プロキシサーバーは切り替えて使おう

プロキシサーバーは切り替え可能

プロキシサーバーは便利なサーバーですが、切り替えが面倒くさいという声をときどき聞きます。そのため、プロキシサーバーの使用を諦める人もいます。しかし今はプロキシサーバーの切り替える方法は広く紹介されているので、その気になれば簡単に切り替えできます。

切り替え方法は広く紹介されていますが、体系化されていないのが残念です。本記事ではプロキシサーバーの切り替え方法を、体系的に伝えたいと思います。理解しやすいように、プロキシサーバーの設定方法から説明します。

プロキシサーバーの切り替え方法は難しくありません。是非プロキシサーバーの切り替え方法を覚えて、快適にプロキシサーバーを使ってください。

プロキシサーバーの設定方法

 

プロキシサーバーの切り替え方法を学ぶ前に、プロキシサーバーの設定方法を学びます。プロキシサーバーの設定方法はOSやデバイスによって異なりますが、ここではWindows10の設定方法を解説します。

  • 設定アプリを開く
  • ネットワークとインターネットを開く
  • 左下のプロキシを開く
  • 手動プロキシセットアップをオンにする
  • プロキシサーバーのアドレスとポートを指定する

これでプロキシの設定は完了ですが、プロキシを通したくないサイトがあれば例外設定を編集してください。

スポンサーリンク

プロキシサーバーを切り替えるさまざまな方法

これからはプロキシサーバーを切り替える、さまざまな方法をみていきます。小手先の方法もありますが、参考にしてください。

プライベートでインターネットをするときはFirefoxを使う

Firefoxは独自のプロキシ設定なので、Windowsの設定アプリの影響は受けません。そのためプライベートでインターネットをするときは、Firefoxを使えば便利です。Firefoxは無料でダウンロードできるので、是非ともパソコンにインストールしてください。

独自のプロキシ設定をするブラウザは、他にもあるかもしれません。その場合はFirefoxでなくても構いません。

手動プロキシセットアップもしくは自動プロキシセットアップをオフにする

Windows10でプロキシを設定するときは、「手動プロキシセットアップ」もしくは「自動プロキシセットアップ」をオンにしますが、プロキシを切り替えるときは逆にオフにするだけです。いちいち設定アプリを出すのが面倒くさい人は、タスクにピン留めしてください。

プロキシサーバー切り替えソフトを使う

プロキシサーバー切り替えソフトを使えば、プロキシサーバーの切り替えは簡単です。一番簡単なソフトは、Proxy On/Off er 3です。使い方はタスクトレイのアイコンを、ツークリックするだけです。

IEのProxy設定を参照しているブラウザでは共通で設定が反映されますが、IE以外では設定が反映されないので、IE専用の切り替えソフトと割り切ってください。

プライベート用のユーザーとプロキシ用のユーザーを分ける

通常プロキシサーバーの設定はユーザー単位で保存されるので、簡単に切り替えたい人はプライベート用のユーザーと、プロキシ用のユーザーを使い分けたら良いと思います。Windows10で、新規ユーザーを追加する流れは以下です。

  • スタート→設定→アカウントに移行
  • 家族とその他のユーザーを選択
  • [その他のユーザーをこのPC に追加] を選択
  • [このユーザーのサインイン情報がありません] を選択
  • [Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する] を選択
  • ユーザー名、パスワード、パスワードのヒントを入力するか、セキュリティの質問を選択

プライベート用のパソコンとプロキシ用のパソコンを分ける

少し邪道ですがプライベート用のパソコンと、プロキシ用のパソコンを使い分ける手があります。プロキシの設定はパソコン内に保存されるので、インターネット回線は同じでも構いません。予算に余裕がある方は、検討しても良いと思います。

例外設定でもプロキシを切り替えることはできる

プロキシ設定画面には例外設定の欄があります。「次のエントリで始まるアドレス以外にプロキシサーバーを使います。エントリを区切るにはセミコロン(;)を使います。」と書かれているところです。翻訳調で理解しにくいですが、要はプロキシを通したくないURLを入力するだけです。

ヤフーだけプロキシを通したくない人は、ヤフーのURLを入力してください。しかし例外設定には問題点があります。あまりにもプロキシを通したくないURLが多い場合は、入力するのが大変です。基本的にはセミコロンで区切れば複数のURLを指定することができますが、20個以上になると入力するのが面倒くさいでしょう。

スポンサーリンク

プロキシサーバーを選ぶポイント

プロキシサーバーは便利なものですが、以下ではプロキシサーバーを選ぶポイントを紹介します。

外国のIPアドレスはあるか

プロキシサーバーを使う一番の目的は、プロバイダのIPアドレスを隠すためでしょう。外国の情報を収集するときもプロバイダのIPアドレスは隠したいものですが、プロキシサーバーを使えば簡単に実現します。

しかし使える外国のIPアドレスが、一カ国しかない場合は困ります。プロキシサーバーを選ぶときは、数カ国以上のIPアドレスを用意しているサービスが便利です。

ネットワーク稼働率は高いか

ネットワーク稼働率の高さも見逃せません。プロキシサーバーによっては限界以上に利用者を詰め込んでいるところがあると思いますが、限界を超えたらプロキシサーバーは不安定になります。

またトラブルがあったとき、すぐに対策をとらないプロキシサーバーも、ネットワーク稼働率は低いです。すぐに対策がとれないのは24時間365日有人監視をしていないからですが、有料でも有人監視を怠っている業者はあるかもしれません。

使いやすいツールはあるか

プロキシサーバーに接続するだけであれば簡単ですが、プロキシサーバーを使いこなすには勉強が必要です。短期間で習得できたら問題はないですが、プロキシサーバーは複雑なので習得に時間がかかります。

そんなプロキシサーバーですが、簡単に使えるツールがあればさほどITリテラシーない人でも、短期間で習得できます。プロキシサーバーを選ぶときは表面的な情報だけではなく、ツールもしっかり確認した方が良いと思います。

サポートは充実しているか

プロキシサーバーの機能は多種多様で、習得するのが大変です。しかしサポート体制が万全であれば、習得は早いでしょう。また躓いたときも、サポートしてくれる人がいれば安心です。プロキシサーバーは海外発が多いですが、日本語が通じるサービスを選びましょう。

帰国子女や海外生活の長い人は英語のサポートでも理解できると思いますが、少し英語を勉強したぐらいでは英語のまま理解するのは難しいです。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

海外ビジネスでプロキシサーバーを使う人はBright Dataが一番

海外ビジネスでプロキシサーバーを使う会社には、Bright Dataをおすすめします。以下ではその理由を詳しくみます。

世界10カ国にデータセンターがある

Bright Dataは世界10カ国にデータセンターがありますが、データセンターが置かれている国のIPアドレスは自由に使えます。日本人が海外のIPアドレスを使うことは不可能ではありませんが、海外に自前のサーバーがなければ難しいと思います。

Bright Dataと契約すれば、簡単に海外のIPアドレスが使えます。海外のIPアドレスを使うメリットには、プロバイダのIPアドレスが隠蔽できることもありますが、閲覧できるサイト数が増えるメリットも見逃せません。

海外のサイトの中には、国外からのアクセスを規制しているところがあります。そのサイトを閲覧するには、許可された国のIPアドレスに乗り換えるしかありません。Bright Dataはアメリカだけではなく、ヨーロッパ数カ国のIPアドレスも用意しています。

海外の情報を重点的に仕入れる会社は、最初から海外のIPアドレスを選択した方が良いと思います。Bright Dataが用意している海外のIPアドレスは、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国です。

情報収集に便利なクローラがある

海外ビジネスを展開している会社は、海外の消費者の動向や海外で流行っている商品を知りたいものですが、それらの情報を収集するときはインターネットが便利です。しかしインターネット上の情報は膨大なので、目的の情報を探すのが大変です。

インターネット上の情報を仕入れるときは、Bright Dataのクローラが便利です。Bright DataのクローラはSNSにもアクセスできるので、消費者の本音調査にも活用できます。SNSは本音が飛び交う世界です。

Bright Dataのクローラはプロキシマネージャー経由で操作しますが、プロキシマネージャーを使えば一般的には難しいクローラの操作も簡単です。プロキシマネージャーはBright Dataと契約すれば、無料で使えます。

有人監視でサポート体制が充実している

Bright Dataは有人監視でサポート体制が充実していますが、有人監視してくれたらプロキシサーバーは常に快適に使えます。有料のプロキシサーバーの中には機械監視を採用しているところがありますが、機械監視よりも有人監視の方が異変をキャッチしやすいです。

また有人監視の方が適切な対応を取りやすいです。Bright Dataの技術者は経験が豊かで、どのようなトラブルに対しても適切な対応をします。

Bright Dataはサポート体制も充実しています。プロキシサーバー初心者はプロキシサーバーの操作に戸惑いますが、サポート体制が充実しているBright Dataであればなんとかなるでしょう。

まとめ

プロキシサーバーの切り替え方法について解説をしましたが、同じパソコンをプライベート用とビジネス用に分けることができたら便利です。切り替え方法はいろいろありますが、自分がやりやすい方法を選んでください。

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、是非ともBright Dataを候補に入れてください。Bright Dataはコストパフォーマンスが抜群なので、必ずやユーザーの期待に応えてくれるでしょう。

Bright Dataの決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本国内からでも簡単に契約できます。不安な方は一ヶ月契約から開始してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)