windows7のプロキシ設定方法

windows7でもプロキシの設定はできる

windows7は少し古いOSで、公式サポートは終了しています。それでも中古市場では出回っているし、会社によっては今でもwindows7を使用しているでしょう。windows7は古いOSですが、windows7でプロキシサーバーを利用することは可能です。

しかしITに詳しくない人は、何を設定したらいいのかが皆目わかりません。本記事では誰でも設定できるように、初歩の初歩から解説します。

お手元にwindows7がある人は、実際に試しながら理解を深めてください。実際に試しながら学ぶと、想像以上に簡単だと思います。

windows7の設定例は他のバージョンでも参考になる

私は現在Windows10を使っていますが、Windows10のプロキシ設定はwindows7と若干異なっています。しかし似通っている部分も多いので、windows7の設定方法は別バージョンを使っている人でも参考になると思います。

現在windows7はWindows10にシェアナンバーワンの座を明け渡していますが、Windows10に続く2位の座をキープしています。windows7は安定性が優れているせいか、中古市場でも人気があります。

windows7はプロキシサーバーに接続したときも安定しているので、ストレスなくプロキシサーバーライフが楽しめるでしょう。

windows7でプロキシサーバーに接続する方法と注意点

これからはwindows7でプロキシサーバーに接続する方法を紹介しますが、Internet Explorerでの接続例です。そのため他のブラウザで設定する場合は、プロセスが異なる可能性があります。

windows7でプロキシサーバーに接続する具体的な方法

  • コントロールパネルを開く
  • ネットワークとインターネットをクリック
  • インターネットオプションをクリック
  • 接続タブをクリック
  • .[LANの設定]をクリック
  • [LANにプロキシサーバーを使用する]にチェックを入れる
  • アドレスとポートを入力する
  • 「ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない]にチェックを入れる
  • .[詳細設定]をクリック
  • [すべてのプロトコルに同じプロキシサーバーを使用する]にチェックを入れる
  • [次で始まるアドレスにはプロキシを使用しない]に、プロキシを通したくないアドレスを入力

最後の項目は例外設定ですが、例外設定をしなければすべてのインターネットがプロキシ経由になります。プロキシ経由のインターネットはアクセス時間やアクセスしたURLの履歴が残るので、気になる方は必ず例外設定もしてください。

windows7でプロキシをするときの注意点

windows7でもプロキシサーバーに接続できますが、windows7は公式サポートが終了しています。そのためセキュリティホール対策は、基本的にありません。セキュリティ対策がなければ、ウイルスやスパイウェアが浸入しやすくなります。

windows7にはこのような問題がありますが、ユーザーができる対策は2つあると思います。

  • アドレスを外部に公開しない
  • プロキシサーバー用のセキュリティ対策ソフトをインストールする

アドレスを外部に公開しなければ、セキュリティホールが狙われる可能性は極めて低いでしょう。2番目のプロキシサーバー用のセキュリティ対策ソフトですが、有名メーカーも販売しています。購入するときは、対象となっているOSを必ず確認してください。

windows7でプロキシサーバーを使うメリット

これからはwindows7で、プロキシサーバーを使うメリットを考えます。

IPアドレスが隠蔽できる

コンピューター通信の世界にはIPアドレスがありますが、iPアドレスは機器を認識する固有番号です。ちなみにIPアドレスには、ローカルアドレスとグローバルIPアドレスがあります。

私達がインターネットをするときはグローバルPアドレスが必要で、グローバルIPアドレスがなければ好きなサイトにアクセスできません。そんなグローバルIPアドレスですが、アクセス先のサイトの運営者は簡単に調べることができます。

アクセス先のサイトの運営者はレンタルサーバーを利用していると思いますが、レンタルサーバーには無料のアクセス解析ソフトがインストールされていることが多いです。最近のアクセス解析ソフトは優秀で、グローバルIPアドレスだけではなく滞在時間もわかるものがあります。

グローバルIPアドレス自体は悪いものではありませんが、サイトによっては身元を隠して閲覧したいことがあるでしょう。そのようなサイトは、プロキシを通して閲覧した方が安心です。プロキシを通せばプロキシサーバーのグローバルIPアドレスが通知されるので、身元がばれることはありません。

画像の表示が速い

画像を頻繁に閲覧する人は、プロキシサーバー経由のインターネットが便利です。小さな画像は問題がないと思いますが、容量の多い画像ファイルは表示されるまでに時間がかかることがあります。好きなタレントの画像の表示が遅かったら、イライラするのではないでしょうか?

プロキシサーバー経由のインターネットでも、最初は画像の表示が遅いことはあります。しかし二回目以降は表示が速いです。二回目以降の表示が速いのはキャッシュ機能があるからですが、キャッシュ機能は一度閲覧したデータをプロキシサーバーのディスクに保存します。

プロキシサーバーのディスクに保存するので、2回目以降はwebサーバーにアクセスする必要がありません。そうなれば通信のプロセスが一つ減り、画像の表示は速くなります。ブラウザにもキャッシュ機能はありますが、プロキシサーバーのキャッシュ領域はブラウザのキャッシュ領域よりも大きいです。

海外のサイトを閲覧するときに便利

プロキシサーバー経由のインターネットは、海外のサイトを閲覧するときも便利です。海外のサイトの中には国単位でアクセスを規制しているところがありますが、規制された国の人はそのサイトにアクセスすることができません。

インターネットは世界中に繋がっているはずだ・・と思っている人がいるかもしれません。確かに理論的には世界中に繋がっていますが、日本からアクセスできない海外のサイトがあるのは確かです。私は日がな一日ネットサーフィンをしていますが、「そちらの国では閲覧できません」のようなメッセージが流れることがあります。

これはアクセス者のIPアドレスを取得し通信の規制をしているからですが、このようなサイトは意外に多いかもしれません。国単位で規制されたサイトを閲覧するには、許可された国のIPアドレスに乗り換えるしかありません。

プロキシサーバーと契約すれば、簡単に海外のIPアドレスが使えます。使える海外のIPアドレスの種類はプロキシサーバーによって異なりますが、私の印象ではアメリカが多いです。アメリカといえば映画ですが、アメリカのIPアドレスに乗り換えたら視聴できる映画が増えるかもしれませんよ。

ビジネスでプロキシサーバーを使う人はBright Data

趣味でプロキシサーバーを使う人は無料のサービスでもいいと思いますが、ビジネスで使うときは有料のプロキシサーバーに限ります。

有料のプロキシサーバーは多いですが、コストパフォーマンスの良さではBright Dataが群を抜いています。以下ではBright Dataのコストパフォーマンスの良さを、みていきます。

利用できる海外のIPアドレスが圧倒的に多い

Bright Dataは世界十ヶ国にデータセンターを置いていますが、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。アメリカは当然ですが、イタリア、フランス、スペインのIPアドレスも使えます。

これらの国は美術が有名ですが、サイトによっては他国のIPアドレスを規制している可能性があります。しかしそんなサイトでもBright Dataを使えば、問題なく閲覧できます。

基本的に一アカウントにつき一つのIPアドレスですが、頻繁にアクセスする国のIPアドレスは取得する価値があります。

クローラが便利

Bright Dataには匿名で作動するクローラがありますが、クローラを活用すれば入手したい情報が短時間で取得できます。クローラはシステムなので細かい分析は苦手ですが、分析不要な基礎情報はクローラに収集を任せた方が楽です。

一般的に情報の収集には膨大な時間がかかりますが、膨大な情報を短時間で収集しようと思えばスタッフを雇うしかありません。しかしスタッフを雇えば人件費がかかるので経費を圧迫します。

Bright Dataのクローラを使えば誰でも情報収集が短時間でできるので、コストパフォーマンスは非常にいいと思います。クローラの操作はプロキシマネージャー経由でします。ちなみにプロキシマネージャーは無料です。

ユーザーでもトラフィックの管理ができる

Bright Dataのプロキシマネージャーにはトラフィック管理機能があるので、多くのスタッフを抱える企業は助かると思います。多くのスタッフが同時にプロキシサーバーを使えばレスポンスは悪くなりがちですが、トラフィックを最適化したらだいぶ改善すると思います。

一般的にトラフィックの管理は高度な技術が必要ですが、プロキシマネージャーを使えば一般の人でも割合簡単に管理できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

windows7のプロキシ設定について解説をしましたが、簡単だったのではないでしょうか?windows7はサポートが切れたOSですが、セキュリティに気をつけたらプロキシサーバーに接続しても大丈夫です。

ビジネスでプロキシサーバーを使うときは、是非ともBright Dataと契約してください。Bright Dataは、世界の有名企業も使っているプロキシサーバーです。Bright Dataはオンラインで契約できるので、契約書類を書く煩わしさがありません。

STARTERプランであれば、一ヶ月たったの500$です。これだけの機能を有しているプロキシサーバーが、月額500$で利用できるのは大変お得です。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)