日本発のおすすめプロキシサーバー

日本のプロキシサーバーのおすすめ

日本人だから日本のプロキシサーバーを使いたい・・この気持ちは当然だと思います。日本のプロキシサーバーを使えばサポートは日本語だし、マニュアルも日本語で書かれているので便利です。

本記事では日本のプロキシサーバーのおすすめを紹介します。紹介するプロキシサーバーはインターネットで見つけたものなので、リンクを貼っておきます。

日本発のプロキシサーバーは少ない

日本発のプロキシサーバーを紹介する記事ですが、日本発のプロキシサーバーは極端に少ないです。プロキシリストを見ると日本が所在地になっているものはありますが、日本の会社が運営しているかどうかは不明です。

日本にプロキシサーバーが少ない理由を考えました。プロキシサーバーを使う最大の目的はIPアドレスの隠蔽だと思いますが、IPアドレスを隠蔽することに抵抗を感じる日本人が多かったのではないでしょうか?

しかし今はIPアドレスを隠蔽する意味が、正しく理解されるようになってきました。そのため今後は、日本発のプロキシサーバーが増えるのではないかと予想しています。

日本の会社が運営しているプロキシサーバー

日本発のおすすめプロキシサーバーを紹介します。

jpProxy

jpProxyは日本で運営されている唯一のプロキシサーバーです。料金プランは安く1台あたり1ヶ月税込みで180円です。アクセスログ機能があるので、会員制のサイトに最適かもしれません。

jpProxyは資源を共有する共有型のプロキシサーバーなので、接続する利用者が多い場合はセッションが切れる可能性があります。

プロキシサーバーへの認証方法は、「接続元IP認証」と「ユーザID+パスワード認証」があります。どちらも強固な認証方法ですが、プロバイダによってはIPアドレスが頻繁に変わる可能性があります。そのようなプロバイダを利用している方は、「ユーザID+パスワード認証」方式が良いと思います。

jpProxy

他のプロキシサーバーを探している人は自分で構築しよう

日本のIPアドレスが使えるプロキシサーバーはいくつかありましたが、完全な日本発のプロキシサーバーは一つだけでした。しかしプロキシサーバー構築ソフトを使えば、プロキシサーバーの運営はできます。

プロキシサーバー構築ソフトをインストールし運営したい人は、VPSサービスが便利かもしれません。一部のVPSサービスは、プロキシサーバー構築ソフトsqiudがインストールできます。

スポンサーリンク

条件によっては海外のプロキシサーバーでも問題なし

条件によっては、海外のプロキシサーバーでも問題はないと思います。以下では大切な条件を紹介します。

決済方法が簡単であること

日本から利用できても、決済方法が銀行振り込みしかなければ不便です。海外の銀行にお金を送金するときは書類の手続きが必要ですが、初めての方はたいてい戸惑います。また送金するまでの日数は、三日以上かかるケースが大半です。

このような決済方法では、急いで契約したいときは困ります。日本の銀行と海外の銀行が取引関係にあれば比較的送金日数は短いですが、取引関係がない場合は中継銀行を挟むことになります。中継銀行を挟めば送金日数が遅くなるだけではなく、中継銀行の手数料も必要です。

日本語によるサポートがあること

日本語によるサポートがあることも大切な条件です。プロキシサーバーへの接続自体は簡単ですが、ビジネスで使うときは勉強が必要です。英語がわかる人は英語のマニュアルを参考にすればいいですが、英語を原文のまま読める人は少ないでしょう。

たとえ読めたとしても不明点があった場合は困ります。その場合はサポートに聞くしかありませんが、英語のサポートしかなければ多くの日本人は困ります。そのため海外のプロキシサーバーと契約するときは、日本語によるサポートがあるかどうかも確かめましょう。

セキュリティ管理がしっかりしていること

プロキシサーバーを狙うハッカーが増えています。そのため海外のプロキシサーバーと契約するときは、セキュリティ対策がしっかりしているプロキシサーバーと契約した方が良いと思います。

プロキシサーバー用のセキュリティ対策ソフトはありますが、セキュリティ対策ソフトがカバーできる範囲には限界があります。

ネットワークの速度が速いこと

海外のプロキシサーバーにアクセスすれば距離があるので、物理的にネットワークの速度は遅くなります。しかしマシーンスペックが高く、インターネット回線の帯域が広い場合は、ストレスを感じるような遅さはないと思います。

詳しい人であればプロキシサーバー業者のカタログを読むだけで、ある程度のレスポンス速度はわかると思いますが、詳しくない人はカタログを読むだけでは皆目わかりません。詳しくない人は、実際に試すしかありません。試すときはお試し期間を利用しましょう。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataは使いやすい

Bright Dataは日本人にもおすすめです。おすすめする理由は使いやすいからです。以下では詳しくみます

Bright Dataは決済方法が簡単

Bright Dataの決済方法はクレジットカードとPayPalです。有名なクレジットカードは、すべて使用可能です。PayPalはオンライン決済サービスです。

PayPalはクレジットカード会社のように、カードを発行しません。クレジットカードはカードに記載された番号が利用者を識別しますが、PayPalはメールアドレスが利用者を識別します。PayPalと銀行口座、クレジットカード番号は紐付ける必要があります。

PayPalで決済したら、銀行口座から引き落としされます。私もよく利用していますが、PayPalは日本でも海外でも使えるので便利です。安心な仕組みも実装しているので、危険なことはありません。

Bright Dataには日本人スタッフがいる

こちらから申し込んでくれた人だけですが、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。日本人スタッフは親切で、初歩的な質問でも丁寧に答えてくれると思います。プロキシサーバーへの接続は簡単ですが、プロキシサーバーの操作方法の習得は勉強が必要です。

勉強すれば誰でも操作できるようになりますが、勉強の途中で躓くことはありますよね。そんなときは、日本人スタッフに質問しましょう。技術的な質問は回答に時間がかかるかもしれませんが、日本語で質問できるのは大変便利です。

おそらく日本人スタッフ付きの海外のプロキシサーバーは、Bright Dataだけだと思います。日本人スタッフがいるだけで、Bright Dataと契約する人は多いと思います。

Bright Dataはセキュリティ対策も万全

Bright Dataは24時間365日体制で有人監視をしているので、異変があったときはすぐに対応してくれます。プロキシサーバーによっては機械監視をしているところがありますが、有人監視の方が見落としは少ないと思います。

人間には機械にはない直感がありますが、プロキシサーバーの監視も直感が必要です。機械が見逃すような小さな異変でも、人間の直感は危険を察知します。

Bright Dataはネットワークの速度も速い

Bright Dataは海外発のプロキシサーバーですが、レスポンスは良いと思います。レスポンスの良さは数値では実感しにくいので、一度試してほしいと思います。Bright Dataのネットワークの速度が速いのは、最新の機器を揃えているからです。

Bright Dataはネットワーク稼働率も抜群です。ネットワークが速くても稼働率が悪かったらビジネスでは使えませんが、Bright Dataのネットワーク稼働率は常に100%近いです。Bright Dataのネットワークの高さを支えているのは、熟練したスタッフと最新の機器でしょう。

スポンサーリンク

Bright Dataの価値

プロキシサーバーは、IPアドレスを隠蔽してくれたらそれでいい・・そう思っている人はいるかもしれません。しかしプロキシサーバーの価値は、IPアドレスの隠蔽だけではありません。少なくとも、Bright Dataには他の魅力も一杯あります。

匿名で作動するクローラ

検索大手のグーグルはクローラを走らせ情報を収集していますが、Bright Dataにもクローラはあります。Bright Dataのクローラは、探したい情報を短時間で収集します。情報収集ビジネスは最新の情報を仕入れることが大切ですが、Bright Dataのクローラを使えば効率的に収集できます。

クローラ機能を使うだけでも、Bright Dataと契約する価値はあります。クローラはBright Dataと契約すれば無料で使えます。

ユーザーでもトラフィックの管理ができる

ユーザーができるトラフィックの管理は限定的ですが、トラフィックの管理ができたら多くのスタッフを抱える企業は助かります。多くのスタッフが一台のプロキシサーバーにアクセスしたらトラフィック過多状態になりますが、トラフィック過多状態になればレスポンスが悪くなります。

しかしトラフィック管理機能でトラフィックを最適化すれば、レスポンスは改善すると思います。一般的にトラフィックの管理は難しいですが、Bright Dataのプロキシマネージャーを使えば比較的簡単です。

まとめ

日本のおすすめのプロキシサーバーについて紹介しましたが、残念ながら日本発のプロキシサーバーは非常に少ないです。しかし外国のプロキシサーバーでも、条件を満たせば快適に使えますよ。

Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、世界10ヶ国にデータセンターを置いています。そんなBright Dataは、世界の有名企業も使っています。日本人の利用者も増えています。プロキシサーバーをビジネスで使う人は、是非ともBright Dataと契約してほしいと思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)