無料でproxyサーバを構築しよう

proxyサーバーは無料で構築できる

パソコンとインターネット回線は必要ですが、無料でproxyサーバーを構築することは可能です。WindowsやMacintoshパソコンはOSの費用が必要ですが、Linuxで構築すればOSの費用は必要ありません。

一部のLinuxは有料で販売されていますが、無料のLinuxの方が圧倒的に多いです。今あるWindowsでもプロキシサーバーは構築できますが、専用のパソコンに構築した方が後々便利です。

本記事では無料でproxyサーバーを構築する方法を詳しく紹介します。またproxyサーバを構築するときの注意点も紹介します。

proxyサーバーを構築するために必要なもの

これからはproxyサーバーを構築するために必要なものをみていきますが、方法はさまざまあるので好きな方法で構築してください。

パソコン

プロキシサーバーーもパソコンで作動するので、パソコンがなければ構築するのは無理です。パソコンにはOSが必要ですが、Linuxであれば無料です。LinuxのOSはインターネットでダウンロードできますが、パソコンのスペックが低い場合は軽いLinuxを選んだ方が無難です。

ただあまりにもマイナーなLinuxは情報が少ないので、初心者は手こずるかもしれません。可能であれば情報が多く、軽量のLinuxを選んでください。

proxyサーバー構築ソフト

一からproxyサーバーを構築するのは現実的ではありません。proxyサーバー構築ソフトを活用すれば、簡単な設定だけでプロキシサーバーーは実現します。有料のproxyサーバー構築ソフトはサポートがありますが、無料でも有名なproxyサーバー構築ソフトは情報が多いです。

情報が多いので調べる気になれば、たいていのことは解決すると思います。万が一わからない場合は、Q&Aサイトで質問したらいいと思います。質問するときは整理してから伝えてください。非論理的な質問は、理解するのが大変です。

proxyサーバー構築ソフトを選ぶときのポイント

これからはproxyサーバー構築ソフトを選ぶときのポイントを解説しますが、ポイントを押さえることで最適な構築ソフトに出会えるでしょう。

パソコンのスペックに合っているか?

パソコンは低スペックなのに、重たいproxyサーバー構築ソフトをインストールするのはおすすめできません。インストールできたとしても、レスポンスは極度に悪いと思います。このことはWindowsパソコンでも同じです。

各ソフトのパッケージには必要なスペックが書かれていますが、条件を満たさなくてもインストールできることはあります。しかし実際はインストールできても、レスポンスが遅いのでイライラします。

使用用途を明確にする

proxyサーバー構築ソフトといっても内容はさまざまです。webサーバーと一体になっているものもあれば、キャッシュ機能がないproxyサーバーもあります。

使用目的が決まらない人は経験者に相談するのがいいと思いますが、近くに経験者がいない場合は無料のプロキシサーバーを一時的に使ったらいいと思います。無料のプロキシサーバーを使ううちに、本当に必要な機能がわかってくると思います。

無料のプロキシサーバーもインターネットで見つけることができますが、無料のプロキシサーバーはセキュリティの管理が甘い傾向にあります。そのためインターネットをするときは、クレジットカードなどの情報は流さない方が良いと思います。

無料でproxyサーバーを構築するポイント

これからは無料でproxyサーバーを構築するポイントを紹介しますが、まったくの初心者を対象にしています。

Linuxのコマンドを覚える

無料でproxyサーバーを構築する人にはLinuxをおすすめしますが、LinuxはWindowsと違いコマンドで操作します。コマンド操作は慣れないうちは大変ですが、必要最低限のコマンドを覚えたら何とかなるものです。以下ではLinuxの重要なコマンドを紹介します。

重要なLinuxのコマンドを紹介しましたが、他にもコマンドはあります。しかし他のコマンドはインターネットで調べることができるので、困ったときは都度検索してください。

情報の多いproxyサーバー構築ソフトを使う

初めてproxyサーバーを構築する人は、あれこれ悩むものです。しかしインターネット上に情報が一杯あれば、悩みながらも何とかなるものです。機能が限られているproxyサーバーソフトであれば情報は必要ないかもしれませんが、一般的なproxyサーバー構築ソフトは情報があった方が便利です。

現時点で一番情報量が多いのはSquidだと思います。Squidは標準的な機能をすべて搭載しているので、本格的にproxyサーバーを構築したい人におすすめします。

公式ページは英語で書かれていますが、Googleで検索すれば日本語による記事が一杯ヒットします。Squidをダウンロードするときは、バイナリファイルが便利です。

https://wiki.squid-cache.org/SquidFaq/BinaryPackages

構築したproxyサーバーをビジネスで使う問題点

これからは構築したproxyサーバーを、ビジネスで使う問題点を考察します。基本的にはビジネスで使うことは可能ですが、問題点も山積みです。

IPアドレスの用意

proxyサーバーを使う最大の目的は、proxyサーバーのIPアドレスを使いたいためでしょう。しかしIPアドレスは、基本的に一人のユーザーに対して一つです。そのためproxyサーバー業者は、多くのIPアドレスを保有する必要があります。

固定IPアドレスの価格はプロバイダによって異なりますが、筆者が使用しているプロバイダはマンションタイプでも1万円以上します。10個の固定IPアドレスを取得したら、月々10万円以上の出費になります。

10万円の出費をすぐに回収できたらいいのですが、現実は難しいです。すぐに回収するにはIPアドレスの取得費用を、サービス価格に上乗せするしかありません、しかし無名のproxyサーバー業者に、1万円以上支払う利用者は少ないと思います。

帯域が保証されたインターネット回線

ビジネスでproxyサーバーを提供する人は、帯域が保証されたインターネット回線が必要だと思います。しかし帯域が保証されたインターネット回線は、家庭用よりもだいぶ高いです。

価格はプロバイダによって異なりますが、筆者が利用しているプロバイダでは一日7000円ぐらいします。それも無制限に使えるわけではなく、容量は決まっています。

ビジネス用のproxyサーバーは多くの人がアクセスするので、細い回線では役に立ちません。太く帯域が保証されたインターネット回線でなければ、ビジネスでは使えません。

セキュリティ対策

ビジネスでproxyサーバーを提供する人は、セキュリティ対策もしなければいけません。セキュリティ対策ソフトですべてカバーできるのであれば楽ですが、実際はセキュリティ対策ソフトだけでは無理です。

そうなれば有人監視をしなければいけませんが、有人監視をするためには監視スタッフを雇わなければいけません。しかしproxyサーバーの有人監視は技術がなければ難しいので、人財集めが大変です。

外部の会社にセキュリティ対策を丸投げする手がありますが、一般的に費用は高いです。またセキュリティ対策の範囲も決まっています。

ビジネス目的の場合は有料のproxyサーバーと契約した方が安上がり

ビジネス用のproxyサーバーを提供したら、想像以上にコストがかかります。会社組織であれば何とか初期費用は捻出できるかもしれませんが、個人では難しいと思います。

ビジネス用のproxyサーバーを提供するときは、レンタルした方が絶対に安いです。レンタルと言っても機能は充実しています。利用できるIPアドレスは多いし、インターネット回線の帯域も広いです。

またセキュリティ対策もしっかりしているので、運営者はビジネスに専念できます。有料のproxyサーバーはいろいろありますが、Bright Dataを一押しします。一押しする理由は、次のコーナーで解説させてもらいます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataを一押しする理由

これからはBright Dataを、一押しする理由を紹介します。

クローラがある

Bright Dataにはクローラがありますが、クローラを活用すればスクレイピングができます。スクレイピングとは効率的に情報を収集する技術ですが、一般的にはプログラミングで構築します。しかしBright Dataのクローラを使えば、プログラミング不要で実現します。

インターネット上には膨大な情報があるので、人力で収集しようと思えば多くのスタッフと数週間以上の期間が必要です。しかしBright Dataのクローラを使えば、短時間で必要な情報が収集できます。

利用者は収集したい情報のキーワードをセットするだけなので、少し勉強すれば誰でも使えるようになります。是非試してください。

膨大な数のIPアドレスを保有している

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。IPアドレスの数は770,000個と圧倒的です。

データセンターがある国はアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ、スペイン、ロシア、日本、韓国ですが、海外の情報をメインに収集したい企業は、現地のIPアドレスを取得した方が便利です。

現地のIPアドレスであれば、怪しまれる可能性は低いです。また匿名性が高いです。基本的に一つのアカウントに付き一つのIPアドレスですが、海外のIPアドレスが自由に使えるのは魅力的ですね。

まとめ

無料でproxyサーバを構築する方法を解説しましたが、関心のある方は是非チャレンジしてください。インターネット上には詳しいサイトがたくさんあるので、構築に躓いたときは参考にしてください。

ビジネスでproxyサーバを使うときは、是非ともBright Dataを候補に入れてください。Bright Dataは世界の有名企業も使っている、信頼性の高いproxyサーバです。決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本からでも気楽に購入できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)