プロキシサーバーでconnectメソッドを使うのは何故?

プロキシサーバーにconnectメソッドは必要か?

プロキシサーバーはクライアントとwebサーバーに間に存在し、クライアントがwebサーバーに送ったリクエストを中継します。プロキシサーバーの原理は簡単ですが、ケースによってはスムーズにリクエストが送れないことがあります。

そんなシーンで活躍するのがconnectメソッドです。しかしconnectメソッドは馴染みのないメソッドで、内容がわかっている人は少ないのではないでしょうか?

本記事ではconnectメソッドに焦点を充てて解説をしますが、スムーズに理解してもらうため、インターネットの基本的な仕組みから解説します。

インターネットにはhttp通信とhttps通信がある

アドレスバーをよく使う人は気付いていると思いますが、ブラウザーのアドレスバーにはhttpから始まるケースと、httpsから始まるケースがあります。どちらもインターネットでは認可されている通信方法ですが、httpsはhttpとは異なり通信内容が暗号化されます。

通信内容を暗号化すること自体はよいことですが、プロキシサーバーを経由する場合は問題になります。基本的にhttps通信は暗号化の鍵をクライアントとwebサーバーで共有しますが、プロキシサーバーとは共有しません。

暗号化された内容を正確に解読できなくては、プロキシサーバー本来の役割を果たすことはできません。しかしconnectメソッドを活用すれば、問題は解決します。

https通信はネットショップでは主流
個人情報を扱うネットショップでは暗号化通信が主流になっています

スポンサーリンク

connectメソッドの概略

これからはconnectメソッドの概略を説明しますが、可能な限り平易な文で説明したいと思います。概略がわかればプロキシサーバーとconnectメソッドの関係が、腑に落ちるようになるでしょう。

connectメソッドはクライアントとwebサーバーの橋渡し役

クライアントからhttps通信でリクエストを渡された場合、プロキシサーバーはスムーズにリクエストをwebサーバーに届けることはできませんが、connectメソッドを使えばトンネリングしてくれます。IT用語のトンネリングとは仮想的に直結回線を確立することですが、直結回線を確立することでhttps通信はスムーズに進行します。

connectメソッドを実現するにはブラウザーのサポートが必要

通常インターネットはブラウザー経由なので、ブラウザーがconnectメソッドをサポートしていなければ使えません。現時点で、connectメソッドをサポートしている主なブラウザーは以下です。

  • Chrome
  • Firefox
  • Internet Explorer
  • Opera
  • Safari
ブラウザー
ブラウザーはパソコンだけではなく、スマートフォンでも使われている

connectメソッドの問題点

connectメソッドは便利なメソッドですが、connectメソッドには問題点があります。以下で詳しく説明します。

マルウェアが侵入する可能性がある

マルウェアとは有害なソフトウエアやコードの総称ですが、コンピューターウイルスも含まれています。connectメソッド使用環境下では、マルウェアが侵入しやすいと言われています。侵入しやすいのはセキュリティホールがあるからですが、悪知恵が働く人はセキュリティホールを素早く見つけ攻撃を仕掛けてきます。

スパムメールに利用される

最近は「http connectメソッド環境下」で、スパムメールを送信する例が報告されています。悪用されてはいけないので詳しくは書きませんが、簡単な指定をするだけでプロキシサーバーがスパムメールの中継地点になります。

スパムメールの送信者は身元がバレるのが怖いので身元を隠蔽しますが、プロキシサーバーの利用は簡単にできる隠蔽方法です。ログにはプロキシサーバーの情報が記載されるので、プロキシサーバーの運営者が犯人扱いされる可能性はあります。

GETメソッドが使えない

web開発者以外は関係のないことですが、https通信時において、GETメソッドをそのまま使うことはできません。通常webサーバーにデータを渡す時はPOSTメソッドとGETメソッドが使えますが、間にプロキシサーバーを置く場合は別です。

https通信時においてGETメソッドを使うときは、コード内容を変更する必要があります。簡単な変更なので慣れたら問題はないですが、最初の頃は面倒くささが先に立つでしょう。

長いURL
長いURLはほぼ100%GETメソッドを使っている

スポンサーリンク

プロキシサーバーは暗号化された内容を読めるのか?

connectメソッドを使えばhttps通信はスムーズに進行しますが、プロキシサーバーは暗号化の内容を解読することはできるのでしょうか?答えを言います。プロキシサーバーは、暗号化された内容を解読ことはできません。

暗号鍵はWebサーバとクライアントしか持っていないため、中継するプロキシサーバーは暗号を解読することはできません。プロキシサーバーがしていることは、仮想的な直結回線の確立だけです。

仮想的に直結回線を確立しているだけなので、セキュリティホールができやすいです。悪知恵が働く人はセキュリティホールを狙いますが、それを迎え撃つのがプロキシサーバーの管理者で、常に監視するスタッフを置いています。

有人監視をしているプロキシサーバー業者はいろいろありますが、世界的に評価の高いBrightdataが一番安心です。

Brightdataは有人監視は言うに及ばず、高度な技術で悪意ある人の攻撃を遮断します。プロキシサーバーもwebサーバーと同じく、高度な技術がなくては、長期間安全に運営することはできません。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Brightdataの魅力

これからはBrightdataの魅力について紹介します。Brightdataは世界的に有名なプロキシサーバーで、世界の有名企業も使っています。

便利なIPアドレスがある

Brightdataは4種類のネットワークで3,500万個のIPアドレスを保有していますが、国、都市、ASNが指定できるので便利です。プロバイダーのIPアドレスが知られたら、所在地がバレる可能性があります。

IPアドレス自体は悪いものではありませんが、ライバル会社にアクセス者の所在地が知られるのは何となく不安なものです。しかしライバル会社の情報を知るためには、何度もアクセスする必要がある・・・この問題の解決策はIPアドレスを偽装することですが、Brightdataを使えば簡単に実現します。

日本全国に支社がある会社は、海外のIPアドレスにしたらいいと思います。海外のIPアドレスであれば、ライバル会社と気付かれる心配はまずありません。

脅威のネットワーク稼働率

Brightdataのネットワーク稼働率は99.99%と驚異的です。プロキシサーバーは多くの人が使っていますが、多くの人が使えば負荷がかかり不安定になりやすいです。しかしBrightdataには経験の蓄積があるので、危険な兆候を素早く見抜き、先手先手で危険の目を摘みます。

webサーバーでもネットワーク稼働率は信頼の証しになりますが、プロキシサーバーでも同じです。プロキシサーバーでネットワーク稼働率を99.99%にするのは並大抵のことではありませんが、Brightdataは独自の技術と経験で実現しています。

データ収集が効率的にできる

Brightdataに「Proxy Manager」を組み込むことは可能ですが、「Proxy Manager」はデータ収集を効率化します。昨今のビジネスはデータを活用することが多いですが、ライバル会社よりも早くデータを収集すれば、ビジネスを有利に進めることができます。

Brightdataは世界的なプロキシサーバーなので、今後も便利なソフトウェアが開発されるでしょう。利用人数が多いプロキシサーバー用に、ソフトウェアが開発されるのは当然のことです。

日本人スタッフがいる

プロキシサーバーの多くは海外発で、文献も英語で書かれていることが多いです。しかしこちらから申し込んでくれた人には、日本人スタッフ付きのプランをご紹介します。日本人スタッフが付くメリットは大きく、言語面で悩むことはなくなるでしょう。

また気楽に相談できる日本人スタッフがいれば、技術面で躓いたときも安心です。プロキシサーバーをビジネスで活用すれば、さまざまな不明点が出てきます。不明点が出たときは、気楽に日本人スタッフに相談してください。

まとめ

本記事ではconnectメソッドについて解説をしましたが、概略は理解できたのではないでしょうか?connectメソッドは便利なものですが、問題点があるのも事実です。しかしセキュリティ管理がしっかりしていれば、過剰に心配することはないと思います。

セキュリティ管理の基本になるのは信頼できるプロキシサーバーを使うことですが、Brightdataであれば問題はありません。Brightdataは一ヶ月から契約できるので、不安な人は一ヶ月契約から始めることをおすすめします。

Brightdataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)