プロキシサーバーがボトルネックになる事例

プロキシサーバーとボトルネックの関係は?

ボトルネックの本来の意味は瓶の首です。しかしコンピューターの世界では、根本的な問題点を意味していると思います。ボトルネックは英語なので、さまざまな翻訳をする人がいますが、根本的な問題点という翻訳が一番しっくりきます。

本記事ではプロキシサーバーがボトルネックになる事例を紹介しますが、初心者でも理解しやすいように、プロキシサーバーの仕組みから解説します。

一時期プロキシサーバーは使い物にならないという意見がありましたが、最近のビジネスはプロキシサーバーの活用が目立ってきました。しかしプロキシサーバーが普及すればするほど、プロキシサーバーがボトルネックになる可能性は高くなるでしょう。

ボトルネックが注目されだしたのはクラウドサービスから?

プロキシサーバーは、2ちゃんねる初期の頃から利用されていました。2ちゃんねるでプロキシサーバーを利用する目的は、プロバイダのIPアドレスを隠すためでした。

2ちゃんねるでプロキシサーバーが利用されていた時代は、プロキシサーバーとボトルネックの関係について論じる人はいなかったと記憶しています。ただプロキシサーバーを利用すると、通信速度が遅くなるという話はよく聞きました。

時代は変わりインターネットシステムは、クラウド型が主流になりました。有名なクラウドサービスには、Googleドキュメント、Googleスプレッドシートなどがあります。その頃からプロキシサーバーと、ボトルネックの関係が注目され始めました。

プロキシサーバーが起因となるボトルネックの具体例

これからはプロキシサーバーがボトルネックになる理由を探っていきますが、インターネット上の事例を参考にします。

タイムの取得時間が遅れる

プロキシサーバーがボトルネックになり、webサーバーのタイム取得時間が遅れる可能性は大いにあります。タイムを取得するプログラム自体は簡単ですが、サーバーサイドプログラムはwebサーバーパソコンの時計を参照しています。

そのためプロキシサーバーを挟まなくても、クライアントの時間とwebサーバーのタイム取得時間に誤差が生じる可能性はあります。しかしプロキシサーバーを間に挟めば、誤差はより大きくなるでしょう。

レスポンスが遅いプロキシサーバーであれば、分単位の誤差が生じるかもしれません。このことは情報収集を目的とするケースではボトルネックにはなりませんが、クラウド型のタイムカードやクラウド型のゲームでは大きなボトルネックになると思います。

接続できなくなる

プロキシサーバーには多くの人がアクセスしますが、アクセス数が増えれば増えるほどネットワークの帯域は狭くなります。帯域が狭くなれば、webサーバーに到達するまでのレスポンスが悪くなります。

レスポンスが悪くなるだけであれば何とか我慢できるかもしれませんが、極度に帯域が不足すればデータを送るパワーがなくなります。社内間のコミュニケーションのためにクラウドサービスを利用している会社は多いと思いますが、頻繁に通信が切断したらコミュニケーションは難しいです。。

ユーザーが帯域の広いインターネット回線を使っていても、webサーバーにデータを届けるのはプロキシサーバーのインターネット回線です。直接webサーバーにリクエストを送ったときはスムーズなのに、プロキシサーバーを利用すると遅延現象や切断現象が発生する。

これは完全にプロキシサーバーが、ボトルネックになっています。光回線であっても帯域不足のインターネット回線は、ボトルネックになりやすいです。

頻繁に待機状態が発生する

webサーバーは同時接続数の規制をしていないのに、頻繁に待機状態が発生する。このようなケースでは、プロキシサーバーがボトルネックになっている可能性を疑った方がいいでしょう。

一部のプロキシサーバーは同時接続数の規制をしていますが、同時接続数を規制すれば後からアクセスした人は待機させられます。秒単位の待機であれば何とか我慢できるかもしれませんが、分単位で待機させられたら仕事になりません。

このような問題があるので、多くのスタッフを抱える会社はプロキシサーバーの同時接続可能数にも注目しましょう。

スポンサーリンク

プロキシサーバーをボトルネックにしない方法

プロキシサーバーを、ボトルネックにしない方法を考えます。基本的にはハイスペックなプロキシサーバーを選べばいいのですが、以下ではより踏み込んで解説します。

同時接続可能数が多いプロキシサーバーを選ぶ

プロキシサーバーをボトルネックにしないためには、同時接続可能数が多いプロキシサーバーを選びましょう。同時接続可能数はプロキシサーバーのホームページに記載されていると思いますが、記載されていない場合は問い合わせしてください。

少人数でプロキシサーバーを使うときは同時接続可能数の多さはあまり関係ありませんが、大人数で使うときは大きな意味があります。クラウドサービスを利用しての会議はレスポンスの良さが大切ですが、同時接続可能数が多ければ概してレスポンスはよいです。

トラフィックの管理が上手なプロキシサーバーを選ぶ

トラフィックの過多も、プロキシサーバーをボトルネックにします。トラフィックの管理は、高度な技術力と豊富な経験が必要です。トラフィックの管理が上手かどうかを判断するのは難しいですが、大会社が使っているプロキシサーバーであれば間違いはないと思います。

大会社は多くのスタッフがプロキシサーバーにアクセスすると思いますが、トラフィックの管理が優れているプロキシサーバーは通信が安定しています。そのためプロキシサーバーが、ボトルネックになる可能性は低いです。

リバースプロキシ機能があるプロキシサーバーを選ぶ

自前のwebサーバーがある会社は、リバースプロキシ機能があるプロキシサーバーが便利です。自前のwebサーバーでもプロキシを介した場合は、プロキシサーバーがボトルネックになることはあります。

ボトルネックになる原因はトラフィックの過多ですが、トラフィックの過多だけのために専門の部署を設置するのは現実的ではありません。しかし誰かトラフィックの管理をしなければ、プロキシサーバーがボトルネックになる可能性が高くなります。

リバースプロキシは負荷分散が得意で、条件に応じてユーザーを指定のサーバーに振り分けることができます。アクセスするユーザーをコントロールすれば、webサーバーに負荷がかかりにくいです。

スポンサーリンク

Bright Dataがボトルネックになりにくい理由

Bright Dataは自前のプロキシサーバーではないので好き勝手に設定はできませんが、ボトルネックになる可能性は極めて低いです。以下ではその理由を詳しく解説します。

同時接続数の制限がない

Bright Dataには同時接続数の制限がありません。そのため多くのスタッフを抱える企業は、助かると思います。同時接続数の制限がないだけではなく、デバイス数の制限もありません。デバイス数の制限がなければ、さまざまなデバイスでアクセスできます。

無制限に同時接続を許すのは難しいことですが、Bright Dataは高度な技術力と充実のインフラで同時接続数の無制限を実現しました。

トラフィックの管理が優れている

トラフィック量の多いプロキシサーバーはボトルネックになりやすいですが、Bright Dataはトラフィックの管理が極めて優れています。トラフィックの管理は、並大抵の技術力では無理です。

Bright Dataのトラフィックの管理が優れているのは経験の蓄積もありますが、充実のインフラも見逃せません。Bright Dataにはプロキシマネージャーというツールがありますが、プロキシマネージャーを使えば、ユーザーでもトラフィックの管理ができます。

ユーザーができるトラフィックの管理範囲は限定されていますが、実行すればボトルネックの回避に繋がると思います。

ネットワーク稼働率が高い

ネットワークが頻繁に不具合を起こしたら、現場の人は困ります。しかしBright Dataのネットワーク稼働率は100%で、プロキシサーバーがボトルネックになる可能性は低いです。

驚異のネットワーク稼働率を支えているのはインフラの充実もありますが、管理体制が優れていることも見逃せません。Bright Dataは世界の有名企業も利用していますが、世界の有名企業から支持されているのは管理体制が優れているからではないでしょうか。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataの他の魅力

Bright Dataはボトルネックになりにくいプロキシサーバーですが、Bright Dataには他の魅力もあります。一番大きな魅力は、世界のIPアドレスが使えることではないでしょうか?

プロキシサーバーで海外のIPアドレスが使えるのは当たり前と思うかもしれませんが、大部分のプロキシサーバーは、数カ国のIPアドレスしか用意していません。

Bright Dataは、世界10ヶ国にデーターセンターを置いています。データセンタが管理しているIPアドレスは、プロキシマネージャーを使えば簡単に使えるようになります。

世界10ヶ国のIPアドレスが使えたら、世界中のさまざまな情報が収集できます。世界のサイトの中には国単位で閲覧規制をしているところがありますが、許可された国のIPアドレスを使えば閲覧できるようになるでしょう。

まとめ

プロキシサーバーとボトルネックの関係について解説をしましたが、プロキシサーバー絡みのボトルネックはいち早く解決しなければいけません。本記事では解決のヒントも提示しましたが、お役に立てたら幸いです。

Bright Dataはボトルネックになりにくいプロキシサーバーで、今後はますます利用者が増えると予想されます。情報収集ビジネスはプロキシサーバーがあったら便利ですが、プロキシサーバーを選ぶときは、是非ともBright Dataを候補に入れてください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)