プロキシサーバーとnaptについて

naptはプロキシサーバーに不可欠な技術

プロキシサーバーはIPアドレスの代理サーバーで、クライアントのIPアドレスをプロキシサーバーのIPアドレスに変換します。プロキシサーバーを使う一番の目的は、プロバイダのIPアドレスを隠すためでしょう。

そのようなユーザーの期待に応えるためには、効率的にIPアドレスを変換する必要がありますが、naptを活用することで実現します。

本記事では、プロキシサーバーとnaptの関係について深掘りしたいと思います。両者の関係を知ることで、ネットワークの世界が面白くなると思います。

naptの概略

naptの概略を解説します。naptとよく比較されるものにはnatがありますが、naptとnatの最大の違いは、ポート番号を利用するかしないかです。natはローカルIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する技術です。naptも基本的には同じです。

natでもグローバルIPアドレスを作成することはできますが、ポートを組み合わすnaptの方がより効率的に作成できます。

naptのことをnatの拡張版という人はいますが、技術の流れをみると言い得て妙です。ちなみにポートとは通信の出入り口のことで、ポートがなければ通信はできません。

プロキシサーバーを利用するときは、アドレスとポートを指定する必要があります。

スポンサーリンク

IPアドレス変換技術の基礎

これからはIPアドレスの変換技術をみていきますが、技術の詳細を知ればnaptがnatよりも優れている理由がわかるでしょう。

IPアドレスの変換はブロードバンドルータでする

natはブロードバンドルータを活用し、IPアドレスを作成します。例えば「192.168.0.1」というIPアドレスがあるとします。このIPアドレスを変換するときはブロードバンドルータを使いますが、ブロードバンドルータは自動的にグローバルIPアドレスに変換します。

ちなみにIPアドレスにはローカルアドレスとグローバルIPアドレスがありますが、インターネットはグローバルIPアドレスを使います。ローカルアドレスは内部のネットワークのみに使えるアドレスで、グローバルIPアドレスは世界中で使えます。

グローバルIPアドレスを保有しているのはプロバイダで、プロバイダと契約したら無条件で使えます。

natの問題点

natがブロードバンドを活用し、ユーザーの「192.168.0.1」というIPアドレスを、「162.168.0.5」というグローバルIPアドレスに変換したとします。この仕様は一人のユーザーであれば何の問題もありませんが、LANを組んだ場合は問題です。

他のユーザーが送信したリクエストの結果もグローバルIPアドレスに返ってきますが、同じIPアドレスなので、どのユーザーのパソコンに返したらいいのかが判断できません。

またnatには他の問題もあります。natの変換技術を採用した場合、ブロードバンドルーターが保有しているIPアドレス分しか同時接続できません。

このことはLANを組んでいる人やサービス業者にとっては大きな問題で、何とか解決しなければいけないことでした。そんなユーザーやサービス業者の要望を受けてか、naptが登場しました。

naptのIPアドレス変換技術を使えば、上記の問題は瞬く間に解決します。ポートとIPアドレスを組み合わせることで、拡張性は飛躍的に広がります。

naptは2種類ある

naptには静的naptと動的naptがあります。静的naptも基本的にIPアドレス + ポート番号の組み合わせでグローバルIPアドレスに変換しますが、最初からポート番号を指定する必要があります。ポート番号を指定したい、オンラインゲームに使われることが多いみたいです。

動的naptも静的naptも基本は同じですが、動的naptはポート番号を自由自在に組み合わすことができます。一般的にはnaptといえば、動的naptを指すことが多いです。

naptはIPマスカレードといわれることがありますが、正確な由来は不明です。マスカレードは仮面舞踏会の意味ですが、naptのIPアドレスが仮面舞踏会に似ているからではないでしょうか?確かにnaptのIPアドレスは、仮面を被っているみたいですね。

このことの真偽は不明ですが、英語の関連サイトを閲覧すれば正確な答えがあるかもしれません。英語ができる人は調べてくださいね。

スポンサーリンク

ビジネス用のプロキシサーバーは多くのIPアドレスが必要

naptを使えば多種多様なIPアドレスを作成することができますが、利用者の便宜を図るのであれば、多くのIPアドレスを保有した方がいいでしょう。それも日本で使えるIPアドレスだけではなく、世界中で使えるIPアドレスを保有するのが望ましいです。

しかし世界中のIPアドレスを取得すれば、膨大なコストがかかります。筆者が使っているプロバイダも固定IPアドレスを提供していますが、初期費用と月額費用がかかります。月額費用は安くはなく、100個の固定IPアドレスを取得したら70万円以上します。

これだけの費用を個人が負担するのは大変です。よしんば取得できたとしても、投資を回収するまでは期間がかかります。順調に回収できたらいいですが、プロキシサーバーの世界はライバルが多いので勝ち抜くのは大変です。

このようなことを考えたら、自力でビジネス用のプロキシサーバーを構築するのは非現実的です。むしろ良質なプロキシサーバーと、契約した方がいいと思います。良質なプロキシサーバーのおすすめは、Brightdataです。Brightdataは770,000個のIPアドレスを保有しているので、好みのIPアドレスが見つけやすいと思います。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataでビジネス展開すれば便利

これからはBrightdataの便利さに焦点を充てて解説します。Brightdataのホームページは完全に日本語化していないので便利さがわかりにくいですが、以下では余すところなくBrightdataの便利さを紹介します。

Brightdataは世界10ヶ国にデータセンターを置いている

Brightdataがデータセンターを置いている国は、アメリカ、イギリス、ドイツ・イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国です。いずれの国の情報も大切で、情報を素早く入手すればビジネスが有利になります。

情報を収集するときはインターネットを活用することが多いですが、世界のサイトがすべて日本から閲覧できるとは限りません。世界のサイトの中には、国内のユーザーしか閲覧できないものがあります。

具体例で紹介します。アメリカのあるサイトは、アメリカ国内の人しか閲覧することができないとします。国外のユーザーがアクセスしても、「貴方の国では閲覧できません」のようなメッセージが流れます。

これはIPアドレスでアメリカ以外のユーザーを弾いているからですが、アメリカのIPアドレスを使えば閲覧できるようになるでしょう。Brightdataを利用すれば、アメリカのIPアドレスは簡単に取得できます。

Brightdataには同時接続数の規制がない

Brightdataには同時接続数の規制がないので、大量のスタッフを抱える企業は助かります。同時接続数を規制されたら、アクセスできないユーザーが出てくる可能性があります。これは企業にとっては、大きな損失です。

Brightdataは利用デバイス数の制限もないので、さまざまなデバイスでアクセスできます。ある人はパソコンでアクセスし、ある人はタブレットでアクセスし、ある人はスマートフォンでアクセスすることができます。

同時接続数が増えれば増えるほどプロキシサーバーに負荷はかかりますが、Brightdataは独自の技術で同時接続数の無制限を実現しました。Brightdataの技術力は高く、プロキシに関する複数の特許を取得しています。

またBrightdataのインフラは大変充実しているので、大量のアクセスを同時に受けとめることができます。貧弱なインフラしか用意していない、プロキシサーバー業者では無理でしょう。

Brightdataのネットワーク稼働率は抜群

直近のデータですが、Brightdataのネットワーク稼働率は100%でした。多くの人がアクセスするプロキシサーバーでは驚異的な数字ですが、高いネットワーク稼働率を支えているのは充実のインフラと、トラフィック管理の上手さではないでしょうか?

webサーバーを使っている人は実感できると思いますが、トラフィック量が増えれば増えるほどサーバーの処理速度は落ちます。最悪の場合はサーバーがダウンします。

日本はコロナワクチンの予約をオンライン化しましたが、アクセスが殺到しすぎてサーバーがダウンしてしまいました。これと同じことが、プロキシサーバーでも起こる可能性は大いにあります。

Brightdataのネットワーク稼働率が100%に達しないことはありますが、それでも98%以上の高いネットワーク稼働率を実現しています。

Brightdataは有人監視で、プロキシサーバーの状態を常に監視しています。トラフィックが過多になりそうな兆候があれば、瞬時に適切な対策をとります。限定的ですが、プロキシマネージャーを使えば、ユーザでもトラフィックの管理ができます。

まとめ

naptについて解説をしましたが、今後はnaptが主流になると思います。プロキシサーバー業者はIPアドレスの管理が大切ですが、naptを採用すれば管理は楽になるでしょう。

ビジネスでプロキシサーバーを使う時は自前のプロキシサーバーではなく、Brightdataを選んでほしいと思います。Brightdataは、世界の有名企業も使っている質の高いプロキシサーバーです。

決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、振り込み時の煩わしさはないです。日本人スタッフがいるので、不明点があれば気楽に聞いてください。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)