nginxでプロキシサーバーを構築し活用しよう

プロキシサーバーはパソコンに構築しますが、構築ソフトを使うのが一般的です。しかし初めての人は、構築ソフト選びに迷うでしょう。今回はnginxを紹介しますが、nginxはメモリが少ないパソコンでも作動します。

nginxはwebサーバーソフトですが、プロキシサーバーを構築することもできます。webサーバーとプロキシサーバーを同じパソコンに構築すれば、コストの節約になるでしょう。

本記事ではnginxを使いプロキシサーバーを構築する方法を紹介しますが、関心のある人は実際に試してください。nginxは無料のソフトなので気楽にチャレンジできます。

Nginxの特徴

Nginxでプロキシサーバーを構築する方法を解説する前に、Nginxの特徴を整理したいと思います。NginxはオープンソースのWebサーバですが、リバースプロキシとしても使えます。リバースプロキシはプロキシサーバーの一形態ですが、以下の特徴があります。

  • 負荷分散しやすい
  • キャッシュ機能があるので表示速度が速い

これらの特徴はビジネスでは大切なので、今後はNginxでプロキシサーバーを構築する業者は増えると予想されます。

Apacheも有名
Apacheもwebサーバーですが、プロキシサーバーの構築は可能

Nginxをプロキシサーバーにする具体的な方法

今回はLinuxマシーンにインストールする方法を紹介しますが、Linuxのコマンドに慣れている人であれば簡単です。

まずはNginxインストールしよう

Nginxをパソコンにインストールする手順をみていきます。まずは公式サイトから、必要なファイルをダウンロードしましょう。

インストールする方法には、ソースファイルのビルドまたはバイナリパッケージの利用があります。簡単にインストールしたい人には、バイナリパッケージをおすすめします。こちらの解説はバイナリパッケージを前提にしています。

Nginxの公式サイト

インストールはapt-getコマンドでします。

プロキシサーバーとして動くように設定しよう

Nginxをプロキシサーバーとして動かすには、設定ファイルを作成する必要があります。設定ファイルにはリバースプロキシ関連の記述をしますが、記述する主な項目は、サーバーのドメイン名、転送先のURLまたはIPアドレスです。

設定ファイルの記述が終わった後は、設定内容をマシーンに反映させなければいけません。マシーンを再起動すれば、自動的に反映します。

スポンサーリンク

Nginxプロキシサーバーの活用例

これからはNginxプロキシサーバーの活用例をみていきますが、Nginxプロキシサーバーは、一部のレンタルサーバー業者も採用しています。

大切なデータを守る

最近は企業のホームページの改竄がニュースになることが多いですが、ファイアウォールだけで完全に防ぐのは難しいです。ファイアウォールにもセキュリティホールはあるので、プロのハッカーはセキュリティホールを見つけホームページを改竄します。

何とも怖い話ですが、ホームページの管理者は対策を考えなければいけません。比較的簡単にできる方法は、リバースプロキシを間に挟むことです。

 

 

webサーバーはユーザーがアクセスできる場所に存在していますが、ユーザーが簡単にアクセスできたら攻撃は簡単です。しかしリバースプロキシを間に置けば、直接webサーバーを攻撃することはできません。

リバースプロキシはwebサーバーの外側にあるので、被害があったとしてもリバースプロキシだけの被害で済みます。

急なアクセスに対応する

Nginxプロキシサーバーは負荷分散を得意としています。負荷分散はwebサーバー業者の命題ですが、プロキシサーバーを活用すれば比較的簡単に実行できます。Nginxプロキシサーバーで負荷を分散するときは、Nginxのwebサーバーの設定内容を変更する必要があります。

負荷分散の仕組みを簡単に整理しましょう。負荷を分散するときはロードバランサーという装置を設置しますが、ロードバランサーはさまざまな方法でアクセス者を、複数のwebサーバーに振り分けます。主な振り分け方法には以下があります。

  • IPアドレスで振り分ける
  • ポートで振り分ける
  • 通信内容によって振り分ける

 

 

ホームページやブログはテレビ番組の影響などで、急にアクセスが増えることがあります。しかし対策を立てなければ、ファイルがあるwebサーバーはダウンします。webサーバーがダウンしたら、アフィリエイト広告を設置している運営者は被害を受けます。

画像の表示を速くする

Nginxプロキシサーバーはリバースプロキシで、キャッシュ機能があります。キャッシュ機能はブラウザでお馴染みですが、一度閲覧したデータをディスクに保存する機能です。原理的には同じですが、プロキシサーバーのキャッシュ機能は規模が大きいです。

そのため大量の画像を閲覧する人は助かります。画像ファイルはテキストファイルよりも重いので、表示に時間がかかります。しかしNginxプロキシサーバーのキャッシュ機能を活用すれば、ストレスのない速度で表示されるようになるでしょう。

スポンサーリンク

本格的にビジネスをする人は専門のプロキシサーバーを使おう

技術力がありインフラが整っていたら、Nginxプロキシサーバーを活用しビジネスを展開することは可能です。しかしプロキシサーバーの運用は想像以上に難しいので、生半可な知識では継続できません。

プロキシサーバーの運用が難しいのは、イレギュラーな事態にも対応する必要があるからですが、イレギュラーな事態に対応するには経験が必要です。専門のプロキシサーバー業者は幅広く経験を積んでいるので、イレギュラーな事態に対応するノウハウを持っています。

専門のプロキシサーバー業者は多いですが、総合的にはBright Dataが群を抜いています。Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、世界の有名企業も利用しています。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataがビジネスに適している理由

これからはBright Dataが、ビジネスに適している理由を紹介します。

海外のIPアドレスが多い

Bright Dataも外国のプロキシサーバーですが、Bright Dataは770,000個のIPアドレスを保有しています。また世界中にデータセンターを設置しています。経験のない人は海外のIPアドレスを使う意味がわかりにくいですが、海外のサイトをよく閲覧する人は実感しているでしょう。

海外のサイトにアクセスしたとき、「そちらの国では閲覧が許可されていません」という文言が表示されることがあります。これは海外のユーザーに閲覧させないための対策ですが、IPアドレスで規制していると思います。

趣味で閲覧するサイトであれば我慢できるかもしれませんが、情報収集を生業としている人は困ります。規制されている海外のサイトを閲覧する一番簡単な方法は、許可されているIPアドレスを使うことです。

Bright Dataが運営している海外のデータセンターの国名は以下です。

  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • イタリア
  • フランス
  • カナダ
  • スペイン
  • ロシア
  • 日本
  • 韓国

ネットワーク稼働率が高い

プロキシサーバーには多くの人がアクセスするため、ダウンや遅延が発生しやすくなります。しかしBright Dataのネットワーク稼働率は100%なので、安心して使えます。

Bright Dataのネットワーク稼働率が高いのは、インフラが整備されていることもありますが、Bright Dataスタッフの高い技術力も見逃せません。Bright Dataはプロキシに関する複数の特許を取得していますが、特許は信頼の証しではないでしょうか?

プロキシサーバーに遅延が発生する原因の一つにトラフィックの過多がありますが、Bright Dataはインフラが整備されているので、効率的に負荷を分散しています。またBright DataにProxy Managerを組み込めば、ユーザーでもトラフィックの管理ができます。

大量のスタッフがプロキシサーバーにアクセスしたら遅延が発生しやすくなりますが、ツールでトラフィックの管理をすれば通信速度は安定します。Proxy ManagerはBright Dataに特化したツールで、Bright Dataの操作を簡単にします。

リレー間のコミュニケーションが暗号化されている

Bright Dataは独自のアルゴリズムで、リレー間のコミュニケーションを暗号化しています。プロキシサーバーを間に置けばセキュリティ性は向上しますが、リレー間のコミュニケーションの内容が傍受される可能性はあります。

最近はハッカーの技術も進化していて、プロキシサーバーを標的にするケースも出てきました。しかし通信内容を暗号化すれば、被害が及ぶことはないでしょう。Bright Dataの暗号化のアルゴリズムは強固で、プロのハッカーといえども解読するのは無理でしょう。

データ収集が楽

Proxy Managerを活用すれば、自動的にデータを収集できます。自動的にデータを収集するメリットは大きいです。具体的にはロボットがデータを収集している間に、他の作業をすることができます。

大量のデータを収集するのは膨大な時間がかかりますが、Bright DataにProxy Managerを組み込めば、データの収集時間は飛躍的に短縮できます。これだけでもBright Dataと契約する価値はあります。

まとめ

nginxでプロキシサーバーを構築する方法を紹介しましたが、Linuxのコマンドに慣れている人であれば難しくはないです。本記事では構築の流れとビジネスでの活用例を紹介しましたが、関心のある人はビジネスで活用してください。

しかし安全と管理コストを考えたら、Bright Dataと契約した方が絶対に得です。Bright Dataは一ヶ月から契約できるので、不安な人は一ヶ月契約から始めたらいいでしょう。決済はクレジットカードとPayPalが使えます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)