スクレイピング業者になる道

連絡先
web営業に必要な連絡先は、電話番号やメールアドレス。

スクレイピング業者になり一人起業しよう

昔はスクレイピングという技術がなかったので、検索でヒットすることはありませんでした。しかし今は市民権を得ているので、「スクレイピング 業者」というキーワードで検索すると、多くの業者がヒットします。

ところでスプレイピング業者は、具体的に何をしているのでしょうか?本記事では、スクレイピング業者の仕事を調査したいと思います。調査はインターネットでしますが、筆者独自の解釈を加えたいと思います。

具体的な仕事内容がわかれば、一人起業するときの参考になると思います。スクレイピングの仕事は競争相手が多くて大変ですが、少しでも夢に近づけたらいいですね。

スクレイピングデータの種類

スクレイピングとは効率的にデータを抽出する技術ですが、具体的にどのようなデータを抽出しているのかは、あまり知られていません。ここでは、スクレイピング業者が抽出しているデータを紹介します。

連絡先

連絡先
web営業に必要な連絡先は、電話番号やメールアドレス。

スクレイピングで連絡先を抽出し、営業に活用する会社は多いです。基本的には会社名、メールアドレス、電話番号などを抽出しますが、抽出したデータはcsvファイルなどに整形して依頼主に渡します。

連絡先を抽出してほしいとの依頼は、クラウドソーシングサービスでもよく見ます。おそらく一番需要がある、スクレイピングデータだと思います。

美容院情報

ホットペッパーをご存じでしょうか?全国の美容院やサロン情報を集め、直接予約できるシステムです。システムを構築するには、全国の美容院情報とサロン情報が必要です。

このようなデータの依頼はクラウドソーシングサイトでは見たことがありませんが、ニーズがあるのは間違えありません。プログラミングできる人であれば、集めた情報をデータベースに取り込み、予約システムを作成したらいいと思います。

自力でシステムを構築できない人は、このようなシステムを構築している会社に営業したらいいと思います。私はこのようなシステムを構築している、システム会社を知っています。

ネットショップの商品情報

ネットショップの商品情報もニーズがあります。類似商品の販売価格を知ることはネットショップのオーナーにとっては大切なことですが、手作業で調べるのは大変です。

スクレイピング技術を活用すれば短時間で必要なデータが取得できるので、調査員を雇う必要がありません。ネットショップの商品情報をスクレイピングする依頼は、クラウドソーシングサイトでときどき見ます。

ネットショップ業界は飽和状態ですが、勝ち抜くためには価格設定が大切です。スクレイピングで取得した類似商品の販売価格は、価格設定の大きな判断材料になるでしょう。

病院情報

病院情報もニーズがあります。今はオンラインで病院の予約ができる時代ですが、予約システムに病院情報を取り込む必要があります。

病院の予約システム構築は確実なニーズがあります。ハローワークでも見たことがありますが、予約システムがあれば、待ち時間が大幅に短縮できますね。

地域単位で病院情報をスクレイピングしたら、依頼者は喜ぶと思います。地域単位でスクレイピングするのは少し面倒ですが、完成したら売れるデータになると思います。

中古車情報

中古車
中古車の細かいデータは販売時に必要

車を中古車業者に売りたい人はいますが、最近はオンラインでも大まかな査定額はわかります。査定のポイントは車種名、年式だと思いますが、これらのデータをスクレイピングしたら、中古車業者は喜ぶと思います。

これらのデータは中古車市場だけではなく、車のパーツ販売にも活用できます。車のパーツは車種と年式によっては適合しないことがあるので、ホームページにそのことを記載するのは大切です。

私は車種とランプの適合情報をシステム化したことがありますが、車種情報と年式をスクレイピングしました。

スポンサーリンク

スクレイピングデータは整形して納品しよう

スクレイピングしたデータは、利用者が使いやすい形に整形することが大切です。利用者が使いやすいデータ形式には、csvファイルがあります。csvファイルはExcel、Access、Googleスプレッドシートなどで利用できます。

csvファイルは「,」でデータを区切りますが、スクレイピングする人はcsvファイルにする処理をしなければいけません。処理はプログラム言語でしますが、PHPだったらfputcsv関数が便利だと思います。

もしクライアントがソフトでcsvファイルを読み込むことができない場合は、Excelに組み込み納品したら親切だと思います。クライアントのITレベルはさまざまなので、クライアントに優しいファイル形式で納品する気配りが必要です。

スクレイピング業者になったら営業しよう

スクレイピング業者になっても、営業しなければ注文は一つもこないでしょう。しかし名もなき個人が営業をしても、得意先を見つけるのは難しいです。名もなき個人は、まず名を売ることが大切です。

手っ取り早く名を売るには、ココナラに登録するのが一番です。ココナラは売り手が自由にアピールできます。ただ登録しても、最初の頃は注文がこないかもしれません。

営業
スクレイピング業者も営業が必要

しかし一人でも注文してくれて高評価を頂けたら、少しずつ依頼者は増えてきます。このことは私も体験しています。高評価してもらうためには、クライアントの期待を上回ることが大切です。

クライアントは何らかの期待を持ち発注しますが、売る側はクライアントの期待度を見極める必要があります。クライアントがどの程度のレベルを求めているのか?・・この答えは、メールの内容で判断するしかありません。

急にはできませんが、少しずつ慣れてほしいと思います。私は依頼者の文章から、求めているレベルを知る努力を常にしています。

スポンサーリンク

手っ取り早くスクレイピングするにはBright Data

手っ取り早くスクレイピング業者になりたい人は、Bright Dataと契約するのが近道です。以下ではその理由を紹介します。

Bright Dataはデータを整形してくれる

データを整形してクライアントに渡すことの大切さは説明しましたが、技術力の低い人がいきなりデータを整形するのは難しいです。

Bright Dataのデータコレクターを活用すれば、対象のデータをcsvファイルで出力してくれます。他のファイル形式もありますが、一般の人にとってcsvファイルが一番扱いやすいと思います。

Bright Dataには丸投げプランもある

Bright Dataには、スクレイピング作業を代行してくれるサービスがあります。代行を頼んだら利益率が低くなるかもしれませんが、スクレイピングに付加価値をつけ少し高い価格で販売したらいいでしょう。

付加価値というと難しく思うかもしれませんが、データを印刷したり、データをホームページに記載するのも付加価値です。

他にも付加価値を付ける方法はあると思いますが、付加価値を付けるときは自分の得意分野を活かした方が良いと思います。データ分析が得意であれば、データ分析を付加価値にしたらいいでしょう。

Bright Dataは海外のサイトをスクレイピングするときに便利

Bright Dataは世界10ヶ国にデータセンターがあり、データセンターがある国のIPアドレスは自由に使えます。海外のサイトをスクレイピングするときは現地のIPアドレスを使うのが基本ですが、Bright Dataのプロキシマネージャーを活用すればIPアドレスの指定は簡単です。

インターネットは世界中に繋がっていますが、海外のサイトの中には国外からのアクセスを禁止しているところがあります。これは本当の話で、私のクライアントも日本のIPアドレスで海外のサイトにアクセスしたら、ブロックされたと言っていました。

国外からのアクセスを禁止するのはさほど難しいことではないので、今後も海外からのアクセスを禁止するサイトは増えるでしょう。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピング業者になる道を解説しましたが、スクレイピングには将来性があると思います。今は情報過多の時代ですが、スクレイピングすれば必要な情報だけ取得できます。

世界にも目を向けたら、スクレイピングの世界で勝ち抜くことができるかもしれません。

Bright Dataと契約すれば、海外のサイトもスクレイピングしやすいです。スクレイピングの世界で生き抜きたい人は、是非とも検討してほしいと思います。

Bright Dataの契約プランは月契約だけではなく、従量課金制もあります。たまにしかスクレイピングしない人は、従量課金制を選択したらいいでしょう。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)