Luminatiって結局どういった時に使えるサービスなの?

Luminatiが実際にどう言った利用方法があるかについて解説していきます。

 

サービスの種類も多いので、それぞれのサービスでの利用実例ですね。

 

LuminatiNetworksは世界最大のBtoBデータ収集自動化プラットフォームで、Fortune500掲載のマーケットリーダーを含む10,000社にサービスを提供しているので信頼性も高い企業になります。

 

イスラエルのハイテク企業で従業員は160いて、アメリカ支社があります。
営業担当者は世界中にいます。

 

海外の利用会社 大手旅行サイトの10位以内で5社くらいは利用しており、E-commerceでも同じようなものだそうです。(あからさまに紹介はできないそうです)

 

欧米諸国ではかなりシェアとってます
Garnerから受賞もしてます(Covid-19関連でプロキシを無償提供により受賞)

 

そのため、実に多彩な使い方が可能なサービスになります。

 

今のところ国内で想定してる業界は、EC関連、旅行関連(航空券、宿泊予約)、SNS関連、誹謗中傷対策もなどになります。あとはSalonboard、不動産、Google のSERP収集なども考えられます。

 

ECは一番メジャーなユースケースです。

 

安いプロキシを使うよりも、有料で質の高いほうを利用した方が安定しますので、海外では非常に人気なサービスになります。

 

是非、これからLuminatiを使ってみようという方は参考にしてみてください。

 

又、すでに別のプロキシサービスを利用している方もこれ以上汎用性が高いサービスも中々ないので、比較検討してみることをお勧めします。

 

 

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく担当がつきます

Luminatiのサービスと実際の利用実例

Luminatiが実際に利用されている実例を列挙して行ってみます

 

<DCA>

 

ターゲットサイトとデータ収集するページ、データの形式を指定していただければ全部Luminatiで収集して、データのみを提供するサービスです。

 

日本ではまだ事例がありません。海外の事例では次のとおりです。

 

DCA 事例
  1. Amazonの商品ページ
  2. 車の部品の在庫と価格
  3. FacebookやCraigslist上で販売されている中古車の持ち主の連絡先情報(ディーラーが買取りオファーを出すため)
  4. 複数の国でのECサイトから商品データ、価格、送料。また需要・流行の把握にも利用されています。

 

<Residential(Rotating) networkの場合>

 

IPが常に回転して、ブロックされるのを防ぎます。

 

Residential(Rotating) networkの事例

①サロンボードのスクレイピング

予約サイト運営している企業で、例えば美容室の予約サイトはかなりたくさんあります。

 

予約内容を一元化するためにまずはサロンボードで予約状況を確認し、自社の予約サイトに予約内容を自動で収集し管理してます。

 

その際にサロンボードでは同じIPから複数回アクセスすると、ブロックされるようです。

 

おそらくですが1つの美容室がいろんなIPを持っているとは考えられないからだと思います。

 

→サロンボードはhotpepper beautyの裏ページのようなものです。

 

そのため、リクルート系の予約サイトは対象となりえます。(hotpepper、ぐるなびなど)

 

②Instagramのスクレイピング

マーケティング企業で、ウェブメディアの記事にインスタの画像を載せたい場合、著作権を持っているユーザーの許可を得た上で、画像、またはハッシュダグ、コメントなどのテキストをスクレイピングします。

 

インスタはスクレイピングに対してかなり厳しい措置をとっているのでデータ・センターIPや無料プロキシだと完全にブロックされます。

 

そのためにプロキシを利用して、IPを分散し、複数のユーザーと見せかけるために利用されています。Twitter、Facebookもまれにあります。

 

③旅行系 (Booking、Agoda、航空会社)

予約状況、料金などはアクセス元のIPによって変わります。

 

そのため旅行業者が安く仕入れて利益をのせて販売するために、利用しています。また同業者が競合他社の価格を調べるためにも使われています。

 

④EC系(Amazon)

特にグローバルに展開しているECサイトの場合、アクセス元のIPによって在庫状況、価格、当然送料も違う表示が行われます。

 

転売目的や同業他社の競合調査のために利用されています。

 

このように、多彩な使い方があります。

 

<Residential(Static) networkの場合>

 

Residential(Rotating)とData centerの中間のサービス。IPは固定になります。

 

Residential(Static) networkの実例
  1. SNS
    インスタ以外のSNSで1アカウント1 IPを固定で割り当てたい場合に使えます。
  2. 動画
    動画動画の視聴回数を稼ぐ方法です。
  3. ブランド品転売
    スニーカーやNike、Adidasの限定商品をご自身のために買ったり、転売目的で買うのに使われています。複数の商品を買いたい場合、同じIPだと買えないので、IPを買えて別のユーザーとして見せるために利用されています。

 

<Data center network>:

 


IPは固定で、一番安いものですが、ブロックはされやすいです。

 

Data center network実例
  1. Amazon
    Amazonへの用途は複数あります。日本の場合は商品ページのスクレイピングが主です。価格比較で利用されています。安い料金で仕入れて高く売る転売目的もあります。その他、ヤフーオークション、メルカリなど。
  2. Twitter
    Twitterはおそらくあまり厳しくなく、データ・センターでも問題ないようです。データ・センターやStatic residentialだと固定のIPが使えるので、それで複数のIPを1IPを1アカウントに割り当ててあたかも別のユーザーであるかのように運営します。
  3. Facebook
    Facebookのページのスクレイピング、例えば旅行情報の収集の例があります。
  4. 不動産
    日本だけでなく、投資目的で海外の不動産価格を調べるのに利用されています。

 

<SERP>

 

  1. マーケティング用途でキーワードによる検索結果を収集

 

<Unblocker>

 

DCとResidential(Rotating)を弊社側で組み合わせるもの

  1. Amazon
    AmazonではBotと怪しまれるとキャプチャが表示されるので、それを迂回します。
  2. その他ログインが不要なサイトのスクレイピング

スポンサーリンク

AIデーターでの利用事例

実際に、まだまだ日本ではAIのデーター収集のための事例は少ないです。

 

今後独自のビックデータービジネスを行う場合には、Luminatiの協力は非常に大きなものになると思います。

 

実際の事例ですと以下のリンク先のようなサービスになります。

 


(クリックするとサイトへ飛びます。)

事例はないが対象となりそうなサイト

 

  1. 株取引  –  個人トレーダー、証券マン、証券会社
  2. 不動産 – 個人の、仲介業者、不動産会社

 

web上の情報を色々と収集して、利用する方法があります。

 

 

日本人の担当が確実に着くのは本ブログ経由の方のみになりますので、ご注意ください。こちらのサイトからお申し込みいただければ、間違いなく日本人担当がつきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)