スクレイピングのデータ分析は大切

スクレイピングの頻度
スクレイピングは頻繁にしない

スクレイピングのデータは分析したらビジネスになる

価格情報などはそのままでも価値がありますが、珍しい商品とかバーゲン品は分析するからこそ価値が増します。価値が増せばビジネスの種になりますが、どうやって分析するのかは非常に難しい問題です。

スクレイピング業者の中にはデータの分析も請け負っているところがありますが、表面的な分析しかしていない業者もあります。そんな分析はビジネスでは役に立たないと思います。ビジネスに役立てるには、ビジネスの観点から分析する必要があると思います。

本記事ではスクレイピングのデータを分析するノウハウを紹介しますが、紹介するノウハウがすべてではありません。しかしデータ分析の参考になったら幸いです。

スクレイピングのデータ分析の基本

これからはスクレイピングのデータを分析する方法を考えます。

必要な情報を厳選する

商品情報
商品情報をスクレイピングするときは、関連情報も取得しよう。

スクレイピングは膨大な情報を効率的に収集する技術ですが、本当に必要な情報を収集しなければ意味がありません。しかし必要な情報を厳選するのは、意外に難しいものです。必要な情報が選別できない人は、今困っていることに注目しましょう。

商品が売れないのであれば、インターネット上の類似商品情報を収集したら良いと思います。必要な情報項目は商品名、色、サイズ、価格でしょう。価格に関しては、特売日も注目した方が良いと思います。

特売日をスクレイピングするのは一見難しそうですが、特売日以外の価格と比較したら簡単にわかります。これらの情報をスクレイピングするには、該当のタグを見極めるのが大切です。同じショッピングモールであれば、同じタグを使っているはずです。

データを分析する

スクレイピングしたデータは分析しなければ、単なるデータになってしまいます。しかしデータを分析するのは難しいもので、多くの人はデータを深掘りすることができません。

データを深掘りするポイントは、仮説と検証を繰り返すことだと思います。ある時期に特定商品の登場回数が多くなっているのであれば、なぜこの季節に売れるのかを考え仮説にしたら良いと思います。

データ
データの分析は大切

そして自社、自店舗の商品も同じ季節に販売し、仮説が正しいのかどうかを検証したら良いと思います。仮説と検証の大切さは多くの人が語っていますが、上辺だけの作業にならず、徹底的に実行することが大切です。

牛丼の吉野家を立て直した伊東 正明氏も仮説と検証の大切さを訴えていますが、伊藤正明氏の仮説と検証は徹底しています。関心のある方は、伊藤正明氏が主催している研修セミナーに参加してください。

取得したデータはエクセルに取り込む

スクレイピングで取得したデータはweb上のデータベースに取り込んでもいいですが、自由に抽出するにはプログラミングが必要です。腕に自信のある人であれば自らデータ解析システムを構築したらいいですが、一般の人が構築するのは現実的ではありません。

データをExcelに転記したら、一般の人でも比較的簡単に抽出できます。Excelにはフィルター機能があり、フィルターを駆使することで必要な情報が整理されて表示されます。Excelはデータベースではないので極端に多い情報は格納できませんが、1万件ぐらいのデータであれば問題はないと思います。

フィルターを使えば一年間の価格の平均を出すことも可能ですが、価格の推移を表にすることも可能です。また関数が使える人であれば、かなり自由自在に抽出できると思います。

業者にデータ分析を頼むときは分析内容を教えてもらう

業者によっては、データを分析してくれるところがあります。しかし業者はプログラマ思考でデータを抽出することが多いので、利用者の業種によっては使えないことがあります。

依頼するのであれば、webマーケティングにも詳しい業者を選んだ方が良いと思います。webマーケティングに詳しいかどうかはホームページでチェックできますが、ホームページに記載されていない場合は、過去のサンプルを見せてもらってください。

スポンサーリンク

自力でスクレイピングをするときの注意点

スクレイピングのデータを分析する大切さはご理解いただけたかと思いますが、一般の人がスクレイピングするのは可能でしょうか?その答えはイエスです。ただ注意点はあります。

プログラミング不要のスクレイピングツールを使用する

プログラミング不要のスクレイピングツールを使用すれば、一般の人でもスクレイピングはできます。ただそのようなツールは月契約なので、継続しない人は一回限りのサービスを利用した方が安いです。

プログラミング不要のスクレイピングシステムは、インターネットで見つけることができますが、体験期間があるものは試してください。試してこそ、わかることは多いです。体験期間がないスクレイピングシステムは、デモ映像を見せてもらいましょう。

頻繁にスクレイピングをしない

無制限プランの場合は好きなだけスクレイピングできますが、無制限だからといって毎日のようにスクレイピングするのはおすすめできません。スクレイピングすることで対象のサイトに負荷がかかりますが、連日連夜負荷をかけられるサイトの運営者は良い気分ではないでしょう。

神経質で怒りやすい運営者は、ブロックする可能性があります。ブロックされたら、二度と同じIPアドレスではスクレイピングはできません。このような問題があるので、スクレイピングはある程度間隔を空けて、実行した方が良いと思います。

スクレイピングの頻度
スクレイピングは頻繁にしない

自動的にスクレイピングできるシステムを組んでいる場合は、スケジュールが過密にならないように気をつけましょう。スクレイピングを自動化する方法にはcronがありますが、cronはスケジュールが設定できるようになっています。

Windowsのタスクスケジューラーも、スケジュールが設定できるようになっています。ExcelでVBAを組めばExcelでもスクレイピングできますが、実行者のIPアドレスが対象のサイトに通知されるのは同じです。

スポンサーリンク

効率的に情報を集めたい人はBright Dataが一番

データは分析してこそ意味がありますが、分析する前にデータを集める必要があります。世界的に有名なBright Dataは、データを効率的に集めます。

データコレクター機能は凄い

Bright Dataはプロキシサーバーなので当然IPアドレスの代理はしてくれますが、IPアドレスの代理だけではなく、情報収集の技術にも長けています。Bright Dataにはデータコレクター機能がありますが、データコレクター機能は情報を効率的に見つけます。

データコレクター機能はプログラミング不要でスクレイピングしてくれるスグレモノですが、非常に使いやすいです。スクレイピングしたい分野を選ぶか、直接URLを入力すればスクレイピングができます。プログラミング不要でスクレイピングできるツールは他にもありますが、データコレクター機能が一番わかりやすいと思います。

Bright Dataのクローラ
Bright Dataのデータコレクターは、非常に便利

データコレクターのようなシステムを業者に頼んだらかなり費用がかかりますが、Bright Dataの維持費は凄く安いです。またデータの分析もしてくれるサービスがあるので、忙しい人は助かるでしょう。

Bright Dataのデータコレクター機能は使いやすさだけではなく、海外の情報をスクレイピングするときに便利です。Bright Dataは世界10ヶ国のIPアドレスを保有しているので、さまざまな国の情報が取得しやすいです。

日本のプロバイダのIPアドレスでスクレイピングを実施してもいいですが、サイトによっては国外からのアクセスを規制しているところがあります。このような理由があるので、海外の情報をスクレイピングするときは、現地のIPアドレスを使うのが一番です。

Bright DataにはAPI関数がある

データコレクター機能も便利ですが、Bright DataにはAPI関数があるのでプログラミングできる人は、独自のシステムを構築しましょう。API関数のコードは最初から用意されていて、ユーザーはコードをコピーし、編集ソフトに貼り付けるだけです。

ただこれだけだと使い勝手のよいシステムにはならないので、コードを付け足していく必要があります。代表的なプログラム言語は全て用意しています。

システム会社の人はBright Dataを活用し独自のシステムを作れば、会社のウリになると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングのデータ分析について解説をしましたが、スクレイピングのデータは分析しなければ意味がありません。しかし分析の手法はあまり知られていません。本記事ではデータ分析の手法についても解説しましたが、データ分析の手法は一つではありません。

ただ仮説と検証が基本なのは同じで、スクレイピングを実行する人は、仮説と検証の大切さを忘れてはいけないと思います。

効率的にデータを収集したい人は、是非ともBright Dataを活用してほしいと思います。Bright Dataの価格形態は柔軟性があり、たまにしか使わない人は従量制も選択できますよ。不明点があれば、以下のリンクから問い合わせをしてくださいね。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)