独学でスクレイピングを勉強する方法

コミュニティ
不明点はコミュニティで聞きましょう

スクレイピングの独学は可能です

ココナラではときどきスクレイピング構築の案件がありますが、スクレイピングはホットな技術です。ホットな技術になったのは、ネットビジネスが盛んになってきたからだと思います。そんな技術を習得したら飯の種になりますが、まったくの素人が独学で習得するのは可能でしょうか?

答えはイエスだと思います。さすがに入力もできない人は難しいですが、ExcelやWordをそれなりに使える人であれば独学は可能だと思います。ただスクレイピングの知識は独特なので、系統的に勉強した方が良いと思います。

本記事ではスクレイピングの独学の方法を紹介しますが、非プログラマを対象にしています。独学の方法は私の経験をもとにしていますが、参考になったら幸いです。

独学でスクレイピングを学ぶポイント

これからは独学でスクレイピングを学ぶポイントを紹介します。

初心者は教科書を購入する

スクレイピングに必要な知識はHTMLとプログラム言語です。HTMLは単なる書式なので解説サイトを読むだけで習得できると思いますが、プログラム言語は解説サイトを読むだけでは難しいです。有料の解説サイトは別ですが、一般の解説サイトは断片的にしか解説していないので、全くの初心者は挫折する可能性があります。

pythonでスクレイピングをする人が多いですが、全くの初心者はPHPの方がいいかもしれません。PHPを推薦する理由は、初心者向けの解説本が多いからです。またPHPはデータベース関係の関数が多く、簡単にデータベースに接続できます。

スクレイピングで取得したデータはデータベースに格納した方が便利ですが、PHPは既存の関数を使うだけで格納できます。またデータを取り出す関数も豊富なので、取り出すときも楽です。おすすめの解説書は、PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版です。

サンプルだけではなく、基本の基本から解説しているので挫折しにくいです。この本でPHPの基本を学んだらpythonも覚えやすいですよ。

PHPの基本を学んだ後は、スクレイピング関係の本を読んだらいいと思います。PHPの基本を学んだ後にスクレイピングの本を読んだら、理解しやすいですよ。

親切な人が多いコミュニティを選ぶ

教科書で勉強しても疑問点は出てきます。そんな疑問点はコミュニティで質問をし解決したいものですが、コミュニティによっては口が悪い人、上から目線の人がいます。そんなコミュニティに入会しても長続きしません。

親切な人が多いコミュニティを見つけるポイントは、管理人がしっかり管理していることです。管理人がしっかり管理しているコミュニティは、比較的誠実で親切な人が多い印象があります。私はいくつかのコミュニティに参加していますが、このことは身をもって体験しました。

コミュニティ
不明点はコミュニティで聞きましょう

入門時はいろいろ質問しましたが、質問内容が簡単すぎるだけで馬鹿にする回答者もいました。これは回答する人の人間性に問題がありますが、質問者も質問するときは工夫する必要があります。

質問するときのポイントは、自分の環境を明確にすること、わからないことを整理して伝えることです。決して思いつくままの言葉を、掲示板に投稿してはいけません。まずは質問内容を整理してから、投稿しましょう。

実際にコードを書いて覚える

HTMLもプログラムも頭で理解するものではなく、試行錯誤しながら覚えるものです。試行錯誤すれば、自然に関数や書式の役割がわかってきますよ。しかし、いきなりコードを書くのは難しいですよね。

書式のHTMLはともかく、プログラムは初心者には敷居が高いです。そんな初心者におすすめしたい方法が、フリープログラムの改造です。フリープログラムは無料でダウンロードできますが、ダウンロードしたら、まずは簡単そうなファイルを開きましょう。

プログラム習得のコツ
プログラムは頭で覚えるのではなく、試行錯誤して覚えよう

そしてコードの一部を改変するのです。3回同じ処理を繰り返すコードがあったら、2回や4回に改変しましょう。まったくの初心者であれば、メッセージの内容を変更するところから始めたらいいと思います。

プログラムを頭だけで理解できる優秀な人は別ですが、一般の人は試行錯誤しながら覚えた方が効率的です。私は現在フリープログラムを提供していますが、最初の頃はフリープログラムを改造ばかりしていました。

スポンサーリンク

スクレイピングの基本を習得してからのステップ

スクレイピングの基本を習得してからのステップを紹介します。

レンタルサーバーを借りる

HTMLとプログラムの勉強をしているときにレンタルした人は必要ないですが、スクレイピングの実践にはレンタルサーバーが必要です。レンタルサーバーの種類は凄く多いですが、初心者はコントロールパネルが使いやすいサービスを選びましょう。

大抵のレンタルサーバーにはお試し期間があるので、その間に使いやすさを確かめてください。言うまでもありませんが、レンタルサーバーを選ぶときは、提供しているプログラム言語を確認する必要があります。

PHPを使うのであればPHPを提供しているレンタルサーバーが必要だし、pythonを使うのであればpythonを提供しているレンタルサーバーが必要です。

ライブラリを探す

すべて自力でスクレイピングシステムのプログラムを構築するのは可能だと思いますが、今はスクレイピング用のライブラリがたくさんあるので、ライブラリを使った方が効率的です。「スクレイピング ライブラリ」のキーワードで検索すれば、いくつかのライブラリが見つかると思います。

ライブラリを探した後はライブラリをインポートし、コードを付け足していくだけです。PHPもpythonも、ライブラリを読み込むのは簡単です。

ベテランになったらビジネスを考える

スクレイピングに慣れて名人の域に達したら、ビジネスにする道も見えてきます。私はココナラをよく見ますが、スクレイピングの案件は結構多いです。スクレイピングの案件が多くなってきたのは、ネットショップが増えてきたからです。

ネットショップが増えれば増えるほどライバル店が増えるので、勝ち抜くのが難しくなります。勝ち抜くためにはライバル店の売値や商品構成を確認するのがいいですが、売値や商品構成を効率的に習得するのがスクレイピングです。

このような背景があるので、今後はスクレイピングできる人が重宝されると思います。データを分析するサービスも付加したら、きっと引く手あまたになると思います。

スポンサーリンク

スクレイピングをビジネスにしたい人はプロキシサーバーをレンタルしよう

スクレイピングの技術を習得したらビジネスにできます。しかしスクレイピングをビジネスにしようと思えば、プロキシサーバーをレンタルした方が有利です。有利な理由はプロキシサーバーのIPアドレスが使えることもありますが、プロキシサーバーが負荷分散技術に長けていることも大きいです。

負荷分散技術に長けているのは、プロキシサーバーの仕様も関係しています。リバースプロキシはユーザーのリクエストに応じて、複数のサーバーに振り分けます。

プロキシサーバーが負荷分散に役立つのは事実ですが、すべてのプロキシサーバー業者が高度な負荷分散技術を有しているわけではありません。

Bright Dataの負荷分散技術は秀逸

ユーザーのリクエストは最終的にwebサーバーに届けられますが、トラフィックが過多になるとリクエストが失敗することがあります。トラフィックの管理はプロキシサーバーの命題ですが、Bright Dataのリクエスト成功率は99.49%だそうです。(業者によるテスト結果)

驚異的に高い成功率ですが、ビジネスでは安定稼働が大切です。頻繁に遅延が発生したりダウンするプロキシサーバーは、ビジネスでは使えません。その点Bright Dataのリクエスト成功率は圧倒的なので、ビジネスでも安心して使えます。

Bright Dataには無料で使えるプロキシマネージャーがありますが、プロキシマネジャー経由でトラフィックの管理ができます。ユーザーができるトラフィック管理は限定的ですが、大人数でスクレイピングをする会社は助かると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングと独学をテーマにしましたが、スクレイピングの独学は十分に可能です。大規模なシステムを構築しようと思えば大人数のコーダーが必要ですが、スクレイピングのシステムは比較的小規模なので一人でも構築できます。

ただビジネスでスクレイピングシステムを提供するときは、プロキシサーバーをレンタルした方が便利です。

プロキシサーバー業者は今後も飛躍的に増えると予想されますが、現時点ではBright Dataが一番です。プロキシサーバー業者の中には胡散臭いところもありますが、Bright Dataは世界の有名企業も使っている信頼性の高いプロキシサーバーです。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)