スクレイピングデータは何に使う?ネットショップ編

キャンペーン情報
キャンペーン情報も大切

スクレイピングの用途は広く知られていますが、本記事ではネットショップでのスクレイピングに、フォーカスを当てたいと思います。ネットショップに参入する人は多いですが、多くの人が十分に収入を上げることができず、数年以内に諦めてしまうようです。

しかしスクレイピングを活用すれば合理的なビジネスが可能になるので、少しは売上げが伸びるのではないかと思います。これからネットショップに挑戦する人は、参考にしてくださいね。

スクレイピングデータをネットショップで活用するポイント

これからはスクレイピングデータを、ネットショップで活用するポイントを解説しますが、ポイントを押さえなければ、無駄なデータを収集することになるので注意が必要です。

何のためにスクレイピングするのかを考える

ネットショップ
ネットショップの人は、ライバルの価格が気になる

今の時代はスクレイピングツールがあるので、スクレイピングするのはさほど難しいことではありません。しかしスクレイピングする目的を明確にしないと、努力が水の泡になる可能性があります。

スクレイピングする目的を考えるときは、以下のポイントを押さえてほしいと思います。

  • ライバル店の価格
  • ライバル店の商品紹介ページの内容
  • ライバル店のキャンペーン方法

ライバル店の価格

ライバル店が類似商品を安い価格で販売しているのであれば、価格を見直す必要があるでしょう。または、商品の価値を高めなくてはいけません。ライバル店が一店舗ぐらいであればスクレイピングする必要はありませんが、新規参入するネットショップには多くのライバルがいるはずです。

多くのライバルの価格情報を取得するときは、スクレイピングが一番効率的です。スクレイピングするときは、商品名も一緒にスクレイピングしましょう。

ライバル店の商品紹介ページの内容

ライバル店の商品紹介ページをスクレイピングした方が良い理由は、売り方が解るからです。ネットショップは文章と画像で商品の魅力を伝えますが、セールス文章と画像が悪ければ直ぐに逃げられるでしょう。

商品紹介ページのスクレイピング自体はさほど難しくはないと思いますが、商品ページの分析は経験が必要です。

商品情報
商品情報をスクレイピングするときは、関連情報も取得しよう。

何故この文章は訴求力があるのか?

画像の使い方はどうか?

ネットショップに初めて参入する人は、分析できないかもしれません。分析できない人は、専門家に教えを請うのも一つの手です。じっくりと分析力を磨きたい人は、関連書籍を読み研究してください。

ただ関連書籍を読んだだけでは分析力は身に付かないので、書かれていることを自分なりに咀嚼して試行錯誤しましょう。

ライバル店のキャンペーン方法

キャンペーンを利用し、大量に商品を売る販売店は存在します。利益率については不明ですが、キャンペーンを利用すれば、商品が売れるのは事実です。

ライバル店のキャンペーン情報をスクレイピングするときは、価格だけではなく日付にも注目しましょう。

キャンペーン情報
キャンペーン情報も大切

価格と日付の両方をスクレイピングすることで、いつキャンペーンを実施したらいいのか?どれぐらいの価格で販売すればいいのかが解ります。

スポンサーリンク

おすすめのネットモール

おすすめのネットモールを紹介します。

Amazon

言わずと知れた巨大ネットモールですが、集客力が魅力です。Amazonの集客力は半端ではなく、ありふれた商品でも、注目を集めることが多いです。ただ魅力的なモールなので、ライバルが多いです。

ライバルに勝ち抜くためにはスクレイピングデータの活用も大切ですが、こまめな集客活動も大切です。予算に余裕がある人は、ネット広告の利用をおすすめします。ネット広告は予算が設定できるものが大半なので、後で法外な料金を請求される心配はありません。。

Shopee

東南アジアや台湾をターゲットにしているネットショップは、Shopeeが便利です。Shopeeで販売するときは英語か中国語を用いる必要がありますが、敷居の高さ故に日本人のライバルは比較的少ないです。

私もShopeeで商品を販売していますが、ある程度言葉が解れば、商品ページの作成は難しくはありません。集金はすべてShopeeが代行してくれるので、良い商品さえ揃えたら成功する可能性はあります。

Qoo10

初めてネットモールに参入する人は、Qoo10も候補に入れてください。Qoo10は月額の固定費がゼロ円なので、失敗しても借金地獄に陥ることはありません。競争が激しいので大変ですが、Qoo10で商売の経験を積むのは悪くはありません。

一番簡単な物販は転売だと思いますが、Qoo10には転売品も多く販売されています。安い仕入れ先を見つけ、Qoo10で販売したらそこそこの利益は期待できます。

スポンサーリンク

スクレイピングツールを選ぶポイント

これからはスクレイピングツールを選ぶときのポイントを解説します。

スピードが命と知れ

ネットモールのスクレイピングは、スピードが命です。タイミングを逸すれば、大切なデータを見失う可能性があります。そのためスクレイピングツールを選ぶときは、極力少ないステップで完結するものが好ましいです。

それからスクレイピングの項目によっては夜間に実施することがあるので、スケジュール機能があるスクレイピングツールが便利だと思います。

ドメイン単位でスクレイピングできるツール

同じドメインの情報
同じドメインの情報がすべてスクレイピングできたら便利

一般的にネットモールは巨大です。巨大なので何ページもあります。このようなネットモールをスクレイピングするときは、ドメイン単位でスクレイピングできるツールが便利です。

ただドメイン単位でスクレイピングしたら、データが膨大になり、結果が解りにくくなることがあります。このような問題点を解決するには、URLごとにスクレイピングするのが一番です。優れたスクレイピングツールは、URLごとにスクレイピングしてくれます。

カスタマイズできるツール

スクレイピングの対象と、スクレイピングする方法はさまざまだと思います。

しかしカスタマイズできるスクレイピングツールがあれば、どのような人でも便利に使えます。設定だけでカスタマイズできたら一番ですが、無理な場合はプログラミングでカスタマイズするしかありません。

スクレイピングツールの中には開発者向けのものがあり、そのようなスクレイピングツールを活用すれば効率的に開発できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

Bright Dataのスクレイピングツールはネットモールでも大活躍

Bright Dataにはライブデータセットというスクレイピングツールがありますが、ライブデータセットを活用すれば、Amazonなどの巨大ネットモールのスクレイピングが、クリック操作だけで完結します。

最後には納期と見積額が出るので、安心して購入できます。ライブデータセットがサポートしているwebサービスはSNSが多いですが、今後はネットモールも増えると思います。

データコレクターは本格的なスクレイピングツールで、タグさえ解ればすべてのwebサービスで使えると思います。こちらもステップ数は少なめで、忙しいネットショップの人は助かると思います。

サーチエンジンクローラーはプログラマ用のスクレイピングツールで、キーワードを入力すれば自動的にコードを生成してくれます。効率的に開発したい人は是非利用してください。

まとめ

本記事ではネットモールをスクレイピングするときのポイントを解説しましたが、ツールの使い方は解説せず、項目を選ぶときのポイントを解説しました。今は優れたスクレイピングツールが多いので、スクレイピングそのものは難しくはありません。

しかし何をスクレイピングするのか?この問題はスクレイピングツールでは解決しません。ただその問題さえ解決できたら、後はスクレイピング作業だけです。

頑張ってください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)