無料のスクレイピングツールの問題点

スクレイピング
無料のスクレイピングツールで体験

無料のスクレイピングツールは進化している

無料のスクレイピングツールは進化しています。ツールによっては、有料のスクレイピングツールに匹敵する機能があります。そんな無料のスクレイピングツールを使う人が増えるのは当然ですが、無料のスクレイピングツールにはデメリットもあります。

本記事では、無料のスクレイピングツールを詳しくみます。

無料のスクレイピングツールのデメリット

スクレイピング
無料のスクレイピングツールで体験

これからは無料のスクレイピングツールのデメリットを紹介します。

機能が貧弱

無料のスクレイピングツールは、機能的に貧弱です。中には例外もありますが、そのようなツールはフリープランと有料プランの両方を用意しています。おそらく有料プランの宣伝のために、フリープランを提供しているのだと思います。

簡単なスクレイピングであればフリープランでも問題はないですが、ビジネスで使うときは有料プランでなければ役不足です。

突然廃止になるリスクがある

無料のスクレイピングツールは無料で提供しているので、運営者は何らかの形で収入を得る必要があります。一番オーソドックスな収入源は広告収入ですが、広告収入は当てになりそうでならないです。

スポンサーの広告予算が少なくなれば、突然打ち切られる可能性があります。スポンサーが撤退したら、無料で提供するのは難しくなります。そうなれば個人使用の場合、急に廃止になってもさほど困りませんが、ビジネス目的の場合は多くの人に迷惑をかけてしまいます。

スポンサーリンク

こんな人は無料のスクレイピングツールを使おう

無料のスクレイピングツールを使うべきシーンを紹介します。

スクレイピングを体験したい

機能
実際に機能を体験しよう

スクレイピングには興味があるけど、具体的なメリットや効果がわからない。このような人は無料のスクレイピングツールで、スクレイピングの世界を覗いて欲しいと思います。

無料のスクレイピングツールの機能は貧弱気味ですが、Octoparseなどは機能が充実しています。Octoparseのフリープランの機能は有料プランと比較したら貧弱ですが、使ったらスクレイピングの概略は十分にわかります。

キーワードだけ抽出したい

複雑なスクレイピングは必要なく、キーワードだけ抽出できたらいい・・このような人も、無料のスクレイピングツールが良いと思います。無料のスクレイピングツールには二種類あり、単体で作動するタイプ、ブラウザに組み込むタイプがあります。

どちらを選んでもいいですが、キーワードだけ抽出するのであればブラウザに組み込まれているタイプの方が便利だと思います。chromeの拡張機能の中にもスクレイピングツールはあるので、関心のある方は試してください。

たまにしか使わない

たまにしかスクレイピングをしない人は、無料のスクレイピングツールを使った方が経済的です。有料のスクレイピングツールは月契約になっていることが多いので、使わない月でも支払いは発生します。

月々数百円程度の維持費であれば有料契約してもいいですが、一万円を超える場合は無料のスクレイピングツールに限ります。無料のスクレイピングツールは使える容量が少ないですが、個人利用であれば容量をオーバーすることはないと思います。

無料のスクレイピングツールを賢く選ぶポイント

無料のスクレイピングツールを賢く選ぶポイントを紹介します。

実際に体験する

スクレイピングツールのホームページには主な機能が書かれていますが、使い心地の良さまではわかりません。使い心地の良さを確かめるには、実際に体験するしかありません。無料なので金銭的な負担はゼロです。気になるスクレイピングツールは試してみましょう。

ただ英語のスクレイピングツールは、機能の説明が読めなかったり、申し込み方法がわからないことがあります。英語が苦手な人は、ブラウザの翻訳ツールを利用するのが一番です。どのブラウザも右クリックで利用できると思います。

スクレイピングする対象を明確にする

ブラウザ
chromeの拡張機能は便利

無料のスクレイピングツールを選ぶときは、スクレイピングする対象を明確にすることも大切です。タイトルや<H1>で囲まれた文字だけを取り出すのであれば、簡易のスクレイピングツールで十分です。このようなツールはchromeの拡張機能にあります。

さまざまなタグが使われているデータの場合は、カスタマイズしやすい無料のスクレイピングツールが良いと思います。タグを調べるときはソースを見ますが、ソースは対象のサイトで右クリックしたら閲覧できます。

有料プランも用意しているスプレイピングツールを選ぶ

いくら気に入ったスクレイピングツールでも、フリープランの場合は突然廃止になる可能性があります。そんなリスクを避けるには、有料プランも用意しているスクレイピングツールを選ぶしかありません。

有料プランがあれば、フリープランが突然廃止になっても慌てることはありません。フリープランが突然廃止になる例は多いので、ユーザーは先のことまで考えた方が賢明です。

スポンサーリンク

Bright Dataは最小の出費で始めることができる

Bright Dataは有料のプロキシサーバーですが、データコレクターというスクレイピングツールも提供しています。Bright Dataは月契約も可能ですが、使った分だけ支払う従量課金制も選択できます。そのため、最小の出費で始めることができます。

Bright Dataは有料のサービスですが、有料ならではの機能がたくさんあります。

カテゴリー分けされている

Bright Dataのクローラ
Bright Dataのデータコレクターは、非常に便利

スクレイピングするときは特定の分野のURLが簡単にわかれば便利ですが、Bright Dataのデータコレクターはカテゴリー分けされているので、特定の分野のURLを素早く見つけることができます。カテゴリーの種類は多いので、さまざまな業界で役立つと思います。

Bright Dataは外国発のプロキシサーバーなので、カテゴリー分けされているサイトは外国のものが多いですが、日本のサイトも問題なくスクレイピングできます。カテゴリーの種類は、今後も増えると思います。

スケジュール化できる

Bright Dataのデータコレクターはスケジュール化できるので、忙しい会社は助かると思います。これだけでも、Bright Dataと契約する価値はあります。

スケジュールのオプションには、日時・曜日・時間があるので、どのような業界でも役立つと思います。無料のスクレイピングツールの中にもスケジュール化できるサービスはあるかもしれませんが、Bright Dataのデータコレクターのように細かくは設定できないと思います。

スクレイピングがスケジュール化できたら、一人起業も可能になると思います。Bright Dataは有料のサービスですが、総合的に考えたら人件費の節約に繋がるでしょう。

プログラマに便利なAPI関数がある

Bright DataにはAPI関数がありますが、API関数はBright Dataに接続するための関数です。接続したら、Bright Dataの資産が自由に使えるので便利です。

サンプルコードが用意されているので、編集ソフトにコードを貼り付けるだけで利用できます。AmazonのAPI関数も簡単ですが、Bright DataのAPI関数も簡単です。

意のままのシステムを構築するには腕も必要ですが、サンプルコードに付け足す形になるので、少ないコード量で希望のシステムは実現すると思います。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

無料のスクレイピングツールについて解説をしましたが、無料のスクレイピングツールの実力は年々上がっています。しかし無料であるが故の問題点があります。そのためビジネスで使うときは、有料のスクレイピングツールを選んでほしいと思います。

スクレイピングツールはプロキシサーバー経由で実行したら便利ですが。Bright Dataを利用するのが一番手っ取り早いです。Bright Dataのコントロールパネルは基本的に英語で書かれていますが、年々日本語化が進んでいます。

将来的には英語がまったくわからなくても、利用できるようになるでしょう。決済はクレジットカードとPayPalが使えるので、日本からでも簡単に契約できます。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)