プロキシサーバー とポップアップの関係

プロキシサーバーとポップアップは無縁ではない

ポップアップとはパソコンの画面に突然現れるウインドウですが、パソコン画面と比較すれば小さいです。そんなポップアップは宣伝のために表示されることが多いですが、プロキシサーバー絡みの場合は違う意図で表示されます。

本記事ではプロキシサーバーとポップアップの関係について考察していきますが、インターネット上の事例を参考にしています。ポップアップが出たからといってパソコンに危害が加えられるわけではありませんが、ポップアップは正しく理解し正しく消したいものです。

プロキシサーバー絡みでポップアップが出るパターンは多様ですが、ポップアップが出る意味を理解したら冷静に対応できると思います。

ポップアップは何故必要なのか?

ポップアップとプロキシサーバーの関係について知る前に、ポップアップが何故必要なのかを考えます。筆者の記憶ではポップアップの始まりは、アダルトサイトだったと思います。今でもアダルトサイトにアクセスすると無数のポップアップが表示されますが、ポップアップをクリックしたユーザーは別のサイトに誘導されます。

このようにポップアップは誘導のために表示されることが多いですが、警告で表示されることもあります。プロキシサーバーが関係するポップアップは、警告のために表示されるのが大半です。

プロキシサーバー絡みのポップアップは一時的に消すのは簡単ですが、完全に消すのは意外に難しいものです。否、正確には完全に消す方法が体系化されていないからでしょう。

スポンサーリンク

プロキシサーバー絡みのポップアップの詳細

これからはプロキシサーバー絡みのポップアップの事例を紹介しますが、事例はインターネットを参考にしました。

Office 2013 Professionalでポップアップが出る

Office 2013 Professionalでポップアップが出る事例がありましたが、各アプリケーションのオプションを編集することで回避できます。具体的に説明します。

  • オプションを開く
  • セキュリティセンターを開く
  • セキュリティセンターの設定を開く
  • プライバシーオプションを開く
  • [Office のインターネット接続を許可する]のチェックを外す

基本的には上記の方法で回避できますが、中には回避できないケースもあるようです。その場合は利用者の環境が影響している可能性が高いので、利用者側のシステムをチェックするしかありません。

例外設定を編集するだけでポップアップを回避

同じくマイクロソフトのOfficeの例ですが、例外設定を編集しただけで回避できたようです。例外設定とはプロキシサーバーを通さない設定で、該当のURLを指定することで反映されます。

例外設定の方法はデバイスやブラウザによって異なりますが、今回はInternet ExplorerとWindows10で説明します。

Internet Explorerの例外設定

  • Internet Explorerを開く
  • ツール→インターネットオプションを開く
  • 「LANの設定」ボタンをクリック
  • 「詳細設定」ボタンをクリック
  • 「次で始まるアドレスにはプロキシを使用しない」の項目を見つける
  • 該当のURLを入力する
  • OKボタンを押す

Windows10の例外設定

  • 設定を開く
  • ネットワークとインターネットを開く
  • 左下にあるプロキシをクリック
  • 次のエントリで始まるアドレス以外にプロキシサーバーを使います。エントリを区切るにはセミコロン( ; )を使います。」の項目を探す
  • 該当のURLを入力する
  • OKボタンを押す

プロキシサーバー絡みのポップアップはOffice以外でも出る可能性はある

インターネットを見る限り、プロキシサーバー絡みのポップアップは、マイクロソフトのOfficeが圧倒的でした。しかしポップアップが出るのは利用者側のソフトが原因であることが大半なので、Office以外のソフトでも出る可能性はあります。

その場合の回避方法は各ソフトによって異なるので、各ソフトのマニュアルを読むしかありませんが、マニュアルに記載されていない場合は困ります。その場合は一時的にプロキシを無効にして、試すしかありません。

無効にしてポップアップが出ないときは、該当のURLを例外設定に加えたらいいと思います。インターネットに接続しないソフトは関係ないですが、接続するソフトはこの方法が一番確実だと思います。

スポンサーリンク

プロキシサーバーを利用する企業は年々増えている

プロキシサーバー絡みで鬱陶しいポップアップが出たら、プロキシサーバーを敬遠したくなりますが、プロキシサーバー自体は非常に有益です。具体的なメリットを紹介します。

  • プロバイダとは別のIPアドレスが使える
  • セキュリティ対策がプロキシサーバー上でできる
  • プロキシサーバーの種類によっては負荷分散に使える
  • 一度閲覧した画像の表示は速い

昔のプロキシサーバーはIPアドレスの隠蔽目的だけに使われていた気がしますが、最近は画像を速く表示するため、負荷分散のため、セキュリティ対策のために使う企業が増えてきたと思います。gmialもプロキシサーバーを使っているようです。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1312/13/news047.html

プロキシサーバーを利用する企業は年々増えていますが、増えているのはプロキシサーバーのメリットが広く知られるようになったからでしょう。無料のプロキシサーバーもありますが、ビジネスで使うときは有料のプロキシサーバーと契約してください。その理由は以下で解説します。

有料のプロキシサーバーは個人情報の管理が厳格

無料のプロキシサーバーの中には、個人情報の管理が杜撰なところがあります。しかし有料のプロキシサーバーは会社の信用を守るため、個人情報を徹底的に管理します。個人情報が流出したら、会社の信用が地に落ちるからです。

筆者も経験がありますがフリーソフトに個人情報を入力した翌日から、山のような営業メールがくるようになりました。営業メールがくるのは無料のプロキシサーバーが、名簿業者や得意先に個人情報を販売したからだと思います。

無料のプロキシサーバーも、何らかの形で利益を生み出さなければいけません。多くの無料のプロキシサーバーはアフィリエイトで利益を生み出していますが、悪質なプロキシサーバー業者は利用者の個人情報を売ることで利益を生み出しています。

有料のプロキシサーバーはネットワーク稼働率が高い

プロキシサーバーの安定度を表すものにはネットワーク稼働率がありますが、有料のプロキシサーバーは無料のプロキシサーバーよりもネットワーク稼働率が高いです。ネットワーク稼働率は常に変化しますが、優良なプロキシサーバーのネットワーク稼働率は常に100%近いです。

有料のプロキシサーバーのネットワーク稼働率が高いのは、収容人数をコントロールしているからです。無料のプロキシサーバーの中には限界以上に一台のサーバーに利用者を詰め込むところがありますが、詰め込みすぎたらプロキシサーバーが重たくなるのは自明の理です。

webサーバーでも、収容人数が限界を超えているところは遅いです。酷いケースになると頻繁にサーバーがダウンします。サーバーがダウンしたら、利用者はアクセスできません。

それから有料のプロキシサーバーは監視体制が充実しているので、プロキシサーバーに異変があればすぐに対応策をとります。異変を見逃せば、大きなアクシデントに発展する可能性があります。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataのコストパフォーマンスは抜群

有料のプロキシサーバーはBright Dataがいいと思います。Bright Dataの最安プランは月額たったの300$ですが、Bright Dataの機能やインフラをみると、コストパフォーマンスの高さがわかると思います。

Bright Dataのクローラは情報を自動収集するスグレモノ

Bright Dataには匿名で作動するクローラがありますが、Bright Dataのクローラはスグレモノです。グーグルもクローラを使用していますが、プロキシサーバーでクローラ機能を提供しているところは多くはありません。

インターネット上の情報を収集しビジネスに活用している企業は多いですが、固有名詞や商品名の収集はクローラに任せた方が絶対に効率的です。そして分析が必要な情報だけを、人間が収集したらいいのです。

インターネット上には数え切れないほどの情報があるので、人力ですべての情報を集めることはできません。そのため今後の情報収集ビジネスは、プロキシサーバーを活用するのが当たり前になるでしょう。

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターがある

多くのプロキシサーバーは海外発で、海外のIPアドレスを用意しています。Bright Dataも海外発のプロキシサーバーで、海外のIPアドレスを用意しています。Bright Dataが保有している海外のIPアドレスは、10ヶ国もあります。

海外のIPアドレスを使うメリットには匿名性が維持できることもありますが、閲覧できるサイトが増えるのが一番のメリットではないでしょうか。海外のサイトの中には、外国からのアクセスを規制しているところがあります。

外国からのアクセスを規制するときは、IPアドレスを参照しています。IPアドレスには国の情報も含まれているため、IPアドレスで海外からのアクセスをブロックするのは簡単です。ブロックされたら、許可されているIPアドレスに乗り換えるしかありません。

Bright Dataが保有しているIPアドレスは10ヶ国もあるので、情報収集を生業としている人は助かると思います。

まとめ

プロキシサーバーとポップアップの関係について解説をしましたが、鬱陶しいポップアップは早めに消したいものです。鬱陶しいポップアップは必ず消せると思いますが、消す前にポップアップの内容をよく確認してください。

ポップアップの中には無視してはいけないものもあるので、むやみやたらに消すのは賛成できません。

プロキシサーバー原因でポップアップが出るのは事実ですが、プロキシサーバー自体は何の問題もありません。むしろプロキシサーバーはビジネスを助けます。

プロキシサーバーと契約するときは、是非ともBright Dataを候補に入れてほしいと思います。Bright Dataは一ヶ月から契約でき、決済はクレジットカードとPayPalが使えます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)