スクレイピングで画像認証を突破するのは可能か?

スクレイピングと画像認証

スクレイピングは情報を効率的に収集する技術ですが、ネックになるのは画像認証です。インターネットをする人は画像認証をしたことがあると思いますが、画像認証をしなければ先に進むことができません。

このことはスクレイピングでも同じで、画像認証を突破しなければ先に進むことができません。本記事ではスクレイピングと画像認証をテーマに解説をしますが、理解を助けるためスクレイピングの概略から解説したいと思います。

画像認証が突破できたら、スクレイピングは天下無敵です。スクレイピングに関心のある方は、是非とも参考にしてください。

スクレイピングとは何か?

インターネットをする人は、検索窓に検索キーワードを打ち込みます。検索キーワードを工夫すれば、さまざまな記事がヒットします。しかし大量の記事から必要な情報を収集するときは、非効率的です。

スクレイピングはインターネット上の情報を効率的に収集・加工する技術で、通常はプログラムで構築します。ライブラリーが多いpythonが使われることが多いですが、他のプログラム言語でも構築は可能です。

またプログラム不要で、使えるスクレイピングシステムもあります。関心のある方は、検索窓に「スクレイピング システム」と入力し検索してください。

画像認証がスクレイピングのネックになる理由

スクレイピングはプログラム言語を駆使してサイトの内容を収集しますが、画像認証のあるサイトは画像認証を突破しなければいけません。しかし突破は一筋縄ではなく、多くの人が苦労しています。

プログラム言語でテキストの内容を抽出したり、画像ファイルの拡張子を調べるのは比較的簡単です。画像認証を突破するには、画像の内容を読み取る必要があります。しかしプログラム言語で画像の内容を読み取るのは、現時点では難しいです。

一部のシステムはNGワードを書けば保存できないように細工していますが、そんなシステムでも画像ファイルの中のNGワードは見抜けません。将来的には見抜くシステムができるかもしれませんが、現時点では完璧に見抜くシステムはありません。

スポンサーリンク

スクレイピングで画像認証を突破する方法

これからはスクレイピングで、画像認証を突破する方法を紹介します。

基本的には難しい

画像認証はreCAPTCHAと呼ばれていますが、プログラムによるスパムを防ぐために開発されました。画像認証を設けたら、プログラムを組んでも突破は難しいです。その理由は、プログラムには画像の内容を読み取る能力がないからです。

このような理由があるので、スクレイピングで画像認証を突破することは難しいです。スクレイピングプログラムが画像の内容を判別できたら可能ですが、現時点では効果的な方法は確立されていません。

2Captchaを使用したら可能

個人的には邪道だと思いますが、2Captchaを使用したら画像認証を突破することは可能です。2Captchaはロシアの会社が開発したプラットフォームですが、利用するときはお金が必要です。2Captchaの仕組みを見ます。

2Captchaは画期的なシステムといわれていますが、実は他の人が画像認証をしているだけです。画像認証を代行してくれる人は、Workerと呼ばれています。種がわかれば何だと思うようなシステムですが、利用者は多いようです。

2Captchaはプログラムと組み合わせて使う

2Captchaは単体で使用するのではなく、プログラムと組み合わせて使います。web上で作動するプログラム言語であれば何でもいいと思いますが、サポートされているプログラム言語は以下です。

  • python
  • php
  • js
  • go
  • C
  • ruby

2Captchaとプログラムの連携方法は、技術関係のドキュメントを参考にしてください。2Captchaの日本語サイトも参考になると思います。

2Captcha

スクレイピングが活用できるシーン  

今後スクレイピングは情報収集技術の中核になると思いますが、活用できそうなシーンを考察します。

SEO対策会社 

SEO対策会社は売れるキーワードを見つけるのが大切ですが、スクレイピングを活用すればスムーズに見つかるでしょう。

スクレイピングはGoogleサーチのようにSEOに特化したものではありませんが、プログラム知識と分析力があれば、柔軟な収集が可能になると思います。最近はスクレイピングに特化したプログラムライブラリが登場しているので、手っ取り早く構築したい人はライブラリを活用すればいいでしょう。

最近話題になっている商品を探すとき

最近話題になっている商品を探すときも、スクレイピングは効果的です。見つけるヒントとしては登場回数があります。スクレイピングの結果を表計算ソフトに転記するシステムがあれば、登場回数は整理できます。

商品を探すときはSNSへのアクセスが効果的ですが、スクレイピングでSNSにアクセスすることは可能です。画像認証があったときは困りますが、画像認証だけ手動で突破する手があります。

会社の評判を調べるとき

会社の評判を調べるときも、スクレイピングを活用したら便利だと思います。会社の評判はキーワードを検索窓に入力したら調べることができますが、スクレイピングを活用したら加工できるので便利です。

最近は会社の評判を集めたサイトが登場していますが、最初は書き込みが少ないので内容が乏しいサイトに見えます。しかしスクレイピングを活用すれば、既存の情報を大量に集めることができるので、それなりに見栄えの良いサイトになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

スクレイピングをするときの注意点

これからはスクレイピングをするときの注意点を紹介します。

プログラム不要のスクレイピングツールを使う

プログラマであれば独自のスクレイピングツールを構築できるかもしれませんが、非プログラマが構築するのは現実的ではありません。プログラムの習得は数多くの実践が必要なので、一朝一夕では難しいです。

このような事情があるので、非プログラマはプログラム不要のスクレイピングツールを使った方が良いと思います。プログラム不要のスクレイピングツールは多いですが、今回はWeb Scrapeを紹介します。

Web Scrapeは、chromeとFirefoxに組み込むことができるので便利です。抽出したデータは、CSV、XLSX、JSON形式でエクスポートできます。

匿名で実行する

スクレイピングは匿名で実行した方が良いと思います。匿名で実行しなければ、ブロックされる可能性があります。スクレイピングされたサイトの運営者が、実行者のIPアドレスを取得することは可能です。

取得したIPアドレスがライバル会社のものだったら、ブロックされてもおかしくはないでしょう。このような危険性があるので、スクレイピングを実行するときは、匿名で実行した方が無難です。しかし匿名で実行するには、違うIPアドレスを使うしかありません。

IPアドレスの代理と言えばプロキシサーバーですが、Bright Dataをおすすめします。Bright Dataにはクローラ機能があり、クローラを活用することでスクレイピングができます。

クローラを使えば、プログラミング不要でスクレイピングができます。それでも多少の勉強は必要ですが、Bright Dataはマニュアルが充実しているので習得は簡単です。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataのメリットはクローラだけではない 

クローラを使うだけでもBright Dataと契約する価値はありますが、Bright Dataにはクローラ以外のメリットもあります。以下では詳しく見ます。

海外のIPアドレスが多い

海外の情報を収集するときは、海外のIPアドレスがあれば便利です。サイトによっては国外からのアクセスを禁止していますが、現地のIPアドレスに乗り換えたら閲覧できるようになります。これはスクレイピングでも同じです。

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。またモバイル用のIPアドレスも用意しているので、モバイルでスクレイピングするときは助かると思います。

基本的に一つのアカウントにつき一つのIPアドレスですが、海外の情報をメインに仕入れる人は、最初から海外のIPアドレスを取得した方が良いでしょう。

トラフィックの管理ができる

多くのスタッフがプロキシサーバーを利用したら重たくなる可能性がありますが、トラフィックを最適化すれば改善すると思います。トラフィックの管理には高度な技術が必要ですが、Bright Dataのプロキシマネージャーを活用すれば、一般の人でもトラフィックの管理ができます。

プロキシマネージャーはBright Dataの操作を簡単にするものですが、トラフィックの管理以外にもできることはあります。クローラの操作も、プロキシマネージャー経由でできます。

便利なプロキシマネージャーですが、Bright Dataと契約すれば無料で使えます。英語ですが、マニュアル動画もあります。

まとめ

スクレイピングと画像認証をテーマに解説をしましたが、基本的にスクレイピングで画像認証を突破するのは難しいです。しかし画像認証の突破が難しくても、スクレイピングが便利な技術であるのは間違えありません。

インターネット上には膨大な情報があるので、効率的に情報を収集しなければ日が暮れてしまいます。スクレイピングを活用すれば、短時間でほしい情報が収集できます。

スクレイピングをするときはプロキシサーバーが便利ですが、Bright Dataにはクローラもあります。クローラがあれば、一般の人でもスクレイピングができます。

こんな便利なBright Dataですが、一ヶ月から契約できます。また決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本からでも気楽に契約できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)