法人用のプロキシサーバー の条件

プロキシサーバー構築ソフトを使えば、個人でも構築・運用できます。しかしビジネスで使うときは、法人用のサービスを使った方がいいです。法人用のサービスを使った方がいい理由は、安心・安全だからです。

しかし安心・安全以外にも大切な要素はあります。本記事では法人用のプロキシサーバーの条件を紹介します。

プロキシサーバーにはさまざまな形態がありますが、紹介する条件はいずれのプロキシサーバーにも当てはまるものです。法人用のプロキシサーバーが必要な方は参考にしてください。

法人用のプロキシサーバーは増えている

昔のプロキシサーバーは個人用が多かったと思いますが、最近のプロキシサーバーは法人用が増えてきました。法人用のプロキシサーバーが増えてきたのは、情報を活用するビジネスが増えてきたからでしょう。

世界中の情報を集めることで的確な判断ができるようになりますが、世界のサイトの中には国単位でIPアドレスを規制しているところがあります。国単位でIPアドレスが規制されたら、該当の国のユーザーはそのサイトにアクセスできません。

このことはビジネスにとっては致命的なことです。しかしプロキシサーバーと契約すれば海外のIPアドレスが使えるので、閲覧できるサイトは確実に増えます。プロキシサーバーにはこのような大きなメリットがあるので、法人用のプロキシサーバーは今後益々増えると予想されます。

スポンサーリンク

法人用のプロキシサーバーの条件を徹底解説

これからは法人用のプロキシサーバーの条件を紹介します。

ネットワーク稼働率が高い

法人用のプロキシサーバーは、安定性が求められます。安定性の目安になるのがネットワーク稼働率ですが、最低でも97%以上のネットワーク稼働率を実現しているプロキシサーバーがよいでしょう。

プロキシサーバーには多くの人がアクセスするので、遅延やダウンが発生しやすいですが、頻繁な遅延やダウンはビジネスに支障を来します。ネットワーク稼働率の低下の原因の一つにはトラフィックの過多がありますが、優秀なプロキシサーバーはトラフィック対策のノウハウがあります。

情報を厳格に管理してくれる

プロキシサーバーには、ユーザーのさまざまな情報が残ります。そのため管理を徹底する必要があります。ユーザーの情報が盗まれたら、名簿業者に販売される可能性があります。

webサーバーでも個人情報の流出はありますが、プロキシサーバーでも十分にあり得ることです。法人は信用が命なので、個人情報の流出には最大限の注意を払わなければいけません。

個人情報の流出
個人情報の流出事件は年々増えている

IPアドレスの数が豊富

プロキシサーバーを使う最大の目的はプロバイダとは別のIPアドレスを使うことですが、プロキシサーバーが保有するIPアドレスが少ない場合、ユーザーの選択幅は狭くなります。場合によっては、一つだけしかIPアドレスが与えられない可能性があります。

法人がプロキシサーバーを選ぶときは、海外のIPアドレスがあるのかも確認した方がいいでしょう。情報収集の際は海外のサイトにもアクセスすると思いますが、そのサイトが国単位でIPアドレスを規制していたら該当の国は閲覧できません。

データセンターの場所は、プロキシサーバーのホームページから知ることができます。万が一明記していない場合は、問い合わせフォームで問い合わせをしましょう。

IPアドレス
IPアドレスの国名は専門サイトでもわかる

同時接続数の規制が緩い

プロキシサーバーはコンピューター上に構築されていますが、同時アクセス数が増えるとコンピューターのCPU、メモリ、ネットワーク回線が悲鳴を上げます。このような問題点があるので、一部のプロキシサーバーは、同時接続数に規制を設けています。

同時接続数を規制している場合、後からアクセスした人は待たされる可能性があります。少しぐらいの待機であれば我慢できますが、数分を超えるような待機はビジネスに支障を来します。

多くのスタッフを抱える法人は同時接続数の規制がないプロキシサーバーか、同時接続数の規制が緩いプロキシサーバーを選んだ方がいいでしょう。

使いやすいツールがある

プロキシサーバーを使いこなすのは、意外に難しいものです。しかし簡単に操作ができるツールがあれば、一般の人でも使いこなすことは可能です。ツールとはパソコンのコントロールパネルのようなもので、視覚的に操作できます。

IPアドレスの設定、トラフィックの管理、ネットワークの種類などがツールで設定できたら便利です。プロキシサーバーを選ぶときは機能面だけに目を向けるのではなく、使いやすいツールがあるかどうかも確認してください。

サポートの質がいい

法人がプロキシサーバー使うことは当たり前になってきましたが、新しい機能を試すごとに不明点が出てくるものです。不明点を自己解決できる人であれば問題はないですが、自己解決できない人が大半でしょう。

自己解決できない不明点はプロキシサーバーのサポートに聞くしかありませんが、サポートの質は会社によって大きく異なります。契約前にサポートの質を確かめるには、メールもしくは電話で質問をしたらいいと思います。

顧客に寄り添い丁寧に返信してくれる業者は、サポートの質がいいと判断できます。一般的に利用者が多いプロキシサーバーは、サポートの質が高いです。

スポンサーリンク

法人会社はBright Dataが一番

法人に適したプロキシサーバーの条件を紹介しましたが、法人にはBright Dataをおすすめします。以下ではおすすめする理由を紹介します。

ネットワーク稼働率が抜群

直近の統計によると、Bright Dataのネットワーク稼働率は100%です。この数字は驚異的ですが、高いネットワーク稼働率を支えているのは、高度な技術力と充実のインフラでしょう。

Bright Dataは世界中にデータセンターがあるので、負荷の分散がしやすいです。またBright Dataのスタッフはさまざまな経験を積んでいるので、ネットワークの障害になりやすいトラフィックの管理も上手です。

トラフィックの管理は行動な技術力が必要ですが、Bright Dataのプロキシマネージャーを使えば、ユーザーでもトラフィックの管理ができます。

同時に多くのスタッフがプロキシサーバーにアクセスしたら、プロキシサーバーはトラフィック過多状態になります。しかしプロキシマネージャーでトラフィックの管理をすれば、常に快適な状態に保つことができます。

IPアドレスの数が多い

Bright Dataが保有しているIPアドレスは、770,000個です。Bright Dataは世界中にデータセンターを設置しているので、海外のIPアドレスを使うときは便利です。

Bright Dataはモバイル用のIPアドレスも保有していますが、モバイルで情報収集したら場所を選ばないので非常に便利です。今はWI-FIスポットが多くなっていますが、WI-FIスポットを利用すれば無料で海外のサイトにアクセスできます。

同時接続数の規制がない

Bright Dataは同時接続数の規制がないので、多くのスタッフを抱える法人企業は助かります。また使用デバイス数の制限もないので、好きな時間に好きな方法でアクセスできます。

同時接続数に規制がなければ、遅延が発生するケースは少ないと思います。1回や2回の遅延であれば我慢できますが、数回以上続く遅延は嫌になります。またビジネスの効率性も悪くなります。情報収集ビジネスはスピードが大切ですが、度重なる遅延はビジネスのスピードを落とします。

ツールが便利

Bright Dataのプロキシマネージャーはトラフィックの管理だけではなく、他の目的でも使えます。特に便利だと思うのが、匿名のクローラーがSNSにアクセスする機能です。SNSをビジネスに活用している法人会社はいますが、SNSは生の声の宝庫です。

SNSは人の本音が書かれていることが多いので、商品開発のヒントになるのではないでしょうか?すべて人力でSNSの情報を収集するのは大変ですが、クローラーに任せたら短時間で情報収集が完結します。

顧客管理が徹底している

Bright Dataは新規ユーザーに対して審査を実施していますが、審査を実施することで好ましくないユーザーを審査段階で排除することができます。一人の軽率なユーザーが原因でwebサーバーに第三者が侵入した事件はありましたが、そのような事件はプロキシサーバーでも十分に起こりうることです。

プロキシサーバーは共同で使うものなので、ユーザーにも一定の質が求められます。Bright Dataの新規ユーザーに対する審査は、ユーザーの質を高めています。

信用を重んじるBright Dataは顧客管理も徹底しており、顧客情報が流出する心配はないでしょう。法人会社の顧客情報が流出したら大変なことになりますが、Bright Dataは徹底した管理で顧客の情報を守っています。

日本人スタッフがいる

こちらから申し込んでくれた人だけですが、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。Bright Dataのホームページの日本語化は進んでいますが、サポートは基本的に英語です。日本人スタッフ付きのプランには、日本語によるサポートがあります。

プロキシサーバーを活用しているうちにさまざまな問題と遭遇すると思いますが、日本人スタッフがいれば日本語で質問できるので解決は早いです。英語が得意な人でも細かいニュアンスは伝えにくいものですが、日本語であれば余すところなく伝えることができます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

法人向けのプロキシサーバーの条件について解説をしましたが、法人会社は価格だけに注目するのではなく、機能面や管理体制にも注目することが大切です。本記事では法人用のプロキシサーバーの条件を紹介しましたが、完全に条件を満たしている業者は少ないです。

Bright Dataはすべての条件を満たすプロキシサーバーで、必ずや法人会社の期待に応えるでしょう。Bright Dataの契約は一ヶ月から可能で、決済はクレジットカードとPayPalが使えます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)