プロキシサーバーのアドレスって何?

プロキシサーバー のアドレスとは何か?

プロキシサーバーを使うときはアドレスを指定する必要がありますが、プロキシサーバーのアドレスとは何でしょうか?コンピューター用語は直訳調のものが多く、一般の人は理解しにくいですね。

本記事ではプロキシサーバーのアドレスに焦点を充てて解説をしますが、まずはアドレスの基本的なことから解説をしたいと思います。本記事を最後まで読めば、アドレスの概略は理解できるでしょう。

プロキシサーバーには独自のアドレスがありますが、プロキシサーバーのアドレスを使うことはメリットがあります。そのようなことも、解説に加えたいと思います。

そもそもアドレスって何?

アドレスは英語で「address」ですが、一般的には住所を表しています。しかしコンピューターの世界のアドレスは、本来のアドレスの意味とは少し異なります。コンピューターの世界のアドレスは、「IPアドレス」を指すことが多いです。

以下ではIPアドレスについて詳しく紹介します。IPアドレスはあらゆらネットワークに必要で、IPアドレスがなければネットワークを構築することはできません。

コンピューターの世界のアドレス
コンピューターの世界のアドレスは独自のアドレス

スポンサーリンク

IPアドレスの基本

これからはIPアドレスの基本について解説しますが、最後まで読めばプロキシサーバーにもアドレス(IPアドレス)が必要な理由がわかるでしょう。

IPアドレスは2種類ある

IPアドレスには、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがあります。グローバルIPアドレスはインターネットに接続するタイプで、プライベートIPアドレスはインターネットに接続しないタイプです。

グローバルIPアドレスはプロバイダーから付与されますが、プロバイダーから付与されるグローバルIPアドレスは動的タイプが多いです。動的タイプのグローバルIPアドレスは一定ではありませんが、プロバイダーが自動的に割り当てるので、ユーザーはアドレスの変化に気付くことはまずありません。

 

プライベートIPアドレスは企業内ネットワークに使われることが多いですが、自由に使用できるのが特徴です。自由に使用出来るといっても、使用できるプライベートIPアドレスの範囲は決まっています。

基本的にプライベートIPアドレスはグローバルIPアドレスに接続することはできませんが、ブロードバンドルーターのNAT(Network Address Translation)という機能を使えば、接続できます。

ネットワークカメラ
ネットワークカメラは、グローバルIPアドレスを使っている

なぜIPアドレスは必要か?

ネットワークの世界は異なる機器と通信をしますが、通信相手を明確にしなければ正しく通信できません。IPアドレスは通信相手を明確にするもので、IPアドレスがなければネットワークシステムは成立しません。

Aという電子機器がBという電子機器にリクエストを送るには、Bだけにしかない情報を頼りにしなければいけません。Bだけにしかない情報とはIPアドレスですが、基本的にIPアドレスは同じ時間に2つ以上存在することはありません。

プロキシサーバーのIPアドレス

プロキシサーバーもネットワークの一種なので当然IPアドレスは存在しますが、プロキシサーバーのIPアドレスは一般のIPアドレスと若干性格が異なります。以下では、プロキシサーバーのIPアドレスを詳しく解説します。

プロキシサーバーのIPアドレスを使う理由

プロキシサーバーがなくても、インターネットはできます。しかしプロキシサーバーの利用者は、好んでプロキシサーバーのIPアドレスを使います。その理由は、本当のIPアドレスを知られたくないからです。

アクセス先のネットワーク管理者は、簡単にアクセスしてきた人のIPアドレスを知ることができます。管理者が簡単に知ることができるのは、サーバー専用のアクセスログプログラムがあるからです。

詳細なアクセスログプログラムは、アクセス者の所在地まで表示します。何も悪いことをしていないから、構わないと思うかもしれません。しかし次のようなケースでは、本当のIPアドレスが知られたら好ましくありません。

プロキシサーバーを使う目的
プロキシサーバーを使う目的の大半は、プロバイダー以外のIPアドレスを使うため

ライバル会社のホームページを何回も閲覧

情報収集のため、ライバル会社のホームページを閲覧することはあるでしょう。しかし何回もアクセスしたら、ライバル会社のweb担当者は警戒する可能性があります。警戒だけで済めばいいですが、アクセス者がライバル会社とわかれば、該当のIPアドレスがブロックされるかもしれません。

ブロックされたら、同じIPアドレスではアクセスできません。そうなれば、ビジネスは不利になるでしょう。

プロキシサーバーのIPアドレスを使えば、違う土地からアクセスしているように見せることができます。プロキシサーバーによっては、外国のIPアドレスを使うことが可能です。外国のIPアドレスを使ったら、ライバル会社と気付かれる可能性は低いです。

ハッカーの攻撃を受けにくい

最近は企業をターゲットにしたハッカー行為が目立っていますが、プロキシサーバーを使えばハッカーは攻撃がしにくいです。ハッカーはIPアドレスを入手し、IPアドレスに向かって攻撃をしかけてくることが多いです。

しかしプロキシサーバーのIPアドレスを使えば、最悪プロキシサーバーだけの被害で済みます。ハッカーは年々増えているので、今後は真剣な対策が必要です。

防波堤
プロキシサーバーは防波堤になる

スポンサーリンク

有料のプロキシサーバーにはまだまだメリットがある

最近はプロキシサーバーが注目を集めていますが、注目を集めているのはさまざまなメリットがあるからです

無料のプロキシサーバーもありますが、プロキシサーバーのメリットを最大限に活用したい人には、有料のプロキシサーバーをおすすめします。

有料のプロキシサーバーであっても、さほど価格は高くないのでビジネスで使う人は、迷うことなく有料のプロキシサーバーを選択してください。有料のプロキシサーバーはいろいろありますが、総合的に考えたらBrightdataが一番です。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataを活用するメリット

これからはBrightdataのメリットを、具体例で紹介したいと思います。Brightdataは世界的なプロキシサーバーで、外国の有名企業も使っています。

柔軟にIPアドレスが活用できる

Brightdataは4種類のネットワークで3,500万個のIPアドレスを保有していますが、国、都市、ASNが指定できます。国と都市は説明不要なので、ASNについて説明をしたいと思います。

インターネットの世界はさまざまなネットワークが集まり構成されていますが、区別するためにASという番号が与えられています。各ASに与えられた番号はASNと呼ばれていますが、ASNは唯一の数字で構成されています。

ASNを調べたら、利用者の大まかな所在地がわかります。調べる人は少ないと思いますが、知られたくない人は、他の地域のASNにした方が無難です。

海外のIPアドレス
海外のIPアドレスは、業種によっては企業のイメージアップになる

安心・安全を実現する技術がある

Brightdataはプロキシサーバー関連の特許を取得していますが、特許が取得できたのは高度な技術があるからでしょう。プロキシサーバーを使う目的はそれぞれですが、安心・安全でなければビジネスでは使えません。

Brightdataは技術だけではなく、会員管理も優れています。新規のIPユーザーに対して、審査を実施しています。当たり前と思うかもしれませんが、有料のプロキシサーバーの中には、無条件で会員を増やしているところがあります。

Brightdataが新規のIPユーザーに対して審査を実施するのは、サービスの質を一定に保つためですが、一人の軽率なユーザーの行動が原因でサービスの質が落ちる可能性はあります。

短期の契約が可能

Brightdataは一ヶ月からの契約が可能で、決済はクレジットカードとPayPalが利用できます。プロキシサーバーを使ったけど、最初のイメージとは違っていた。このようなユーザーはいると思いますが、Brightdataは一ヶ月から契約できるので安心です。

一ヶ月使ってみて不要だと思ったら、契約を打ち切ればいいです。契約解除はフォームからできるので便利です。

日本人スタッフがいる

こちらから申し込んでくれたら、日本人スタッフ付きのプランをご案内します。Brightdataは海外のサービスで文献は英語で書かれていますが、日本人スタッフがいれば言葉の壁を感じることはありません。

Brightdataにデーター収集ツールの「Brightdata Proxy Manager」を組み込むことは可能ですが、不明点は日本人スタッフに聞いてください。きっと親切に教えてくれるでしょう。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

プロキシサーバーのアドレスについて解説をしましたが、プロキシサーバーのIPアドレスには大きなメリットがあります。今は物が売れにくい時代ですが、データを活用している会社はそれなりに成果をあげています。

インターネット上にはさまざまなデータがありますが、プロキシサーバーのIPアドレスを使えば必ずやデータ収集は効率化します。データを活用したビジネスに関心のある人は、是非ともBrightdataと契約してください。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)