プロキシサーバー とグローバルIPアドレスの関係

グローバルIPアドレスとは何か

ネットワーク関連の記事を読むと、グローバルIPアドレスという言葉に出会うことがあります。グローバルIPアドレスはプロキシサーバーにも関係していますが、どのように関係しているのかを知っている人は少ないでしょう。

本記事ではグローバルIPアドレスの基礎知識と、グローバルIPアドレスとプロキシサーバーの関係についても解説します。グローバルIPアドレスを知らなくても、プロキシサーバーの運営はできますが、知ることでプロキシサーバーの世界がより興味深いものになるでしょう。

ネットワーク初心者にも理解しやすいように身近な例を出して説明しますが、より詳しく知りたい人は専門書を読んでください。本記事で学ぶグローバルIPアドレスの知識は、専門書を読む時にも役に立つでしょう。

グローバルIPはインターネットには絶対に必要

グローバルIPアドレスはインターネットには絶対に必要なものですが、インターネット回線を使う電子機器でも活躍します。身近なものでは監視カメラがありますが、遠方にいながら自宅の様子が見えるのは、グローバルIPアドレスを使用しているからです。

以下ではグローバルIPアドレスを詳しく解説します。グローバルIPアドレスの概略を知れば、何故別のコンピューターに保存しているデータが見えるのか?何故外出先から監視カメラの映像が見えるのかが、理解できるようになるでしょう。

WI-FIにもグローバルIPアドレスはある
WI-FIにもグローバルIPアドレスはありますが、監視カメラでよく使われています

スポンサーリンク

IPアドレスの基本

グローバルIPアドレスの解説をする前に、IPアドレスの基本について解説をします。IPアドレスの基本を知れば、グローバルIPアドレスの解説はスムーズに吸収できるでしょう。

IPアドレスは何のためにあるのか?

そもそもIPアドレスは、何ためにあるのでしょうか?あらゆるネットワークシステムは異なる電子機器と通信をしますが、通信先を明確に指定しなければ正常に作動しません。

Aという電子機器がBという電子機器にリクエストを送信しようと思えば、Bだけにしかない情報を頼りにするしかありません。ネットワークの世界で一意の情報を持つのはIPアドレスで、IPアドレスがなければ、ネットワークシステムは実現しません。

IPアドレスは数字で表現されますが、通常は0~255の数字4組で構成されています。インターネットサイトもIPアドレスを使っていますが、サイトはDNSシステムを利用しドメインに変換しています。

アドレスバーにグローバルIPアドレスを入力
ブラウザーのアドレスバーに直接グローバルIPアドレスを入力しても、一部のサイトは閲覧できる

IPアドレスは2種類ある

IPアドレスにはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがありますが、2つのIPアドレスの用途は異なります。グローバルIPアドレスはインターネットに使われるのに対し、プライベートIPアドレスは社内ネットワークなどに使われています。

プライベートIPアドレスは決められた規則に沿っていれば、自由にIPアドレスを作成することができますが、グローバルIPアドレスは自由に作成することができません。

通常グローバルIPアドレスは一定ですが、モデムを再起動したらIPアドレスが変わる可能性があります。しかしプロバイダー側が自動的に調節するので、ユーザーはIPアドレスの変更に気付くことはまずありません。

プライベートIPアドレス
プライベートIPアドレスには、クラスAからクラスCまである

プロキシサーバーとグローバルIPアドレス

プロキシサーバーもグローバルIPアドレスを利用し通信をしますが、以下では具体的な通信方法を紹介します。

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間にある

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーの間にありますが、通信するときは必ずプロキシサーバーを通過します。クライアントはwebサーバーにリクエストを送りますが、リクエストはまずプロキシサーバー内で処理されます。

クライアントがプロキシサーバーと通信をするときはグローバルIPアドレスの指定が必要ですが、グローバルIPアドレスとポートは契約したときに教えてもらえます。ポートは通信の送受信口です。

 

プロキシサーバーのIPアドレスとwebサーバーのIPアドレスは異なりますが、クライアントはプロキシサーバーのIPアドレスとポートだけ指定すればいいです。

複数のアドレスも指定できる
指定できるアドレスは一つだけではなく、複数可能

プロキシサーバーには独自のグローバルIPアドレスがある

プロキシサーバーには独自のグローバルIPアドレスがあるため、webサーバーにはプロキシサーバーのグローバルIPアドレスが通知されます。

プロキシサーバーのグローバルIPアドレスを使うメリット

これからはプロキシサーバーの、グローバルIPアドレスを使うメリットを紹介します。プロキシサーバーのグローバルIPアドレスを使えば、自分の身元を隠すことができます。

知識あるwebサーバーの管理者はアクセス者のグローバルIPアドレスを簡単に入手することができますが、入手したグローバルIPアドレスをブロックすることもできます。

webサーバーの管理者はアクセス者のグローバルIPアドレスを頼りに、アクセス者の所在地をある程度は特定することができます。もしアクセス者がライバル会社だった場合、web管理者はどのような行動をとるでしょうか?

神経質なweb管理者であれば、該当のグローバルIPアドレスをブロックするでしょう。ブロック後は、ライバル会社のホームページにアクセスすることはできません。しかしプロキシサーバーのグローバルIPアドレスを使えば、所在地が特定されることはありません。

グローバルIPアドレスを調べるサイトもある
サイトを利用すれば、簡単に詳細がわかる

スポンサーリンク

プロキシサーバーを選ぶときは信用を第一に決めよう

プロキシサーバーを利用すれば、プロバイダーとは別のグローバルIPアドレスを使うことができますが、プロキシサーバーには本当のグローバルIPアドレスが記録されます。

悪意のないプロキシサーバーであれば問題はないですが、悪意あるプロキシサーバーにあたったら大変です。

このような事例は無料サーバーに多いですが、有料サーバーでもセキュリティが甘いところは契約しない方がよいです。

有料サーバーで評判が高いのはBrightdataですが、Brightdataは世界中の企業に支持されています。世界中の企業に支持されているのは、確たる信用があるからです。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataを活用しビジネスをしよう

これからはBrightdataを活用したビジネス例を紹介します。Brightdataは多くのグローバルIPアドレスを保有しているだけではなく、国、都市、ASNが指定できます。そんな便利なBrightdataのグローバルIPアドレスの使い方を詳しくみていきます。

所在地を明かさずに情報収集

ライバル会社のホームページから情報収集することはありますが、プロバイダーとは違うグローバルIPアドレスを使えば、所在地がバレることはありません。

また複数のグローバルIPアドレスを取得すれば、複数の社員で同時アクセスすることができます。この場合も会社の所在地がバレることはありません。

複数の社員でライバル会社のマンモスサイトの情報を収集することは効率的なことで、情報量によっては、一日ですべての情報を収集することができるでしょう。

情報収集
プロキシサーバーの用途で一番多いのは、情報収集です

資料を共有する

BrightdataのグローバルIPアドレスを活用し、社内情報を共有するのは意味のあることです。プロキシサーバーにはキャッシュ機能があり、一度閲覧したデータは自動的にプロキシサーバーに記録されます。

プロキシサーバー内に情報が記録されたら、二回目以降はwebサーバーにアクセスする必要がなくなります。そうなれば当然レスポンスはよくなり、業務は効率化するでしょう。

プロキシサーバーのキャッシュ機能はブラウザーのキャッシュ機能よりも規模が大きく、使い方によってはビジネスの大きな味方になります。

Brightdataは安心・安全

これからはBrightdataが安心・安全な理由を紹介します。契約に不安を感じている方は、一読してくださいね。

新規ユーザーに対して審査を実施している

Brightdataが信用できるのは、新規のIPユーザーに対して審査を実施しているからです。審査を実施することで、審査段階で悪意あるユーザーを判別することができます。悪意あるユーザーは、プロキシサーバーをダウンさせる可能性があります。

契約は一ヶ月から可能

Brightdataは一ヶ月からの契約が可能で、気に入らない場合は一ヶ月で契約の解除ができます。しつこい引き留めはないので、安心して契約してください。決済はクレジットカードとPayPalが利用できますが、個人情報を伝えたくない人はPayPalの利用をおすすめします。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーとグローバルIPアドレスについて解説をしましたが、グローバルIPアドレスはさまざまなネットワークシステムで使われています。

プロキシサーバーにもグローバルIPアドレスは必要ですが、契約するときは信用できる業者を選んでください。紹介したBrightdataは海外だけではなく、日本でもシェアを伸ばしています。

シェアが急激に伸びてきたのは政府の後押しもありますが、Brightdataの安心・安全性が高く評価されているからではないでしょうか。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)