プロキシサーバー経由のスクレイピングで業務効率化

スクレイピングは業務効率化を助ける

スクレイピングは業務効率化を助けます。特にwebビジネスでは効果的です。検索したら、スクレイピング関係の記事は一杯ヒットします。しかしスクレイピングの内容を知っている人は、少ないでしょう。

本記事ではスクレイピングで効率化できる内容を紹介しますが、スクレイピングはプロキシサーバー経由でも実行できます。プロキシサーバー経由のスクレイピングにはメリットがありますが、メリットについても紹介したいと思います。

スクレイピングとプロキシサーバーの基礎知識

スクレイピングとプロキシサーバーの基礎知識をみます。

スクレイピングの基礎知識

スクレイピングは、インターネット上の情報を効率的に収集する技術です。インターネット上には膨大な情報がありますが、一つ一つチェックすれば目的の情報を見つけ出すまでに、膨大な時間がかかります。

しかしスクレイピングを活用すれば、効率的に収集できます。具体的には上位サイトの情報を自動的に収集したり、ネットオークションの価格変動情報を自動で収集します。

スクレイピングはシステムなので、構築するときはプログラミング知識が必要です。現在はPythonがよく使われています。Pythonはライブラリーが充実しているので、短いコードでスクレイピングシステムが構築できます。

プログラミングなしで使えるスクレイピングツールも登場していますが、ある程度の検索技術は必要です。

プロキシサーバーの基礎知識

プロキシサーバーはIPアドレスの代理サーバーといわれていますが、プロバイダのIPアドレスを隠したいときはプロキシサーバーが便利です。

IPアドレス自体は何ら悪いものではありませんが、身元がバレるのが嫌でプロキシサーバーを使う企業は存在するでしょう。通常プロキシサーバー自体にはスクレイピングシステムはありませんが、技術があればプロキシサーバーにスクレイピングを組み込むことは可能です。

プロキシサーバー経由でスクレイピングするメリット

一部の企業はスクレイピングによる収集をブロックしていますが、IPアドレスでブロックするのが一般的です。IPアドレスはプロバイダから与えられた番号ですが、IPアドレスを調査すればある程度の所在地はわかります。

しかしプロキシサーバー経由でスクレイピングをすれば、プロキシサーバーのIPアドレスが通知されるので匿名性は高くなります。プロキシサーバー経由のスクレイピングは、海外の情報を収集するときも便利です。

海外のサイトの中には国外からのアクセスを禁止しているところがありますが、現地のIPアドレスを使えば問題はありません。プロキシサーバーの多くは海外のIPアドレスを保有しているので、外国のIPアドレスを利用するのは簡単です。

スポンサーリンク

プロキシサーバー経由でスクレイピングする方法と注意点

これからはプロキシサーバー経由で、スクレイピングする方法をみていきます。

プロキシサーバーと契約する

まずはプロキシサーバーと契約しましょう。テスト目的であれば無料のプロキシサーバーでも構いませんが、ビジネスで利用する人は有料のプロキシサーバーの方が良いです。

プロキシサーバーサービスはインターネットで探せますが、決めるときはスペックだけではなく、サポートや付加価値も考慮することが大切です。

業務効率化の内容を整理する

スクレイピングは業務効率化に役立ちますが、まずは業務効率化する内容を整理しましょう。内容を整理することで、どのようなツール、どのようなプログラム言語、どのようなサービスを利用したら良いのかが見えてきます。

内容を整理した後は、自分にできるかどうかを冷静に見極めましょう。プログラミング初心者がいきなりプログラム言語で、スクレイピングを実現するのは難しいです。逆にプログラミングの心得があり便利なスクレイピングを構築したい人は、プログラミングによるスクレイピングに挑戦しましょう。

まったくプログラムの経験がない人は、スクレイピングシステムを実装しているサービスと契約したら良いと思います。

スクレイピングは連続して行わない

スクレイピングは情報収集先のサーバーにアクセスする必要がありますが、頻繁にアクセスしたら収集先のサーバーに負荷がかかる可能性があります。そのため連続でスクレイピングを実施することは、控えた方が良いです。

可能であれば、数日おきに実施した方が無難です。スクレイピングは一瞬で大量のデータを取得するので、毎日実施する必要はないと思います。

スポンサーリンク

Bright Dataと契約したら一番楽

プロキシサーバー経由でスクレイピングする方法をみましたが、Bright Dataは最初からクローラ機能があるので、プログラミング作業やスクレイピングサービスを使う必要はありません。Bright Dataのクローラは匿名で作動するので、身元がバレることはありません。

Bright Dataのクローラ機能はプロキシマネージャーに組み込まれていますが、プロキシマネージャーは無料で使えます。

プロキシマネージャーはプロキシサーバーの操作を簡単にするツールですが、Bright Dataのプロキシマネージャーはクローラの操作だけではなく、IPアドレスの指定、トラフィックの管理などができるので便利です。

Bright Dataは海外のプロキシサーバーですが、ホームページの日本語化が進んでいるので便利です。また下記のリンクから申し込んでくれたら、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataのクローラでスクレイピングを実践しよう

ここからはBright Dataのクローラで、スクレイピングするメリットをみます。

海外で流行っている商品を見つける

クローラを使えばプログラミングの知識がなくても、海外で流行っている商品を見つけることができます。現地の言葉に精通している必要はありますが、検索キーワードを工夫すれば日本からでも海外で流行っている商品は簡単に見つかります。

海外のサイトを探すときは、海外のIPアドレスが便利です。その理由は怪しまれないこともありますが、閲覧できるサイト数が増えることもあります。

海外のサイトの中には国外からのアクセスを禁止しているところがありますが、許可された国のIPアドレスに乗り換えたら閲覧できるようになります。

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。

海外の人の声を吸い上げる

Bright Dataのクローラは海外のSNSにもアクセスできますが、SNSは本音の宝庫です。消費者の本音を吸い上げ、新商品を開発するのは意義のあることです。消費者の本音を吸い上げるには検索キーワードを工夫する必要がありますが、何度も実行するうちに最適なキーワードがわかってくると思います。

今は日本市場だけをターゲットにする時代ではありません。日本市場は飽和状態で、新規参入者がビジネスで勝つのは難しいです。しかし海外のマーケットに目を向けたら、ライバルが少ないのでビジネスは成長しやすいです。

海外のホットなニュースを伝える

Bright Dataのクローラを使えば、海外のホットなニュースを伝えることができます。最近はwebメディアも飽和状態にあり、ありふれたニュースを伝えているだけでは生き残るのが難しいです。しかし海外のホットなニュースを日本語で伝えたら、読者は喜ぶと思います。

海外のニュースの内容はさまざまですが、日本人が好みやすいニュースを収集するのがポイントです。最初は大変ですが、次第に収集のコツはわかってくると思います。

Bright Dataのコストパフォーマンスの良さを検証

これからはBright Dataのコストパフォーマンスをみていきますが、コストパフォーマンスのポイントは価格と機能のバランスです。以下では機能面をみていきます。

ネットワーク稼働率が高い

計測するタイミングによって稼働率は異なりますが、Bright Dataのネットワーク稼働率は常に高いです。プロキシサーバーは多くの人が利用するので、負荷がかかりやすいです。負荷がかかれば遅延が発生したり、最悪の場合はプロキシサーバーがダウンします。

しかしBright Dataのネットワーク稼働率は、常に98%以上です。なぜBright Dataのネットワーク稼働率は高いのでしょうか?私は二つ理由があると思います。

一つ目の理由は機器が最新であること、もう一つは有人監視をしていることだと思います。有人監視をしているスタッフの技術力は高いので、少しでも異変があればすぐに効果的な対応策を実行します。

モバイル用のIPアドレスもある

Bright Dataにはモバイル用のIPアドレスもあるので、モバイルでも匿名でインターネットができます。モバイルの良さはどこでも利用できることです。

モバイルでBright Dataを使うときはWi-Fi経由になりますが、今はWi-Fiスポットが多いので不便を感じることはないと思います。郊外でWi-Fiを利用するときは、ポケットWi-Fiが便利かもしれません。

トラフィックの管理ができる

Bright Dataのプロキシマネージャーを使えば、トラフィックの管理もできます。ユーザーができるトラフィックの管理は限定的ですが、多くのスタッフを抱える企業は、トラフィックの管理ができた方が便利です。

一般的にトラフィックの管理は高度な技術力が必要ですが、Bright Dataのプロキシマネージャーを使えば一般の人でも実行できます。

まとめ

スクレイピングと業務効率化について解説をしましたが、スクレイピングは今後さまざまな分野で使われると思います。インターネット上の情報は膨大ですが、スクレイピングを使えば効率的に収集できます。

Bright Dataのクローラも情報を効率的に収集します。クローラはBright Dataに組み込まれているので、契約後はすぐに使えます。情報を効率的に入手したい人は、是非ともBright Dataのクローラを使ってください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)