プロキシサーバーのグレーアウトとは何か

グレーアウトとはどのような状態なのか

パソコン用語にはグレーアウトという言葉があります。グレーアウト状態になると、ボタンやチェックボックスなどが薄いグレーで表示されます。薄いグレーになるだけではなく、一般のユーザーは操作ができません。

グレーアウトの概略はわかったと思いますが、グレーアウトはプロキシサーバーの設定にも関係します。本記事ではグレーアウトとプロキシサーバーの関係を深掘りしますが、グレーアウトする意味についても考えたいと思います。

グレーアウト設定は管理者がするもの

グレーアウトは最初から設定されているものではなく、管理者が設定するものです。グレーアウトの設定が必要になるシーンは何でしょうか?グレーアウトの設定が必要になるシーンは、LANを組んでいるときでしょう。

LANとは各コンピューターをLANケーブルで繋ぐものですが、LANを組むことでファイルのやりとりなどが楽になります。しかしLANを組む目的によっては、セキュリティにも気を配らなければいけません。

一番簡単なセキュリティ対策は、ユーザーが勝手に設定を変更できないようにすることです。設定の変更は親機でします。

LANは便利
ファイルのやりとりが多い企業は、LANを組めば便利

スポンサーリンク

Windows10でローカル グループ ポリシー エディターを使う方法

プロキシの設定画面を簡単にグレーアウトしたいときは、ローカル グループ ポリシー エディターを使えば便利です。以下では、ローカル グループ ポリシー エディターで編集する方法を紹介します。

コマンドでエディターを呼び出す

ローカル グループ ポリシー エディターを呼び出すときは、「Windows10のロゴキー」と「R」ボタンを押します。すると以下の画面が出ます。

  • 左側の「コンピューターの構成」から「管理用テンプレートを開く」
  • 「Windowsコンポーネント」を開く
  • 「Internet Explorer」を開く
  • 「プロキシの設定の変更を許可しない」を有効にする

これだけでプロキシの設定画面はグレーアウトします。

Windows10Homeの場合はバッチファイルを作成しよう

Windows10Homeはローカル グループ ポリシー エディターを、直接コマンドで呼び出すことはできません。そのため特殊な方法でローカル グループ ポリシー エディターを、使えるようにしなければいけません。

ローカル グループ ポリシー エディターを使えるようにするには、バッチファイルを作成するのが一番簡単です。バッチファイルとは、コマンドプロンプトに実行させたい命令を、テキストファイルに記述したものです。

テキストファイルなので、Windowsに付属しているメモ帳で編集しても構いません。筆者もメモ帳で編集しましたが、何の問題もありませんでした。まずはメモ帳を開き、以下の内容を記述してください。

記述したらファイルを保存しますが、「任意の名前.bat」で保存してください。保存したら管理者として実行してください。すべての処理が終わったら「続行するには何かキーを押してください」という文章が表示されるので、任意のキーを押してください。

これでローカル グループ ポリシー エディターを、直接呼び出せるようになりました。後の手順は上記の内容とまったく同じです。

グレーアウトしない具体的なデメリット

プロキシサーバーの設定を、グレーアウトしなければどうなるのかを具体的に考えてみたいと思います。グレーアウトにしなければ、プロキシに詳しい社員(一般ユーザー)が悪さをする可能性があります。中には単なる好奇心で、プロキシの設定をいじる社員もいるでしょう。

プロキシサーバーの設定は基本的にアドレスとポートを指定するだけなので、違うプロキシサーバーに接続しようと思えば簡単にできます。また設定は簡単にオフにできますが、社員がオフにしたらプロキシサーバーには社員の行動履歴が残りません。

プロキシサーバーの設定をグレーアウトするときの注意点

これからはプロキシサーバーを、グレーアウトするときの注意点を紹介します。グレーアウトすれば管理者は助かりますが、グレーアウトには問題点もあります。

設定を間違えたらサイトが表示されない可能性がある

Internet Explorerのプロキシ設定を間違えると、サイトが表示されない可能性があります。システム管理者がいるときは問題はないと思いますが、管理者が不在のときは大変困ります。社員がプロキシの設定ミスを疑っても、設定画面はグレーアウトしているので編集ができません。

これは一見起こらなさそうなケースですが、システム管理者が遠い場所にいる場合は可能性があります。本来であれば設定した後ですぐに確認すればいいのですが、確認を怠るシステム管理者はいると思います。

プロキシに詳しい社員が親機の設定を変更することは可能ですが、ITシステム会社以外はプロキシに詳しい社員は極少数ではないでしょうか。

違うブラウザにはグレーアウトが反映されない可能性がある

管理者は安心・安全の為にプロキシサーバーの設定をグレーアウトにしますが、グレーアウトの対象はInternet Explorerです。そのため違うブラウザは、グレーアウトしない可能性があります。社員が違うブラウザを使う目的はいろいろあると思いますが、私用目的が一番多いと思います。

グレーアウトが反映されないブラウザでネットサーフィンをしている場合、導入しているプロキシサーバーには行動履歴が残りません。これは管理者にとっては不都合なことです。

グレーアウトが反映されないブラウザを使わせないためには、社員教育の徹底が大切です。社員教育だけではなく、社員のパソコンをチェックすることも大切でしょう。その際はデスクトップのアイコンだけをチェックするのではなく、スタートボタンを押してすべてのプログラムを確認することが大切です。

スポンサーリンク

ビジネスで使うときは有料のプロキシサーバー

ビジネスで使うときは無料のプロキシサーバーではなく、有料のプロキシサーバーをおすすめします。無料のプロキシサーバーは広告が表示されることが多いので、ビジネスには不向きです。またセキュリティ的にも問題があります。

有料のプロキシサーバーを選ぶときは、インフラが整備されているプロキシサーバーを選びましょう。インフラが整備されているプロキシサーバーは、ネットワークの速度が安定しているので、仕事が捗ります。

他には、個人情報をきちんと守ってくれる業者を選ぶことも大切です。有料のプロキシサーバー業者でも、個人情報の管理がルーズなところはあるでしょう。

プロキシサーバー業者の数は多いですが、現時点で一番のおすすめはBright Dataです。Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、世界の有名企業も利用しています。もちろん広告は表示されないし、インフラ面も充実しています。

個人情報の管理に関しても、社員教育が行き届いているので心配はいりません。有名企業も使っているのは、信頼性があるからです。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataの素晴らしさを紹介

これからはBright Dataの素晴らしさを紹介します。本記事ではプロキシサーバーの設定をグレーアウトする方法を紹介しましたが、Bright Dataでもできます。以下ではBright Dataの具体的なメリットを紹介します。

IPアドレスが多い

Bright Dataは、世界中で770,000個のIPアドレスを保有しています。Bright Dataは海外のIPアドレスも保有していますが、国名をみていきましょう。

  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • イタリア
  • フランス
  • カナダ
  • スペイン
  • ロシア
  • 日本
  • 韓国

海外のサイトの中には、国単位で閲覧の許可をしているところがあります。基本的に閲覧を許可されていない国は、そのサイトにアクセスできません。しかしIPアドレスをその国のものにすれば、アクセスできることが多いです。

このことは、世界中の情報を集めている情報収集会社にとっては魅力的でしょう。経済はグローバル化していますが、Bright Dataはグローバル戦略の強い味方です。

ネットワーク稼働率は100%

最新の情報によると、Bright Dataのネットワーク稼働率は100%です。多人数でプロキシサーバーを使っているときに、プロキシサーバーがダウンしたら、仕事の生産性はゼロになります。しかしBright Dataのネットワーク稼働率は100%なので、心配することはないでしょう。

Bright Dataのネットワーク稼働率の高さを支えているのは、充実したインフラと高度な技術力でしょう。Bright Dataはプロキシに関する複数の特許を取得していますが、並大抵の技術力では特許は取得できません。

情報収集企業は情報の先取りが命ですが、プロキシサーバーがダウンしたら、ライバル会社に先を越される可能性があります。

モバイル用のIPアドレスもある

Bright Dataには、モバイル用のIPアドレスもあります。モバイルで情報収集するメリットは、大きいと思います。モバイルは電波さえ届いていれば、外出先からでもサイトにアクセスできます

モバイルの良さは、いつでもどこでも隙間時間を利用して情報収集できることですが、海外のIPアドレスでアクセスした方が有利です。海外のサイトの中には、特定の国のモバイルのIPアドレスを規制しているところがあります。

まとめ

プロキシサーバー設定のグレーアウトについて解説をしましたが、LANを組むときはグレーアウトした方が安心です。昨今はさまざまな情報がインターネットから取得できますが、情報の中にはプロキシの設定に関するものもあります。

悪意ある社員がプロキシの設定をいじったら大変です。そんな心配を抱いている人は、今日からでもプロキシの設定をグレーアウトしましょう。そして信頼できるプロキシサーバーを使いましょう。

Bright Dataは世界的なプロキシサーバーで、信頼に値します。決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本人ユーザーも契約しやすいです。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)