プロキシサーバーの閲覧履歴について

プロキシサーバーは社員の閲覧利益がわかる

勤務中にネットサーフィンをしている社員はびっくりするかもしれませんが、プロキシサーバーを見たら社員の閲覧履歴がわかります。プロキシサーバーからイメージすることはIPアドレスの代理ですが、実はプロキシサーバーを社員の閲覧管理に利用している会社はあります。

プロキシサーバーで閲覧管理ができるメカニズムは後ほど解説しますが、プロキシサーバーの閲覧機能は極めて優れています。

本記事ではプロキシサーバーの閲覧機能に焦点を充てて解説をしますが、初心者でも理解しやすいように、プロキシサーバーのイロハから解説します。

プロキシサーバーの通信の流れ

これからはプロキシサーバーの通信の流れをみていきますが、通信の流れを知ればプロキシサーバーの閲覧履歴のメカニズムが理解しやすくなるでしょう。

プロキシサーバー経由のインターネットの流れは、通常のインターネットとは少し異なります。通常のインターネットはクライアントのリクエストは直接webサーバーに送られますが、プロキシサーバー経由の場合は、先にプロキシサーバーにリクエストが送られます。

この逆も同じでwebサーバーは直接クライアントに情報を渡すのではなく、最初にプロキシサーバーと通信をします。プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの橋渡し役のような存在ですが、次のコーナーではプロキシサーバーに閲覧履歴が残るメカニズムを解説します。

スポンサーリンク

プロキシサーバーの閲覧履歴機能について

これからは、プロキシサーバーの閲覧履歴機能について解説をします。ブラウザーにも閲覧履歴管理機能はありますが、プロキシサーバーの閲覧履歴管理機能はよりダイナミックです。

閲覧履歴が残るのはキャッシュ機能があるから

プロキシサーバーにはキャッシュ機能があり、webサーバーから取得した情報はプロキシサーバーのディスクに保存されます。この機能があるので閲覧履歴は残るのですが、プロキシサーバーのキャッシュ領域には上限があります。

キャッシュ領域の上限を超えたら閲覧履歴の一部は自動的に削除されますが、プロキシサーバーのキャッシュ領域は、ブラウザのキャッシュ領域よりも遙かに大きいです。

キャッシュ領域の大きさ
プロキシサーバーを自作したら、キャッシュ領域の大きさを決めることができる

キャッシュの採取を行わないケースもある

プロキシサーバーはクライアントの閲覧履歴を記録しますが、一部例外はあります。以下では例外の内容をみていきます。

GETメソッド以外の場合

HTTP PROXYではユーザーがGETメソッドでリクエストを送った場合は、キャッシュ領域に内容を記録しますが、GETメソッド以外は記録されないです。

GETメソッドとはクライアントがwebサーバーにリクエストを送信する方法で、URLの末尾にリクエストの情報が付加されます。そのためGETメソッドのURLは長いです。

ちなみにクライアントができるリクエスト方法にはPOSTメソッドがありますが、POSTメソッドはURLの末尾にリクエストの情報は付加されません。ただアクセスしたURLは記録されます。

GETメソッドとPOSTメソッドは掲示板などでよく使われていますが、開発者以外は使うことはないでしょう。

GETメソッド
日本語をGETメソッドで送信するときは、エンコードする

リクエストヘッダにCache-Control: no-storeが含まれている場合

クライアントからのリクエストヘッダに「Cache-Control: no-store」が含まれている場合も、キャッシュの採集は行われません。「Cache-Control: no-store」はサイトの作り手がHTMLファイルに記述しますが、metaタグを使用するのが一般的です。

しかし「Cache-Control: no-store」がリクエストヘッダに含まれていても、環境によってはキャッシュすることがあるようです。プロキシサーバー環境下での事例はインターネットでは見つかりませんでしたが、プロキシサーバーでも仕様によってはキャッシュされる可能性はあるでしょう。

ブログでは難しい
一部例外はありますが、多くのブログはmetaタグの編集ができません

リクエストにWWW認証の情報が含まれている場合

リクエストにWWW認証の情報が含まれている場合も、プロキシサーバーはキャッシュの採取を行いません。WWW認証の情報にはユーザー名やパスワードが含まれているので、自動的にキャッシュされたら大変なことになります。

悪意ある人はWWW認証の情報を活用し、悪いことをするでしょう。そのようなことが十分に考えられるので、WWW認証の情報が含まれる場合はキャッシュしない仕様にしたのだと思います。

他にもキャッシュされない条件はある

キャッシュされない主な理由を紹介しましたが、他にもキャッシュがされない例はあります。ただプロキシサーバーの種類によって条件が異なる可能性があるので、詳しいことは利用しているプロキシサーバーで確かめてください。

世の中にはキャッシュされることを嫌う人はいると思いますが、そのような人はキャッシュされない条件を参考にしたらいいでしょう。

プロキシサーバーの閲覧履歴管理機能は管理者には便利

社員にとってはちょっぴり怖いプロキシサーバーの閲覧履歴管理機能ですが、管理者にとっては便利です。管理者は社員に仕事に集中してほしいですが、自由にインターネットができたらついつい趣味のサイトにアクセスしてしまいますね。

しかし会社がプロキシサーバーが利用していることを知れば、抑止力になるでしょう。プロキシサーバーの閲覧機能には、他のメリットもあります。

一度プロキシサーバー内のキャッシュ領域に保存された閲覧内容は、二回目以降は表示速度が速くなります。二回目以降はwebサーバーから再びデータをダウンロードするのではなく、プロキシサーバーに保存されている内容をクライアントに返すからです。

会社によっては同じ内容を何回も閲覧することがあると思いますが、そのようなケースではプロキシサーバーの閲覧履歴機能は大いに活躍するでしょう。

プロキシサーバーの閲覧履歴機能を使うときのポイント

これからは、プロキシサーバーの閲覧履歴機能を使うときのポイントを紹介します。プロキシサーバーの閲覧履歴機能は便利ですが、ポイントを押さえることでより安心して利用できるようになるでしょう。

有料のプロキシサーバーと契約する

有料のプロキシサーバーと契約することは大切です。無料のプロキシサーバーの中には情報収集を目的としているところがありますが、そのようなプロキシサーバー業者は、利用者のメールアドレスや閲覧履歴を商売に活用する可能性があります。

有料のプロキシサーバー業者も利用者の閲覧履歴を見ることはできますが、一流の業者は社員教育が徹底しています。会社の規則を破り利用者の閲覧履歴を見たスタッフには、罰則を適用するでしょう。

容量の多いプロキシサーバーを選ぶ

閲覧履歴データはプロキシサーバのディスクに保存されますが、プロキシサーバーの容量が少ない場合、キャッシュ領域に充てるスペースも小さくなります。そのためプロキシサーバーを選ぶときは、ディスクの容量にも注目しましょう。

レンタル制のプロキシサーバーの場合、ディスクの容量で価格が決まることが多いですが、最低でも30GB以上のプランを選んだ方がいいと思います。30GB以上の容量があれば、仕事で使っても問題はないと思います。

同時接続可能数が多いプロキシサーバーを選ぶ

同時接続可能数が多いプロキシサーバーと、契約することも大切です。巨大サイトの情報を収集するときは多くの社員がアクセスしますが、同時接続可能数が少なければ不便です。

同時接続可能数はプロキシサーバーの公式ホームページに記載されていると思いますが、万が一記載されていない場合は、問い合わせフォームから問い合わせをしてください。

スポンサーリンク

閲覧履歴機能が目的の人はBrightdataが一番

閲覧履歴機能を使うときのポイントを紹介しましたが、Brightdataは3つの条件をすべて満たしています。以下では詳しくみていきます。

Brightdataは安心・安全

Brightdataは世界の有名企業も使っている安心・安全なプロキシサーバーです。社員教育が優れているだけではなく、プロキシサーバーの管理体制も優れています。

悪意ある第三者は何らかの方法で閲覧履歴を盗む可能性がありますが、Brightdataは高度な技術力で違法行為を遮断します。Brightdataはプロキシに関する複数の特許を取得していますが、並大抵の技術力では特許を取得することはできません。

Brightdataは新規ユーザーに対して審査を実施していますが、審査を実施することで悪さを企んでいるユーザーを排除します。

Brightdataは容量も不足なし

Brightdataには複数のプランがありますが、最安値のプランでも40GBあります。Brightdataは閲覧履歴を保存するキャッシュ領域の容量を公開していませんが、40GBもあればキャッシュ領域のスペースもそれなりに大きいと思います。

利用者が大幅に増えたら削除しなければいけない閲覧履歴が増えますが、その場合は上位プランに切り替えたらいいと思います。Brightdataは最高10000GBのプランを用意しています。いずれのプランも一ヶ月から契約できるので、プランの変更は簡単です。

Brightdataは同時接続数を制限していない

Brightdataは同時接続数の制限がないので、大量の社員がいる会社は助かります。Brightdataは利用デバイスの制限もしていないので、正真正銘無制限です。ただトラフィックに応じて課金されるので、使いすぎには注意しましょう。

課金内容が不明の場合はスタッフに聞いてください。こちらから申し込んでくれた人だけですが、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。日本人スタッフの存在は心強く、言語面や技術面そして価格面で悩んだときは、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーの閲覧履歴について解説をしましたが、プロキシサーバーの閲覧履歴機能は大変実用的なので、ビジネスの強い味方になるでしょう。インターネット上に資料館を構築したい人はいると思いますが、閲覧履歴機能を活用すれば表示速度が速くなります。

昨今のビジネスはスピードが大切だと言われていますが、閲覧履歴機能は情報収集のスピードを加速化させます。情報収集産業で働いている人は、是非ともプロキシサーバーの閲覧履歴機能を活用してください。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)