プロキシサーバーにローカルアドレスは必要か

プロキシサーバーとローカルアドレスの関係

プロキシサーバー関連の記事には、ローカルアドレスという言葉がよく登場します。ネットワークに詳しい人は、ローカルアドレスを理論的に説明することができるでしょう。しかし門外漢の人は、ローカルアドレスという言葉を聞いてもピンときません。

本記事ではローカルアドレスの基本、ローカルアドレスとプロキシサーバーの関係についても解説します。ローカルアドレスの解説をするときは、ネットワークの基本から説明したいと思います。

ネットワークの基本がわかれば、プロキシサーバーとローカルアドレスの関係も腑に落ちるようになるでしょう。

ローカルアドレスはIPアドレスの一種

ローカルアドレスはIPアドレスの一種です。IPアドレスにはローカルアドレスと、グローバルIPアドレスがあります。インターネットやネットワーク監視カメラは、グローバルIPアドレスが使われています。

対してローカルアドレスは組織内で使われるアドレスで、一定のルールを守れば自由に作ることができます。ローカルアドレスは各機器に割り当てられますが、各機器に割り当てることで機器間の通信を実現しています。

ローカルアドレスはインターネットでは使えませんが、特別な機器を置きプロキシサーバーなどに中継させたら使えるようになります。ローカルアドレスをインターネットに接続するときは、グローバルIPアドレスに変換する必要があります。

一般的には、NATやNAPTシステムでグローバルIPアドレスに変換します。

スポンサーリンク

ローカルネットワークにプロキシサーバーが不要な理由

通常ローカルネットワークに、プロキシサーバーは必要ありません。以下ではその理由を詳しくみていきます。

社内の機器間の通信はローカルアドレスだけで成立する

社内ネットワークを組んでいる企業は多いと思いますが、社内ネットワークはローカルアドレスだけで通信できるので、プロキシサーバーを使う必要がありません。またインターネットに繋がっている必要もありません。

私が勤務していた管理会社はビルの管理にネットワークシステムを活用していましたが、インターネット回線は使用していませんでした。通電していたらLANケーブルを繋ぐだけで、機器間の通信はできるのです。

機器と機器の距離が長い場合はLANケーブルが届かない可能性がありますが、ハブを間に置けば遠距離でもローカルネットワークは組めます。

外部のプロキシサーバーを介したら機密情報が漏れる可能性がある

ローカルアドレスをプロキシサーバーに接続するのは可能ですが、機密情報が漏れる可能性があります。プロキシサーバーにはアクセス者の情報が記録されますが、悪意あるプロキシサーバー業者は、入手した機密情報を外部に漏らす可能性があります。

昨今は個人情報の漏洩ニュースが多いですが、プロキシサーバーから情報が漏れるケースはあると思います。自前のプロキシサーバーを組み管理も自社でする場合は漏洩の可能性は低いですが、プロキシサーバーを管理する要員が必要になるのでコストがかかります。

ローカルネットワークとプロキシサーバーを共存させるポイント

ローカルネットワークと、プロキシサーバーを共存させるポイントをみていきます。

「ローカル(イントラネット)のアドレスにはプロキシサーバーを使わない」にチェックを入れる

デバイスの設定方法を解説しますが、使用デバイスはWindows10です。なおこれから解説する方法は、ブラウザ経由でもできます。

  • Windowsの設定アプリを開く
  • ネットワークとインターネットを開く
  • 左側下部にあるプロキシを開く
  • 手動プロキシセットアップをonにする
  • プロキシサーバーのアドレスとポートを入力する
  • 必要に応じて例外設定を指定する

基本的にこれだけでプロキシサーバーは使えるようになりますが、問題点があります。このままでは、ローカルアドレスもプロキシサーバー経由になるからです。これを回避する方法は、最後の項目にチェックを入れるだけです。

一番最後の項目に、「ローカル(イントラネット)のアドレスにはプロキシサーバーを使わない」がありますので、チェックを入れてください。

Firefoxの接続設定

Firefoxの接続設定は少し異なります。

  • ブラウザ右上の≡をクリックする
  • オプションをクリックする
  • ネットワーク設定内の接続設定をクリックする
  • ダイアログが開く
  • システムのプロキシ設定を利用するにチェックを入れる
  • プロキシなしで接続の項目にローカルアドレスを指定

チェックを入れてもローカルアドレスと認識しない場合の対処方法

これはインターネットで見つけた事例ですが、「ローカル(イントラネット)のアドレスにはプロキシサーバーを使わない」にチェックを入れても、グローバルIPアドレスと認識されるケースがあるみたいです。

このときの解決方法は簡単で、例外設定にローカルアドレスを入力するだけです。Firefoxの場合は不要ですが、IEやChromeを使っている人は参考にしてください。

ローカルアドレスとグローバルIPアドレスの決定的な違い

ローカルアドレスと、グローバルIPアドレスは通用範囲が違います。ローカルアドレスは組織内でしか使えないですが、グローバルIPアドレスは世界中で使えます。

ローカルアドレスはルールさえ守れば自由に作成できますが、グローバルIPアドレスはプロバイダから付与されているので、自由に作成できません。ローカルアドレスにはルールがあると言いましたが、以下の範囲であれば自由に作成できます。

  • 10.0.0.0~10.255.255.255
  • 172.16.0.0~172.31.255.255
  • 192.168.0.0~192.168.255.255

この範囲であれば自由に番号を組み合わせることができるので、管理者は楽だと思います。ルールが決まっているので、知識ある人は両者を判別できます。知識がなくても以下のサイトを利用すれば、判別可能です。

CMAN

上記のサイトにローカルアドレスを打ち込めば、「ローカルIPアドレスは指定できません」とのメッセージが返ってきます。

スポンサーリンク

ビジネスでプロキシサーバーを使うときはBright Data

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、Bright Dataをおすすめします。プロキシサーバーを使う目的は匿名での情報収集だと思いますが、Bright Dataを使えば効果的に実行できます。以下では詳しくみていきます。

使える海外のIPアドレスが多い

プロキシサーバーを利用すれば海外のIPアドレスが使えるのは当たり前ですが、使える国のIPアドレスが少なければ不便です。Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置き、ワールドワイドなプロキシサーバーを目指しています。

  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • イタリア
  • フランス
  • カナダ
  • スペイン
  • ロシア
  • 日本
  • 韓国

現時点では中国とロシアはありませんが、データセンターを置いている国の情報はいずれも大切です。インターネットは世界中にアクセスできるので、データーセンターのIPアドレスは関係がないと思う人はいるでしょう。

しかしその認識は間違っています。筆者は一日の大半を情報収集作業に費やしていますが、情報収集する国は日本だけではありません。メジャーなサイトは日本からでもほぼ閲覧できると思いますが、分野によっては日本のIPアドレスではアクセスできないことがあります。

日本からのアクセスを規制するときは、IPアドレスを参照しています。ローカルアドレスから国名を判別することは無理ですが、インターネットで使うグローバルIPアドレスから国を割り出すことは簡単です。

規制された国の人はそのサイトにアクセスできませんが、IPアドレスを乗り換えたら閲覧できると思います。Bright Dataにはプロキシマネージャーがありますが、プロキシマネージャーを使えば自分でIPアドレスの指定ができます。

匿名のクローラーを走らせることができる

Bright Dataのプロキシマネージャーを活用したら、匿名のクローラーを走らせることができます。匿名のクローラーはSNSにもアクセスできますが、SNSは情報の宝庫です。

SNSは本音が飛び交う場所なので、ユーザーが欲していること、ユーザーが悩んでいることが手に取るようにわかります。しかし人力での情報収集は、膨大な時間が必要です。

情報の中には分析が必要な情報と、分析が不要な基礎情報があります。基礎情報は機械的に集めても問題はないので、クローラーに任せた方が効率的です。

Bright Dataのクローラーは柔軟性があるので、工夫次第では面白い情報を得ることができるかもしれません。情報収集ビジネスは今後も発展すると思われますが、匿名のクローラーは情報収集の強い味方になるでしょう。

モバイル用のIPアドレスも多い

外で情報収集するときはモバイルが便利ですが、モバイル用のIPアドレスがあれば尚更便利です。Bright Dataは、モバイル用のIPアドレスを7,000,000個保有しています。モバイル用のIPアドレスはキャリアの指定もできます。

隠蔽という言葉の響きはよくないかもしれませんが、情報収集活動は身元を隠した方が有利に作業できます。万が一使用しているBright DataのIPアドレスがブロックされたら、違うIPアドレスに乗り換えたら済むことです。

Bright Dataは使用デバイス数の制限もなく、同時接続数の制限もありません。非常にパワフルなプロキシサーバーですが、価格は非常に経済的です。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

ローカルアドレスとプロキシサーバーの関係について解説をしましたが、イントラネットを組むだけであればプロキシサーバーは必要ありません。しかしプロキシサーバーを活用すれば、情報収集活動は有利になります。

ただプロキシサーバーを活用するときは、プロキシサーバーの信頼性もチェックしなければいけません。Bright Dataは世界の有名企業も利用しているプロキシサーバーで、個人情報の管理も厳格です。Bright Dataは一ヶ月からの契約が可能で、決済はクレジットカードとPayPalが利用できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)