スクレイピングの難易度ランキング

Bright Dataのデータコレクター
データコレクターがあれば、スクレイピングできる

スクレイピングは基本的に対象のタグを指定し、タグで囲まれたデータを抽出する技術です。これだけ聞くとスクレイピングは簡単だと思うかもしれませんが、実は簡単なスクレイピングと厄介なスクレイピングがあります。

スクレイピングの難易度は人によって異なりますが、本記事では独自の難易度ランキングを作成しました。初めてスクレイピングに挑戦する人は参考にしてください。

スクレイピング難易度ランキング5

これからはスクレイピングの難易度を、ランキング形式で紹介します。

5位:テーブルタグのデータを取得

テーブルタグに囲まれたデータのスクレイピングは、難易度が低いです。難易度が低いのはExcelでも収集できるからです。Excelにはスクレイピング機能がありますが、操作は非常に簡単です。操作の簡単さを鑑みて、難易度は低めにしました。

通常のスクレイピングは最終的にはCSVファイルなどをダウンロードしますが、Excelでスクレイピングをしたら、ダウンロードする必要はありません。自動的にデータをExcelで読み込んでくれるので、利用者の手間は凄く省けます。

CSVデータ
CSVデータはExcelで読み込める

またスクレイピングとは関係ありませんが、Excelでデータを読み込んだら並べ替えが楽です。Excelには並べ替え機能があり、並べ替え機能を活用することで、お好みの表示形式にすることができます。

4位:簡単なタグを使っている

<h2>タグや<img src=””>といったタグは、比較的スクレイピングしやすいです。これらのタグは入れ子状態になっていない限り見つけやすいので、スクレイピングするときに手こずることはないと思います。

Excelでは難しいかもしれませんが、通常のスクレイピングツールを活用すれば、短時間でスクレイピングは完結すると思います。

3位:データがデーターベースに格納されている

データがデータベースに格納されているサイトの、スクレイピングの難易度は中の上だと思います。基本的にすべての情報をブラウザ上に出力しなければ、すべてのデータを収集することはできないので、先ずはすべてのデータを出力する方法を考えなければいけません。

検索に条件を付けなければ、すべてのデータは出力できると思いますが、検索システムに慣れていない人は、このことに気付かないかもしれません。

検索
ソース画面を検索

ただシステムの構成によっては、表示されない可能性もあります。その際はどうすれば、すべてのデータが表示できるのかを考えなくてはいけませんが、システム開発をしたことがない人は、方法を見つけるが難しいかもしれません。

2位:ドメイン単位のスクレイピング

ドメイン単位のスクレイピングの難易度は上にしました。ドメイン単位でスクレイピングしようと思えば、ドメイン内にあるすべてのHTML情報を取得しなければいけません。小規模サイトであれば、人力で取得できるかもしれません。

しかし200ページ以上になると、人力で取得するのは大変です。また人力で取得しようと思えば、人件費がかかります。

1位:JSON形式または暗号化

ソースがJSON形式になっていたり、暗号化しているサイトのスクレイピングは難易度が高いです。突破するにはプログラムが必要なので、最難関にしました。

JSON形式に関してはスクレイピングした人がいるので、不可能であるとは言えないですね。暗号化している場合は検証していないので不可能であるかどうかは解りませんが、暗号化のアルゴリズムが公開されていたら克服できるでしょう。

スポンサーリンク

難易度別おすすめのスクレイピングツール

これからは難易度別に、おすすめのスクレイピングツールを紹介します。

難易度が低めのスクレイピング

テーブルタグで囲まれたデータを取得するときは、Excelでいいと思います。実際私も試しましたが、難なく取得できました。

スクレイピングデータをグラフ化
Excelを使えば簡単にグラフ化できる

最近はMicrosoftのOffice付きのパソコンが販売されているので、Excelでスクレイピングをする人は、そのようなパソコンを購入したら経済的だと思います。

難易度が中のスクレイピング

難易度が中の場合は有料のスクレイピングツールがおすすめですが、設定が面倒くさくない人は無料のスクレイピングツールでもいいと思います。chromeの拡張機能の中にもスクレイピングツールはあるので、無料でトライしたい人はchromeの格調機能から探してください。

chromeの格調機能以外にも、無料のスクレイピングツールはあります。無料のスクレイピングツールを選ぶときは、使ってから判断してほしいと思います。実際に使うことで、自分に合っているかどうかが解ります。

難易度が中の上または上のスクレイピング

難易度が中の上のスクレイピングは、有料のスクレイピングツールがいいと思います。データがデータベースに格納されているので、まずは全部のデータを出力する必要があります。出力方法は先ほども説明しましたが、条件を付けないで検索することです。

同じドメインの情報
同じドメインの情報がすべてスクレイピングできたら便利

条件を付けないで検索をしたら多くの情報が出力されるので、ページングで表示されるのが普通です。ページングで表示されたら別のURLになるので、ドメイン単位でスクレイピングできるスクレイピングツールが必要です。

有料のスクレイピングツールでも、ドメイン単位でスクレイピングできないものはあるので、購入または契約するときは必ず確かめてください。

難易度が最上位のスクレイピング

ソースがJSON形式になっていたら厄介です。通常のスクレイピングツールでは、対応できないかもしれません。そうなると自らスクレイピングツールを構築することも視野に入れた方がいいですが、プログラミングの心得がない人は業者に依頼した方が安上がりです。

スクレイピング業者はプログラミングの心得があるので、ソースがJSON形式であっても対応してくれると思います。ただ少しハードルが上がるので、料金は高めかもしれません。

スポンサーリンク

Bright Dataのスクレイピングツールは万能

Bright Dataのスクレイピングツールは万能だと思います。簡単なスクレイピングは言わずもがな、難易度の高いスクレイピングにも対応しています。

大規模なwebサービスのスクレイピングはライブデータセット

動画を観てもらえば解ると思いますが、ライブデータセットはクリック操作だけで、大規模なwebサービスのスクレイピングができます。操作は非常に簡単で、対象のwebサービスを選ぶだけです。

最後には納期と価格が出ますが、納期と価格を前もって教えてくれたら注文しやすいですね。自力でスクレイピングツールを作りたい人もいるかもしれませんが、一日も早くデータをビジネスで活用したい人は、ライブデータセットを利用した方が圧倒的に効率的です。

小中規模のスクレイピングはデータコレクター

データコレクターは本格派のスクレイピングツールで、対象のタグをフォームから指定するようになっています。ライブデータセットのように簡単ではありませんが、小中規模のスクレイピングはデータコレクターの活用をおすすめします。

Bright Dataのデータコレクター
データコレクターがあれば、スクレイピングできる

スケジュール機能もありますが、スケジュール機能を活用したら、スクレイピングしている間に他の仕事をすることも可能です。

IPアドレスが指定できるので、匿名でスクレイピングしたい人は助かると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングの難易度ランキングを発表しましたが、最近のサイトの構成は多様化しています。昔は簡単なHTMLで構成されたサイトしかありませんでしたが、最近はそのようなサイトは少数派になっています。

そのためスクレイピングをするときは、多かれ少なかれ苦労すると思います。しかしBright Dataのスクレイピングツールを活用すれば、どのようなサイトでも攻略できると思います。

Bright Dataのスクレイピングツールは無料体験ができるので、法人の方は一度試してくださいね。強引な営業はないので、安心してお試しください。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)