プロキシサーバーは本当に遅いのか?

プロキシサーバーを使うとインターネットは遅くなるのか?

インターネット上に、プロキシサーバーは遅いという意見がありました。この意味をよく考えると、2つの解釈ができます。解釈の内容はプロキシサーバー自体が遅い、プロキシサーバー経由のインターネットが遅いです。

本記事ではプロキシサーバーの遅さについて解説をしますが、2つの解釈を基本に掘り下げたいと思います。なお解説に登場する専門用語は、噛み砕いて伝えたいと思います。噛み砕いて伝えることで、一般の人でも理解しやすくなるでしょう。

プロキシサーバーは最近注目されていますが、プロキシサーバーは遅いという意見を聞き、導入に二の足を踏む人はいます。そのような人は本記事を参考にしてください。

プロキシサーバーが遅い原因は何か?

これからはプロキシサーバーが遅い原因を、さまざまな観点から探っていきたいと思います。現在プロキシサーバーを使っていて遅いと感じる人は、内容を参考にしてください。

物理的に遅くなるのは事実

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間に位置しており、クライアントがwebサーバーに送る情報、webサーバーがクライアントに送る情報を中継します。クライアントもwebサーバーも最初はプロキシサーバーにアクセスしますが、プロキシサーバーにアクセスする分だけ通信の完結は遅くなります。

しかしこれだけでプロキシサーバーが遅いと結論付けるのは早計です。プロキシサーバーは昔からありましたが、昔のプロキシサーバー経由のインターネットは確かに遅かったです。それはインターネット回線に問題がありました。

昔のインターネット回線はブロードバンドではなかったので、プロキシ経由でインターネットをした場合かなり遅かったです。しかし今はブロードバンドを使っている人が大半なので、プロキシサーバー経由のインターネットが遅いという人は少ないと思います。

プロキシサイトでは若干遅さを感じるかもしれませんが、それでもイライラするような遅さではありません。プロキシサーバー経由のインターネットが「遅い・遅い」と言っている人は、昔のイメージがあるのかもしれません。

速度差
ADSLの通信速度は1M~50Mbps、光回線の速度は100M~1Gbpsと言われています

プロキシサーバー自体が遅いのはスペックに問題

プロキシサーバーが原因で遅い場合は、プロキシサーバーのスペックを疑ってもいいと思います。一般的にプロキシサーバーには特定のハードウェア要件はありませんが、プロキシサーバーには確実に負荷かかかっています。

プロキシサーバーには多くの人がアクセスをしますが、多くの人がアクセスをすればプロキシサーバーの処理能力は確実に落ちます。最新のCPUと十分なメモリがあれば問題はないと思いますが、プロキシサーバーマシーンの中にはスペックが低いものがあります。

プロキシサーバーマシーンのスペックは公開されていないことが多いですが、不安な方は一度試すことをおすすめします。試すときはさまざまな時間帯で試してください。さまざまな時間帯で試した方がいい理由は、プロキシサーバーは時間帯や曜日によって混雑具合が変わるからです。

CPU
スペックにもいろいろあるけど、CPUの性能は処理速度に強い影響を与える

プロキシサーバーの同時接続可能数も関係している

プロキシサーバーの同時接続可能数が少ない場合、プロキシサーバー経由のインターネットは遅いと思います。同時接続可能数が制限されている場合、後からアクセスした人は待たされることになるので、通信の完結は遅いです。

プロキシサーバー業者の中には同時接続数を制限しているところがありますが、常に快適に使いたい人は、同時接続数が無制限のプロキシサーバーを選びましょう。

プロキシサーバーによっては同時接続数を公開していないことがありますが、大切なことなのでしっかり聞いてください。ただプロキシサーバーは海外発が多いので、基本的な英語力は必要です。

多段プロキシが原因で遅いこともある

多段プロキシでインターネットをすれば遅いです。多段プロキシとは複数のプロキシサーバーを使うことですが、具体的にみていきます。Aというプロキシサーバーと、Bというプロキシサーバーがあるとしましょう。

クライアントは最初にAのプロキシサーバーにリクエストを送りますが、Aのプロキシサーバーはリクエスト処理後に、Bのプロキシサーバーにリクエストを送ります。そして最後はBのプロキシサーバーが、webサーバーにリクエストを届けます。

多段プロキシは通信のプロセスが増えるので、インターネットの速度が遅くなるのは当然ですね。それでも匿名性を強化するために、多段プロキシを利用している人は一定数います。

webサーバーの処理が遅い可能性もある

インターネット回線やプロキシサーバーには問題はないけど、webサーバーの処理が遅く結果的に通信の完結が遅くなるケースはあります。webサーバーの処理が遅くなる原因には、webサーバーマシーンのスペックの低さと、webサーバーのネットワーク環境の古さがあります。

他にはサーバーサイドプログラムの書き方が悪くて、webサーバーの処理が遅れる可能性もあります。良いプログラムは無駄なコードが一行もないですが、悪いプログラムは無駄なコードが多く、結果的にwebサーバーの処理は遅くなります。

スポンサーリンク

プロキシサーバーが遅いと感じる人はスピードテストでチェック

プロキシサーバーが極度に遅いと言う人は、思い込みで言っている人が多いのではないでしょうか?今はブロードバンドが当たり前のように使える時代なので、何らかの原因がない限り、極度に遅いケースは少ないです。

プロキシサーバーが極度に遅いと思っている人は、速度をオンラインサービスでチェックしたらいいと思います。オンラインサービスは無料のものが大半で、所要時間は数分程度です。

オンラインテストでは数字で速さを示してくれるので、プロキシサーバーを間に置いたときの速度を客観的に確かめることができます。「インターネット回線の速度テスト」で検索すれば、さまざまなオンラインサービスがヒットしますよ。

ビジネスでプロキシサーバー経由のインターネットが遅いのは致命的

ビジネスで、プロキシサーバー経由のインターネットが遅いのは致命的です。自分のマシンとネットワーク環境が問題であれば直ぐに改善できますが、プロキシサーバーに問題があった場合は早急な改善は難しいです。

無料のプロキシサーバーは文字通り無料で使えるので大変有り難いですが、無料のプロキシサーバーは通信が遅いことが多いです。そのためビジネスでプロキシサーバーを使うときは、有料のプロキシサーバーを選びましょう。

有料のプロキシサーバーはいくつかありますが、信頼性とコストパフォーマンスの良さから見ればBright Dataが一番です。Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、世界の有名企業も利用しています。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

プロキシサーバーが遅いと思っている人はBright Dataを使おう

プロキシサーバーが遅いと思っている人は、Bright Dataを使いましょう。以下ではBright Dataの特徴を紹介します。

Bright Dataはネットワーク稼働率が高い

Bright Dataのネットワーク稼働率は99.99%と非常に高く、ビジネスでも安心して使えます。ネットワーク稼働率はトラブルの少なさを象徴していますが、Bright Dataにトラブルが少ないのはインフラが整備されていることもありますが、高い技術力も見逃せません。

プロキシサーバーは多くの人が同時にアクセスをしますが、多くの人が同時にアクセスしたら通信は遅くなりがちです。通信が遅いのは情報収集ビジネスでは致命的で、最悪の場合は情報収集活動ができなくなるでしょう。

多くの人が同時にアクセスしたら通信が遅くなるのは自然なことですが、Bright Dataのネットワーク稼働率は99.99%です。この数字を支えている要因の一つに、トラフィックの管理がユーザー側でできることがあります。

ユーザーがトラフィックの管理をするには、「Bright Data Proxy Manager」というツールが必要です。Bright Dataユーザーは無料で使えるので、是非インストールしてください。

大企業では多くの人が同時にプロキシサーバーを使うケースが多いと思いますが、トラフィックが混雑したときは、ツールでトラフィックの管理をすればいいと思います。

一般的にトラフィックの管理には高度な技術力が必要ですが、「Bright Data Proxy Manager」があれば専門知識がなくても大丈夫です。

Bright Dataの同時接続可能数は無制限

同時接続可能数に制限があれば、後からアクセスしたユーザーは遅いと感じるケースが多いです。遅いと感じるのは待たされるからですが、忙しいビジネス中に待たされたら本当にイライラしますね。

Bright Dataの同時接続可能数は無制限で、プロキシサーバーを使用中に待たされることはありません。トラフィック量に応じて課金はされますが、同時接続可能数が無制限なのは本当に助かります。

webサーバーのデータベースも同時接続可能数が制限されている場合は、レスポンスが遅いと感じる人が増えますが、プロキシサーバーでも同じです。

直接プロキシサーバーの遅さとは関係ありませんが、Bright Dataは使用できるデバイスの数的な制限がありません。このことはスタッフを多く抱える会社では便利です。Bright Dataはスマートフォンやタブレットからでも利用できるので、外出先でも情報収集活動ができます。

スポンサーリンク

まとめ

プロキシサーバーが遅い原因を掘り下げて解説しましたが、プロキシサーバーが遅い原因にはさまざまな要因があります。プロキシサーバーが遅いと感じるときは利用者側の問題と、プロキシサーバー側またはwebサーバー側の問題を、分けて考えた方がいいと思います。

プロキシサーバーは情報収集活動を生業とする会社にはなくてはならないツールですが、選ぶときは快適さとコストパフォーマンスを考えましょう。快適さとコストパフォーマンスを考えたら、Bright Dataがダントツの一番です。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)