プロキシサーバーの必要性を紹介

プロキシサーバーって必要性があるの?

プロキシサーバーという言葉を、聞いたことがある人はいるでしょう。しかしプロキシサーバーの正確な機能は伝わっておらず、多くの人はどんな必要性があるのかわからないのが実情です。プロキシサーバーはこれからの時代には必要で、今後はますます需要が増えると予想されます。

本記事ではプロキシサーバーのメリットの紹介から始めますが、メリットの紹介が終わった後は実際の使い方に焦点を充てていきます。実際の使い方に焦点を充てることで、プロキシサーバーの必要性が、肌で感じることができるようになるでしょう。

プロキシサーバーの必要性を感じたら、是非ともプロキシサーバーに挑戦してください。プロキシサーバーは、必ずやデータビジネスの強い味方になってくれるでしょう。

プロキシサーバーのメリット

プロキシサーバーの必要性を知るには、プロキシサーバーのメリットを知る必要があります。以下では、プロキシサーバーのメリットについて紹介します。紹介するメリットはいずれも実用的で、上手に活用すればビジネスの大きな味方になるでしょう。

アクセスログを残すことができる

一般のブログでもアクセスログは実装されていますが、プロキシサーバーのアクセスログはより詳細な情報を記録します。最近は企業のホームページを狙うサイバーテロが流行っていますが、間にプロキシサーバーを置けば直撃されにくいです。

直撃されにくいだけではなく、アクセスしたきた人の詳細がログに残ります。IPアドレスは言うに及ばず、終了までの滞在時間なども記録されます。非常に詳細なデータが記録されるので、不審者を特定しやすいです。

不審者が特定できれば、対策が立てやすいのは言うまでもありません。不審者の行動パターンがわかれば、対策はより具体的になります。

不審者対策はアクセスログから
不審者のアクセスログを解析し、排除しよう

セキュリティ対策になる

サイバーテロにウイルスが使用される可能性はありますが、プロキシサーバーを間に挟めばプロキシサーバー上でウイルス対策ができます。プロキシサーバー上でウイルス対策ができるのは大きく、データを保存しているパソコンを守ることができます。

最近はプロキシサーバー用のウイルス対策ソフトが販売されていますが、ウイルス対策ソフトはプロキシサーバーを強力に守ってくれます。プロキシサーバー用のウイルス対策ソフトはウイルスだけではなく、スパイウエアにも効果的です。

匿名性を守りやすい

匿名性を守ると言う言葉から、ネガティブな印象を受ける人はいるのではないでしょうか。しかしここで言う匿名性を守るとは、本当のIPアドレスを教えないことです。IPアドレスはプロバイダーから付与されるものですが、悪意ある人はIPアドレスを見つけ攻撃を仕掛けてきます。

しかしプロキシサーバーを間に挟めば異なるIPアドレスを使うことが可能になり、悪意ある人は攻撃対象を特定することができません。

万が一プロキシサーバーのコンピューターに攻撃を仕掛けてきても、プロキシサーバー内で対応できるので安心です。

匿名性を守ることは大切
インターネットの世界はハッカーがいるので、匿名性を守ることは大切

負荷をコントロールしやすい

多くのプロキシサーバーにはキャッシュ機能がありますが、キャッシュ機能は一度閲覧したデータをプロキシサーバー内に保存します。プロキシサーバー内に保存することで、webサーバーの負荷を軽減することができます。

一部のプロキシサーバーにはロードバランシング機能がありますが、ロードバランシング機能を活用すれば、アクセス者を複数のサーバーに振り分けることができます。

webサーバーがアクセス過多でダウンすることはよくあることですが、アクセス者を複数のサーバーに振り分けることができたら、ダウンする確率は低くなるでしょう。

負荷軽減はwebサービスの永遠のテーマ
負荷軽減はwebサービスの永遠のテーマですが、ロードバランシング機能を使えば負荷軽減に役立つ

スポンサーリンク

プロキシサーバーの必要性を具体例でみる

プロキシサーバーの概略はわかったと思いますが、これからはプロキシサーバーの実用的な活用方法をみていきます。実用的な活用方法を知ることで、プロキシサーバーの必要性が実感できるようになるでしょう。

認証機能を使う

プロキシサーバーにはProxy認証機能があります。Proxy認証機能とはユーザーにIDとパスワードを割り当てる機能ですが、会員制のサイトでは非常に便利だと思います。会員制サイトではメンバー以外のアクセスは排除しなければいけませんが、Proxy認証機能を活用すれば簡単に実現します。

万が一認証が外部の人に突破されてもプロキシサーバー内にアクセスログが残るので、対策が立てやすいです。

プログラミング不要
Proxy認証機能は少し勉強すれば、誰でも使えるようになるよ

HTTP/HTTPS以外の通信を遮断

プロキシサーバーを活用すれば、HTTP/HTTPS以外の通信を遮断できます。単に遮断するだけではなく、80・443ポート経由の通信が遮断できます。80番ポートからアクセスしてくる人は多いですが、悪意ある第三者がアクセスしてきたら大変です。

特定ポートの遮断の意味を問う人はいますが、会員制のサイトでは意味のあることだと思います。会員制サイトは信用が命ですが、ポートを制限することでセキュリティ性は高くなります。

スポンサーリンク

プロキシサーバーの必要性がわかったら実際に使ってみよう

プロキシサーバーの必要性が理解できたら、実際に使ってみましょう。プロキシサーバーを使うといっても、難しく考える必要はありません。Brightdataであれば一ヶ月から契約できるので、お試し感覚で使えます。

プロキシサーバーを体験するだけであれば無料のプロキシサーバーでも構いませんが、無料のプロキシサーバーにはいろいろな問題があります。一番大きな問題はセキュリティ面ですが、ウイルスやスパイウェアが浸入している可能性があります

良い無料のプロキシサーバーを見つけることができたらいいですが、無料のプロキシサーバーは急にサービスが終わる可能性があるのでビジネスでは使えません。

紹介するBrightdataは世界中の有名企業が使っているプロキシサーバーで、信頼性は抜群です。決済はクレジットカードと、PayPal が使えるので便利です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataを活用した使い方のモデル

これからはBrightdataを活用した使い方のモデルを紹介しますが、実例ではないので参考として考えてください。今後はビジネスでプロキシサーバーを使う人は増えると予想されますが、プロキシサーバーには大きな可能性があります。

支店間のネットワーク資料館として使う

支店は日本全国にある・・・しかし閲覧する資料は共通。このようなケースはあると思いますが、Brightdataを活用すればネットワーク資料館を構築することができます。ユーザー認証機能を使い80・443のポートを遮断すれば、外部の人は浸入しにくいです。

一般的にネットワーク資料館を構築するには外部の専門家の手を借りる必要がありますが、Brightdataを活用すれば一般の人でも構築は可能です。Brightdataを活用する際に、プログラミングの知識は必要ありません。

ネットワーク資料館
今後はネットワーク資料館が増えると予想されます

複数のIPアドレスを取得し巨大サイトに同時アクセスをする

Brightdataは4種類のネットワークで3,500万個のIPアドレスを保有しているので、Brightdataと契約したら複数のIPアドレスを使うことができます。複数のIPアドレスを使う目的は、アクセス先のweb管理者に怪しまれないためです。

一つのIPアドレスが連日連夜アクセスログに残ればweb管理者は警戒心を抱き、最悪の場合は該当のIPアドレスをブロックします。しかし日替わりで違うIPアドレスがアクセスログに記録を残しても、web管理者はさほど警戒心を抱かないでしょう。

複数のIPアドレスを使い、巨大サイトに同時アクセスすることも可能です。巨大サイトの情報は膨大で、1人の社員だけですべての情報を取得するのは難しいですが、複数人同時にアクセスしたら情報収集のスピードは加速化するでしょう。

BrightdataにBrightdata Proxy Managerというソフトウェアを組み込むことは可能ですが、Brightdata Proxy Managerは情報収集を効率化するソフトウェアです。

巨大サイトの情報は複数人で攻めよう
複数人で攻めたら短時間で情報が収集できる

会員制のサイトを構築

会員制のサイトを構築したいけど、社内にはプログラミングできる人がいない。そのような会社であっても、Brightdataを活用すれば簡単に会員制サイトを構築することができます。Brightdataのユーザー認証機能は設置が簡単で、プログラミング知識は不要です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataはインターネットビジネスの強い味方

Brightdataの活用例を紹介しましたが、工夫次第ではまだまだ活用できる分野はあるでしょう。今は物が売れない時代でデータ活用ビジネスが注目されていますが、Brightdataはデータ収集の強い味方になるのは間違いありません。

日本ではまだまだプロキシサーバーは広まっていませんが、外国ではプロキシサーバーの活用は盛んです。データ活用ビジネスに関心のある人は、是非Brightdataを活用しビジネスを有利に進めてください。

まとめ

プロキシサーバーのメリットおよび必要性について解説してきましたが、今後のビジネスはプロキシサーバーの必要性が飛躍的に増すと予想されます。一般の人はプロキシサーバーから敷居の高さを感じるかもしれませんが、プロキシサーバーの設定は難しくありません。

こちらからBrightdataを申し込んでもらえたら、日本人スタッフ付きのサービスをご案内します。日本人スタッフの存在は大きく、言語面や技術面で躓いたときは気軽に相談してください。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)