プロキシサーバーを構築するポイント

プロキシサーバーの構築は一般人でも可能

プロキシサーバーを提供する会社は増えてきましたが、実はプロキシサーバーは一般の人でも構築できます。最低限の知識は必要ですが、プロキシサーバーの構築は極端に難しいものではないです。プロキシサーバーの構築が簡単になったのは理由がありますが、理由についても本文で触れたいと思います。

インターネット上にはプロキシサーバー構築のノウハウを書いた記事がありますが、体系化されていないのが残念です。本記事では、プロキシサーバー構築のノウハウを体系化したいと思います。

プロキシサーバーの構築はさほどコストがかからないので、関心のある方は是非チャレンジしてください。記事の後半ではおすすめのプロキシサーバーを紹介しますが、ビジネスでプロキシサーバーを使うときは是非検討してください。

プロキシサーバーを構築するメリット

プロキシサーバーを構築するメリットを考えます。

  • 好きなようにカスタマイズできる
  • 技術的な好奇心が満たせる

プロキシサーバーを構築するメリットを紹介しましたが、自分で構築したプロキシサーバーはカスタマイズがしやすいです。サービス会社が提供しているプロキシサーバーでもある程度はカスタマイズできますが、カスタマイズできる範囲が狭いです。

技術的な好奇心が満たせることも大きいです。技術屋は収益よりも技術そのものに関心がある人が多いですが、自分でプロキシサーバーを構築すれば技術的な好奇心が満たせますよ。勉強は必要ですが、完成したときの喜びは最高です。

プロキシサーバー構築は構築ソフトを使うのが賢明

プロキシサーバーの構築は、構築ソフトを使うのが賢明です。以下では理由を紹介します。

自力で構築するのは高度な知識と経験が必要

自らプロキシサーバーを構築する人はいますが、プログラム言語の知識が必要です。しかしプログラム言語の習得は一朝一夕では無理です。文法だけであれば数ヶ月程度で覚えられるかもしれませんが、実用的なプログラムを作成するには経験が必要です。

一流のプログラマは100個以上プログラムを作成しているので、運用能力が高いです。しかしプログラム初心者がベテランの域に達するには、数年以上かかると思います。

有名な構築ソフトは多くのOSに対応している

有名な構築ソフトは数多くのOSに対応しているので、さまざまなOSにインストールできます。昔はLinux系のOSだけに対応していることが多かったですが、最近はWindowsでも使える構築ソフトが登場しています。

インストールそのものは難しくなく、パソコン中級者であれば問題なくできると思います。Linux系であればコマンド操作が必要ですが、インストールのコマンドは難しくはありません。Windowsの場合はインターフェースがGUIなので、ウィザードに従うだけでインストールできます。

スポンサーリンク

プロキシサーバー構築ソフトを選ぶポイントとプロキシサーバーの紹介

プロキシサーバー構築ソフトを選ぶポイントと、無料で使えるプロキシサーバーを紹介します。

プロキシサーバー構築ソフトを選ぶときは用途とスキルを考慮する

プロキシサーバー構築ソフトを選ぶときは、用途とスキルを考慮することが大切です。プロキシサーバー構築ソフトのインストールそのものは簡単ですが、インストール後はさまざまな設定をしなくてはいけません。そのためスキルと相談した方が良いと思います。

またプロキシサーバーにはさまざまな機能がありますが、自分に必要な機能かどうかを検証することも大切です。一般的に多くの機能を有するプロキシサーバー構築ソフトの設定は面倒くさいので、特定の機能だけ必要な人は特定の機能に特化したプロキシサーバー構築ソフトを選んだ方が良いと思います。

無料で使えるプロキシサーバー構築ソフト

無料で使えるプロキシサーバー構築ソフトを紹介します。

Apache HTTP Server

Apacheはwebサーバーとして超有名ですが、実はプロキシサーバー機能もあります。プロキシサーバーを構築するときは、mod_proxyというモジュールが必要です。モジュールをインストールした後は設定する必要がありますが、設定方法を解説したサイトがあります。

Apache モジュール mod_proxy

Squid

Squidはプロキシサーバー構築ソフトの定番で、多くの機能を有しています。Squidは多くのOSに対応しています。

  • Linux
  • FreeBSD
  • OpenBSD
  • NetBSD
  • BSDI
  • macOS
  • OSF and Digital Unix
  • IRIX
  • SunOS/Solaris
  • NeXTStep
  • SCO Unix
  • AIX
  • HP-UX
  • Windows

Squidは公式サイトから入手できますが、ソースコード版のリンクしかありません。しかしソースコード版はインストールするのが面倒くさいので、初めての人はバイナリ版が良いと思います。

Squidのバイナリ版

Varnish

VarnishはHTTPリバースプロキシです。リバースプロキシは負荷分散と高速化を得意としているので、負荷分散をしたい人は検討する価値があります。Varnishは有名なFacebookやTwitterなどでも利用されています。他にも利用している大規模サイトはありますが、webサービスは負荷分散と高速化が大切なので、今後とも利用サイトは増えると予想されます。

スポンサーリンク

ビジネスで使うときは有料のプロキシサーバと契約した方が安い

自ら構築したプロキシサーバーをビジネスで活用するのは可能ですが、ビジネスで活用する人は有料のプロキシサーバーと契約した方が安上がりです。以下では理由を詳しく紹介します。

海外のIPアドレスを用意する必要がない

自前のプロキシサーバーでビジネスをする人は、IPアドレスを用意する必要があります。IPアドレスの隠蔽だけがプロキシサーバーを使う目的ではありませんが、多くの利用者はIPアドレスの隠蔽を目的としています。

プロキシサーバーでは固定IPアドレスを用意したいものですが、固定のIPアドレスは決して安くはありません。ビジネスタイプのIPアドレスと契約したら、10万円を超えることもあります。固定IPアドレスの費用はプロバイダによって異なりますが、決して安いものではないのは確かです。

有料のプロキシサーバーは低価格帯でプロキシサーバーのIPアドレスを提供しているので、月々の維持費が会社の経費を圧迫することはないと思います。

セキュリティ対策を丸投げできる

ビジネスでプロキシサーバーを使うときはセキュリティ対策が大切ですが、一般人ができるセキュリティ対策はプロキシサーバー用のセキュリティ対策ソフトを使うことぐらいでしょう。これですべての脅威に対抗できたらいいですが、プロのハッカーに狙われたらセキュリティ対策ソフトだけでは心許ないです。

そうなれば専任の監視スタッフを雇う必要がありますが、プロキシサーバーの監視ができるスキルを持つ人はさほど多くはありません。よしんばいたとしても、低給料では雇えないでしょう。

有料のプロキシサーバーと契約すると、プロキシサーバー業者にセキュリティ対策は丸投げできます。有料のプロキシサーバーはハッカーの攻撃に慣れているので、安心して任せることができます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataのコストパフォーマンスは抜群

プロキシサーバーを選ぶときはコストパフォーマンスに注目すべきですが、Bright Dataのコストパフォーマンスは抜群です。そんなBright Dataの最安プランはEXPERIMENTINGプランで、月額300$です。

Bright Dataの維持費は非常に安いですが、機能面を考えるとお得さを実感すると思います。以下ではBright Dataの優れた機能を紹介します。

匿名で作動するクローラがある

Bright Dataには匿名で作動するクローラがあります。クローラは情報を自動収集してくれますが、インターネット上の膨大な情報が自動で収集できたら時間的にも助かるし、コスト的にも助かります。

インターネット上の膨大な情報を人力で収集しようと思えば、スタッフを雇わなければいけません。スタッフがアルバイトであれば時給1,000円は必要でしょう。しかし一日に8時間働いたら、会社は8,000円支払わなければいけません。

情報の収集が一日で済めばいいですが、膨大な情報を収集しようと思えば長い期間が必要です。Bright Dataのクローラを使えば、短時間で必要な情報が入手できるので大変効率的です。クローラは無料で使えます。

世界各国のIPアドレスがある

Bright Dataは世界十ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターが置かれている国のIPアドレスは自由に使えます。海外をマーケットにしている会社は海外の情報を入手すべきですが、海外のサイトの中には、日本からのアクセスを禁止しているところがあるでしょう。

そうなれば許可された国のIPアドレスに乗り換えるしかありませんが、Bright Dataは世界十ヶ国のIPアドレスを用意しているので、多くの人は助かると思います。

今は世界に目を向けてビジネスをする時代です。プロキシサーバーは世界をマーケットにしている会社を、強力にアシストします。

セキュリティ対策がしっかりしている

Bright Dataは365日24時間体制でプロキシサーバーを監視しているので、セキュリティ対策はバッチリです。またBright Dataの監視スタッフは経験が豊富なので、プロキシサーバーに異変があれば、異変の原因を即座に突き止めます。

有料のプロキシサーバーの中には機械監視をしているところがあるかもしれませんが、機械監視よりも有人監視の方が安心です。機械が見抜けない小さな異変も、人であれば見抜ける可能性は高いです。

プロキシサーバーの構築に挑戦しよう

プロキシサーバー構築ソフトの普及に伴い、プロキシサーバーの構築は簡単になりました。プロキシサーバーを構築するのは楽しいものです。構築に手こずることもあるかもしれませんが、成功したときの喜びは何物にも代えがたいです。

プロキシサーバーをビジネスで使うときは、Bright Dataに注目してほしいと思います。Bright Dataは世界の有名企業も使っているプロキシサーバーで、プロキシサーバー業界をリードしています。

Bright Dataは一ヶ月からの契約が可能です。また体験プランも用意しているので、関心のある方は是非とも試してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)