です。

Bright Dataにはクローラがある

Bright Dataにはクローラ機能があります。クローラは探したい情報を条件欄にセットすれば、自動的に情報を収集してくれます。検索大手のGoogleもクローラを活用して新規サイトを登録していますが、クローラは自動的に作動するので本当に便利です。

インターネット上の膨大な情報を人力で収集しようと思えば、スタッフを雇う必要があります。しかしインターネット上の情報を、一日で収集するのは難しいです。最低でも数日必要だと思います。そうであれば数日分の人件費が必要です。クローラを使えば人件費は不要です。

多くの国のIPアドレスを保有している

Bright Dataは多くの国のIPアドレスを保有しているので、世界をターゲットにしている企業におすすめします。Bright Dataがデータセンターを置いている国はアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国です。

日本のプロバイダのIPアドレスでも世界のサイトにアクセスはできますが、身元バレを防ぐにはプロキシサーバーのIPアドレスを使った方が良いと思います。また海外のIPアドレスを使えば閲覧できるサイト数が増えるので、貴重な情報に出会える可能性があります。

閲覧できるサイト数が増えるのは、国外からのアクセスを禁止しているサイトが一定数あるからです。しかし許可された国のIPアドレスに乗り換えたら、閲覧できるようになるでしょう。

Bright Dataは負荷分散が得意

Bright Dataは負荷分散が得意です。サーバーが混雑状態になれば負荷がかかり、最悪の場合はサーバーがダウンします。サーバーに負荷がかかったときは適切な処理をすればいいのですが、負荷の原因を見極めるのは意外に難しいものです。

Bright Dataの技術者は経験が豊富なので、負荷の原因をいち早く見つけ対応します。Bright Dataスタッフは24時間365日体制でプロキシサーバーを監視しているので、異変を見つけるのが早いです。

Bright Dataのプロキシマネージャーを使えば、ユーザーでもトラフィックの管理ができます。ユーザーができるトラフィックの管理範囲は限定的ですが、多くのスタッフを抱える企業は助かると思います。

Bright Dataのネットワーク稼働率は常に100%近いですが、実現するのは大変なことです。しかしBright Dataは顧客の信頼に応えるため、日夜努力をしています。

Bright Dataでも翻訳システムは構築できる

Bright Dataでも翻訳システムの構築は可能だと思います。ただBright Dataは共有型のプロキシサーバーなので、プロキシサーバーに翻訳システムを組み込むことはできません。しかし自前のwebサーバーであれば、翻訳システムを組み込むことは可能だと思います。

多くのシステム会社はGoogleの翻訳開発サービスを利用しているみたいですが、Googleの翻訳開発サービスは登録したら誰でも利用できます。ユーザーのブラウザに翻訳文を表示させるにはプログラム言語の知識が必要ですが、翻訳ビジネスを考えている人はチャレンジしてください。

Bright Dataを間に挟まなくても翻訳システムの構築は可能ですが、Bright Dataを間に挟んだ方がセキュリティ的には安心です。

まとめ

翻訳プロキシに焦点を当てて解説をしましたが、今後翻訳プロキシは増える予感がします。世界の経済はグローバル化しているので、サイトも多言語対応した方が良いと思います。翻訳プロキシサービスは、インターネットで見つけることができます。

通常のプロキシサーバーが必要な人は、是非ともBright Dataと契約してほしいと思います。Bright Dataは海外発のプロキシサーバーですが、サイトの日本語化が進んでいます。またこちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)