xperiaにプロキシ設定をする

人気のxperiaもプロキシ設定はできる

スマートフォンでプロキシサーバーが利用できたら便利ですが、方法がわからない人が大半でしょう。ましてやAndroidスマートフォンはいろいろなメーカーが参入しているので、情報が交錯しています。

基本的にAndroidスマートフォンにプロキシ設定をすることは可能ですが、機種によって若干設定方法が異なります。しかし共通点の方が多いので、一度経験すれば違うメーカのスマートフォンに機種変更しても大丈夫です。

本記事ではxperiaにプロキシ設定をする方法を紹介します。またスマートフォンで、プロキシサーバーを使うメリットと注意点も紹介します。

xperiaのプロキシ設定の詳細

これからはxperiaのプロキシ設定の詳細を見ていきます。

プロキシ設定の方法

APNプロキシの設定方法

  • 設定→その他の設定
  • モバイルネットワーク→アクセスポイント名→APNを選択
  • 契約したプロキシサーバーのアドレスとポートを指定する

Wi-Fiのプロキシ設定方法

  • 設定アプリを開く
  • Wi-Fi→SSIDを開きタッチする
  • プロキシ設定内の詳細オプションにチェックを入れる
  • 契約したプロキシサーバーのアドレスとポートを入力する

説明した方法は、docomoのサイトを参考にしました。

XPERIA Z5(SO-01H)にプロキシを設定する方法

xperiaにプロキシ設定をするメリットとデメリット

xperiaにプロキシ設定をするメリットは、匿名性の維持と安全性です。プロキシサーバー経由でwebサーバーにアクセスしたら、webサーバーにはプロキシサーバーのIPアドレスが通知されます。また閲覧及びファイルのダウンロードはプロキシサーバー経由なので、直接ウイルスの被害を受ける可能性が低くなります。

逆にデメリットとしてはプロキシサーバー経由でwebサイトにアクセスするので、閲覧速度が若干遅くなります。またWi-Fiの電波を利用するので、Wi-Fiの電波が飛んでいない場所では利用できません。

xperiaによっては設定方法が異なる可能性がある

今回はXPERIA Z5(SO-01H)にプロキシ設定をする方法を紹介しましたが、同じxperiaでもバージョンによって設定方法が異なる可能性があります。しかしプロキシサーバーのアドレスとポートを入力するのは同じなので、違うバージョンでも本記事は参考になると思います。

万が一皆目わからない場合は、メーカーに問い合わせてください。カタログにプロキシ設定の方法が記載されていたら、カタログを参考にしてください。

スポンサーリンク

xperiaでプロキシサーバーを使うときの注意点

これからはxperiaでプロキシサーバーを使うときの注意点を紹介しますが、注意点は他の機種にも当てはまります。

プロキシサーバー業者を選ぶときは会社名と所在地をチェック

プロキシサーバー業者には、アクセス者のアクセス情報が通知されます。これ自体はプロキシサーバーの仕様なので致し方がないことですが、悪意あるプロキシサーバー業者は個人情報を転売する可能性があります。

個人情報が転売されたら山のような営業メールが来るので、他の大切なメールが埋もれてしまう可能性があります。そのためプロキシサーバー業者を選ぶときは、会社名と所在地をしっかり確認した方が良いと思います。

会社名と所在地が明確に記載されているプロキシサーバー業者は、比較的信頼性が高いと思います。有料のプロキシサーバーであれば必ず記載されていると思いますが、無料のプロキシサーバーの中には、会社名と所在地が記載されていないことがあります。

外国のサイトを閲覧したい人は外国のIPアドレスを選ぶ

海外の情報をメインに仕入れる人は、現地のIPアドレスを使った方が便利だと思います。

理由は閲覧できるサイト数が増えることです。外国のサイトの中には国外からのアクセスを規制しているところがありますが、規制するときはIPアドレスを参照しています。もしプロキシサーバーのIPアドレスが日本のIPアドレスだったら、規制の対象になります。

この問題を回避するには、閲覧したいサイトの国のIPアドレスを保有しているプロキシサーバーと契約するしかありません。プロキシサーバーのホームページには、使えるIPアドレスが記載されていると思いますが、万が一記載されていない場合は問い合わせフォームで聞いてください。

ネットワーク稼働率が高いプロキシサーバーを選ぶ

スマートフォンでプロキシサーバーを利用したら便利ですが、頻繁に遅延が発生したりサーバーがダウンしたらイライラしますね。このようなプロキシサーバーは、ビジネスでは使えません。

プロキシサーバーの安定性を示すものにはネットワーク稼働率がありますが、98%以上のサービスを選んだ方が良いと思います。良心的なプロキシサーバーは、ネットワーク稼働率もホームページに記載しています。

モバイル用のIPアドレスがあるプロキシサーバーを選ぶ

モバイル用のIPアドレスがある、プロキシサーバーを選んだ方が良いと思います。モバイル用のIPアドレスもwebサーバーには通知されますが、モバイル用のIPアドレスは警戒されにくいのではないでしょうか?

キャリアも指定できるIPアドレスであれば、言うことなしです。実際に存在するキャリアであれば、webサーバーの管理者は何の不信感も抱かないでしょう。

スポンサーリンク

モバイル用のIPアドレスがあれば便利だけど・・・

モバイル用のIPアドレスが使えるプロキシサーバーは便利ですが、現時点では少ないです。大部分はパソコン用のIPアドレスです。

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。またモバイル用のIPアドレスもあるので、モバイルユーザーは助かると思います。

Bright DataのIPアドレスはキャリアの指定もできるので、匿名性が維持しやすいです。モバイルでプロキシサーバーを使う人は、Bright Dataを選べばいいと思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

スマートフォンでBright Dataを活用しよう

これからはスマートフォンでBright Dataに接続したら、便利なシーンを紹介します。検証はしていませんが、現実的なアイディアだと思います。

海外情報を発信するメディア

海外の情報を発信するメディアは海外の情報を入手しなければいけませんが、外出先から情報が収集できたら便利です。海外のモバイル用のIPアドレスを取得したら、情報収集活動は捗ります。

現地のモバイル用のIPアドレスであれば、webサイトの運営者に怪しまれることはありません。メディアは新鮮な情報が命です。Bright Dataを活用し、海外の新鮮な情報を収集しましょう。

海外にあるライバル会社の情報を収集するとき

海外にあるライバル会社の情報も、現地のモバイル用のIPアドレスで収集した方が良いと思います。日本のモバイル用のIPアドレスでアクセスしたら、最悪ブロックされる可能性があります。しかし現地のモバイル用のIPアドレスであれば、何の疑いも抱かないと思います。

最近のビジネスはグローバル化していますが、プロキシサーバーはグローバルビジネスを強力にアシストします。

現地のマーケット調査をするとき

現地のマーケット調査をするときも、モバイル用のIPアドレスがあれば便利です。現地のマーケット調査をするときはさまざまなサイト、さまざまなSNSにアクセスする必要がありますが、現地のモバイル用のIPアドレスがあれば自由にアクセスできます。

現地のサイトやSNSの中には国外からのアクセスを規制しているところがありますが、現地のモバイル用のIPアドレスに乗り換えたら問題なく閲覧できます。

おすすめのBright Dataの機能

おすすめのBright Dataの機能を紹介します。

スクレイピングに活用できるクローラ

Bright Dataには、スクレイピングに活用できるクローラがあります。スクレイピングは情報を効率的に収集する技術ですが、インターネット上の情報は膨大なので必要不可欠なものです。

通常スクレイピングを構築するにはプログラミング知識が必要ですが、Bright Dataのクローラはキーワードをセットするだけです。

インターネット上の膨大な情報を人力で収集しようと思えば、多くのスタッフが必要ですが、クローラを使えば一人スタッフがいれば十分です。これだけでもBright Dataを使う価値はあると思います。

快適な作業を助けるトラフィックの管理

Bright Dataにはトラフィックの管理機能があります。多くの人が一つのプロキシサーバーにアクセスしたら遅延が発生しやすくなりますが、トラフィックを最適化すれば遅延は解消すると思います。

通常トラフィックの管理は高度な技術力が必要ですが、Bright Dataのプロキシマネージャーを使えば、一般の人でもできます。プロキシマネージャーはBright Dataの操作を簡単にするものですが、IPアドレスの指定やクローラの操作などもできます。

まとめ

xperiaのプロキシ設定について解説をしましたが、想像していたよりも簡単だったのではないでしょうか?スマートフォンでプロキシサーバーを利用している人は少ないと思いますが、実用性が認められたら今後は利用者が増えると思います。

プロキシサーバーを選ぶときは、Bright Dataを候補に入れてください。Bright Dataは世界の有名企業も使っているプロキシサーバーですが、低価格帯でありながら大変機能は充実しています。無料体験期間もあるので、関心のある方は是非とも試してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)