スクレイピングを外注するときのポイント

スクレイピングは外注もできる

スクレイピングの外注は増えてきた

スクレイピングは情報を効率的に抽出する技術ですが、インターネットビジネスが増えるにつれ、スクレイピングをする人が増えてきました。スクレイピングが必要な人の属性はさまざまですが、スクレイピングはインターネットビジネスに役立ちます。

しかし一般の人が、スクレイピングをするのは容易ではありません。多くの人は手も足も出ません。しかしスクレイピングは必要なので、外注に出します。

本記事はスクレイピングと外注をテーマにしますが、幅広い観点から解説します。スクレイピングを外注する人は、参考にしてください。

スクレイピングの外注の詳細

スクレイピングの外注の詳細を解説します。

価格は業者によってピンキリ

スクレイピングを外注したときの価格は、業者によって大きく異なります。ただ高い業者はデータ解析などの付加価値を付けていることが多いので、十把一絡げに論じることはできません。

一般的に法人が提供するスクレイピングサービスは、見積もり後に価格が決定しますが、見積額に納得しなければ断っても構いません。極力安く外注したい人は、クラウドワークスやココナラを利用しましょう。

スクレイピングは外注もできる

ただクラウドワークスやココナラはワーカーによってレベルが大きく異なるので、まずは実績を見てください。専門の技術者であれば問題はないと思いますが、副業でサービスを提供しているワーカーは注意しなければいけません。

契約途中に失踪することもあるし、著しくレベルが低いこともあります。そのため実績がないワーカーは、評判をチェックしてください。良い評判が5件以上あれば、それなりの質は期待できます。

スクレイピングの範囲を確認する

スクレイピングを外注するときは、スクレイピングしてくれる範囲も確かめてください。一つのメディアしかスクレイピングしないサービスは、SEO対策には使えません。SEO対策を期待するのであれば、検索上位のサイトすべてをスクレイピングしてくれるサービスが向いています。

また会員制のサイトも、スクレイピングしてくれるかどうかを確認した方が良いと思います。会員制のサイトの中には、ログインしなければスクレイピングできないものがあるので、見積もりを取るときはサイト名を伝えてください。

数社から見積もりを取る

同じようなサービス内容なのに、会社によって見積額が大きく異なることがあります。そのため外注するときは、複数のサービス会社から見積もりを取った方が良いと思います。サービス会社は、インターネットで見つけるのが手っ取り早いです。

「スクレイピング 外注」のキーワードで検索すれば、何件かのサービス会社がヒットします。基本的には安いサービス会社に依頼すればいいですが、安すぎるサービス業者はチェックした方が良いと思います。

見積もり
見積もりは数社から取るのが基本

チェックするポイントは以下です。

  • スクレイピングする範囲はどこまでか?
  • データを解析してくれるか?
  • 過去の実績

相場よりも安すぎるサービス業者には何かがあります。いくら安くても、質の悪いサービスは価値がありません。

スポンサーリンク

スクレイピングのデータ活用例

これからはスクレイピングの活用例を紹介します。

価格データ

価格データの抽出は転売業者にとっては大切です。転売の基本は安く仕入れ高く売ることですが、仕入れるときも売るときも、データを参考にするべきです。スクレイピングで抽出した価格データは実際のデータなので、自信を持って活用できます。

スクレイピングで価格データを抽出した後は、Excelなどの表計算ソフトに転記したら便利です。表計算ソフトに転記すれば、並び替えなどができます。転売するときは即座に最低仕入れ価格と最高販売価格を知ることができたら便利ですが、Excelの関数やマクロを使えば簡単に実現します。

商品の登場回数

気になる商品の登場回数も、スクレイピングでわかります。気になる商品の登場回数を調べるときは、SNSが良いと思います。SNSは本音で語り合うスペースなので、本当に人気のある商品かどうかがわかります。

SNS以外ではブログも有効です。ブログで商品を紹介している人は多いですが、スクレイピングするときは大手のブログメディアを対象にしたら良いと思います。大手のブログメディアに頻繁に登場する商品は、確実に売れ筋でしょう。

その商品がアフィリエイト商品であれば、アフィリエイトを始めましょう。アフィリエイトサービスはいろいろありますが、A8.netが比較的案件が多いです。販売手数料は安いですが、Amazonや楽天のアフィリエイトもあります。

スクレイピングのデータは鮮度が大切

スクレイピングのデータはお金を出して入手した貴重なデータですが、永久に活用できるわけではありません。永久に活用できないのは、世の中が変化するからです。特に価格は水物で、一ヶ月も同じ価格であるとは限りません。

ヒット商品も同じで、今年ヒットした商品が来年もヒットする保証はありません。このような事実を考えたら、スクレイピングのデータには有効期限があります。有効期限が長ければさほど問題にはなりませんが、インターネット上の情報は概して有効期限が短いです。

データの鮮度
古いデータは意味がない

この問題を解決するには、どうすればいいでしょうか?一番良い方法は自分でスクレイピングをし、最新のデータを入手することです。しかしプログラム未経験者が、スクレイピングシステムを構築するのは、現実的ではありません。

プログラム未経験者は、プログラミング不要のスクレイピングシステムを利用しましょう。検索すればヒットします。

スポンサーリンク

最新のデータを入手したい人はBright Dataが便利

最新のデータを取得したい人は、Bright Dataが便利です。

プロキシサーバーでIPアドレスを隠そう

IPアドレスを隠すという言葉から、ネガティブなイメージを抱く人はいるでしょう。しかしスクレイピングをするときは、プロバイダのIPアドレスは隠した方が良いと思います。その理由は、プロバイダのIPアドレスがブロックされる可能性があるからです。

プロキシサーバーのIPアドレスもブロックされたら使えませんが、Bright Dataは膨大な数のIPアドレスを保有しているので乗り換えたら済むことです。IPアドレスの指定はプロキシマネージャーでできるので、気楽に乗り換えできます。

データコレクターでデータを抽出しよう

Bright Dataにはデータコレクター機能がありますが、プログラミング不要でスクレイピングができます。フィルターをかけることで、目的のデータが短時間で抽出できます。Bright Dataのデータコレクターは細かい制御という点では若干問題点がありますが、価格の抽出、キーワードの抽出ぐらいであれば問題なく使えます。

Bright Dataのクローラ
Bright Dataのデータコレクターは、非常に便利

データコレクターは視覚的に操作ができるので、三日もあれば習得できると思います。現時点では完全に日本語対応はしていませんが、中学生程度の英語力があれば理解できると思います。私も利用しましたが、ほとんど迷うことなく操作できました。

長い目で見たらBright Dataを使う方がコストは安い

Bright Dataにはエクスペリメントという入門プランがあり、月額300$で契約できます。この価格が高いか安いかは人によって判断が異なると思いますが、毎月スクレイピングを外注することを考えたら非常に安いと思います。

自ら操作するのが面倒な人はデータコレクタープランと契約したら良いと思いますが、データコレクタープランでも、外注することを考えたら非常に安いと思います。

継続的にスクレイピングをしなければいけない会社には、SEO対策会社、転売屋などがあると思いますが、そのような業種の人はBright Dataに注目してほしいと思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングと外注というテーマで解説をしましたが、現在スクレイピングは非常に注目されています。しかしスクレイピングは、最新のデータを抽出しないと価値がありません。最新のデータを入手するには、毎月スクレイピングをすることが大切です。

毎月スクレイピングをする人は、外注するよりもBright Dataと契約した方が得です。

Bright Dataは海外のプロキシサーバーですが、クレジットカードとPayPalが使えるので日本からでも気楽に契約できます。従量制のプランもあるので、たまにしか使わない人は従量制のプランを検討してください。

Bright Dataの公式ページから問い合わせができるので、不明点があれば遠慮なく質問してください。担当者は親身になって答えてくれると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)