スクレイピングで業務効率化

webmedia
webmediaは、テーマが大切

スクレイピングで業務が効率化するのは本当です

スクレイピングで業務が効率化するのは本当で、一度業務効率化を経験した人は何回もスクレイピングを実行します。スクレイピングはデータを効率的に抽出する技術ですが、最近特に注目されています。

スクレイピングは業務効率化に役立つ技術ですが、初めての人は詳細がわかりません。本記事では、初心者を対象にスクレイピングの詳細を紹介します。

こんな課題もスクレイピングを活用すれば解決する

これからはスクレイピングを活用することで、解決する課題を紹介します。紹介する課題は実際に私が見聞きしたことです。

会社情報を集める

私はクラウドワークスにも登録していますが、ときどき以下のような案件があります。

会社名、メールアドレス、所在地をサイトから探し、Excelに転記してください。

報酬は一件につき○円

ワーカーを募集している会社は目的を達成するために多くのワーカーを採用しますが、多くのワーカーを採用しても、業務が効率化するとは限りません。一人でも作業が遅いワーカーがいたら、目的達成までに著しく時間がかかる可能性があります。

会社情報
会社情報は営業に役立つ

しかしスクレイピングを実行したら、確実に業務効率化します。業務効率化する理由は、プログラムが自動的に必要な情報を探すからです。上記の案件であれば「会社名」、「メールアドレス」、「所在地」が必要な情報ですが、スクレイピングを駆使すれば短時間で収集できます。

新商品の登場回数を調べる

何らかの理由で、新商品の登場回数を調べたいことはあります。調べるときはブログやSNSを利用しますが、人力で調べたら膨大な時間がかかります。しかしスクレイピングを活用すれば、短時間で収集できます。

パソコンで「ctrl」と「F」ボタンを押せば、特定のキーワードの登場回数を調べることができますが、スクレイピングでもこのようなシステムは構築できます。

スクレイピングで業務効率化が期待できる業種

これからはスクレイピングで、業務効率化が期待できる業種を紹介します。

スクレイピングで業務効率化が期待できる業種その1 電話+メール営業

ルートセールスは関係ありませんが、電話営業、メール営業をする人は、スクレイピングを活用すれば業務効率化します。以前は人海戦術で顧客のリストを作成していましたが、スタッフに負担がかかるのが難点でした。

スクレイピングを活用すれば短時間で必要な情報が入手できるので、業務効率化します。多くのサイトから、電話番号とメールアドレスを抜き出すのは難しいと思われるかもしれませんが、スクレイピングシステムにキーワードをセットするだけなので、難しいことはありません。

スクレイピングで業務効率化が期待できる業種その2 価格サイト運営

スクレイピングを活用すれば、価格.comのようなサイトが運営できます。価格サイトは価格、商品名そしてショップ名の取得が必要ですが、いずれもスクレイピングを活用すれば簡単に実現します。

価格.comがどのような方法で情報を集めているのかは不明ですが、スクレイピングを活用すれば業務効率化するのは間違えないと思います。価格.comが扱っていない有望は情報は、まだまだあると思います。関心のある方は、是非ともチャレンジしてください。

スクレイピングで業務効率化が期待できる業種その3 Webメディア

Webメディアはインターネットユーザーが知りたい情報を整理して伝えるのが仕事ですが、インターネットユーザーが何を知りたいのかはわかりません。多くのスタッフが日がな一日ネットサーフィンをすれば、インターネットユーザーが知りたいことはわかるかもしれません。

しかしそれはあまりにも非効率的です。スクレイピングを活用すれば、インターネットユーザーが知りたい情報は短時間でわかります。具体的な方法を考えます。

webmedia
webmediaは、テーマが大切
  • 登場回数が多い単語を探す
  • 露出が多い単語にレスが付いているのかを確かめる

他にもいろいろな方法はあると思いますが、筆者なりに考えました。登場回数が多い単語に注目するのは当然ですが、その単語にレスが付いているかどうかも確かめた方が良いと思います。多くのレスが付くのは、注目している人が多い証拠です。

スポンサーリンク

スクレイピングで業務効率化させる方法

スクレイピングで業務効率化できるのは確かですが、これからはスクレイピングする方法を紹介します。

システム業者に依頼する

今はスクレイピングが話題になっているせいか、スクレイピングを手がけるシステム業者が増えてきました。システム業者は顧客の要望を吸い上げ満足度の高いシステムを構築してくれますが、価格は高いです。

必要なキーワードさえ伝えたらすべて請け負ってくれるシステム業者もありますが、そのような業者はデータ解析付きのプランを提供することが多いです。しかしこちらも価格は高めで、継続的に依頼したら経費を圧迫します。

自力で構築する

自力でスクレイピングシステムを構築し、業務効率化する方法もあります。しかしスクレイピングシステムを構築するには、プログラム経験が必要です。スクレイピングに活用されるプログラム言語は、サーバーサイドプログラム言語が多いですが、サーバサイドプログラム言語は比較的簡単です。

それでも全くの初心者が習得しようと思えば、半年以上はかかります。半年以上継続して学習できる人であれば習得できると思いますが、学習途中で挫折する人が多いです。またよしんば習得できたとしても、膨大な時間をプログラム習得のために費やさなければいけません。

時間のある学生であれば可能かもしれませんが、会社員が学習時間を捻出するのは大変です。学習時間を捻出するために本業がおろそかになったら、本末転倒です。

プログラム不要のスクレイピングツールを使う

インターネット上には、プログラム不要のスクレイピングツールがあります。そのようなツールを使うのが一番安上がりです。しかし細かい設定はできないことが多いので、対象のサイトによってはスクレイピングできない可能性があります。

またこのようなシステムは英語で書かれていることが多く、サポートも充実しているとは言えません。そのためある程度のITリテラシのある人か、英語がわかる人向きです。探すときは「プログラム不要 スクレイピング」で検索してください。

スポンサーリンク

コスパ重視の人はBright Dataのデータコレクター

コスパ重視の人は、Bright Dataのデータコレクター機能をおすすめします。その理由は以下です。

Bright Dataのクローラ
Bright Dataのデータコレクターは、非常に便利

IPアドレスを隠すことができる

スクレイピングをしたら、相手先のサイトにはアクセス者のIPアドレスが通知されます。IPアドレスはプログラムでも取得できますが、アクセス解析ソフトでも取得できます。

アクセス解析ソフトは最初からレンタルサーバーに付属していることが多く、ユーザーは何の手間もなく利用できます。

IPアドレス
IPアドレスは通信時に必要

プロバイダのIPアドレスそのものは何ら悪いものではありませんが、頻繁にスクレイピングすればブロックされる可能性があります。しかしBright Dataのデータコレクター機能を使えば、相手先のwebサーバーには、Bright DataのIPアドレスが通知されます。

Bright DataのIPアドレスもブロックされたらスクレイピングはできませんが、Bright Dataには膨大な数のIPアドレスがあるので、ブロックされたときは乗り換えたら済むことです。

データコレクター機能は視覚的に使える

Bright Dataのデータコレクター機能は完全には日本語化していませんが、視覚的に使えます。そのため勘の良い人であれば、英語がまったくわからなくても利用できます。

ただ日本語化は逐一進められているので、将来的には英語の知識はまったく不要になると思います。Bright Dataのデータコレクター機能は、契約後コントロールパネルから操作できますが、対象のサイトが部門分けされているので、特定の分野をスクレイピングするときは便利ですよ。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングと業務効率化について解説をしましたが、今後スクレイピングによる業務効率化はもっと注目されるようになるでしょう。最近のビジネスは何らかの形でインターネットに関係しているものが多いので、IT産業とは関係のない人もスクレイピングする時代が来ると思います。

スクレイピングで業務効率化したい人は、Bright Dataを使ってほしいと思います。Bright Dataは海外のプロキシサーバーですが、サイトの日本語化が進んでいます。そして価格も非常に安いです。

Bright Dataは海外では有名ですが、日本でも注目され始めました。是非ともBright Dataを活用し、業務効率化してください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)