プロキシサーバーとゲートウェイの違いを解説

プロキシサーバーとゲートウェイは同じではない

プロキシサーバーとゲートウェイを十把一絡げに扱う人がいますが、プロキシサーバーとゲートウェイは違うと思います。しかし何が違うのか、言葉で説明するのは難しいです。本記事ではプロキシサーバーと、ゲートウェイの違いをテーマに解説します。

わかりやすく解説するために、プロキシサーバーとゲートウェイの基礎の基礎から解説したいと思います。基礎の基礎から学ぶことで、違いがわかりやすくなると思うからです。

プロキシサーバーとゲートウェイの違いに悩んでいる人は、本記事を参考にしてください。なおインターネットの資料を参考にしているので、より詳しく知りたい人は専門サイトに当たってください。

プロキシサーバーとゲートウェイの違い

これからはプロキシサーバーと、ゲートウェイの違いを見ていきます。

プロキシサーバーとは

プロキシサーバーには種類がありますが、クライアントとwebサーバーの間に位置しているのは同じです。クライアントがwebサーバーに送ったリクエストを、プロキシサーバーが中継する形になります。

クライアントはデバイスにプロキシサーバーのアドレスとポート番号を指定しますが、指定することで自動的にプロキシサーバーに接続できるようになります。

プロキシサーバーの特徴はいろいろありますが、IPアドレスの隠蔽が一番の特徴だと思います。他にはキャッシュ機能も特徴です。パソコンのブラウザにもキャッシュ機能はありますが、プロキシサーバーのキャッシュ機能の方が容量は大きいです。

ゲートウェイとは

ゲートウェイの定義は人によって多少異なりますが、今回はIoT用語辞典を参考にします。

「ネットワーク同士がデータをやり取りする際、中継する役割を担うルータのような機能を備えた機器やそれに関するソフトウェアを意味します。」

https://www.keyence.co.jp/ss/general/iot-glossary/gateway.jsp

ルーターのような機能を備えた機器と定義していますが、プロキシサーバーには中継機能はありますが、ルーターのような機能はないと思います。ゲートウェイ機器という言葉があるように、ゲートウェイは、独自の機能を持つ機器またはソフトウェアだと思います。

ゲートウェイ機器はさまざまなシーンで使われていますが、最近特に注目されているのはIoT通信での使用です。IoTとはモノのインターネットのことですが、ゲートウェイ機器を置くことで通信がスムーズになるといわれています。

プロキシサーバーとゲートウェイの決定的な違いは、プロキシサーバーはクライアントのリクエストをプロキシサーバーを介して送るのに対し、ゲートウェイはパケットをそのままwebサーバーに送る点だと思います。

どちらも中継機能を有していますが、パケットの流れを見る限り、全く別物と思った方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

プロキシサーバーとゲートウェイの未来

これからはプロキシサーバーと、ゲートウェイの未来を考察します。

プロキシサーバーの未来予想図

プロキシサーバーを使う最大の目的は匿名でwebサーバーにアクセスすることだと思いますが、今後も同じ理由で使われ続けるでしょう。

匿名でwebサーバーにアクセスできるプロキシサーバーは、情報収集産業を中心に利用者が増えると予想されます。インターネット上の情報をビジネスに活用するのは当たり前になっていますが、匿名で情報を収集するときはプロキシサーバーが便利です。

最近はスクレイピングが注目されていますが、スクレイピングを実行するときもプロキシサーバーは便利です。スクレイピングを実行する人のIPアドレスもwebサーバーに通知されますが、プロキシサーバーを活用すれば、プロキシサーバーのIPアドレスが通知されるので安心です。

情報を制する者がビジネスを制する・・・この言葉は真実だと思いますが、プロキシサーバーは情報収集の強い味方です。

ゲートウェイの未来予想図

ゲートウェイ機器はさまざまな機能を有しているので、さまざまな未来予想図が想像できます。今回は5G時代に思いを馳せます。5G回線は無線ですが、今後は5G回線を強力に受信するルーターが増えるのではないかと思います。

5G回線を強力に受信することができたら、大広場でeスポーツ大会が開催されることが増えるのではないでしょうか?eスポーツは既に市民権を得ていますが、駅前の大広場で開催されるようになると、関心を持つ人が飛躍的に増えると思います。

5G回線を強力に受信するゲートウェイが登場したら、介護の分野でも活用できそうです。プライバシーの問題はありますが、介護状況をリアルタイムで観ることができたら利用者は喜ぶと思います。これはWi-Fi回線でも可能ですが、5G回線を強力に受信できるようになれば、利便性は飛躍的に広がると思います。

スポンサーリンク

プロキシサーバーをビジネスで活用するポイント

これからはプロキシサーバーを、ビジネスで活用するポイントを紹介します。

外国の情報を収集するときは外国のIPアドレスが便利

プロキシサーバーで外国の情報を収集するときは、外国のIPアドレスが便利です。日本のIPアドレスでも問題はないのではと思う人がいるかもしれませんが、サイトによっては国外からのアクセスを禁止している可能性があります。

そのため海外のサイトの情報を収集するときは、現地のIPアドレスを使った方が便利です。閲覧できるサイトが増えるのもメリットですが、警戒されにくいのもメリットです。頻繁に国外からアクセスがあれば、神経質なweb管理者は警戒します。場合によってはブロックする可能性があります。

使いやすいプロキシサーバーと契約する

プロキシサーバーに接続するだけであれば簡単ですが、プロキシサーバーを使いこなすのは大変です。しかしプロキシサーバーにコントロールパネルのようなものがあれば、比較的習得は簡単だと思います。

webサーバーを使ったことがある人はわかると思いますが、コントロールパネルがあるだけで使い勝手はかなり良くなります。コントロールパネルのわかりやすさは実際に使わなければわからないものですが、無料体験期間があれば是非とも確かめてください。

わかりやすいコントロールパネルがあれば、あまりITツールに慣れていない人でも、直感である程度は操作できると思います。

有人監視している

筆者は以前webサーバーの監視の仕事をしていましたが、会社は機械監視に加えて有人監視もしていました。機械監視だけでは不十分と、上層部が判断したからでしょう。プロキシサーバーも同じで、機械監視だけでは心許ないです。

人による監視は機械監視のようにオートマチックなものではありませんが、人による監視の方が柔軟性があります。柔軟性のある監視は前例のないトラブル時に、効果が出ます。前例のないトラブルを解決するには直感が必要になりますが、機械監視に直感を求めるのは無理です。

有人監視の有無はホームページに記載されていると思いますが、記載されていない場合は問い合わせフォームから問い合わせしてください。良心的なプロキシサーバーであれば、正直に返信してくれると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataのここに注目

Bright Dataは優良なプロキシサーバーの条件をすべて満たしていますが、それ以外にも魅力はあります。以下ではBright Dataの魅力を紹介します。

クローラがある

Bright Dataにはクローラがありますが、クローラはキーワードをセットすれば自動的に情報を収集します。このようなシステムをスクレイピングといいますが、通常スクレイピングはプログラミング知識が必要です。

Bright Dataのクローラはプロキシマネージャー経由で操作しますが、プログラミングの「プ」の字を知らなくても心配はいりません。Bright Dataのプロキシマネージャーは、プロキシサーバーの操作を簡単にするものです。

クローラが活躍できるフィールドは広いと思います。

  • 外国のマーケット調査
  • 自社製品の評判を知る
  • 隠れたヒット商品を探す

スクレイピングができることは他にもありますが、上記の三項目は今後必要性が増してくると思います。必要と感じた人は、是非ともBright Dataのクローラを活用してください。

使える外国のIPアドレスが多い

Bright Dataは使える外国のIPアドレスが多いため、多くの国の情報を収集する企業は助かると思います。外国の情報を収集するときは、現地のIPアドレスを使う方が有利です。現地のIPアドレスを使うことで、怪しまれる可能性が低くなるからです。

私は自らホームページを運営していますが、アクセス者の国名もチェックしています。アクセス者の国名はIPアドレスでわかりますが、異常に外国のIPアドレスが多かったら不審に思います。これはどの国の人も、感じていることだと思います。

あまりにも国外からのアクセスが多かったら、神経質な管理者は該当のIPアドレスをブロックすると思います。このような問題があるので、外国の情報を収集するときは現地のIPアドレスを使う方が良いと思います。

まとめ

プロキシサーバーとゲートウェイの違いを解説しましたが、厳密に判断したらプロキシサーバーとゲートウェイは別物です。しかし両者とも中継機能があるので、混同する人が出てくるのでしょう。

プロキシサーバーもゲートウェイ機器も将来はシェアが伸びると思いますが、用途に合わせて使い分けることが大切です。

プロキシサーバーを選ぶときは、Bright Dataを候補に入れてください。本記事ではBright Dataの素晴らしさを紹介しましたが、Bright Dataは本当にコストパフォーマンスが良いです。そんなBright Dataは、世界の有名企業も利用しています。

Bright Dataは外国のプロキシサーバーですが、クレジットカードとPayPalが使えるので、日本からでも簡単に契約できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)