プロキシサーバー応答なしの原因を探る

プロキシサーバー応答なしの原因は複数ある

プロキシサーバー応答なしの現象には複数の原因があります。インターネットで調べても、原因は一つではなく複数あります。しかしプロキシサーバー応答なしの原因は整理されていないので、応答なしのシーンに遭遇した人は対処法を調べるのが億劫になります。

本記事ではプロキシサーバー応答なしの原因を、整理したいと思います。また併せて対処法も紹介します。原因と対処法が整理されていたら、問題の解決は早いでしょう。

紹介する事例は基本的にインターネットを参考にしていますが、起こりうる可能性も含めて紹介しています。プロキシサーバー応答なしの対処に困っている人は、参考にしてください。

まずはプロキシサーバーの通信の流れを知ろう

プロキシサーバー応答なしの原因を知る前に、プロキシサーバーの通信の流れを整理したいと思います。プロキシサーバーの通信の流れを知ることで、原因の特定が早くなるからです。

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間に位置していますが、クライアントがwebサーバーに送ったリクエストを中継します。逆も同じでwebサーバーがクライアントに送る情報も、プロキシサーバーが中継します。

プロキシサーバーが中継できるのは、ユーザーのデバイスにプロキシサーバーのアドレスやポートが指定されているからです。プロキシサーバーの通信の流れを解説しましたが、通信の流れを辿っていけば必ず解決します。

スポンサーリンク

プロキシサーバー応答なしの原因を徹底紹介

これからはプロキシサーバー応答なしの原因を紹介します。原因はさまざまありますが、心当たりのある人は、対処法を参考にしてください。

セキュリティソフトが原因

セキュリティソフトが原因で、プロキシサーバー応答なしの現象が発生することはあります。最近のセキュリティソフトは強力になっていますが、強力が故にプロキシサーバーにも影響を与えているのです。

セキュリティソフトが疑われる場合は、セキュリティソフトのサポートページを一読することをおすすめします。セキュリティソフトが原因の場合、たいていは設定を変更するだけで解決します。

プロキシサーバー用
プロキシサーバー用のセキュリティソフトもある

プロキシサーバーのアドレスやポートが間違っている

プロキシサーバーを利用する際は、プロキシサーバーのアドレスとポートをデバイスに指定する必要があります。指定方法はデバイスによって若干異なりますが、アドレスとポートの指定は共通しています。

しかし間違ったアドレスとポートを指定した場合、プロキシサーバー応答なしの現象が発生する可能性はあります。この場合は正しい情報を入力し直せばいいですが、間違いやすい文字が含まれている場合は注意が必要です。

入力間違いをなくすには、コピーアンドペーストが一番です。また余計な空白がないのかも、チェックしてください。

 

ネットワークアダプタが原因

これはインターネット上の事例ですが、ネットワークアダプタの設定が原因でプロキシサーバー応答なしの現象が発生したことがありました。原因は「Microsoft LLDP Protocall Driver」に、チェックが入っていないからでした。

設定を変更した後は再起動する必要があります。再起動しなければ設定は反映されないので、必ず再起動しましょう。

プロキシサーバーを使用するソフトが原因

プロキシサーバーを使用するソフトが原因で、プロキシサーバー応答なしの現象が発生する可能性はあります。この場合は該当のソフトを、一時的にoffにして試すしかありません。ただ他のソフトが通信を邪魔している場合、該当のソフトの機能をoffにしても解決はしません。

その場合は悪さをしているソフトを見つけるしかありませんが、ソフトを特定するのは難しいです。一番見つけやすい方法は、タスクマネージャーを使うことです。タスクマネージャーはWindowsパソコンの基本ソフトですが、作動しているソフトが視覚的にわかります。

プロキシサーバー自体がダウンした

プロキシサーバー自体が原因で、プロキシサーバー応答なしの現象が発生する可能性はあります。その場合はプロキシサーバーの公式アナウンスをチェックするしかありませんが、一般的に無料のプロキシサーバーは公式アナウンスが遅いです。

公式アナウンスが遅い場合は、pingを打つのがいいかもしれません。pingを打つ方法は簡単で、「ping 192.168.○○」と入力しENTERボタンを押すだけです。「○○」の部分や最初の「192.168」の部分は、契約しているプロキシサーバーのIPアドレスのものにしてください。pingが通れば通信は正常です。

インターネット回線の不具合

インターネット回線に不具合がある場合、プロキシサーバー応答なしの現象が発生する可能性はあります。その場合はインターネット回線の状態をチェックするしかないですが、有線の場合は差し込み口を先ずチェックしましょう。

LANケーブルの差し込み口が光っている場合は、インターネット回線が来ていると思われますが、光っていない場合は対策が必要です。まずケーブルを抜き差ししたらいいと思います。

それでも解決しない場合は、プロバイダから付与されているモデムをチェックしましょう。モデムのランプが正常に点灯していない場合は、インターネット回線に不具合があると思います。その場合は、プロバイダに連絡するしかありません。

WI-FIでインターネットをしているときは、無線ルーターのランプが正常に点灯しているのかを確認してください。正常でない場合は、無線ルーターを再起動してください。無線ルーターを再起動するだけで、解決することは多いです。

プロキシサーバーのコンテンツフィルタを実行している場合、プロキシサーバー応答なしの現象が発生する可能性はあります。コンテンツフィルタとは閲覧できるサイトを制御するフィルタですが、社内のパソコンにフィルタがかけられているケースは多いです。

会社の管理者は社員の監視をしなければいけませんが、閲覧しているサイトまで把握するのは大変です。しかしプロキシサーバーのコンテンツフィルタ機能を使えば、不要なサイトへのアクセスを禁止することができます。

スポンサーリンク

ビジネスでプロキシサーバーを使うときはネットワーク稼働率に注目

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、ネットワーク稼働率に注目しましょう。ネットワーク稼働率が高くても、プロキシサーバー応答なしの現象が発生する可能性はありますが、プロキシサーバーが起因となるケースは少ないでしょう。

プロキシサーバーのネットワーク稼働率は、ホームページで確認できます。しかし海外のプロキシサーバーは英語で書かれていることが多いので、探す時に戸惑うかもしれません。それでもnetworkという文字に注目すれば、何とか探せると思います。

ネットワーク稼働率は高ければ高いほどいいですが、100%達成しているサービスは少ないです。それでも、最低97%以上のネットワーク稼働率を達成しているサービスを選びましょう。Bright Dataはネットワーク稼働率が極めて高く、世界の有名企業も使っています。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataは情報収集ビジネスに最適

これからはBright Dataが、情報収集ビジネスに最適な理由を紹介します。

ネットワーク稼働率が高い

直近のデータによるとBright Dataのネットワーク稼働率は、100%です。プロキシサーバーは多くの人がアクセスするので、遅延やダウンが発生しやすいです。しかしBright Dataは、遅延やダウンが極めて少ないです。

Bright Dataのネットワーク稼働率が高いのは、インフラが整備されていることもありますが、技術力の高さも見逃せません。通信状態が悪くなる原因の一つにトラフィックの過多がありますが、Bright Dataはトラフィックの管理が極めて優れています。

Bright Dataにはプロキシマネージャーがありますが、プロキシマネージャーを使えば、ユーザでもトラフィックの管理ができます。大量のスタッフが同時にアクセスしたらトラフィック過多状態になりますが、プロキシマネージャーを活用すれば負荷の分散ができます。

情報収集をクローラに任せることができる

情報収集には膨大な時間がかかります。しかしプロキシマネージャーを使えば、匿名のクローラを走らせることができます。クローラは匿名でSNSにアクセスするので、身元がばれることはありません。

クローラの情報収集能力は人間に劣るかもしれませんが、単純な情報収集はクローラに任せた方が効率的です。単純な情報収集はクローラに任せ、分析が必要な情報は人間が収集する・・これが一番効率的でしょう。

世界の主要国にデータセンターがある

Bright Dataは世界の主要国にデータセンターを置いています。データセンターがある国は以下です。

  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • イタリア
  • フランス
  • カナダ
  • スペイン
  • ロシア
  • 日本
  • 韓国

ネットサーフィンをしない人は気付かないと思いますが、世界のサイトの中には国単位でアクセスを規制しているところがあります。

規制された国の人は目的のサイトにアクセスできませんが、許可されている国のIPアドレスを使えば可能です。Bright DataのIPアドレスは主要国をすべてカバーしているので、閲覧できないサイトは少ないと思います。

IPアドレスの指定はプロキシマネージャーでできるので、気楽にさまざまな国に乗り換えることができます。

まとめ

プロキシサーバー応答なしの現象が頻繁に発生したら、仕事になりません。そのため仕事でプロキシサーバーを使う人は、原因を知り対処法を身に付けなければいけません。

しかしプロキシサーバーが原因の場合は、ユーザーはどうすることもできません。ユーザーができることは、質の高いプロキシサーバーを選ぶことだけです。Bright Dataは質の高いプロキシサーバーで、長時間にわたり通信が途切れる心配はまずありません。

Bright Dataは一ヶ月からの契約が可能で、決済はクレジットカードとPayPalが使えます。万が一気に入らなかったときは、フォームから連絡すればすぐに解約できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)