スクレイピングデータを収益化する戦略

アピールするときは数字を入れる
数字を入れたら、相手を納得させやすい

スクレイピングデータは簡単には収益化できない

スクレイピングの需要は増えていますが、フリーのスクレイピング技術者がデータを収益化させるのは大変です。基本的には努力しかないですが、緻密な戦略がなければ努力の暴投になります。

本記事ではフリーのスクレイピング技術者のデータを、収益化させるための戦略を考えます。私もフリーで活動していますが、フリーランスにはフリーランスなりの戦略があると思っています。

スクレイピング技術は今後も需要が増すと思いますが、需要が増すと共にライバルも増えるでしょう。そうなれば、ますます緻密な戦略を立てる必要が出てきます。

スクレイピングデータを収益化させるためのポイント

これからはスクレイピングデータを収益化させるための戦略を考えますが、自分が経験したことも記事に盛り込んでいます。

世の中のニーズを冷静に考える

スクレイピングデータであれば、何でも収益化できるわけではありません。何の価値もないデータをスクレイピングしても、一銭にもならないでしょう。

世の中のニーズを知る方法はいろいろありますが、求人情報や、クラウドワークスサービスの案件を見るのも良い方法です。求人情報やクラウドワークスサービスは具体的に書いているので、ニーズが見えやすいです。

他にも方法はあります。スクレイピング業者が提供しているデータの内容を見ることです。「スクレイピング 業者」のキーワードで検索したら、ヒットすると思います。

手っ取り早く技術を売るにはココナラが一番

手っ取り早くスクレイピング技術を売りたい人は、ココナラに軸足を置くのがよいです。ココナラはスキルを売る場所ですが、やり手になると月に30万円以上も稼いでいるそうです。ただ自分も経験があるのでわかりますが、最初は客が付きません。

ココナラで稼ぐためには具体的なアピールが必要ですが、アピールするときは数字を盛り込んだり、所要時間を伝えると効果的です。

アピールするときは数字を入れる
数字を入れたら、相手を納得させやすい

具体的には、以下のようなアピールの仕方がよいと思います。

「求人メディアの営業データのスクレイピングが得意です。今まで100件以上の依頼に対応してきました。簡単なデータであれば、数日以内に納品します。」

この通りでなくても構いませんが、具体的なアピール内容は顧客を安心させる効果があると思います。

スポンサーリンク

大きく収益を上げたい人はSNSの利用が最適

大きく収益を上げたい人は、SNSを活用しましょう。SNSのプロフィール欄に、スクレイピングが得意だと記載しましょう。ただこれだけだったらユーザーの目に留まりにくいので、定期的にスクレイピングの有益さを伝えることが大切です。

スクレイピングの有益さを伝える方法はTwitterであれば「つぶやき」、Facebookであれば「投稿」がいいでしょう。Facebookの場合は、グループを作るのも効果的です。

最初の頃はなかなか注目されないので、つらい思いをするかもしれませんが、有益な情報を発信し続ければ必ず声はかかります。

人と関わるのが苦手な人はアフィリエイト

人と関わるのが苦手な人は、アフィリエイトをしましょう。しかしアフィリエイトで収益化させるには、スクレイピングデータを精査する必要があります。一般的に人気のある営業リストなどは、アフィリエイトには向いていません。

アフィリエイトで収益が上がりそうなスクレイピングデータには、株価情報、競馬の情報、金情報、価格COMが取り扱っていない価格情報などがあります。

適したアフィリエイト商材がない場合は、Google AdSenseでも構いません。Google AdSenseの審査は最近厳しくなっていますが、ある程度のページ数があり、専門性もあれば審査が通過する可能性は高いです。

スクレイピングサイトを立ち上げる

高度な技術力がなければ無理ですが、インターネット上にスクレイピングサイトを立ち上げるのも一つの方法です。収益化の方法は自動課金が楽ですが、課金が難しい場合は月契約か回数契約するのもいいでしょう。

ただ信用のない個人がスクレイピングサイトを立ち上げても顧客はなかなか集まらないので、最初は信用作りから始めましょう。

個人でも法人化した方が有利です。サービスの存在を知ってもらう努力も忘れてはいけません。サービスの存在を知ってもらう方法には、広告、SNSの活用などがありますが、Kindle本の出版も悪くはありません。

Kindle本
Kindle本を宣伝に使う人は増えている

私はKindle本の出版をサポートしていますが、本業を宣伝するためにKindle本を出版する人が増えてきました。Kindle本の出版は元手がかからないので、気楽に実行できます。ただ最近のKindle本は、宣伝しなければ一部も売れないことが珍しくありません。

Kindle本の宣伝方法はいろいろありますが、無料キャンペーンを利用するのが一番簡単です。無料キャンペーンの設定は、管理画面から簡単にできます。

スポンサーリンク

有名webサービスのスクレイピングはBright Dataが便利

有名webサービスのスクレイピングデータは収益化しやすいですが、実行するときはBright Dataが便利です。以下では詳しくみます。

Bright Dataにはデータコレクターがある

データコレクターは有名サービスをテンプレート化している
有名webサービスのスクレイピングは収益化しやすい

Bright Dataのデータコレクターは、有名なwebサービスをテンプレート化しています。単にリンクしているだけではなく、選択したらウィザード形式でスクレイピングができるようになっています。

有名webサービスのスクレイピングに大きなコストをかける企業はありますが、データコレクターを使えば低コストです。データコレクター自体は無料なので、Bright Dataの月間維持費だけ支払えばいいです。

たまにしかスクレイピングしない人は、課金制の料金プランを選んだらいいでしょう。Bright Dataは料金体系が柔軟なので、個人も企業も使いやすいです。

データコレクターがあれば大量のスクレイピング案件がこなせる

収益化させるためには大量のスクレイピング案件をこなす必要がありますが、テンプレート化していないスクレイピングツールだったら難しいです。データコレクターはテンプレートだけではなく、スケジュール機能もあるのでスクレイピングが半自動化できます。

スケジュール機能を活用すれば、スクレイピングする日が指定できます。また時間指定も曜日指定もできるので、どのようなスケジュールでも対応可能です。

スクレイピングが半自動化できたら、同時進行で他の仕事もできますね。同時進行で他の仕事をしたら、収益が加速化するのは言うまでもありません。

データコレクターを活用すればスクレイピングサイトも構築できる

技術力がなければ無理ですが、データコレクターを活用すれば、スクレイピングサイトの構築も可能だと思います。データコレクターにはAPI関数があり、API関数を利用すればデータコレクターの資産を利用することができます。

開発者はプログラム編集ソフトに出力されたコードを貼り付けるだけなので、開発効率は凄くいいと思います。

人気が出ればの話ですが、スクレイピングサイトを構築したら、効率的に収益化できるかもしれませんよ。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

まとめ

スクレイピングと収益化について話をしましたが、今は競争相手が増えてきたので、スクレイピング技術があるだけでは収益化は難しいです。しかし緻密な戦略を立てれば、収益化の道は見えてくると思います。

スクレイピングはホットな技術ですが、今後はますます需要が増すと思います。最近はデータ経営が主流になっていますが、データ経営のデータもスクレイピングで取得したら楽です。

スクレイピングをするときは、是非ともBright Dataのデータコレクターを活用してください。有名webサービスのスクレイピングにかけては、データコレクターが一番です。

Bright Dataの公式サイト

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)