Linuxのプロキシ設定

Linuxでもプロキシ設定はできる

Linuxはwebサーバーに使われることが多いですが、プロキシサーバーに使われることもあります。そんなLinuxですが、プロキシ設定もできます。プロキシ設定の意味はプロキシサーバーが使えるようにすることですが、WindowsのようにインターフェースがGUIではないので直感的に操作できません。

本記事ではLinuxのプロキシ設定の方法をみます。インターネット上の記事を参考にしていますが、初心者でもわかるようにかみ砕いて解説します。またLinux初心者のために、Linuxの概略についても解説します。

Linuxの概略

LinuxはオープンソースのOSで、自由に改変できます。そのため多種多様なLinuxがあります。一般的にLinuxはコマンドで操作しますが、今はマニュアルが充実しているので、不明点があっても直ぐに解決します。

一部例外はありますが、Linuxは無料で提供されています。有料のLinuxはサポート付きが多いです。

Linux上で動くソフトウェアは多いですが、たいていのソフトウェアは無料で提供されています。無料といっても質の高いものが多いので、業務で使っている人もいます。

Linuxでプロキシ設定する方法

これからはLinuxで、プロキシ設定する方法をみます。OSはCentOSです

IPアドレスとポート番号を入力する

認証がない場合は「export http_proxy=http://」と入力し、続けてIPアドレスとポートを入力します。IPアドレスとポートは、「:」で区切ります。

認証がある場合も同じで「export http_proxy=http://」と入力しますが、IPアドレスとポートの前にユーザーIDとパスワードを入力します。ユーザーIDとパスワードは、「:」で区切ります。

これだけでLinuxでプロキシサーバーが使えるようになりますが、OSを再起動したら設定内容は消えます。

設定を継続する場合はファイルを作成

設定を継続する場合はファイルを作成しますが、内容は上記と同じです。ユーザーごとに設定することも可能です。詳しく知りたい人は、以下のサイトを参考にしてください。

Linuxにプロキシ設定

Linuxにプロキシ設定をするときは、一字一句正確に入力することが大切です。一文字でも間違えると、正常に反映しません。

スポンサーリンク

Linuxでプロキシサーバーを使うメリット

これからはLinuxで、プロキシサーバーを使うメリットをみます。

管理しやすい

管理者はプロキシを通すと、管理しやすくなります。具体的にはアクセスしたURL、誰がアクセスしたか、アクセス時間、アップロードやダウンロードの履歴等がわかります。

在宅ワーカーの作業速度はその場で確認することはできませんが、プロキシサーバーには履歴が残るので、ある程度の作業速度は把握できます。

セキュリティ対策になる

プロキシを通すと、プロキシサーバー上でセキュリティ対策ができます。このことは大きく、セキュリティ対策だけのためにプロキシサーバーを利用している人もいます。

ただポートスキャンなどでプロキシサーバーの脆弱性を見つける人がいるので、自前のプロキシサーバーの場合は、ファイアウォールだけはしっかり構築してください。プロキシサーバー用のセキュリティ対策ソフトがあれば、インストールしてください。

キャッシュ機能が利用できる

プロキシサーバーにはキャッシュ機能があるので、一度閲覧したデータはプロキシサーバーのキャッシュ領域に保存されます。そのため二回目以降はwebサーバーにアクセスする必要がなくなるので、表示が速くなります。

テキストであれば速さは実感できないかもしれませんが、画像ファイルの場合は速さが体感できると思います。

Linuxも例外設定はできる

WindowsもMacintoshもプロキシの例外設定はできますが、Linuxも例外設定はできます。例外設定とは、プロキシを通さないアドレスを指定することです。プライベートで閲覧するアドレス(URL)はプロキシを通したくないものですが、例外設定を実行すれば簡単に実現します。

Linuxで例外設定する方法は簡単で、「export no_proxy」の後にプロキシを通したくないアドレスを入力するだけです。例外にするアドレスは複数指定できますが、カンマで区切る必要があります。

一般的な方法を紹介しましたが、Linuxの種類によっては操作が異なるかもしれません。しかし基本的には、プロキシを通したくないアドレスを指定するだけなので、すぐに慣れると思います。

Linux用の有名なブラウザ

プロキシを通すときはブラウザを使いますが、Linuxの有名なブラウザを紹介します。ブラウザによってはプロキシの設定方法が異なる可能性がありますが、詳しくはブラウザのヘルプを参照してください。

  • Firefox
  • Opera
  • Chrome
  • Dooble
  • Epiphany
  • Konqueror

Linuxのブラウザは他にもありますが、用途やマシーンのスペックに応じて選んでください。マシーンスペックが低い場合は、軽いブラウザに限ります。

Linuxでプロキシサーバーにアクセスするときの注意点

これからはLinuxでプロキシサーバーにアクセスするときの注意点をみていきますが、基本的な注意点は他のOSと同じです。

セキュリティ対策をする

プロキシサーバーを間に置いたらウイルスはプロキシサーバー上で削除できますが、ユーザーのLinuxに感染する可能性はゼロではありません。そのためユーザーのLinuxにも、セキュリティ対策ソフトをインストールすることが大切です。

最近はLinux用のセキュリティ対策ソフトが増えてきたので、見つけるのは難しくないと思います。ただLinuxの種類によっては対応していない可能性があるので、購入するときはディストリビューションを確かめてください。

設定マニュアルを作成しておく

管理者がいたら問題はありませんが、管理者も人間なのでいつ病気になるかわかりません。しかし管理者が不在のときに、設定内容を変更するケースはあるでしょう。そんなときは誰かが代わりに設定しなければいけませんが、一般の人はLinuxの扱いに慣れていません。

そうであれば、設定マニュアルを用意しておくしかありません。設定マニュアルでは、Linuxの基本コマンドも解説しましょう。慣れている人であれば楽勝ですが、Linuxに触れたことがない人は、ログインするときでも右往左往するでしょう。

スポンサーリンク

ビジネス用のプロキシサーバーはBright Dataが一番

ビジネス用のプロキシサーバーはBright Dataが一番だと思いますが、以下ではその理由を紹介します。

スクレイピングに役立つクローラがある

スクレイピングは情報を効率的に抽出する技術ですが、スクレイピングシステムはクローラを活用しています。Bright Dataにもクローラはありますが、Bright Dataのクローラも情報を効率的に抽出します。

web上の情報は膨大で人力で収集しようと思えば、多くのスタッフと膨大な時間が必要です。しかしクローラを使えば、短時間で必要な情報が収集できます。Bright Dataのクローラはプロキシマネージャー経由で操作しますが、プロキシマネージャーを使えばプログラム知識がなくても、スクレイピングは実現します。

使えるIPアドレスの種類が多い

Bright Dataは世界十ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。大部分のプロキシサーバーは数カ国のIPアドレスしか保有していませんが、Bright Dataはアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国のIPアドレスを保有しています。

外国のIPアドレスを使うメリットには匿名性が増すこともありますが、相手に与える安心感もあります。webサーバーの管理者はアクセス者のIPアドレスを知ることができますが、国外のIPアドレスが異常に多ければ警戒心を抱く可能性があります。

また現地のIPアドレスを使えば、閲覧できるサイトが増える可能性があります。海外のサイトの中には国外からのアクセスを禁止しているところがありますが、現地のIPアドレスに乗り換えたら閲覧できるようになります。

ネットワーク稼働率が高い

プロキシサーバーは多くの人が使うので、マシーンに負荷がかかりやすいです。マシーンに負荷がかかり過ぎたら遅延が発生したり、最悪の場合はマシーンがダウンします。そうなればネットワーク稼働率は下がりますが、Bright Dataのネットワーク稼働率は常に98%以上です。

Bright Dataのネットワーク稼働率が高いのは充実のインフラもありますが、有人監視していることも見逃せません。Bright Dataは24時間365日体制で、プロキシサーバーのパフォーマンスを監視しています。

異変があればすぐに対応するので、顧客に迷惑がかかる可能性は低いです。Bright Dataの監視スタッフの経験値は高いです。

決済方法が便利

いくら優れたプロキシサーバーでも、決済方法が銀行振り込みだけだったら不便です。海外の銀行に送金すれば為替手数料だけではなく、中継銀行の手数料もかかります。中継銀行の手数料は送金額から引かれるので、相手の口座に届いたときは送金額が少なくなっている可能性があります。

Bright Dataの決済方法は銀行振り込みではなく、クレジットカードとPayPalです。そのため中継銀行の手数料は、一切必要ありません。PayPalはオンライン送金サービスですが、メールアドレスがあれば誰でも利用できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

Linuxのプロキシ設定について解説をしましたが、Linuxのプロキシ設定は少し面倒くさいですね。しかし一度設定すればずっと使えるので、関心のある方はチャレンジしてください。Linuxはサーバーに使用されることが多いですが、ユーザーマシーンとしても魅力的です。

Linuxでプロキシサーバーを利用するときは、是非ともBright Dataを候補に入れてほしいと思います。Bright Dataは一ヶ月から契約できるので便利です。またコストパフォーマンスが良いので、きっとお得感を感じると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)