プロキシサーバーの匿名性について

プロキシサーバーの匿名性は完全に守られているのか?

プロキシサーバーはIPアドレスの代理サーバーと言われていますが、プロキシサーバーのIPアドレスを使うことで匿名性は実現します。しかしプロキシサーバーの匿名性には、ブラックホールがあります。

本記事ではプロキシサーバーの匿名性について解説をしますが、一部インターネット上の事例を参考にしました。多くの人は匿名性を実現するためにプロキシサーバーを使いますが、利用する前にプロキシサーバーの匿名性のブラックホールを知ることは意味のあることです。

プロキシサーバーに関心があり、これから契約しようかと考えている人もいるでしょう。本記事の内容は、そのような人たちにも役に立つと思います。

なぜプロキシサーバーで匿名性が維持できるのか?

インターネットの世界で個人を判別するものは、IPアドレスと言われています。IPアドレスはプロバイダーが利用者に与えるもので、IPアドレスを辿れば利用者の所在地や名前などがわかります。

インターネット上に犯罪的な書き込みをして逮捕された例はありますが、逮捕の決め手はいずれもIPアドレスです。実はこのIPアドレスは、アクセスしたサイトの管理者も知ることができるのです。

昔はIPアドレスを知るには高度なITリテラシーが必要でしたが、最近はアクセス解析ソフトでわかるようになりました。アクセス解析ソフトが表示するのはIPアドレスだけではなく、利用者の滞在時間なども表示します。

このようなIPアドレスですが、プロキシサーバーを介した場合は、プロキシサーバーのIPアドレスがwebサイトの管理者に通知されます。プロキシサーバーのIPアドレスがアメリカの場合、webサイトの管理者は、アメリカからアクセスしていると思うでしょう。

海外のIPアドレス
海外のIPアドレスにすると、規制されているサイトでも閲覧できる可能性がある

プロキシサーバーの匿名性が完全ではない理由

これからは、プロキシサーバーの匿名性が完全ではない理由を紹介します。多少の推測はありますが、理論に基づいた推測なので腑に落ちるでしょう。

プロキシサーバーには本当のIPアドレスが残る

webサーバーにはプロキシサーバーのIPアドレスが通知されますが、プロキシサーバーにはプロバイダーのIPアドレスが通知されます。このことが匿名性の維持か否かは意見が分かれるところですが、裁判所が開示要求を出せばプロキシサーバー業者は、本当のIPアドレスを警察に教えなくてはいけません。

2チャンネルなどはプロキシサーバー経由の買い込みが多いと思いますが、警察はプロキシサーバーの仕組みを知っています。警察が悪質な書き込みを発見したら、利用したプロキシサーバーのログを調べるでしょう。

プロキシサーバーの運営者が閲覧履歴を見る可能性がある

有料のプロキシサーバーではないと思いますが、無料のプロキシサーバーの運営者は利用者の個人情報を利用する可能性があります。プロキシサーバーの運営者は利用者の本当のIPアドレスやメールアドレスなどを知っているので、実行に移すのは簡単でしょう。

インターネットにはプロキシサーバーから個人情報が抜き取られた事件が掲載されていますが、無料のプロキシサーバーまたは身元が不明のプロキシサーバーを使うときは注意が必要です。

プロキシサイトは個人情報を入力する必要はありませんが、それでも利用者のIPアドレスはプロキシサイトの運営者に通知されます。

匿名性を強化する方法

匿名性を100%にするのは無理ですが、心掛け次第で匿名性を強化することはできます。以下では詳しい方法をみていきます。

多段プロキシにする

多段プロキシは複数のプロキシサーバーを利用する方法ですが、実際の流れをみていきます。Aというプロキシサーバーと、Bというプロキシサーバーがあるとします。

クライアントのリクエストは最初はAのプロキシサーバーに送られ、次はBというプロキシサーバーに送られます。そして最後はBというプロキシサーバーが、webサーバーにクライアントのリクエストを届けます。

このケースの場合、BのプロキシサーバーにはAのプロキシサーバーのIPアドレスが記録されます。そのためBのプロキシサーバーがクライアントの本当のIPアドレスを知りたいと思っても、知ることはできません。

しかしAというプロキシサーバーには利用者の本当のIPアドレスが通知されているので、完全な匿名性の実現とは言えないでしょう。

多段プロキシ
用心深い人は、2つ以上のプロキシサーバーを使っている

信用できるプロキシサーバー業者を選ぶ

裁判所から開示要求があれば、すべてのプロキシサーバー業者は利用者の本当のIPアドレスを捜査関係者に教える必要があります。しかし信用できるプロキシサーバー業者は開示要求がなければ、利用者のIPアドレスを外部に漏らすことはないでしょう。

ここで問題になってくるのが信用できるプロキシサーバー業者を選ぶ方法ですが、有料のサービスを選ぶのが基本です。有料のプロキシサーバー業者は会社の信用を背負っているため、自制心が働きます。

人には他人の秘密を知りたい欲求がありますが、会社の信用を守らなければいけないというプレッシャーがあれば、欲望を自制することができるでしょう。

ローカルプロキシは匿名性を実現できない

ローカルプロキシという形態がありますが、ローカルプロキシは同じマシーンでプロキシサーバーを構築するので、同じIPアドレスを使うことになります。そのためローカルプロキシでは、IPアドレスを隠蔽することができません。

ローカルプロキシでIPアドレスの隠蔽はできませんが、マシーン固有の情報を偽装することはできます。ローカルプロキシは本来のプロキシサーバーの役割とは異なりますが、仕組みは通常のプロキシサーバーと似ています。

匿名性を確保するメリット

完全に匿名性を確保するのは難しいとわかったと思いますが、プロキシサーバーを使用する理由の大半は匿名性の確保だと思います。以下では匿名性を確保するメリットをみていきます。

情報収集活動がしやすい

インターネットから情報を収集する企業はあると思いますが、同じIPアドレスで何回もアクセスしたら、通信先のwebサーバーの管理者は警戒する可能性があります。ライバルか会社と嗅ぎつけられたら、ブロックされるのではないでしょうか。

こんなケースは十分に考えられますが、プロキシサーバーを使えば匿名性が確保できるので安心して情報収集活動ができます。プロキシサーバーのIPアドレスには海外のものがありますが、海外のIPアドレスを使えば、webサーバーの管理者の目を欺くことができるでしょう。

書き込みがしやすい

あまり褒められたことではないのかもしれませんが、プロキシサーバーで匿名性を実現したら、書き込みがしやすくなります。書き込み先のwebサーバーの管理者は書き込んだ人のIPアドレスを知ることができますが、書き込む側は本来のIPアドレスではないので、気楽に書き込みできるのではないでしょうか?

万が一書き込み時に使ったIPアドレスがブロックされたら、別のIPアドレスに乗り換えたら済むことです。プロキシサーバーの規模にもよりますが、一般的にプロキシサーバーは多くのIPアドレスを用意しています。

Brightdataは匿名性を維持しやすい

Brightdataは匿名性を維持しやすいと思います、Brightdataは有料サービスなので、利用者の個人情報を活用したビジネスをする必要がありません。またBrightdataは社員教育が行き届いているので、社員が理由なく利用者の個人情報を閲覧することはないでしょう。

脆弱なプロキシサーバーにハッカーが侵入し、利用者の個人情報を入手する可能性はありますが、Brightdataの高度なセキュリティシステムはハッカーの侵入を許しません。技術力の高さを示すものには特許の取得がありますが、Brightdataはプロキシに関する複数の特許を取得しています。

Brightdataを利用したからといって完全に匿名性が確保できるわけではありませんが、Brightdataを利用することで匿名性が守られやすくなるのは事実でしょう。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataの特徴

Brightdataを利用すれば匿名性は守られやすくなりますが、以下ではBrightdataの特徴を掘り下げたいと思います。

BrightdataはIPアドレスが多いので匿名性が維持しやすい

プロキシサーバーはプロバイダーのIPアドレスの代理をしますが、プロキシサーバーのIPアドレスが少ない場合は問題があります。プロキシサーバーのIPアドレスがブロックされたら、匿名性どころの話ではなくなります。

しかしプロキシサーバーに多くのIPアドレスがあれば、一つや二つのIPアドレスがブロックされても何ら問題はありません。Brightdataは4種類のネットワークで、3,500万個のIPアドレスを用意しています。

BrightdataのIPアドレスは多いだけではなく、IPアドレスに国、都市、ASNが指定できます。日本企業が外国のIPアドレスを使えば、日本の企業だと気付かれることはないでしょう。国、都市、ASNの指定は、匿名性の維持のためには有効です。

Brightdataは社員の質もいいので匿名性が維持しやすい

Brightdataの社員の質は高く、顧客の秘密を徹底的に守ります。社員が顧客の秘密を徹底的に守れば、匿名性の維持に繋がるでしょう。ビジネスは信用と評判が顧客を呼ぶと思いますが、Brightdataの利用者数が多いのは、Brightdataに信用と良い評判があるからです。

Brightdataの顧客にはFortune500掲載企業が含まれていますが、Brightdataは有名企業であっても安心して使えます。今後も有名企業の利用は増えていくと予想されます。

まとめ

プロキシサーバーの匿名性について解説をしましたが、プロキシサーバーの匿名性を完全に維持するのは難しいと言いました。これは確かなことだと思いますが、信頼できるプロキシサーバーを使うことで匿名性は守られやすくなります。

Brightdataは世界的に評判が高いプロキシサーバーですが、日本人も利用できます。日本での普及率はまだ高くはないですが、今後は増えると予想されます。契約するときはクレジットカードと、PayPalが使えるので便利です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)