プロキシサーバーの遅延の原因は?

プロキシサーバーと遅延

プロキシサーバーは遅いという意見をときどき聞きます。プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間に存在しますが、プロキシサーバーを中継すれば物理的に遅くなります。しかしプロキシサーバーが遅くなるのは、他にも原因があります。

本記事では、プロキシサーバーが遅延する原因を探っていきたいと思います。なお原因を解説するときに専門用語が登場しますが、認知度が低い専門用語はその都度解説します。

専門用語の意味を正しく知ることで、プロキシサーバーの遅延の原因が腑に落ちるようになるでしょう。プロキシサーバーはビジネスの強い味方ですが、頻繁に遅延が発生したらイライラします。

プロキシサーバーの遅延に悩んでいる人は、本記事を参考にしてください。きっとお役に立てると思います。

インターネットの基本的な仕組み

プロキシサーバーの遅延について解説する前に、インターネットの基本的な仕組みを紹介します。インターネットの仕組みを知ることで、プロキシサーバーの役割が理解しやすくなります。

通常クライアントはインターネットをするとき、webサーバーに直接リクエストを送ります。リクエストするときはブラウザを使います。具体的には閲覧したいサイトのリンクをクリックしたり、アドレスバーにURLを打ち込みます。

クライアントからリクエストを受け取ったwebサーバーは、クライアントに必要なデータを送信します。webサーバーから必要なデータを取得したクライアントは、ブラウザ経由で内容を閲覧します。

プロキシサーバーを間に挟んだときの流れ

インターネットの基本的な仕組みはわかりましたが、プロキシサーバーを間に挟んだときは通信のプロセスが異なります。プロキシサーバーを間に挟んだときも、クライアントはwebサーバーにリクエストを送りますが、最初はプロキシサーバーに届きます。

この逆も同じでwebサーバーがクライアントにデータを渡すときも、プロキシサーバーを経由します。クライアントがプロキシサーバーを利用するときは、利用するデバイスにプロキシサーバーの情報を入力する必要があります。

入力方法はパソコンとスマートフォンでは少し異なりますが、基本的にはプロキシサーバーのアドレスとポートを指定します。

アドレスとポート
アドレスとポートは契約後に教えてくれる

プロキシサーバーの遅延の原因を探る

これからはプロキシサーバーの遅延の原因を、インターネット上の事例や可能性から探りたいと思います。プロキシサーバーの遅延に悩んでいる方は、参考にしてください。

webサーバーが原因

webサーバーが原因で、プロキシサーバーの遅延が発生することはあります。クライアントが送ったリクエストはプロキシサーバーに送られますが、webサーバーの処理が遅ければプロキシサーバーの処理も遅くなります。

webサーバーが原因の遅延には、以下があります。

  • webサーバーの通信速度が遅い
  • プログラムを解釈する処理が遅い
  • メンテナンス中

 

webサーバーもクライアントと同じくインターネット回線で通信をしていますが、インターネット回線自体が遅ければ、プロキシサーバーに送る情報も遅くなるでしょう。

プログラムに間違いがあったり。プログラムの書き方に問題がある場合も、webサーバーからプロキシサーバーに送る情報の速度は遅くなります。またwebサーバーがメンテナンス中のときも、プロキシサーバーに送る情報は遅延します。

webサーバーに問題があった場合、webサーバーはクライアントにメッセージを送りますが、503のエラーメッセージが返ってくることが多いです。503のエラー内容は「503 Service Unavailable」「Service Temporarily Unavailable」が多いです。

公式アナウンス
webサーバーに疑いがある場合は、公式アナウンスで確認しよう

プロキシサーバーのスペックが原因

あまりインターネットで話題になることはありませんが、プロキシサーバーのスペックが原因で遅延が発生する可能性はあります。スペックとはマシーンの性能もありますが、通信環境も含みます。

一般的にプロキシサーバーはマシーンのスペックを公開しないことが多いですが、頻繁にプロキシサーバーに遅延が発生するときは、プロキシサーバーのスペックを疑った方がいいかもしれません。

プロキシサーバーは多くの人が同時にアクセスしますが、同時接続数が増えれば増えるほど、マシーンや通信環境に負荷がかかります。

DNSサーバーの処理が遅い

DNSは「Domain Name System」の略ですが、DNSサーバーの処理が遅ければ結果的にプロキシサーバーに遅延が発生します。インターネット上の通信は接続先のIPアドレスを指定することで成立しますが、利用者がイチイチIPアドレスをアドレスバーに打ち込むのは面倒くさいものです。

DNSは利用者の不便を解決するために開発されたシステムで、現在のインターネットではなくてはならないものです。利用者にとっては非常に便利なDNSシステムですが、DNSシステムが原因によるプロキシサーバーの遅延例は何件が報告されています。

DNSシステムがインターネットを広めた
DNSシステムがなければインターネットの普及は遅れたでしょう

ユーザーがプロキシサーバーの遅延に対してできること

プロキシサーバーの遅延はビジネスの進行に支障を来すので早く解決したいものですが、周辺環境が原因のことが大半なので、ユーザーができることは限られています。以下では、ユーザーが実行できることを紹介します。

  • スペックの高いプロキシサーバーと契約する
  • サーバーが多いプロキシサーバーと契約する

スペックの高いプロキシサーバーと契約するには、プロキシサーバーの公開スペックを確認するのが一番ですが、公開していない場合は同時接続可能数を確認するのがいいと思います。同時接続可能数が多ければ、スペックの高いプロキシサーバーと判断できます。

世界中に、多くのプロキシサーバーを置いていることも大切です。プロキシサーバーの遅延の原因にはトラフィックの多さがありますが、世界中に多くのプロキシサーバーがあれば、ユーザーを振り分けることができます。

遅延が少ないプロキシサーバーのおすすめは?

遅延が少ないプロキシサーバーのおすすめはBrightdataですが、Brightdataはトラフィックの管理がツールでできるので大変便利です。ツールから操作できるので、利用ユーザーが多い会社は大変助かると思います。

Brightdataでトラフィックを最適化するときは、「Proxy Manager」を使います。このツールは非常に便利で、トラフィックの最適化以外のこともできます。またBrightdataには日本人スタッフがいるので、困ったときは気楽に相談できます。

一般的にプロキシサーバーは海外発が多く、サポートは英語が使われています。しかし英語が公用語でない日本人は、英語でプロキシサーバーの遅延を詳しく伝えることは難しいです。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataが安定している理由

プロキシサーバーの遅延は、プロキシサーバーの管理体制も関係しています。以下では、Brightdataの管理体制について詳しくみていきます。

有人監視をしている

プロキシサーバーの中には監視を機械任せにしているところがありますが、Brightdataは有人監視です。Brightdataにはプロキシサーバーを安定稼働させる技術力がありますが、異常を発見したスタッフは、高い技術力でプロキシサーバーの遅延を解決します。

Brightdataはプロキシサーバーに関する複数の特許を取得していますが、特許の取得は平凡な技術力では難しいです。プロキシサーバーは地味な存在ですが奥は深く、完全を求めれば求めるほど高い技術力が必要になります。

Brightdataの技術力の高さを示すものにはネットワーク稼働率がありますが、Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%と非常に高いです。

Brightdataは有人監視をしているだけではなく、新規ユーザーに対して審査を実施しています。新規ユーザーに対する審査は大切で、審査を実施することで好ましくない利用者を排除できます。言うまでもありませんが、好ましくない利用者は遅延の原因を作ります。

インフラが充実している

Brightdataは遅延が少ないですが、遅延が少ないのはインフラが整っているからでしょう。Brightdataは世界的なプロキシサーバーで、インフラが整備されています。携帯電話もインフラが整備されているところは遅延が発生しにくいですが、プロキシサーバーでも同じです。

遅延と直接関係はないですが、Brightdataは4種類のネットワークで、3,500万個のIPアドレスを用意しています。これだけ多くのIPアドレスが用意できるのは、インフラが整っているからでしょう。

BrightdataのIPアドレスは非常に便利で、国、都市、ASNが指定できます。世界中のIPアドレスが利用できたら、海外のサイトであってもほぼ閲覧できるでしょう。

まとめ

プロキシサーバーの遅延問題について解説をしましたが、プロキシサーバーの遅延の原因はさまざまです。しかし残念ながらユーザーができる対策は限られています。それでも遅延の原因をある程度突き止めたら、落ち着いて対応できるのではないでしょうか?

本記事ではプロキシサーバーの遅延の原因は、プロキシサーバー自体にもあると言いました。遅延が少ないプロキシサーバーであれば、Brightdataをおすすめします。Brightdataは一ヶ月から契約でき、決済方法はクレジットカードとPayPalが使えます。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)